人気ブログランキング | 話題のタグを見る


春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

山での楽しみのコーヒータイム!

日帰りであれ、短期・長期縦走であれ日々の職場や自宅と全く変わった自然の山に行く楽しみは人それぞれいろんな要素があると思う!
その楽しみの一つに僕は、『コーヒー』がある(^_^)v
テントサイトや、綺麗な水が流れる河原や景色の良い場所で飲む『コーヒー』は最高に旨い(^_-)-☆

僕と同じように『コーヒー』も山行きの楽しみの一つという方も多いと思う!
日常の中ではないので限られた道具で『コーヒー』を作る事になる。
今は100均等でスティックタイプのインスタントコーヒーもいくらでもあるので、比較的コンパクトに持ち運びが出来るし、粉末のコーヒーの粉をZIPLOCに入れて行く人が割りに多いと思う。
僕も今迄はそうだった!

Sky High Mountain Worksのタクさんと、山のコーヒーは旨いよね~!なんて話していてタクさんは「プレスのコーヒーが最高っすよ!」と言っていた!
影響を受け易い僕は早速山行きに最適な軽量コンパクトな物で入手が容易な『bodum』のミニトラベルプレスを入手した!
コンパクトで良い商品だと思う!
山での楽しみのコーヒータイム!_c0147398_0451956.jpg

サイズはジッポーのライターと見比べてもらいたい
山での楽しみのコーヒータイム!_c0147398_0461519.jpg

一度、山で使用したが小さいといえどクッカーとスタッキングは無理で別になるのでどうもしっくりこなかった(-_-;)
造りはプラスティックの二重構造になっていて、蓋に開閉式のフラップが付いていてカップがなくても、そのまま飲む事が出来便利ではあるのだが・・・・・
更にコンパクトでスタッキング出来る物はないか考えていた時にふっと思いついたのだ(^.^)
これである!!!
山での楽しみのコーヒータイム!_c0147398_0483777.jpg

これはsnow peak のチタンミルクフォーマーなのだが・・・・・
大きさ的には、bodumのより横幅はほぼ同じだが高さが低い感じだ!
山での楽しみのコーヒータイム!_c0147398_0505024.jpg

実はこれでプレスコーヒーを作る事が可能なのだ!

少しだけパーツの交換は必要だが今の所僕にとっては最高である!!!
snow peak からチタンカフェプレスというコーヒープレスが出ているが、高さがあるので少し大きい(+_+)
ミルクフォーマーとカフェプレスとはフィルターの直径が同じなのでミルクフォーマーにカフェプレスのフィルター部分だけを注文して取り付けたのだ!
この部分
山での楽しみのコーヒータイム!_c0147398_052746.jpg

これなら、450ccのチタンマグと同じ大きさなので手持ちのソロクッカーにぴったり納まりパッキングも良い感じ(^_^)v
カフェプレスのように、注ぎ口が無いのでカップに入れる時に少しだけ蓋を浮かさないといけないがこの位なら問題無し!
全パーツはこんな感じ。
山での楽しみのコーヒータイム!_c0147398_0531090.jpg

大きさ比較。
右のソロクッカーにぴったり収まります!!(^_^)
山での楽しみのコーヒータイム!_c0147398_131291.jpg


パーツの注文に協力してくれたSky High Mountain Worksのタクさんに感謝感謝

コーヒー好きな方は一度お試しあれ(^.^)
これで、山での心地よいコーヒータイムを楽しめます!!!
# by bphiro | 2007-11-29 01:06 | 道 具

大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)

僕の『小笹宿』のお気に入りの膜営場所(^.^)
ないとは思うが、後ろの大岩がかなりオーバーハング状態なので大地震でもおきてひっくり返ってこないかな~!?と、小も無い事を考えたりするがここが一番だと思っている。
もう少し西のお胴の前も良いのだが、見た目はあまり解らないけどこの位置より地面の傾斜がきつくてどうも寝つきが悪い(+_+)
爽やかな朝だ~、モーニングコーヒーを飲んで軽く朝食を済ませてパッキング備!!!
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_021344.jpg

朝の挨拶をしてトレッキング開始(^_-)-☆
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_023228.jpg

小学校の頃にやった遠方凝視には最高ですね(^_^)v
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_0393.jpg

30分程爽快な気分でゆっくり歩くと大峰山寺に到着!
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_032848.jpg

ここ大峰山寺には数件の宿坊があるが、僕はこの竜泉寺しか知らない。
宿坊の営業は5月3日から9月23日までだが、もしかして【じっちゃま】が居ないかな~!?
会えたらいいな~と思ったがしっかり閉まっていた(T_T)
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_041665.jpg

ちょうど竜泉寺の門の前に強い日差しがあり気持ち良かったので小休止しながら、洞川へ下山するのだが「洞辻茶屋~清浄大橋」と「稲村小屋~法力峠」とどちらのルートにしようか、いずれにしても十分時間的には余裕があるので考えていたが「稲村小屋」ルートにして先へ進んだ!
お花畑でハイカーが一人で朝食を取っていたので、声をかけ話をすると僕が二十歳そこそこの時分に働いていた職場のすぐ近くに住んでいるという『M』さんという方(^.^)
今日は、『行者還小屋』に泊まって明日下山する予定だという事だった!
又、機会があれば一緒にトレッキングしましょうね!とバイバイ(^^)/~~~した。
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_05087.jpg

11時前に『稲村小屋』に到着!
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_052337.jpg

12時頃に『法力峠』に到着!
ちょうど小腹も空いたし洞川までもう少しなので、予備食に持ってきていた『野菜コンソメリゾット』が残っていたので作って食べた(^_^)
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_055178.jpg

五代松鍾乳洞裏口
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_061765.jpg

洞川の天然水の『ゴロゴロ水』汲み場!以前は全て無料だったが今はトラックで水を汲みに来て喫茶店に卸したり営利目的で水を汲みに来る悪どい人が中に居るので時間も決められ有料になっている。
有料と言っても、湧き水に代金を受領する事は出来ないので一年交代で権利を取った店主が駐車場代という名目で受領しているらしい。
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_065121.jpg

それにしても凄い人(゜o゜)この周辺の特に他府県ナンバーの車はほぼ水汲みだと思ってよいだろう!
大峰山系狼平~洞川縦走3日目(2007.11.8)_c0147398_071848.jpg

ぼちぼち歩いて公衆浴場に入って、ビールプシュッをしてバスで川合まで行こうとテクテク歩き出した
時『大日山』から下山してきたおじさんハイカーに声をかけられて運よく川合を通るので車に乗せてもらえる事になった!
全然疲れてはいなかったが、やはりアスファルトの路面を歩くのは少しでも避けたいところ・・・
ラッキーという事で、ありがたく川合まで乗せてもらい自分の車で又洞川まで戻り風呂に入りゆっくりしてからのんびり自宅へ帰った!

ほとんど、一泊のトレッキングが多いが今回は十分時間もあり満喫できたトレッキングだった(^_^)v


ポチッ!とよろしくお願いします!

# by bphiro | 2007-11-27 00:07 | バックパッキング

大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)

気持ち良く目覚める!
が、小屋の中でしかもインナーテント内で寝ているので起きた時はもうすっかり明るい(+_+)
今日は、狼平~小笹宿までのトレッキングで結構な距離を歩く事になるので朝、6時に起きて7時には出発しようと思っていたのだが・・・・・

ともあれ一番に昨日の内に弥山川に冷やしておいたビールを取りに行きモーニングプシュッ!(^_^)v
良く冷えていて旨い!
パンをかじりながらパッキングの準備を済ませて7時半過ぎにトレッキング開始。
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23443113.jpg

今日は昨日に打って変わっての好天気だ
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_2345430.jpg

弥山小屋に到着!
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23454011.jpg

今日は、八経ケ岳には行かず先へ進む事にした。
弥山小屋からの長い降り階段も、ハリケーンリッジは快調だった!
木の間から見えた台高山系が綺麗かったので小休止してスニッカーズを食べた(^_^)
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_2346943.jpg

聖宝ノ宿跡
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_2347232.jpg

9:20弁天の森
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23472085.jpg

石休ノ宿跡
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23474067.jpg

9:40奥駆道出合!ここまで来るまでに数人のハイカーとすれ違ったが、皆さんトンネル西口から八経ケ岳に登るピストンという事だった(*^_^*)
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_2348857.jpg

一の峠に到着!非難小屋があるがかなり痛んでいる。
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23482755.jpg

一ノ峠から30分ほど歩くと『大台ケ原』方面の視界がスカッと広がる!
綺麗な風景は同じような感じでも何枚でもカメラに収めてしまう(~o~)
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_2348578.jpg

しっかりした朝食は行者還小屋で取ろうと予定していてもう少しの所で、大きなバックパックを背負った女性ハイカー『I』さんと会った!
以前か現在もかはわからないが、W.V部にでも入っているような山慣れした感じを受けた『I』さんだった!!!
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23492561.jpg

予備日を含めて9日間の予定で埼玉から来て昨日、吉野から登ってきて熊野まで奥駆するらしい!!!
山上ケ岳経由の奥駆道は女人禁制で歩けないから柏木から周ってきたと言う(^.^)
奥駆は初めてらしく、水場の事とかポイントの話を少しして共に先へ進んだ!
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_2350626.jpg

11時過ぎに行者還小屋到着!
朝食に「チーズのリゾット」を食べた(^_-)-☆
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23512026.jpg

七曜岳に向かうトレールは急で歩きにくい箇所もちらほら(+_+)
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23515128.jpg

台高山脈の池小屋山方面も所々赤みが残り綺麗でした!!!
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23522048.jpg

七曜岳に到着。真ん中の尖がったピークは『バリゴヤの頭』かな!?
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23524145.jpg

美しい尾根ですね(^_-)-☆
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_2353038.jpg

稚児泊!以前何故かこの辺りで迷った事があったような?????
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23532420.jpg

国見岳を通過
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23534958.jpg

取って置いたような形(^^♪
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_2354847.jpg

14時半に大普賢岳に到着(^_^)この大普賢岳も過去に好天気に恵まれた事が少なく今日は天気も良かったので迷わずパシャリ!!!
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23543192.jpg

快晴の日は、こんなに綺麗な景色が目に飛び込んできます!
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23545217.jpg

三角点の横の石に腰掛けて休憩しました。
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23552436.jpg

16時前に『阿弥陀ケ森』に着いた(^.^)あと少しで本日の寝床の『小笹宿』に着く!!
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23555828.jpg

朝出発が遅れたので下手したら、薄暗い中を歩かないといけないかも!?と思っていたがまあまあ良いペースで来れたので【女人結界門】の前で一息ついた!なんか休憩ばっかりしているような(~_~)
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_23562949.jpg

16時半に『小笹宿』に到着(^_^)
大峰山系狼平~洞川縦走2日目(2007.11.7)_c0147398_2356505.jpg

寝床を作っていたら段々陽が落ちてきた!
(-_-)zzz準備ばんたんでささっと夕食を済ませたあとは覚えていない・・・・・
疲れていたのだろういつのまにか夢の中へ~

こちらもどうぞm(__)m

# by bphiro | 2007-11-26 00:07 | バックパッキング

大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)

今回は、久しぶりに3連休を取れたので前回の弥山双門ルートからもう少し足を伸ばす事にした!
折角3日間休みが取れたのだが、先週の仕事中に右足踝を痛めてしまいブーツを履くと滅茶苦茶痛い(+_+)
普通のランニングシューズで行こうか悩んだが、近場といえ3日の縦走なのでやはりしっかりしたソールでないと余計に足を痛めてしまうと思い、Sky High Mountain Works のタクさんに相談したら、トレランシューズなら足首のホールドはハイカットブーツの方が良いが、ソールもしっかりしていてかかとのホールド性も抜群との事で、montrail ハリケーンリッジXCR で行く事に決定した!!!
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_23222118.jpg


ソール
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_23224465.jpg


今回も双門ルートを歩きたかったのだが初日の6日が天気が悪いという事で現地に行ってから決めようといつもと同じように前日に神戸の自宅を出て現地で仮眠(-_-)zzz
ゆっくり寝て7時前に起きて車から外を見るとやはり雨・・・(+_+)
雨の日は双門ルートは危険なので、?初日?川合~栃尾辻~狼平(泊)?二日目?は奥駆道を通り『小笹宿』にテン泊し山上ケ岳からレンゲ辻を通り、稲村小屋経由で洞川に降りるルートに決定!(^_^)v

途中から雨に遭うのは仕方ないな~と許せるのだが、歩く前から雨はやはり憂鬱になる・・・(-_-;)
写真では解りにくいが割りと雨が降っている。
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_23235991.jpg


天川川合登山口は、309号線の天川村役場手前の民家の間の奥の橋を渡ったらすぐ!
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_23242742.jpg


なんとなく、人様の敷地を横切っているような感じがするが・・・・・
登山口入口。
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_23244671.jpg


雨の中をトレッキングするのは好きではない(T_T)が、少し小雨になったところでパシャリ(^_^)
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_2325350.jpg


10時半頃に『栃尾辻』非難小屋に到着!トレッキング開始する時に何も食べていなかったのでここで、朝食タイム(^_^)
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_23252594.jpg


30分程休憩してから身体も冷えてくるのでトレッキング再開!
なにやら、妙な物が視界に入ってきたので近づいて見てみると「鹿」さんの頭蓋骨のような・・・
どうしてあげれば良いのか解らなかったのでそのままにして先へ進んだ!
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_23255728.jpg


相変わらず小雨の中ウォークマンで音楽を聴きながらゆったり歩いて1時前に明星ケ岳との分岐路に!
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_23261571.jpg


1時過ぎに本日の寝床の『狼平』に到着!
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_23285663.jpg


天気が良ければこの位の時間に着いても、寝転がってボーッとしたり空身で『八経ケ岳』に遊びに行ったり出来るのだが雨では動く気もしない・・・(-_-;)
当然、僕一人なのでお気に入りの場所に膜営しようか少し悩んだのだがテントを張るのも面倒になってきて小屋に寝かしてもらう事にした!!!
雨であまり気持ち良くトレッキング出来なかったとはいえ恒例のビールプシュッ!は外せない(^_^)
小屋に入って早速、?プシュッ!?いつどんな時でもビールは旨い!!!
(^_-)-☆
時間も早いし最初広い小屋の中でゴロゴロしながら独占していたのだが、段々寂しくなってきて落ち着かなくなってきたので、小屋の中だけどインナーだけテントを立てて中に入ってみたら、これが又凄く落ち着くのだ(#^.^#)
もし、他のハイカーが入ってきたら変な奴だろうな~(^^ゞ
でも自分が気持ち良いからいいのだ~
大峰山系狼平~洞川縦走1日目(2007.11.6)_c0147398_23293844.jpg


明日は良い天気になりますように!

それと今回トレッキングに使用した『ハリケーンリッジ』だが、フィッティングした時は普通のランニングシューズよりもソールもしっかりしていてかかともしっかりしていたが、やはり内心はハイカットブーツに慣れているのもあるが不安であった・・・・・(*_*;
だが、使用してトレッキングした感じは超ナイス(^_^)vであった!
僕は、シリオ(先日売却済み)・メレル・モンベルのハイカットブーツをその日の気分で順番に履き回していて今はメレルのスイッチバックがお気に入りで一番よく履いているが、それらよりも良い感じだった!
まず、軽い事。次に紐を少し緩めに縛っていても、かかとをしっかりホールドしてくれたままなので降りでブーツ内で足が前に行こうとせず足首をばっちり支えてくれる。
ソールも固めの設定で路面状況を的確に伝えてくれるし、メレルよりも濡れた木根や石でも滑りにくい。
浮き石を踏んだ時には、足首が一瞬グニャッとなる事があるがこれはハイカットブーツでも同じ事で悪路を歩く時に足の踏み位置も気を付けるのは同じ事。
という事で、僕はこのシューズが一番のお気に入りになったのだ(^_^)


ブログランキング応援お願いします<(_ _)>

# by bphiro | 2007-11-24 23:35 | バックパッキング

大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)

よ~く寝た!(^_-)-☆
何時間寝たのだろう・・・!?
多分昨日は、20時位には夢の世界に行ってたはずだから11時間位は寝てる!
朝御飯に梅がゆを食べて、美味しいコーヒーを飲みました!
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_20581525.jpg


この時期は、昼夜の温度差が激しいのでしょうかテントが結露でビッチョリだったので
ある程度乾燥させて顔を洗って歯磨きして、ゆっくりパッキングを済ませ8時半前トレッキング開始!
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_20584656.jpg


今日は、天気も良いので八経ガ岳に登り写真を撮る事にする。
弥山川沿いを遡行するショートカットルートもあるが、今日は普通にのんびり弥山小屋経由で行く事にする。
狼平から弥山小屋までは、綺麗な木階段が設置されていて歩きやすい!
弥山小屋の主人が頑張って設置してくれているのだろうか!?
どなたにしても、いつも整備本当にありがとうございますm(__)m
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_20591416.jpg


天気が良いと気持ち良いですね~(^_^)v
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2059379.jpg


一時間程で八経ケ岳に到着!
予想通りピークは快晴(*^_^*)
僕はここ何回かは、八経ガ岳にしろ東北側の大普賢岳でも快晴に恵まれてないので今日は一杯写真を撮った!!
景色連発!
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2101569.jpg


それっ
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2104379.jpg


それっそれっ!
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2111890.jpg


ほいさっ!
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2114895.jpg


よっしゃこらっ!!
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2122146.jpg


まだかいな~(+_+)
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2125712.jpg


まだだわさ~(^_^)v
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2132629.jpg


さよか(-_-;)
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_21423.jpg


奥駆道前鬼と栃尾辻との分岐路。
時間があれば、このまま南下するのにな~(+_+)
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2153536.jpg


1725Pで、小休止
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_215562.jpg


今回使用した『グラナイトギア、ベイパー・トレイル』
以前から軽くて使いやすそうなので欲しかったが近畿で置いているショップ
が無かったが芦屋の、
Sky High Mountain Works 
さんに置いてあり即購入した(^_^)v
このショップは9月22日にオープンしたてで、店主のタクさんも又奥様もハイカーであり、トレイルランニングもロッククライミングもボードもと、オールマイティーにアウトドアスポーツを満喫されているという方々の超イケてるショップで、自宅から近い事もあり色々とご迷惑をかけています(~o~)
自らの体験・経験、ノウハウを交えて的確なアドバイスをしてくれ、ギアも一般的な山屋さんにある、ありきたりの物ではなく国内デッドストックギアや、国内未販売の超レア物ギアを海外から直接仕入れる等、ライトウェイトにも拘りのある超良いショップである!
阪急芦屋駅から、すぐなので今のギアに物足らないという方是非行かれるべし!!!
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2164253.jpg


熊渡に車を停めているので、栃尾辻~川合に下山だと時間もかかるし、車まで又アスファルト道を歩かないといけないので、地元では『国体道』と言われているらしいカナビキ尾根林道で下山する事にする!
この林道は地図にも記されているが、取り付きが不明瞭という事で事前に、台高・大峰山系をよく歩かれ山歩きのブログも書かれていらっしゃるショウタンさんに教えてもらっていたのですんなり通過する事が出来た(^_^)
1598Pを越えて降り切った周辺から林道へ入る。
写真右の黄テープのブナの木が目印です!(進行方向から)
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2172094.jpg


林道に向いて
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2173797.jpg


約一時間位で初日に通った、弥山川とカナビキ尾根林道の分岐路へ到着(^_^)v
後で聞いたが、この林道熊が出るらしい(+_+)
歩かれる際は、熊鈴忘れないようにね!
大峰山系弥山川双門ルート ミニ縦走2日目(2007.10.17)_c0147398_2175681.jpg


30分程歩いて車に到着した。


熊がでるぞ~(゜o゜)

# by bphiro | 2007-11-20 21:17 | バックパッキング