春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

Gear impression(ダウンシュラフ)

c0147398_12343921.jpg

最近取り入れたギアの中で断突にイケてるのが、SkyHighオリジナルシュラフだ!
フィールドでの使用は今回の北ア縦走で2回目。
NANO-TEX素材のアウターのおかげで、一般的なダウンシュラフには無い撥水性を誇る!

どの程度のものか購入してすぐに、雨の日に自宅ベランダにてテストしてみたのが最初!
マンションのベランダなので、まともには雨がかかる事は無いが手摺からの跳ね返りの雨がベチャベチャ
ベランダ内に吹き込んで来る中でのテスト時は、表面は水滴だらけだがはたくとさっと水滴が飛んでなんの問題もなくクリアした。

雨のフィールドテストをしてみたかったので、今回の北ア縦走2日目は持ってこいの日になった!

僕はカバーが嫌いなのでザックカバーを使用せずに各ギアはザック内で防水対策をして濡れを防いでいたのでほぼ大丈夫だった!
シュラフは濡れテストも目的の一つだったのでグラナイトギア
のコンプレッションバックに入れザックの一番下にパッキング!

2日目は雨が降るだろうとの予想通り、長時間の雨の中の歩行によりじわじわと滲み込んできた雨水により、パッキングを解いた時ザック内はベチョベチョ状態で当然一番底の
シュラフはコンプレッションバックがベッチョリ濡れて中のシュラフのグリーンが透き通っていた。
Tシャツの上に薄手のアウターを着た時に汗でベチャッとくっ付いて地肌が見える感じだ。

ザックから出した時の状態を見て、気温もかなり低いしもし中のダウンまで浸水していたらヤバいな!?と内心焦っていた。

ケースから取出してみたら、シュラフはジトッとしてる・・・
中は大丈夫だ!と信じて広げてみると表面はベッチョリ(*_*;

しかし広げて圧迫から開放された途端、表面は濡れているがプゥーッとロフトを増していったのだ。
パックタオルで表面の水分をふき取ってやると、なんとなんの問題も無い(^_^)v
収納していたケースは軽く絞れる位に全体に水分を含んでいて、その他のギアも防水対策としてナイロン袋で二重にしてはいるが、ザックの内部全体に雨水が浸水しているのでそのナイロン自体がベチャベチャになっている状態にも拘わらず水にはめちゃ弱いダウンシュラフがピンピン元気なのだ(*^_^*)

今年の冬、雪山で吹雪きに会い雪掻きの為何度もテントから出たり入ったりしてるうちに身体に着いた雪がシュラフに付き更に内部結露によってシュラフ表面からどんどん湿っていって冬用のブリ太マグロのMt.Fly製ダウン1000gシュラフが半分凍り使い物にならない位にずっしり重くなりヤバい思いをした事を思い出し、その時に今回のシュラフの冬用バージョンを使用していたら多分シュラフは大丈夫
だったんだろうな!!と思っていた。

WMやFF等性能の優れたシュラフは海外製品ではいくつかあると思うが、国産シュラフでこれだけ撥水性に富んだシュラフは類を見ないだろうと僕は思っている!

現在販売元のSkyHighMountainWorksさんでは、レギュラー商品としてダウン量180、300の展開でこの秋以降に400か450をレギュラーに加える予定になっている。
僕は300の方を使っているが、スタイルがセンタージッパーなのでこの時期の低山での使用では少し暑すぎるかもしれないが、ジッパーを全開にして足元だけタオルケットのようにして掛けておく使い方も出来る。
95%以上ハンドピック860FPのダウンが封入されているので保温力は半端ではなく実際今回殺生ヒュッテのテン場で使用した時で気温は6~7℃、翌日の涸沢では9℃位だったが両日ともロングパンツも脱ぎパンツにTシャツのみでジッパーを半分開けた常態で気持ち良く眠れた!
300なら、厳冬期以外ウェアの調節で十分使用出来ると思う。
僕は厳冬期用に700か800のダウン量のを追加で作ろうと計画している!

因みに、一緒に行ったN君は180の方を使用していて少し寒いかな!?と思っていたけど全く問題なく快眠出来た!と言っていた。

テント泊経験の長い方は自身で経験がある人も居るでしょうし、人から大変だったと聞いた人も居るでしょう。
化繊のシュラフなら少々水を吸っても保温力に影響はあまり無いし、翌日晴れていれば一時間も樹木に引っ掛けておけばすぐに水分が抜け回復してくれるが、ダウンシュラフは少し位の濡れなら大丈夫だが、ダウンが水分を吸収してロフトが段々無くなる位まで浸水すると、ジ・エンド(+_+)
従来のロフトを復元するのはまず難しく縦走の場合翌日はシュラフの役目を果たさなくなってしまい夜通し寒い思いをしないといけない事も・・・
浸水に対して十二分の注意が必要なのだ。

僕も昔は、特に冬山に入る時は化繊シュラフを持って行っていたが兎に角重い(*_*;ので、軽いダウンシュラフがメインになっていったのだが浸水の不安が無くなる事はなく化繊のように水に強いダウンシュラフはないものか!?とずっと思っていた!
同じように考えている人は多いと思う。
そんな人に、このシュラフを是非お奨めする!
浸水の不安から開放される事間違い無しだ!!!

販売元のSkyHighMountainWorksさんは兵庫県芦屋市だが国内なら配送も可能なので、北海道の人も九州の人も関東の人もその他地域の人も一度問い合わせされるべし(^_^)v

問い合わせ先
SkyHighMountainWorks
オーナー:北野拓也
兵庫県芦屋市西山町11-6 2F
電話:0797-34-3299

今回僕がお奨めのシュラフ以外でも、各種ギアに関する相談にも乗ってくれるはずだ!
[PR]
by bphiro | 2008-08-20 12:37 | 道 具