春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

試練と憧れ!えれぇこったの劔 早月尾根 20131009~10(day1)

今回の山行は・・・・・・・・・・・・・・・・
行きしなから、びっくりのえれぇこった!
だった。

出発の8日火曜日、出来るだけ早い時間に出発したかったので、朝一からノンストップで膨大な仕事をやっつけて切り上げて帰宅するものの自宅に着いたのは22時を回ってる(+o+)
前以てパッキング等は済ませてあったが、最終チェックや食料の確認等でそこそこ時間がかかり結局自宅を出たのが9日に日が変わる頃・・・・・・・・・・・・・・・・

名神から北陸道に乗継ぎ、立山で降りて馬場島荘に向かう!
県道333号に入った辺りから急激に睡魔が襲ってきてたんだが、半分垂れ下がりそうな瞼に活を入れて車を走らせてた!

馬場島荘の手前6Km程のところで・・・・・・・・・・・・・・・・
ガッガァーン、ガン!ガン!ガンガーンっていう衝撃が(+_+)
一瞬居眠りして落ちてたんだろう。
側溝にはまってしまったのだ(-_-)
c0147398_14325147.jpg


なんとか脱出しようと手前の側溝のグレーチングを噛ましてみたりしてみたが小雨でタイヤが濡れてる事もありタイヤが滑って空回りして脱出出来ない。
まだ暗かったので明るくなってから噛ます物を探そうと待ってたら、たまたま重機搬送のレッカーが通りかかったので止まってもらって、脱出に協力してもらう事が幸いにも出来た!
ブルのシャベルにワイヤーを掛けて車体の下から持ち上げてもらい無事脱出する事が出来た(^_-)
c0147398_1433769.jpg

c0147398_14331741.jpg


結果論だが、たまたま壁のある側溝に落ちただけで済んだが、この県道333号にも壁もガードレールが無く早月川に向かって数m落ちてしまうような箇所もあるので、それを考えるとぞっとする。

この夏から、請負の仕事が固定現場になりクライアントが大手さんなので管理体制が厳しく現場責任者の僕は常時張付きが条件の為に、従来よりも更に時間の制約が厳しくなり、日々のハードワークが続いてた事もあり睡眠不足と疲労が蓄積されていたんだと思うが、本来ならこういう状態の時は例え3時間でも寝てから出るようにして無睡の状態から夜中に出発すべきではないのかもしれない。

山行計画を見直さないと!
と反省。

協力してくれたイ○○重機産業のドライバーさんに本当に感謝<(_ _)>





さて、本題に移るとしよう(^_^)v

不幸中の幸いで怪我も無く車も脱出する事が出来たので、馬場島荘に向かった!
2時間程仮眠して8時過ぎからハイクスタート。
雨は降ってないが上空を見ると風が巻いてるのがよくわかる状態だったが、毎度の事で台風はそれるだろう!
と、早月尾根に取付く。
c0147398_1433481.jpg


取付地点に設置の案内看板。
馬場島から早月小屋までは、たったの5.4Km!

標高差が約1500mで、室堂側からのアプローチのように景色も無く小屋まではほぼ鬱蒼とした樹林帯の中を、ただひたすら黙々と歩くだけで退屈してしまうようなトレイルで面白みも無く、距離が短く標高差がある為に急坂が多く決して楽でもない事は歩いた事がある人なら周知の通りだと思う(^_-)
更に道中に水場が無いので、小屋で販売してる2L800円の超高級飲料水を惜しみなく買える人以外は少なくてもテン泊なら3~4Lは担がないといけない。
残雪期等、小屋営業期間外に入山する時は必ず水を背負合わないといけないという条件が付く。
けど、僕はこのクラシックルートの早月尾根からアプローチする剱が大好きなんだな・・・・・・・・・(^_^)/~
c0147398_1434454.jpg


毎回歩き出しの1時間はヘロヘロの2号もなぜか今日は快調のようで40分程で1047の展望台に到着!
赤ハゲ、白萩山から切れ落ちる東仙人谷が綺麗に見える。
上空では物凄い音で風が吹いてるが、まだ樹林帯の中を歩いてる僕達には大きな体感はない。
c0147398_14341396.jpg

c0147398_14342119.jpg


空はこんな感じ・・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_14344166.jpg


現場の状況は、こんな感じ!


一発目の巨大な立山杉。
c0147398_14344918.jpg


9時半1200m地点到着!
c0147398_1435720.jpg


ちょっと疲れてきたのかな!?2号君(^_-)
c0147398_14351661.jpg


時折木漏れ日が差し込んでくるので微かな期待を持って前に進む!
c0147398_14352451.jpg


10時半頃1400m地点では一瞬だけど北東の空が開けて来てる!
c0147398_14353384.jpg

c0147398_14354220.jpg


歩き出して4時間程で1800m地点到着。
大休憩を取る!
c0147398_1436448.jpg


1920P手前の樹林帯から抜け出た尾根の状況!
左右に遮るものがないので結構な強風に煽られる・・・・・・・・・・・・・
南からの風が結構強くて直接当たると少し身体が持ち上がる位なんで常時12~3m、瞬時の風速は15~6mってとこじゃないかな・・・・・・・・・・・・・・・
間違いなく稜線では危険の入り口だろうけど断続的な風になってるので大丈夫だろう!


予想通り少しづつ風も収まり12時半に1920P到着!
気候が回復傾向に向かってる兆しなのでホッとする1号と2号(^_^)
c0147398_14362021.jpg

c0147398_14362973.jpg


よし!よし!
回復してきたぞ(^_^)
c0147398_14363942.jpg

c0147398_14364815.jpg


昨年の10月に大雨の為にテントを張った場所!
c0147398_14365877.jpg


この看板は見えてから小屋までがけっこう長く感じるんだよね・・・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_14371813.jpg


早月小屋まで、もう少しという最後の登りを終えて視界の右奥にある小屋まで降るだけ!
ということで一気に元気になった2号(*^。^*)
c0147398_1504248.jpg

c0147398_14373830.jpg


13時50分早月小屋(旧伝蔵小屋)に無事到着!
ほぼ、コースタイム通りだからまずまずだろう(^_^)v
c0147398_14375740.jpg


小屋でビールをを買って恒例のプシュッ!
c0147398_1438757.jpg


手拭いも買った!
c0147398_14381721.jpg


大将に天候の事聞いたら台風24号は消滅して温暖低気圧に変わったとの事。
と言う事は夜は雨が来るので、ささっとテントを張ることにしてランチタイムにした(^_^)v
腹が減ってるのでコンビニおにぎりとラーメンを一気に食べて昼寝タイム!
c0147398_14383528.jpg


今日は僕がISUKA280x、2号は寒がりなんで450xを使用!
c0147398_1438528.jpg


3時間程寝て目が覚めたら辺りは暗くなってて雨が降ってる・・・・・・・・・・・・・
またまた腹も減ってきたので晩御飯。
簡単で旨いキムチ鍋にした!
c0147398_1439272.jpg

c0147398_14391472.jpg


小屋でビールを3本買って、持って上がった3本のビールは明日の劔ピークでプシュッ用に1本おいて5本飲んで毎度の焼酎でチビチビやって早めに20時半ランタンの灯を落とした!

テントの外は雨は降り続いてるが風は止んでる(^_^)v
上は雨も嫌だけど、それ以上に嫌なのは風。

風が無くなってくれる事に期待!

去年は小屋手前で撤退したので、今回は小屋まで来れたから少しは進歩したんだろうけど、出来ればせっかくここまで登ってきたんだから2号に劔ピークからの眺望を見せてあげたいんだけどなぁ~!

明日目覚めた時、雨のパタパタ言う音じゃなく、チュンチュン小鳥が鳴いてる事に期待しよう!





2日目に続く(^_^)v



さて1号と2号は今回は劔のピークに行けるんだろうか!?(+o+)

[PR]
by bphiro | 2013-10-12 15:03 | バックパッキング