春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

縦走のパッキングについて!

近日出発予定の大峰奥駆道単独縦走の装備ほぼ完了!
c0147398_2141130.jpg





来月の中旬から仕事の関係で思うように休みが取れなくなるので・・・・・・・・・・・・

それまでに、なんとか時間を作ってなかなか行けないとこへ縦走に行こうと計画。
通常、連休が取れてラッキーでかなり前以って調整し取れて2連休なので3泊以上の計画の縦走は基本的に難しい(>_<)

3泊以上の縦走で行きたい箇所はいくつも出てくるが・・・・・・・・・・・

その中でも、やっぱり一番実行するのが難しいであろう大峰奥駆縦走に決定した!

最後に奥駆したのは、まだ今より景気が良くて自由に休みも調整する事が出来てた11年程前僕が34歳の時に縦走して以来になる。

その時も、起業(平成17年に起業済み)する為の準備に入るので当分縦走なんて出来そうもないだろう!
って事で色々考えた挙句に大峰奥駆に決め実行したんだった!

以降数年間は仕事がバタバタで日帰りすら行けない時期もあったが、少しづつ仕事も落ち着いてきた頃から、大峰山系にはよく足を踏み入れてはいるが日帰りや一泊がほとんどなので今回の全縦走は非常に楽しみでもあるけど、距離もそこそこあるので予定通り歩けるか不安もある・・・・・・・・・・・・(@_@;)
なんせ、体力や脚力は落ちてるんだから・・・・・・・・・・・・

って事だけど、今回も無理くり仕事を調整してなんとか4泊5日の計画を立てた!

最悪、緊急の仕事が入ってしまったら中止にするか、再調整して後にずらせればと予備策も考えてはいる!

一応予定としては出発は24日の月曜日。

これが、また・・・・・・・・・・・・現在の週間天気予報では、ほぼ曇り一時雨で晴マークが一つも無いんだよな・・・・・・・・・・・(>_<)
まあ、奥駆は修業みたいなもんだから雨でもいいけど(@_@;)

時間に余裕があれば『六田』から歩き第75靡の【柳の宿】を通過して吉野に入りたいんだけど、少しでも時間短縮したいので、吉野からケーブル&バスを使い金奉神社からスタートする事にする。

僕の予定としては

24日
金奉神社~小笹宿(テン泊)

25日
小笹~舟ノ垰(テン泊)

26日
舟ノ垰~平治ノ宿(テン泊)

27日
平治ノ宿~玉置山展望台(テン泊)

28日
玉置山展望台~熊野本宮

バスで新宮に向かいくろしお34号で大阪に帰る!
という4泊5日の予定(^。^)


この予定通りに歩く為に体調の次に大事なパッキング!

使用するバックパックは僕が信頼してるグレゴリーのトリコニ!

今回、久し振りに縦走装備の記事をUPする事にしたので参考にして頂ければ幸いだ(^^ゞ


バックパックの中身全体。(登山靴は除く)
c0147398_21415643.jpg


①グレゴリートリコニ60L
②パタゴニア ダウンセーター
③着替(ロングパンツ1枚、ロングT2枚、Tシャツ1枚、ソックス2枚、パンツ1枚)
④スカルパ トリオレ&テン場用スリッパ
⑤就寝時のインナー(パタゴニアR2JKT、R1パンツ)
⑥小物類(1)(ミニ三脚、ヘッデン、ランタン、ナイフ、予備バッテリー、サングラス、手拭い、タオル、熊鈴、GPS)
⑦1/25000地図&コンパス
⑧テント一式(エスパースデュオ)&携帯マット
⑨シュラフ&マット(モンベルSSダウンハガーNo5かイスカエアー280、モンベルULコンフォートシステムエアマット90)
⑩レインウェア(モンベルストームクルーザー上下)
⑪基本装備(1)(中身は写真にて)
⑫水筒&浄水器(ハイドラパック2L、プラティパス1L、スーパーデリオス)
⑬コッヘル一式
⑭タイベックシート、予備厚手ビニール45L、新聞紙
⑮ハードリカー(バーボン、焼酎)
⑯基本装備(2)(中身は写真にて)
⑰調理用の板、携帯用蚊取り線香
⑱行動中の水筒(キャメルバック750cc)
⑲ガスカートリッジ(大2缶)
⑳チェストバック(ホーボーワークス)

あと、画像には無いが肌寒い時に便利なパタゴニアのフーディニJKT!

これだけで約17Kg。

ここに食料と初日の分だけ・・・・・・・・・プシュッ500mlを2本と、常時3Lの水と行動中の水分0.75Lなので縦走開始時は約23kg程かな(^^)v

パッキングについては一泊でもそれ以上でも幕営道具やウェア、基本装備等は大して変わらない。
泊数が増えると日数に伴い着替えが少し嵩張る程度。
一番大きく左右されるのは、やはり食料&水分ではないかと思う!

という事で幕営道具やウェアについては割愛して、今回は4泊分の食料と行動食の僕なりのパッキング方法についての考えを書いてみようと思う。

一泊~2泊位だとあまり考える必要も無いので結構な量の食材を持ってあがる事もあるけど、3泊以上になると出来るだけ軽くしたいし持帰りのゴミも減らしたいので色々と考えないといけなくなる。

一般的に考えるのが生物をフリーズドライに変え軽量化する事。
そして可能な限りゴミが出ないように工夫する事が挙げられると思う。
僕も多分に漏れず、この2点を最優先に考えている。

まずメインの4日間の行動食(最終日は予備食として計算)
c0147398_21425176.jpg


この内容は僕が入山する際一泊でもメニューとして持って行く物で単に量が増えただけ!
カロリー&塩分&糖分も十分摂取出来て且つ誰でも入手し易い物で作るトレイルミックス。
あとは、カンパンやカロリーメイト等バータイプの補助食にブドウ糖。
これらを、買ってきたまま持って行くと嵩張るしゴミも出るので・・・・・・・・・・・・・

まず、トレイルミックスは各材料をボールに全部ぶち込んで混ぜるだけ!
内容物はその時の気分でドライフルーツ、ピスタチオ、グミ等適当に入れたりしてる。
c0147398_2143456.jpg

c0147398_21431037.jpg

c0147398_21431718.jpg


同じ乾燥物のカンパンはスーパーの薄いビニル袋に入れる
c0147398_21432919.jpg


ジップロックに両方入れておしまい!
c0147398_2143402.jpg

c0147398_21434857.jpg


このセットで大方2~3日分あるので予備も入れて2袋作る。
c0147398_21435546.jpg


カロリーメイトもスーパーのビニル袋へ入れてジップロックへ!
c0147398_2144220.jpg

c0147398_2144854.jpg


そのまま持っていかないと逆に面倒な物はそのままで出来るだけゴミが出ずにコンパクトになるようにする!
行動食はこんな感じ(^_-)-☆
c0147398_21442317.jpg


メイン食材も容器等の不要な物は最初から持って上がらない!
スーパーのビニル袋は結構重宝するよ(^_-)

次はメインの食材と夜の酒の肴。
c0147398_2145474.jpg


今回持って行くフリーズドライのカレーや丼の素等も・・・・・・・・・・・・・
c0147398_21451218.jpg

c0147398_21452063.jpg

c0147398_2145289.jpg

c0147398_21453514.jpg

c0147398_21454461.jpg

c0147398_21455137.jpg


まとめてジップロックへ収納!
c0147398_21461319.jpg


湯に入れるだけのラーメンも割と使えるので持って行く!
そのまま、バリバリ食べてもお湯を入れても山で食べると旨いもんだ(^^♪
c0147398_2146206.jpg

c0147398_21462814.jpg


テントでの楽しみの酒の肴も・・・・・・・・・・・・・
c0147398_21464393.jpg


サラミ系は匂いもあるし水分があるのでサランラップに巻いておけば
c0147398_21465088.jpg


乾ものと一緒にしても問題無し!
c0147398_21465869.jpg


こんなにコンパクトになるしジップロックはリサイクルするのでゴミは一つも出ない!
c0147398_21471370.jpg


米は味も食感も断然生米がいいんだけど、今回はフリーズドライにした。
全部ジップロックに入れてもいいが今回は取り敢えず2食分だけライス用のタッパーに入れた。
c0147398_21471914.jpg

c0147398_21472691.jpg


ソル・レオーネのパスタも作った後の袋が邪魔になるので!
c0147398_21473446.jpg

c0147398_21475293.jpg


ちょっと面倒だけどこれだけの前準備するだけで、けっこうな量のゴミを山で出さずに済むのだ!
c0147398_21475812.jpg


画像左側が行動食、右側が食事&酒の肴
c0147398_214855.jpg


スタッフザックはザックに詰め込んで、行動食はチェストバックに入れてすぐ取り出せるようにしておくと便利(^^ゞ
c0147398_21482842.jpg


最後に、僕が日帰りでも縦走でも必ず持ってる基本装備。

装備(1)
予備のビニル袋数枚、トイレットペーパー、除菌シート、ガスバーナー2個、ライター、マッチ、キジ打ち用ミニシャベル、ナイフ、火打ち石、カトラリー、各種粉末飲料
c0147398_21483765.jpg

c0147398_21484444.jpg


装備(2)
ラジオ、エマージェンシーシート、ガムテープ、細引3mm、針金、タイラップ、マキロン、テーピング、抗ヒスタミン軟膏、バンドエイド、ゴム包帯、ポイズンリムーバ、裁縫道具、安全ピン、ターボライター、薬(ロキソニン等痛み止め各種、胃薬、葛根湯)、固形燃料、綿、マッチ
c0147398_21485099.jpg

c0147398_21485648.jpg



と、まあ毎回のパッキングでは重量と嵩をとる食材等について書いてみた!
個々、工夫して入山されてると思うので良い方法が有ればどんどん取入れたいのでコメントにでもアドバイス下さいね!

ではでは、多分雨の中修業と思い『無』で行ってきま~す!





えれぇこった1号は予定通り縦走に行けるんだろうか!?
[PR]
by bphiro | 2013-06-20 22:09 | 道 具