春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

新しいシュラフ導入!

【新しいシュラフの仲間入り!】

以前使用してたSkyHighMountainWorksオリジナル(ナンガ製)シュラフの300&600を昨年末の大型ごみ出しの際に他の物と段ボールに入れて捨ててしまったので、現在僕のところにはmont-bellのSSULダウンハガーNo5とMt.FlyのHPD-1000gの2本しかダウンシュラフが無い(+_+)

あと化繊のシュラフが車中泊用で2本あるだけ・・・・・・

現在のmont-bellのシュラフにはダウン封入量の記載がカタログから無くなったが、僕のNo5の時はダウン封入量の記載があり確か700FPダウンが180gだったと記憶してる!

シュラフに関しては個人の体感で大きく左右されるが、このNo5は軽くてコンパクトで割と温度域が広いので長年お気に入りなんだけど、それもウェア等の調整をすれば!の話。
ウェアを着込んだりせずに快適に眠れるのは5℃位ではないか!?と僕は感じているので主に夏場のテン泊の使用と比較的気温が高い6月後半と、9月前半がメインで、3月~6月と9月~11月は300gを使用!
初冬から厳冬期は600gと1000gを場所に応じて使い分ける!
という使用方法を基本にしてたので一番汎用性がある300gが無くなったのは非常に痛い(@_@;)

厳冬期は1000gがあるので行けるとしてその他の3シーズンを180gだけでカバーするのは・・・・・・

180gでもシュラフカバーを兼用したりウェアを上下ダウン等で調整すれば、氷点下10℃位まで使用は出来るし大きな問題は無いんだけど、僕の感覚では決して快適とは言えない(――〆)

なので、180と1000の中間位置をカバーするシュラフがあった方が色々考えなくても済む!
って事で今回シュラフを導入する事にした(*^_^*)





この2年程、山から遠ざかってたのでシュラフの事情もタイムリーでは無いので、ちょこちょこネットで見てたら、何やら僕と同じくベランダでシュラフで寝るのが趣味みたいなシュラフの事を身体を張ってインプレしたblogを書いてる人が東北の方に居てた(^。^) ⇒ こちら
その人のレポにもあったが、僕もWestern Mountaineeringのシュラフは前々から気になっていた!
が、しかし僕が欲しいなぁ~!って思うのは以前から厳冬期用のプーマだった。
それは今も変わっていない!
ダウン量1000g程の厳冬期用シュラフでゴアウィンドストッパー!
理由は手持ちのMt.Flyが防水では無いので2泊以上になると、どうしてもシュラフカバーが必要になるので、シュラフ本体が約1.6Kgにカバーが400gの合計2Kgになってしまうからだ!

でも価格が高いので導入まで踏み出せなかったのだ。

不足している中間位置をカバーするんだったら!?
Western Mountaineeringだったら、ウルトラライトとアンテロープMF辺りだけど、この2本で大枚が10枚飛んでしまう(+_+)

勿論製品価値としては十分あるんだけど、これも又踏み出せないんだな((+_+))

そんなこんなで、他も色々聞いたりネットで調べたりしてたんだけど最終的には相方のザックもいるし、あれもいるしこれもいるし・・・・・で、コストパフォーマンスに優れているであろうナンガとイスカに絞る事にした。

イスカのシュラフは、Mt.Flyの前にアルファライト1300ってシュラフを、大きくて嵩張るけど化繊なので少々濡れても大丈夫だったので、厳冬期用に使ってたからあの使用感の良さも知ってはいるからエアーXシリーズは最終選考まで残ったが、お山友達のMちゃんがナンガさんと非常に親しくしてるのでお安くなる事は以前から知っていたので頼む事にした!

僕が選んだのは《オーロラDX750と450》の2本
c0147398_2281177.jpg

c0147398_2282181.jpg


オーロラテックスという多孔質ポリウレタン防水コーティング素材で、防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題をハイレベルで解決した【防水】素材で、NANOtexの【撥水】素材とはまた違ったスタンスでダウンを水分から守る事が出来るので、これも前から気になってたので導入する時はオーロラ!
と決めていたのだ(^^ゞ

本体はちょっと重めだけど、防水素材という事でシュラフカバーがいらないとすれば逆にトータルウェイトは軽くなる!

【ナンガさんのサイトから抜粋】
《オーロラ750DX》
• 表生地:オーロラテックス
• 裏生地:40dnナイロン
• 内部構造:ボックス構造
• ダウン量:750g 
(この商品は国内で洗浄したヨーロピアンマシンピックホワイトダックダウン90-10%を使用いたしております。)
• フィルパワー:760FP
• 収納サイズ:φ21×38cm
• 付属品:ショルダーウォーマー付
• 総重量:1400g
• レギュラーサイズ:最大長210cm×最大肩幅80cm(身長175cmまで)

《オーロラ450DX》
• 表生地:オーロラテックス
• 裏生地:40dnナイロン
• 内部構造:ボックス構造
• ダウン量:450g 
(この商品は国内で洗浄したヨーロピアンマシンピックホワイトダックダウン90-10%を使用いたしております。)
• フィルパワー:760FP
• 収納サイズ:φ17×29cm
• 付属品:ショルダーウォーマー付
• 総重量:1000g

《オーロラテックスについて》
表生地の素材は、特性の多孔質ポリウレタン防水コーティング素材である。防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題を高レベルで解決した素材で、超微粒子をポリウレタン樹脂に含有されることでコーティング膜中に0.1um(1ミクロン=1000分の1mm)以下の多数の微細孔を形成させたものです。2レイヤ地で耐水圧20000m・透湿性6000g/m2/24hrsという高レベルの防水透湿性能を達成し、10um以上の雨の粒子を防ぎながら0.0004um以下の水蒸気は楽に放出させるという、これまでのコーティング素材にない優れた特性を実現したものです。

カラーはグリーンとレッド。
c0147398_2462631.jpg


450DXもショルダーウォーマーが付いていて背中側より上側の方がダウンの封入量が多い。
c0147398_2291750.jpg

c0147398_2292799.jpg


日本製をアピールするかのごとく、日の丸のタグが付いている。
流石、日本製といいたくなる位、縫製はしっかり頑丈!
c0147398_2293750.jpg


ナンガのシュラフのインプレ等を聞いたり見たりしてると、足元が寒い!という事とドラフトチューブとショルダーウォーマーとの間に僅かな隙間が出来て、そこから風が侵入してくる!というのがいくつかの方面で指摘されてる箇所だったので屋内ではあるが検証してみた!
一番丁寧なレポを書いてくれているのが ⇒ こちら
赤色でマーカーした箇所から風が侵入してくる!という。
c0147398_2294874.jpg


ショルダーウォーマーはそのまま。
c0147398_2483650.jpg

c0147398_2472066.jpg


ショルダーウォーマーをドローコードで縛った時。
多分、この状態の時に画像では向かって左側はぐるっと肩を包み込んでくれるが、向かって右側はドラフトチューブとショルダーウォーマーの間に《Vの字》になって左側のようにドローコードが肩の上に回らないのでここから冷気が侵入、もしくは中から暖気が逃げる!
という事では無いか?と思う。
c0147398_2302081.jpg


ドラフトチューブがシングルなので、ここからも冷気が侵入もしくは内から暖気が逃げる!という意味合いのコメントもあった。
c0147398_2302937.jpg


フードもナンガは少しゆったり目。
これは、各々の寝る時の好みだけど頭をすっぽり出して寝るのが好きな人。
僕のようにウェアもフードを被った上にシュラフのフードもしっかりドローコードを縛って顔の真ん中だけを出して寝るのが好きな人。
シュラフに入って縛ってみたけど、僕には程良い感じかな!
c0147398_3185110.jpg



足元に関しては、屋内でシュラフに入った感じなのでフィールドで氷点下25℃位の状況とでは感じ方は勿論違うと思うが、僕なりに何度も厳冬期のテント泊をした中での感覚から言えば、言われてみれば少し余裕があるかなぁ!位で、逆にブーツを温めたり少し湿ったウェアを乾かせたりする時に足元に置き易いのでなんの問題も無かった。

もうすぐやってくる初冬から厳冬期にかけてフィールドで使用してみて、改めてフィールドレポの方はUPしようと思う。

ここでは書けないけど、びっくりする位の○か○で入手出来たし、僕の山スタイルの中での使用としては予想だけど以前使用していたNANOtexの300と600よりもフィールドでダウンが死んでしまう可能性はかなり低いと思うので、SPDXからダウンもDXにダウングレードはしたけど、快適に使えそうだ(^_-)-☆


お願いしてくれたMちゃんありがとうねぇm(__)m
[PR]
by bphiro | 2012-10-28 03:22 | 道 具