春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

常念~蝶 プチ縦走での装備を検証しよう!

久し振りに装備のレポをアップしてみる事にした!

因みに最初に言っておくが僕はあんまり究極なUL装備ではないので、軽量化を頑張ってる方にはなんの参考にもならないかもしれませんので悪しからず・・・・・(^_^)v

先日、常念~蝶へのプチ縦走をした時にパッキングして行った装備を自宅にて再現して検証してみたいと思う。

まずはお山に連れて上がったGearくん達全部!
c0147398_23302342.jpg





◎画像のGearくんを置いてるシートは、仕事の建築現場で使ってるタイベックシートと同じ効果の
Super Protectという物だが、表と裏で少し素材が違うかして滑らずパリパリの感じでは無くソフトな感じの建築用防水・透湿シート
重さは100×200で148g(因みにタイベックは同サイズで130g)


左から順に
c0147398_2335220.jpg

◎シュラフ SkyHighBag300  640g
◎パタゴニア R1フーディー  310g
◎パタゴニア R1パンツ  218g
◎パタゴニア ダウンセータ   255g(因みに現行のリサイクルポリなら349gと100g程重い)

c0147398_23351347.jpg

◎リッジレスト90cm  165g
◎BDファーストライト  1220g
◎バックパック ULA Conduit  599g

c0147398_23352257.jpg

◎着替え Tシャツ&ソックス&キャップ  195g
◎レインウェア モンベルストームクルーザー 520g
◎パタゴニア フーディニジャケット       122g
◎地図&GPS  200g           
◎マジックマウンテンナノテクマット  44g
◎カメラ三脚  404g
◎調理器具一式  569g
 内訳
 【メイン】
 エバニューソロクッカー 170g
 ガスカートリッジ     210g(中身はベースウェイトに含まないが缶と分けれないので加算とする)
 P153バーナー      99g(点火装置は外してある)
 チタンカトラリ       16g
 【予備】
 ウィングストーブ     11g
 100円ライター      16g
 スクリーン         16g
 ライトマイファイアScout 31g

c0147398_23353250.jpg

◎食料一式(ベースウェイトには含まない)
◎自作エマージェンシーキット(救急用品・細引き・ダクトテープ等) 380g
◎基本小物装備一式(ヘッデン・バッテリー・ナイフ・ミニスコップ・ペーパー等) 220g
◎蝋燭ランタン 140g
◎プラティパス2L&デリオス浄水器 90g
◎キャラバンチェーンアイゼン 360g
◎ピッケル 520g

以上が全てのGearくん達

水・食料を除いた総重量は多少誤差はあるが7319gとなった。

これに水2L・ビール350cc3本・焼酎250cc・食料2日分とコンビニのおにぎりが3個とイカの塩辛・チャーシュー・行動食等
が入るので、4Kg位が加算される訳だ(゜o゜)

今、巷では荷物の軽量化に人気があるようで、その基本的な定義というのはおおよそ次のようなもんだろう!

水・食料・燃料などの消費アイテムを省いたバックパックの総重量が
ULTRA LIGHT  ⇒  4~5Kg
LIGHT WEIGHT  ⇒  8~9Kg

僕の場合ベースウェイトが7.3Kg程だったのでLW位になるのかな(^_^)

まあ、ざっと見た中で更に重量を削れるとすれば
①テントの1220g ⇒ タープのような屋根のみにするか、カバーのみにしてウェアで保温を確保する等の方法で半分位は削れるだろう!
これで軽量化約600gとなる。

②シュラフは今回屋根・底有りのしっかりしたテントがあったのでもう少し薄めでも良かった。
仮にワンランク薄いのにすれば軽量化は約150gとなる。

③極端に考えれば一泊なので、行動着の上にレインウェアを着て寝れば R1フーディー310g、R1パンツ218g、ダウンセータ255gの合計783gはいらなかったかもしれないから、仮に無しにしたとすれば軽量化約780gとなる。

④今回の調理器具は総重量で569gだが、これをA&Fマグ&スノピ極の蓋&ウィングストーブのみにすればエスビットを少し加えても約130g位だから、仮にこのセットにすれば軽量化約440gとなる。

上記4項目が僕のスタイルでなんとか削ろうと思えば削れる分。
合計して1970gで約2Kgだ!

この2Kg分を検証してみよう!

これは、人それぞれ山に対しての考え方があるので軽量化をやりたい人はやれば良いし、そのままでも良いし、飽く迄僕の考え方だ!

①の600gの軽量化については、タープだろうが、カバーを使っての屋根無し野宿スタイルだろうが僕は嫌いではないのでこれはどちらでも有りかなとは思う。
ただ、今回の蝶のテン場のように夜中雨が降り続く場合はしっかり底も屋根もあるテントの方が快適だろうね。
タープや野宿は完全に天気が大丈夫という事が前提だな・・・・・・だが2500mの森林限界を超えるエリアに入山しての幕営の場合は特に天候の変化を読み難いので普通にテントが無難かな!
と思う。
当然2000m以下の低山でも読めないのは同じなのだが・・・・・・
まあ、急な天候変化があっても今回のように小屋が近ければ逃げ込めば良いのだが、それはたまたま小屋が近くにある所で幕営出来たからであって、急な雷雨等で進めなくなったり足を怪我して動けなくなったりした場合の最悪の事態を想定しての事ではないと思うので僕のスタンスではやはり無しかな。
最悪の事態を想定した装備の準備とはいかなる状況下でも最悪の事態が起った時にその場でのビバーク状態でも耐えれる装備を準備する!という事だと思う。
森林限界上の稜線でもし集中豪雨・雷雨が来て身動き取れずビバークをやむなくなれば最低でも直接雨が当たらないようにするバリアが無けりゃ夏山でも凍死しちゃう事があるからね・・・・・・・・
という事で、600g程の軽量化なら、備え有れば憂い無しという事でしっかりしたテントを優先するかな!

② の150gの軽量化については、これは全然有りだと思う。

③ の780gの軽量化については、行動着とレインウェアを兼用すれば出来ない事は無いが、もしレイン    ウェアを着ていても行動着がべちゃべちゃに濡れたら無理だし、これも完全に天気が良いと解っているか小屋が近くにあり逃げ込める叉は濡れたウェアを乾燥出来る状態なら有りだが、基本的に山の中ではそんなに都合の良い事ばかりでは無いと考えておいた方が良いのでこの選択で良いかな!
ただ、今回チョイスしたR1シリーズでなくても保温効果が高くもっと軽いウェアもあるだろうから変更は十分考えられるね!

④の420gの軽量化については、これは生死との関係が浅いので有りだけど、食べたい物等によって変えれば良いと思うし、最軽量にしたとしても400g程だから、僕のスタンスでは全く問題ない範囲かな。
400g位なら担いでる水を飲んで、叉途中で継ぎ足したりしてる方がもっと重量は前後したりしてるはずだし・・・・・(゜o゜)

結論から言うと僕の山に対するスタンスでは、完璧なULスタイルは無理かな~というか数Kgの軽量化の為に犠牲にするものを考えると、あまりそこまで軽量化に拘らなくても普段スクワット位してちょっと体力付ければ済む位の範囲じゃないの!!
って感じかな(^_-)-☆
これが10Kgも変わる!っていうなら又別問題だけどね・・・・・・・(^。^)
まあ、ULスタイルに特に拘りある人は徹底的に荷物を削ぎ落として軽量化すればいい事だから!
でも、僕にはまだまだULスタイルは遠い道かな~(~o~)

僕が小さい頃や20代の時は山にテント持って縦走する!
って言ったら一泊でも普通に60~70Lのでかいザックにガンガンに食材を詰め込んで、重さなんか気にせず鍋やフライパンも油や調味料なんかも詰め込んで、おまけに卵ケースなんかも詰め込んで、フィールドで米炊いて、野菜切って凍らせた肉切って、カレーや!中華鍋や!ちゃんこ鍋や!焼肉や!焼きそばや!って山で食べるのも目的の一つだったから普通に20Kg前後の総重量になってたと思うので、それから比べれば今普通に市販されてるGearに変えるだけでも僕に取っては十分な軽量化になってるからかもしれないね・・・・・・・^_^;

今回でも多分総重量は11Kgちょっとになってたと思うけど、一泊の荷物として考えれば僕に取ってはめちゃ軽いやん!
って感じだったからね(*^_^*)

反対に、まだ装備を増やした方が良かったかな!?
と思ってる位だ。

一つはキャラバンのチェーンアイゼン。
これは無いよりはましだったけど、今回の雪質だとほとんど使い物にならなかった。
残雪がほとんど無いだろう!
という予想も甘かったけど、12本のアルミアイゼンを持って行っておくべきだった!
重量差はほんの330gしか変わらないし。
べちゃぐちゃの雪質だからチェーンアイゼンでも12本爪のアイゼンでも滑る箇所は滑るだろうが12本爪だからしっかりグリップしてくれて足への負担が減った箇所は多かったはずだ・・・・・・・・・・
これは今回の反省。

次はシューズ。
今回はモントレイルのコンチゴアを履いて行ったが、これも標高2000m以上はまだ冬山の感覚でないと行けない箇所があると予想していれば、やはりハイカットのブーツを履いて行くべきだった。
足首のサポートの良し悪しで、特に今回のようなべちゃぐちゃ雪で面の状態が悪い時は、足首のサポートが甘いと踏ん張った時に足の外側に加重される場合が多いので余計に外側靭帯に負担もかかる事になったのも今回の靭帯炎症の原因としてあるはずだ!
足首のサポートが良ければ外側への加重は少なからず軽減されていたはずだ・・・・・・・・・・・
これも反省。

去年の槍への縦走の時に重登山靴とトレランシューズの事をレポートした事があるが、僕がトレランシューズの方が動き易いというのは無積雪期の岩稜帯もあるミックストレイルの縦走には足裏の感覚が良いトレランシューズ等が良い!
という事で、今回のような残雪がある場合は同じ感覚ではないのだ!

あとは、結果たらればだけどストック。
今回膝をやられたからあった方が良かったと思うんだけど、例え膝がやられてなくても下りがきついトレイルの場合はあった方が良いと思う!

今回の荷物で、無くても問題無かった物とすればカメラの三脚と蝋燭ランタン位かな!?
三脚は他の軽量の物でも代用は出来たし、ランタンは無くてもヘッデンがあるので大きな支障はなかったはずだ。

しかしこの2点を減らしたとしても、僅か500g少々・・・・・・・・・・・(゜o゜)
この考え方がULには遠いのかもしれないけど・・・・
塵も積もれば山になる!
だからね(^^ゞ

やはりいくら検証しても僕の場合、なかなかULスタイルにはならないので、これからも僕のスタンスで無難なLW位で楽しむ事にして周りの人の更なる軽量化を見て真似出来る所はしていこう!
と思っている(^_-)-☆

人それぞれ、山に対する楽しみ方も求めてるものも違うし・・・・・・・・・
要は時分が楽しめてリラックス出来てこそだと思うので、色んなスタイルがあって当然!
基本はなにより安全優先でマナーを守った楽しい入山をしましょう!



いつになったらULのベースウェイト5Kg切れるのだろうか・・・・・・(+_+)

[PR]
by bphiro | 2009-06-26 23:47 | 道 具