春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

patagonia Houdini Jacket 修理上がった・・・・・!

以前御嶽BCスノーボードに行った時にクラッシュしてしまった、patagonia Houdini Jacketの修理が上がってきた!
c0147398_0402666.jpg





patagoniaのカスタマーサービスの方では修理箇所の出来上がりについて【カラー優先】もしくは【機能優先】を選択するようになっている。
見た目も確かに大切だけど基本的にデザインやライン等は元々良いので、僕は見た目のカラーより機能を優先して修理に出した!
その結果、修理が上がり手元に返ってきたのが以下の画像だ。

表側
c0147398_0411056.jpg


裏側
c0147398_041184.jpg


基本的にクラッシュ箇所が治り、破れがひどくならない状態で使えるのなら僕は構わないけど・・・・・・・
感想としては微妙だ。
と言うのは、正直いくら機能優先でカラーは優先していないと言っても何故ここまで色・素材違いの生地を使用して補修するのか・・・・・????
同じカラー・素材の生地はほんの少しも製造工場の方には無いのだろうか・・・・・・????

いくら機能優先を選んだとしても、せめてもう少し見た目に解らないように出来ないものなのか!?

たった3㎝×7㎝位の端切れを当てるだけだから、少しの量で良いはずなのに・・・・・・
まして、まあまあ高価なウェアだから大切に使用はするだろうから修理の数もそんなに多いとも思えない。

素人考えだが、このフーディニを一枚製造する際にも大量の端切れが出るはずだと思う。
それなのに、同じ生地が無いという事はpatagoniaの製造方法では一つのウェアを製造する時に寸分の狂いも無い位に正確に生地を裁断し縫製するので 端切れ出ないのか・・・・・・?????
それとも、端切れは出るけど環境の為とかの理由でなんらかのリサイクルに回してしまうので余った端切れは無いのか・・・・・?????

いずれにしても、そこのところはよく解らない。

まあ、気に入ってるジャケットなので活用はするがほんとに微妙な感じだな~・・・・・・(@_@;)

皆さんもだと思うし、僕も仕事で着てるスーツやコート等やほとんどの衣類には替えのボタンや破れた時の補修に使えるように製造時に出たであろう同じ生地が付いてると思う。
女性用のスーツ等にも必ずといって良い位余り生地はついてるはずだ!

それで、何かに引っ掛けたりして破ってしまったりしたら、その生地を一緒に購入店やかけつぎ屋さんに持って行き修理をお願いするのが普通だと思う。
結果、ぱっと見た目はほとんどわからない位になって手元に返ってくるのが極普通のように思う。
時間的にも、僕の経験値だが長くかかっても一週間や10日位のもんだと思う!

語弊が出るかもしれないが、同じ生地があれば限りなく見た目に解らないように修理するのは特別な場所を除いては、技術的にそう難しい事ではないと以前スーツパンツの穴空きをお直しに出した時に店の人に言われた事が記憶に残っている。

なのでpatagoniaみたいな大きなしっかりしたお店なのに、こんなもんなのだろうか・・・・・・????
まして、この位の修理になぜ約40日もかかるのだろうか(+o+)

敢えてしているなら、昔のマンガに出てくる腕白坊主の服の当て布みたいで可愛いとも思えるが・・・・・・・?????

まあ、僕の手元にやっと戻ってきたから良しとしよう!
とりあえず2色揃いました!
c0147398_0413427.jpg



もうちょっとましな仕上がりだと思ってた・・・・・(@_@;)から、見てびっくりしたわ!

[PR]
by bphiro | 2009-06-02 00:51 | 道 具