春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

<   2014年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2014.4.23~24 鉄山経由で狼平~西口周回(後半)

弥山の鳥居を超えた辺りから見た八経ヶ岳
c0147398_16255662.jpg


弥山に着いて大休憩。
c0147398_162695.jpg


休憩のあと狼平に向かおうとしたら勘違いしてたのか、2号が・・・・・・・・・・・・・・・・

『この前のとこ(八方睨)でテン泊じゃないの!?』


『元々、狼平の予定してたから1Lしか水無いし!』

2号
『テント立ててから空荷で水だけ取りに行けばいいやん!』


『誰が・・・・・・・・・・・・・・』

2号
『ととが・・・・・・・・・・・・・・』

(-_-)
やっぱり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうくると思ったわ

More........続きはこちら(^_^)v
[PR]
by bphiro | 2014-04-28 17:01 | バックパッキング | Trackback | Comments(14)

2014.4.23~24 鉄山経由で狼平~西口周回(前半)

c0147398_15511383.jpg

下山予定のトンネル西口にチャリをデポしてから大川口で車中泊、7時半過ぎから登山スタート!
狼平からカナビキ尾根を使って熊渡に下山も考えたが・・・・・・・・・・・・・・

熊渡~大川口までは登り坂なんで下山後チャリで走るのはしんどいから降りメインのトンネル西口にチャリをデポする事にした。

アルプス方面ではせいぜい仮眠が取れても2時間程だが、大峰は自宅から近い事もあり仮眠も十分取れるので身体はかなり楽だ(^_^)v

More......続きはこちら(^_^)/~
[PR]
by bphiro | 2014-04-26 16:18 | バックパッキング | Trackback | Comments(8)

2014.4.23~24 鉄山経由で狼平~西口周回(予告)

大川口~鉄山経由で狼平~トンネル西口周回ルートを今回は2号の読図&ルートファインティング練習を兼ねて終始、2号の引率で歩いて来た(^_^)v
c0147398_1157428.jpg


事前の天気予報でも、この23~24は列島が高気圧に覆われ快晴なのがわかってたので足を伸ばしてアルプス方面へ行きたかったんだけど・・・・・・・・・・・・・・・

読図というかコンパスの使い方を2号に以前に教えたけど実践練習するにはアルプス方面よりも、奥深くルートもややこしいであろう大峰のバリルートにする事にして鉄山経由で弥山へのルートを選んだ!

僕がこのルートを歩いたのは、もう6年前の1月。

2年前にソロで来たが悪天候の為途中で撤退・・・・・・・・・・・・・・・・(~_~;)

山友のかっちゃんも、相方のkumi長のルートファインティング練習で去年このルートをチョイスしている。

やはり大峰・台高をホームグランドにする我々の中では、このルートは読図&ルートファインティング練習にはバッチリなのだ(^_^)v

このルートは軽荷のトレランの方を除いて一般の登山健脚者が難なくスルーして取付きから弥山小屋まで積雪期で約4時間半~5時間、無積雪期で4時間弱程だろう!

今回はお題の通り2号の引率での登山なので、僕は弥山までの所要時間を7時間と見てた。

取付きでコンパスのセットの仕方から途中の方向修正等一通り2号に再度ジェスチャーしてハイクスタート(^_^)

2号もこの約2年、色々な状況の山道を【歩く】という実践のみを重ねて苦手な岩場の通過もそれなりにスルー出来るようになって漸く大概の山道は歩けるようになってきたので、そろそろマネジメントの練習を始めて山行計画を立てれるようになってもらう為の一発目の練習でもある!

2人以上のパーティーを引率する時、リーダーは読図&ルートファインティングだけでは無く、同行者の体調とペースも考え且つ天候変化や小休憩か大休憩か全体行程からの時間配分、アクシデントが起こった際の対処法等にも最善の注意を払わないといけない。
(今回は課題の一つの天候変化の心配はほぼ考え難かったが)

さあ!
2号は僕を快適にテン場予定の狼平まで導いてくれるのだろうか?






多忙に付き本編は後日UPします<(_ _)>





最近GPSに頼ってばかりで読図をあまりしてないので初心忘れるべからずで基本に忠実に!

[PR]
by bphiro | 2014-04-25 12:06 | バックパッキング | Trackback | Comments(0)

一つでも遭難を無くそう!

遭難について深く考えてみる!
c0147398_14201653.jpg


楽しい内容では無いので、ウザいなぁこいつ!的な目でしか見れない人はどうぞスルーして下さい。

ちょっと山に対する姿勢が・・・・・・・うんぬん・・・・・・・・・的な内容を書くと、ウザいなぁこいつ!
的な感覚の冷やかしの目で見るような人も居るので最初に書いておきます。
そういう風に取れるコメントを頂く事もあるけど気にせず抹消させてもらってます。
冷やかし程度に感じるものは誤魔化し残してるけどね………………

でも忘れないで欲しい!
そういう風に冷やかして他人事のように捉えてる人の行く末には高い確率で遭難し周囲の方々に迷惑を掛けてしまう要素が高い!
という事を。

山は目一杯楽しむ場所でもあるけど、その内側には『素直で謙虚であるべき』という自身の心構えと、実際に遭難しない為の対策を、知識を入れるだけでは無く自身が真剣に実践する事が必要な事を!

More......続きはこちら(^_^)/~
[PR]
by bphiro | 2014-04-22 14:35 | 日 記 | Trackback | Comments(14)

SVEA123用の収納袋!

SVEA123の収納袋を物色してて凄く良い物を見付けたの早速購入させてもらった(*^。^*)
c0147398_1128234.jpg


僕がSVEA用に使ってた袋は、もうかなり昔に山の小物を入れてた小さいコットンの巾着が丁度ピッタリの大きさだったので、取り敢えず使ってたんだけど・・・・・・・・・・・・・・
写真の通りで、浸みだらけでかなりボロボロによれてる(-_-)
まあ、良いようにとれば味がある!
って解釈も出来るけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SVEA本体も綺麗に磨きあげたし袋も新調しよう!
って思った(^_-)
c0147398_11283215.jpg


More......続きはこちら(^_^)/~
[PR]
by bphiro | 2014-04-22 11:40 | 道 具 | Trackback | Comments(2)

棚からPEAK1が落ちてきた(^_^)/~

Coleman PEAK1 400 ファーストモデル
c0147398_18131616.jpg


最近、山道具の中で液燃ストーブ熱が沸騰(^_^)

もう多分使う事はないだろう!
って思ってた、MSR国際を再稼働させた事をかわきりに・・・・・・・・・・・・・・・・

MSRドラちゃん、SVEA123と火器類好きの基本鉄板とも言える個体をいじってるうちに、もう一つの鉄板火器であるColeman PEAK1を忘れている事に気付いた(^_^)

まあ、この鉄板達のいずれにしても我が家の2号にとっては・・・・・・・・・・・・・・・・・・
所詮『がらくた』扱いされるのは目に見えているので知らん顔して調査を続けてた!

More......続きはこちら(^_^)/~
[PR]
by bphiro | 2014-04-19 18:23 | 道 具 | Trackback | Comments(6)

今日はお買いもの(^_^)v

16日水曜日は仕事が休みで日帰りで近場に登山に行く予定だったが・・・・・・・・・・・・・・

山友達のイッチが店長をしてる加古川のクライミングショップ
Heimat berg
に2号と一緒に行ってきた!
c0147398_1674217.jpg


More........続きはこちら(^_^)v
[PR]
by bphiro | 2014-04-17 16:37 | 日 記 | Trackback | Comments(8)

2014.4.9~10 甲斐駒 黒戸尾根(後半)

五合目の登り返しから撤退を決めた我々は、日清焼そばを食べた分岐より更に一時間程戻ったトレイルから少し降ったところにテントを張った!
c0147398_1252062.jpg


More........続きはこちら(^_^)v
[PR]
by bphiro | 2014-04-14 13:07 | バックパッキング | Trackback | Comments(16)

2014.4.9~10 甲斐駒 黒戸尾根(前半)

山行予定を変更した事は前のレポで記した!

真夜中の3時・・・・・・・・・・・・・・
まだ、真っ暗な中ヘッデンを装着してハイクスタート!
c0147398_171311.jpg

c0147398_17221353.jpg


日々、忙しい中帰宅は23時~0時のハードワークの中5時間程運転し、一睡もせずに歩き出すのはかなり厳しい事が再認識された(-_-)
3時間もあれば北や中・南アルプスの登山口に着く関東近郊にお住まいの登山者が羨ましい限りだ!
登山の前日は早めに仕事を切り上げ、即自宅を出れば当日中や遅くても深夜の0時や1時には登山口に到着する人なら、今回のような3時に早駆する場合でも2~3時間の仮眠を取ってから歩き出す事が十分可能!
運転時間の短縮、仮眠の有無で長いルートになればお尻の方で大きく体力に差が出るのは言うまでも無い・・・・・・・・・・・・・(+o+)

我々も遠距離移動の登山は慣れているが、今回はしんどかった・・・・・・・・・・・・・・(+_+)
歩き出して5時間位は問題無いんだけど6時間超えた辺りからガクンっと疲れが出てくる事をマザマザと味わった。

まあ20代の頃は、同じような状況でも全く疲れるような事も無かったが悲しいかな40代半ばを過ぎると山行計画を見直す必要が有る事を思い知らされた(~_~;)

More......続きはこちら(^_^)/~
[PR]
by bphiro | 2014-04-13 17:49 | バックパッキング | Trackback | Comments(10)

2014.4.9~10 甲斐駒 黒戸尾根(予告)

c0147398_15501271.jpg

甲斐駒ケ岳 黒戸尾根へ再び!  2号滑落(プチで打撲のみ)

前回、3月26~27に行った時は天候不良で笹の平で幕営し、そのまま下山という結果になった。
内容は ⇒ こちら


前回、見事に敗退したので今回の連休も再度黒戸から甲斐駒に上がろう!
と我々は9~10の一泊で南アルプスへ向かった。

前回久し振りに、えれぇこったウェザーで引返してるので、今回も同じようにならぬよう慎重に行きの車の中でもタイムリーな天気情報を取っていた。


9日は快晴だが・・・・・・・・・・・・・

翌日10日は曇り一時雨だったが・・・・・・・・・・・・・・・・(+o+)

道中の車で天気図を見ると・・・・・・・・・・・・・・・・・・
更に悪くなっているようだ(*_*)

北海道東側にある2つの低気圧が列島を覆っていて中心から寒冷前線が大きく張り出している。
この前線の状況だと閉塞前線に変わるまではある程度の時間も必要で普通に考えれば、良い天気とはまず読めない。

風向きは東なので10日中に前線が列島をまともに通過。

風の急変、雨か雪、雷雨も予想出来る。
特に森林限界以上の山間部は風の急変と雷雨が怖い・・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_15523338.png



※本blogにUPしている天気図は見易いように地上天気図をUPしていますが、詳しく見たい場合は少し慣れが必要だけど、北海道放送の高層専門天気図、実況天気図の850hpa(1500m)と700hpa(3000m)を見る事を登山される方にはお勧めします!

プロの天気予報士でもぴったり天気を当てるのは難しいといいますが、我々素人でも凡その予測は出来るものです。
勿論、今回のように外れる事もあるけど、一つ参考にしてもらうといいのは、地上天気図の低気圧よりも高層天気図の低気圧が西にある時は、低気圧は発達する!
逆に東にある時は衰退する!
というのが、予測の一つになります(^_^)v

この高層天気図は各標高での気温や風速、風向、湿域等も細かく記載されてるので凄く参考になるよ!



当初の予定では、9日の7時位から歩き出し14時遅くとも15時までには七丈小屋に到着してテン泊、早めに寝て睡眠をしっかりとり翌10日の5時頃から甲斐駒ピークに向かいピストンで16時迄に駐車場に下山する!
という計画だったが・・・・・・・・・・・・・・・・・

上で書いたように10日の天候が宜しくないと予想したので、急遽早駆けして9日中に甲斐駒のピークに行ってしまい、翌10日は朝一から下山のみにする事にした!

竹宇神社の駐車場に着いたのが2時半。
仮眠を止めてヘッデンを付けて3時に歩き出した!


今回は天気の読みが外れたのとプラス一睡もせずに長丁場のルートを歩き出した事、時期的にまだ残雪期で前回よりも気温が上がっていて昼夜の寒暖の差が激しいが故に足元が非常に悪かった等・・・・・・・・・・・・・・

悪い事が重なった山行となってしまった(*_*)






多忙に付き続きは後日~





今回、えれぇこった1号・2号はどんな珍道中な登山になるんだろうか!?

[PR]
by bphiro | 2014-04-11 15:58 | バックパッキング | Trackback | Comments(2)