春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ISUKA Air フィールド使用 インプレ

先日、常念~蝶のプチ縦走の時に以前書いたシュラフの検証をした!

本当はエアー1000Xを検証したかったが・・・・・・・・・・・・・・

流石に、この時期に厳冬期用シュラフを試すのは・・・・・・・・・・・・・
c0147398_215153.jpg

ちょっと厳しかったので同じエアーシリーズの280Xで実施した(^^♪

僕が、今回検証課題にあげたのは保温性が主では無くてシュラフ自体の構造に関連する自分がシュラフに入った時の自身の身体の収まり具合と操作性と心地良さ(結果的には保温性能に影響する)がフィールドで使用した時実際はどうか!?

という事なので同じシリーズの280Xでも大きな問題は無いと判断した!
c0147398_210573.jpg


More.....続きはこちら!
[PR]
by bphiro | 2013-07-23 02:29 | 道 具 | Trackback | Comments(8)

西穂までお散歩・・・・・・・(^^♪ その後、素敵なお店の紹介!

ちょっとお散歩に行ってきます!
どちらまで?
・・・・・・・・・・・・新穂高まで・・・・・・・・・・・・・(>_<)

元々の予定は6月12~13の一泊で白出沢から登って西穂高に降りるルートを予定してたが・・・・・・・・・・・・
天候不良で延期(>_<)

次に、7月4~5!
これも現地からの情報でも天候が悪く延期・・・・・・・・・・・(+o+)

16日から仕事で新規現場の張り付きが控えてるので、もう日が無い(@_@;)

僕の場合、今まで入山はほぼ平日でお盆の入山以外でトレイルが混み合ってる!という経験が非常に少ないし、又、混み合ってるのは嫌いなので本当は世間一般の休日の入山はしたくなかったんだけど・・・・・・・・・・・・

日が無いので仕方なく13~15で西穂高から入山する事にして、12日の深夜大阪を出た!
事前の天気予報は連日曇り(+_+)
雨さえ降らなければ大丈夫!って少しでも晴れ間が出る事を期待して車を東へ走らせた!
13日の3時頃、新穂高の登山者用無料駐車場に着いた時は、暗くてよく見えなかったが雨は降っていない。

3連休の初日なんで車も多い!
前日もあまり寝てないのでアラームをセットして即寝る事にした!

ロープウェイの始発が8時半なので、ゆっくり7時に起きたら・・・・・・・・・・・・・

嘘やぁ~ん・・・・・・・・・・・・堪忍してぇやぁ~(>_<)
ガスだらけで雨バンバン振ってるやん・・・・・・・・・・・・・
c0147398_0333879.jpg


More.....続きはこちら!
[PR]
by bphiro | 2013-07-20 01:02 | バックパッキング | Trackback | Comments(10)

新参者のヘッドライト!

入山して夕方から段々陽が落ちてくる頃、皆が同じようにヘッドライトを装着し出す!
山の中には街路灯もないし勿論、照明なんて存在しないのでこのヘッドライトが無ければ美味しい晩御飯の準備も出来ないし、なんにも出来ない・・・・・・・・・・・・・
営業小屋が近くにあるところなら最悪逃込めば凌ぐ事は出来るけど、それは本来の姿では無い。
必要不可欠である小さい山道具!

最近まで愛用してた山用のヘッドライトは『プリンストンテック』のQUAD!
使い始めて5~6年になると思う!
c0147398_1526510.jpg


More.....続きはこちら!
[PR]
by bphiro | 2013-07-17 15:38 | 道 具 | Trackback | Comments(6)

20130709~10 常念~蝶 プチ縦走!(day2)

前日、三股から登った時は終始快晴で暑くてたまらない位の登山だった!
ほんと、えれぇこったペアには珍しい登山日和(^^♪
でも・・・・・・・・・・・・・・・
やっぱり・・・・・・・・・・・・・(+o+)
こんな感じになっちゃいました~
c0147398_22332596.jpg


More.....続きはこちら!
[PR]
by bphiro | 2013-07-16 23:00 | バックパッキング | Trackback | Comments(6)

20130709~10 常念~蝶 プチ縦走!(day1)

今月中旬から仕事が忙しくなるので、この前半は無理矢理でも時間を作って入山しようと先日、大峰奥駆敗退の後、弥山双門ルートに続いて今回は僕の好きなルートの一つでもある三股からの蝶ないし常念のプチ縦走に2号と行って来た!
このルートは昨年9月以来!
c0147398_175489.jpg


More.....続きはこちら!
[PR]
by bphiro | 2013-07-14 18:15 | バックパッキング | Trackback | Comments(4)

20130709~10 常念~蝶 プチ縦走!(予告)

250709  三股~常念に向けて汗ビチャになりながら2号と急登を登る(^^)v
前常念を越え、目の前に常念のピークがお迎えしてくれている!

昨年9月、三股~蝶経由で常念に縦走しようと登ったが・・・・・・・・・・・・
残念ながら蝶ヶ岳で幕営深夜から大雨・・・・・・・・・・・(+o+)
あえなくそのまま三股へピストンで下山した(>_<)

昨年のリベンジを兼ねて、今回は逆周りで常念から登って来た!
この1年で2号もかなり逞しくなったもんだ(^^♪
c0147398_1249638.jpg



多忙に付き本編は後日UPしますm(__)m


さて、えれぇこった1号・2号は今回は両ピークを踏めるのでしょうか・・・・・・・・・!?
[PR]
by bphiro | 2013-07-11 12:54 | バックパッキング | Trackback | Comments(2)

真夏に厳冬期用のシュラフ導入(^^♪

厳冬期用のシュラフは、現在『Mt.Fly HPD1000』のハンドピックダウン95%1000gを使っている!
頭部が平面半円型で普通の袋みたいなのが、ちょっと見た目が良くないが暖かさは抜群だ!
マイナス25度でも、僕の場合はなんの問題も無く快適に眠れる(^^ゞ

ただ、問題は生地に撥水加工も何もしていないので2泊以上だとシュラフカバーが必要になる・・・・・・・・・・・・(+_+)

なので、生地に撥水加工をしてある厳冬期用のシュラフをもう一つ追加しないといけないなぁ~と思っていた。
ダウン450gと750gは撥水性のあるナンガのオーロラを使っているので、同じオーロラで1000gを追加してもいいかなぁ!と思ったが・・・・・・・・・・・

これ、実際フィールドで使ってみて改めて解ったんだけどナンガのシュラフは幅がゆったりしてる感じを受ける・・・・・・・・・・・
からか、ダウンの膨らみが内側も外側へも今一つに感じる・・・・・・・・・・・(+_+)
湿ってないのにまんべんなく全体的にペシャーッって感じかな。

この原因の一つに考えられるのがナンガはコンテュニアスバッフル構造
(背中側と胸側のボックスがつながっている構造で現在は厳冬期用に使う事は少ないらしい)
で、且つ本体カバーとボックス容積は全て同じ物でダウンの封入量を変えてスペック分けをしている事もあるかもしれない。

要はコストダウンを優先して袋自体は同じ物を使ってる!って事だね(^^ゞ

利点としては、意図的に背中側のダウンを胸側に寄せる事が出来る事だが・・・・・・・・・・・
厳冬期用モデルのシュラフ、特にWM等を始め本物として評価の高い海外ブランド物の場合、高い保温力を必要とする冬季モデルでは、最初からロフトやボックス、チャンバー等細かく計算された上で、しかるべく量のダウンが各部位に封入されるので基本的にこの構造は必要ないし、一部この構造で作ってる3シーズンシュラフでもWM等のシュラフではダウンは大きく移動しないと聞く。

解り易く言うと、僕が持ってるオーロラ750Dxと450DXの本体カバーの長さ、幅は同じ物を使ってる。
単純な事で同じ容積のカバーに違う量のダウンが封入されてる訳だ・・・・・・・・・・・(+_+)

ダウン量が違うので当り前かもしれないが750DXより450DXの方はダウンが450g入ってる!っていうロフト感を感じなかったのは何故か?
お解り頂けると思う!

僕のはグースダウンしゃなくてダックダウンなので余計なのかもしれないけどね(+o+)

でも、本体カバーの件やその他細かい点もろもろもあって、厳冬期は出来るだけ保温性能をロスしたくないので厳冬期用としての追加導入は、僕はナンガを却下した。

希望としては評価も高いウェスタンマウンテニアリングのゴアウィンドストッパーのプーマが欲しかったんだけど・・・・・・・・・・・・・やはり予算が(@_@;)

そこで、元々厳冬期用で長年イスカのアルファライト1300っていう化繊モデルを使ってて、シュラフの容もだし中に入った時の包み込んでくれる感覚が好きだった事と、再度こちらのシュラフのレポやコメントも参考にしてたら、イスカのエアーが再浮上してきたのだ!

早速、イスカに電話したが既にエアー1000Xは販売終了していると・・・・・・・・・・・・(@_@;)

でも親切に出荷したメーカーさんで、もしかしたら1点位なら残ってるかもしれないから聞いてみてあげる!
って事で、連絡待ち。

数分後・・・・・・・・・・・・・・・・有りましたよ!
北海道の秀岳荘さんに!

早速、代金を振り込んで送ってもらいました(^^ゞ
届きました!
c0147398_2114774.jpg


More.....続きはこちら!
[PR]
by bphiro | 2013-07-07 02:45 | 道 具 | Trackback | Comments(6)

20130630 弥山双門アドベンチャールート

久し振りの弥山双門アドベンチャールート (20130630)

今回はblogつながりの山仲間達と久し振りに弥山双門ルートに行って来た!
以前に歩いたのは2010年9月だから約3年振りだ・・・・・・・・・・(^^♪
一昨年の天災で河原小屋が流されてしまったのは聞いていたが、実際現地を見たら自然の恐ろしさをまざまざと見せつけられた!

今回のメンバーは
ユルケイ登山の好人さんと、好人さんの山友の涼さん山登なでしこの修験道のなでしこさんと僕とやちの5人!

なでしこさんはジャン越えの為のトレーニングを兼ねて敢えて15kgのザックで参戦!
素晴らしい山女スピリッツだ(^^ゞ

毎回、このルートへ来るのは平日だったが今回は日曜と言う事もあり熊渡に3時に着いた時点では車が既に4台停まってた。
6時スタートなので、車で仮眠する事に・・・・・・・・・・・
c0147398_1152514.jpg


More.....続きはこちら!
[PR]
by bphiro | 2013-07-05 01:31 | ハイキング | Trackback | Comments(5)

大峰奥駈単独縦走 20130627 day4

大峰奥駈道単独縦走 Day4(20130627)

【エスケープを選択!がしかし前鬼バス停までの降りがきつかった!編】

昨日深夜に深仙ノ宿に到着したトレランマンのN君と朝、何時に起きる?
って会話で、前鬼まで降りるだけだから5時でいいんじゃない!
って事で眠りに付いたが・・・・・・・・・・・・・
二人とも全くアラームに気付く事なく爆睡(+_+)

目が覚めたのが・・・・・・・・・・・・6時回ってる(-.-)
前鬼から上市行きのバスは14:58。

深仙ノ宿から宿坊(小仲坊)まで約2時間、宿坊からバス停まで林道歩きが約2時間。
約4時間の道のりなので時間は余裕・・・・・・・・・・・・・・・・なはずだ!
外を見ると雨は上がってる(^^ゞ
N君と取り敢えず記念撮影。
c0147398_22145888.jpg


More.....続きはこちら!
[PR]
by bphiro | 2013-07-03 22:22 | バックパッキング | Trackback | Comments(6)

大峰奥駈単独縦走 20130626 day3

大峰奥駈道単独縦走 Day3(20130626)

【えれぇこった!の強風&豪雨の中、お釈迦様に逢いに行く!編】

昨日、疲れ切ってかなり早く寝てしまったのでセットしてたアラームの4時よりも早く3時前に目が覚めた!
登山する方なら一度や二度は経験があると思うんだけど、目が覚めてるのに起きようとしても・・・・・・・・・あれ?
身体が持ち上がらんやん・・・・・・・・・・何これ!?
みたいな一種、金縛りにあったような状態で目が覚めたのだ。
で、少しづつ身体を横に向けて丸めてからゆっくりと起きあがると筋肉がえらい硬直してる(+_+)
脚は腸脛靱帯側も鵞足靭帯側もパンパンになってる・・・・・・・・・・・
元々腸脛靱帯は昔に痛めてから古傷として付き合ってたが、最近ではほぼ出る事は無くなってた!
鵞足靭帯はまだ、大きく痛めた事は無いのにコリコリパンパンなのは自然に外側をかばってたのかもしれない(>_<)
こりゃいかん!と早速ストレッチ&ハンドマッサージを入念に行った!
c0147398_1545284.jpg


More.....続きはこちら!
[PR]
by bphiro | 2013-07-02 16:03 | バックパッキング | Trackback | Comments(8)