春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

台高明神平

10日程前カメラマンの山友が麦谷から薊岳に撮影に行った時の情報で樹氷が綺麗かったと聞き年末の予定として運良ければ樹氷&スノーシュー遊びが出来るか!?と期待して27~28一泊だけだが「明神平」へ行って来た!
前日の天気予報でかなり27は天気が良く気温も15℃近くまで上がり28の午前中から雨と・・・
事前からスケジュールを組んでいたので変更する事も出来なかったので、とりあえず予定通りに行く事にする。
あまり期待はしていなかったが一応、車にはスノーシューの他雪用品を積んだ!
朝9時に自宅を出発して11時半に大又奥の林道終点に到着。
c0147398_2243913.jpg

予想していた通り雪等全く無い・・・
この時点で、スノーシュー、シャベル等は無用になり車でお留守番する事になる。アイゼンだけは念の為持っていった!
c0147398_2245782.jpg

車はハイカーと思われるのは僕のを含めて5台。
c0147398_2251552.jpg

ここ「明神平」は近くで良いが、取り付きまでのアスファルト道が嫌いだ(-_-)
c0147398_2253046.jpg

旧あしび山荘。
c0147398_2254838.jpg

全く雪は無く、まるで秋のトレールのようだった。
c0147398_226431.jpg

一応、先日購入したMt.FlyのHPD-1000やアイゼン、入れているしザックが重たい(ーー;)
出発前に計ったら水無しで11Kgになっていた・・・
c0147398_2261764.jpg

1200m位からほんの少しだけ雪が残っていた。
c0147398_2265564.jpg

1300m位でやっとこんな感じ・・・
c0147398_227141.jpg

明神平には雪など全く無い。
c0147398_2272698.jpg

明神岳方面に根雪が少し残っている位。
状況が良ければここでスノーシュー遊びをするつもりだったのに残念。
c0147398_2274175.jpg

ちょっとでも雪山を感じたいので雪がたくさん残っているところを探して歩き回るが何処もほぼ同じ。
あきらめてテントを張る事にした。
今日は、マナコ谷方面へ降った水場の近くに幕営した!
c0147398_2275480.jpg

プシュッとどちらにしようか迷ったけど、汗もかいてないので先にコーヒーにした!
c0147398_2281318.jpg

このコーヒーが旨いのだ(^_-)-☆
c0147398_2283364.jpg

急に冷えてきたので上下ダウンを着込みヌクヌク万全の体制に(^_^)v
c0147398_2284766.jpg

ついさっきまで10℃位あったのに、3℃まで一気に落ちた・・・
c0147398_229564.jpg

音楽を聴いたり、本を読んだりしていたがお腹も空いてきたのでカップラーメンとたこ天とビールで夕食を済ませ多分6時位に(-_-)zzzと思う。
夜中2時に目が覚めた。
お腹が減ったのだ・・・テントは開けっ放しで(-_-)zzzので、外を見ると綺麗な月明かりだった。
この時点で、マイナス2℃。
c0147398_2291664.jpg

大好きな『SOLLEONE ESPRESSO Pasta』を食してビールもプシュッとしたら気持ちよくなり又すぐ(-_-)zzzしまった。
c0147398_2293113.jpg

顔に冷たい感じがきて目が覚める。雨だ・・・
時計を見たら8時位だったが、もしこの雨が無ければまだ寝ていただろう!
ほんと何時間寝るのだろうか(^_^)
朝ご飯は、これも大好きな『LAGER』のリゾットシリーズ!
今日は野菜コンソメ>^_^<
c0147398_2294688.jpg

このリゾットも、簡単に作れてなかなか旨い!
c0147398_2210479.jpg

喰うてるか寝てるかやな~
んな事を思っていたら、風は強くなるし雨はきつくなるしどこが雪山の予定やねん(`´)
てぼやきながら、止むのを待ってたが一向に止む気配も無いのでぼちぼち撤収準備をする。
パッキングが終わった頃には全身ずぶ濡れ(-_-)
まあ、車まで近いからいいや~早く降りてゆっくり八幡温泉に入ろう!とさっさと歩き出す。
トレールはビチョビチョでヌルヌル・・・
ジグザグのトレールをショートカットしたのが間違いだった(*_*;
足を滑らせてお尻から滑ったと思ったらザックの後ろに横向きに縛ってた
リッジレストが多分木根にでも引っ掛かったのだろう、一気に体制が変わって右半身から地面に滑り込みですわ・・・
雪で滑る予定が土で滑ってしもうた(+_+)
もうどろどろで今回初めて「えれぇこった」が出ましたわ・・・
まあ、怪我も無いし谷で無くて良かった!と気を取り直してパシャリ!!!
意図的に右半身を隠しているが右足首辺りのどろどろが隠し切れてないのが解るでしょうか(^_^)
c0147398_22102410.jpg

どろどろのまま車まで辿り着いたら車は見事にマイカー1台のみ。
さくさく八幡温泉にゆっくりつかり神戸に向かいました。

今回、かなり冷え込んだらHPD-1000の使用レポートを書こうと思っていましたが気温も最低マイナス2℃位なのであまりテストにはならなかったので次回かなり気温が落ちた時に使用した時に報告する事にします。
今回の使用感としては言うまでもなく暑い位でしたが、ぬくぬく快適に眠れました。
このシュラフのノベーッとしたあまり格好良くないヘッド部分が気にはなっていたが、実際現場で使用してみると、暑い時にグっーとロックピンを引っ張るとすっーとすぐにベターッと平面になるのでイメージとしては封筒型のシュラフのように布団をかけてるような感じにもすぐ出来る所は暑さ調整も簡単だしすぐシュラフから出られるのは勝手が良いと感じた!


滑り込みアウト!!!



まあ、ひっくり返りましたが楽しい山行きでした!
[PR]
by bphiro | 2007-12-28 22:45 | バックパッキング | Trackback | Comments(0)

大掃除!

数ヶ月お世話になった僕の現場オフィス(てなもんではなく小屋だが・・・)の掃除を終えてグァテマラを味わいながら、この一年を振り返る。
厳しい年だった(-_-)
一部の業種を除いて決して楽な年ではなかったように思う。
仕事の状況が厳しい時、嫌な事があった時はなんとか時間を取りバックパックに信頼しているギアを詰め込んで一人山へ入る事が今年は多かったように思う。
平日山行きの僕は、たくさんテントを張っている中での幕営はほとんどない。
友人と同行した時以外は、ほとんどが僕一人の独占場だった!

街中と違い、陽がまだまだ高くても本当に静かだ!
下山した時に鬼のように一杯の仕事関係の留守電を聞くのも山の一部になってしまった・・・
ほんの一日でも、それまでの空間が凄く心地よく落ち着く。
今年は年末の台高行きが山収めになるだろう!
そして、又来年も今年と同じように単独行で山に安らぎを求めて、えれぇこった、えれぇこった!の連発をするんだろうな(^.^)

ついこないだから始めたブログだけど、やってみて楽しいもんだ!
大した中身ではないが、来年も続けていこうと思う。
自分の備忘録みたいなブログであんまり参考にならないすが、覗いて下さった皆さんありがとうございますm(__)m
そして、皆さんも良い年を迎え来年も存分にご自身のスタイルで山を楽しんで下さい。

今日は高取山と淡路島がくっきり見える方なので画像アップします。

僕のデスクから見る『高取山』ちょいと看板が邪魔ですが・・・
c0147398_1320170.jpg


こっちは『淡路島』方面!
c0147398_1321127.jpg


あっそうそう
さっきMt.Flyのおやじさんにシュラフが届いたお礼の電話を入れた時にタグの98%ダウンの訂正印の事を聞いたら「ごめん忘れてた!でも安心してHPDだから」て事でした。
良かった良かった一安心だ>^_^<


来年も楽しい山行きを!!

[PR]
by bphiro | 2007-12-24 13:27 | 日 記 | Trackback | Comments(0)

ブリ太マグロがうちに来た!!!

超楽しみにしていたMt.FlyのシュラフHPD-1000がさっき届いた!
電話で注文したのが、21日の金曜の昼だから最速の納品ではなかろうか。
注文時に年末に使用したいと言ったら、早急に羽毛を詰めて送る!
との事だったがびっくりする位早い(^_^)v
宅配屋さんから電話をもらった時は嬉しさよりも速さにびっくりした(゜o゜)

まあ、前置きはさておきマグロの報告をするとしよう!
包装用の厚紙から出したところ
c0147398_2254535.jpg

このシュラフを知り購入するきっかけとなった山より道具さんのブログ中にも書いていらっしゃるが、ほんまにブリ太のマグロだ(^・^)
届いたスタッフザックから引張り出して、ポーンと置いておくとみるみるとまるでエアーマットに空気を入れているように自然にぷーっとロフトを稼ぎ膨らんでいく!!
見てるだけで嬉しくなる(^_-)-☆

全体を見て思ったのだが、シェルカバーの色を変更したのかもしれない!?
画面上だが、山より道具さんのお持ちの物と少し色合いが違うように感じる。
ターコイズブルーというより、普通のブルーで内側もビミョーな紫というよりは濃い赤だ。
内側の赤色は、僕の使用しているGREGORY Triconiのセコイアレッドのような赤色である。
まあ、僕はあまり色には拘りは無いのでどちらでも良いのだが・・・
c0147398_2283876.jpg

僕自身も少し気にしていたところだし、山より道具さんも書かれていたが頭部が平面半
円型でベターッとしていて普通のみたいで確かにあまり格好は良くない(-_-)
c0147398_2291396.jpg

でも、紐をキューッと絞っていくとこんな感じ!
c0147398_2292843.jpg

更に絞り込むと!!!
c0147398_2294581.jpg

ネックウォーマーも上下の紐で絞り込めるから、しっかり絞れば冷気の進入はほぼ防げそうだ。
c0147398_22101778.jpg

流石、ハンドピック98%
置いておいただけだが、楽にナルゲン1Lボトルの高さを越える(^_-)-☆
体温がプラスされるともっと膨らむと想像するとヨダレが出る!
c0147398_22105535.jpg

急いでダウンを詰め込んで発送してくれたのだろう!
シュラフのあちこちにダウンボールが付いていた・・・
c0147398_22111375.jpg

山より道具さんのブログコメント欄で、洗濯用タグにはデフォルトのダウン95%をはんこで98%に訂正してある!と記しているが、僕のはデフォルトの95%タグのまま(*_*;
95%としても、市販されているシュラフのほとんどがダウン:スモールフェザー対比が90%:10%で、その比較嵩高は20%違うと嵩高テストで出ているので十分といえば十分なのだが・・・しかしやはり98%には拘りたい!
急いで作ってくれたのでハンコを忘れたのだろう!いやそう思いたい・・・
一度電話してハンコの押し忘れか確認してみることにしよう(^^♪
c0147398_22114763.jpg

裏側にマントフライと記されていてネーム等はこれのみ!
c0147398_2212741.jpg

シュラフ下面は小さく小分けしたブロック構造で、上面はボックス構造。
c0147398_22123374.jpg


ざっとメジャーを当てただけだが長さが210cm肩幅が70cm。
収納サイズは24×36で、1590g!
僕は168cmと小柄な方なので注文前大き過ぎないか少し心配だったがシュラフに潜ってみると以外と狭く感じる。
長さは余裕があるのだが、横幅が部屋着のロンTで少し余裕がある位なので実際現場で使用の際に上着を着るとしたらちょうど位な感じだろう!

手持ちのmont-bellの#5(2005モデル)を横に並べてみた。
ダウン1000gと180gと元々のスペックに大きく違いがあるから当たり前なのだが
ダウンの膨張感の違いはよく解ると思う!
中が見えないからなんとも言えないし多分この#5もカタログ数値では725Fillを使用しているので高級ダウンだし十分膨張してはいるのだろうけどじっと見ていてもHPD-1000が見てて膨らむのがわかるような感じはなかった(-_-)
ダウンの同容積に対する量の違いとダウンとフェザーの混合対比の問題かな!?と素人なりに納得したのだ。
c0147398_22142263.jpg

この#5は僕が年間通して一番よく使用するシュラフでめちゃ気に入ってるが並べて
みるとさすがにブリ太マグロとししゃも位の感じかな(^・^)
違う角度から!
c0147398_2214374.jpg

#3(今期モデル)とも比べてみた。このタイプはダウン量約280g
c0147398_22145819.jpg

頭部側から!ししゃもから秋刀魚になったかな!
c0147398_22151934.jpg


今迄、冬季用のシュラフは化繊を使用していたからハイスペックの冬季用ダウンを手に
入れる事が出来て超嬉しい!
頭部部分が立体裁断でパッと見格好良く見えるシュラフとちょっと違い、ボテッノベーッとした格好は決して格好良くはないが、実際手に取ってみて十分満足している!
今回購入したMt.Flyさんでは、後からダウンの増量が出来たり購入依頼の時にダウンの封入バランスも聞いてくれる。
僕は少しだけ足元に多くダウンを封入してもらった!
シェルのサイズも時間に余裕があれば希望は聞いてもらえるみたいだ!
なによりハンドピックダウン98%というぶったまスペック仕様で、40,000円を切る価格もありがたい(^_^)v
もっともっとハイスペック仕様のシュラフはたくさんあるだろうけど、出来るだけ安価で良い物を!と贅沢な悩みを持たれてる人には超お勧めシュラフだと思う。
ちなみにハンドピック98%500gのスリーシーズンモデルで27,000円台!!!
あんまり書くとMt.Flyさんの回し者みたいだからこの辺で止めとこう>^_^<

早く雪山で潜り込んで眠りたいものだ(^_^)v
実践での使用報告はまた今度することにする!


マグロに抱かれるのもいいかも!

[PR]
by bphiro | 2007-12-23 23:02 | 道 具 | Trackback | Comments(4)

もうすぐ仕事も終わりだ(^_^)v

今日は朝から雨がよく降りうっと~しぃ日だ(ーー;)
僕は住宅関係の仕事に就いている。
僕達アウトドア好きが、気になる情報を得ると出て行きたくなり、そのお供であるギアも更に自分に合っているだろう!?と思う物に興味を持ち所有したくなり、又そのためなら時間調整も頑張り、お財布の許す限り費やしてしまう!

同じように、自分がこれからお世話になる『お家』の事になるとクリスマス前後であっても全く関係なく、もっと良くしたい!という気持ちから設計の打合せに進んで参加してくれる!
おんなじような感じだな~"^_^"

この仕事を20年近くしていると、たまにはカレンダー通りの休祭日をゆっくり自分の趣味に使いたいな~なんか思ったりする・・・
でも、今からカレンダー通りに休みが取れる職種に転向するのも無理だから頑張るしかないのだ!

最近、事務所(と言っても定着しないコンテナの現場小屋なんだが・・)で缶コーヒーを飲むのをやめて、Sky High Mountain Works のタクさんに教えてもらったボダムのミニプレスとコンロと芦屋の美味しい水を持ってきて頂いている>^_^<
今のお気に入りはグァテマラだ!!!
c0147398_204864.jpg

アップ用の写真を撮ったのが暗くなってからだから見えないけど、この窓から真ん前に高取山が綺麗に見え少し右を見ると淡路島方面が綺麗に見える!!
つい一昨日までは見るのも嫌だった(理由はこちら)けど、もう既に仕事の合間にちょこっと外を見ると、山行きてぇ~と思ってしまう・・・
ほんと、喉元過ぎれば熱さ忘れる!だ(^_^)
c0147398_20503749.jpg

頑張って仕事して、又山に飛び込むとするか!!!


旨いコーヒーで仕事頑張ろう!

[PR]
by bphiro | 2007-12-22 20:55 | 日 記 | Trackback | Comments(0)

Mt.Fly WinterSleepingBag

マウントフライ 冬用シュラフ / Mt. fly Winter Sleeping Bag

最近、WinterSleepingBagを物色中だった!
一月程前に売却したのだが、今迄冬用のシュラフは『ISUKA』のAlphaLight 1300
を使用していた。
このシュラフも気に入っていたが、最近山道具の軽量化に興味を持ち少しづつだがフトコロが耐える位のものだがギアを新調していっている(^_^)v
AlphaLight 1300は、化繊なのであまり結露等気にしなくていいし、特に車やバイクでの移動がメインならば全く問題なく良いシュラフだが・・・
重量が(*_*;
2Kgを越えているのだ・・・担ぐとなれば・・・・・
そんな事で、ダウンシュラフで質が良く価格もリーズナブルな物をと、贅沢な悩みを持ちながらの物色だった!
Western MountaineeringやMountain Hardwear、Feathered Friends等の洋モノシュラフが格好も良くて欲しいのもあるが、輸入する手続き自体僕は出来ないし、やったことないし・・・国内で販売しているモノの中でと探していた!
今迄ISUKAのシュラフを使用していたので、ISUKAエア810を第一候補に上げていた!
他の国内大手メーカーのシュラフも候補に上がったのだが、内容は伏せるとして今期からだと記憶しているが、実質のダウン封入量が明確ではない所もあるし直接電話で聞いてもあやふやな回答(ーー;)電話で聞いた後、即却下にした!
ほぼほぼ、ISUKAにしようかな~と思っていたが一つ引っかかってる事があった!
スリーシーズンのシュラフに上下ダウンに象足でも十分だな~と思っていたからで、単に物欲で冬用のダウンシュラフが欲しい!というだけだったので、それでも買うなら出した価格に対して満足したいとの思いからの物色中に、山より道具さんのブログからMt.Flyという国産のHand Pick Down 98%スモールフェザー2%という、ぶっ飛ぶような超ハイスペックであるシュラフの記事を見せてもらったのだ!
山より道具さんやBeyondさんの意見もよく聞かせてもらい検討の結果、Mt.Flyさんにお願いする事にしたのだ(^_-)-☆
数日で届くらしいので楽しみである!
山より道具さん、Beyondさんアドバイスありがとうございました<(_ _)>


マグロが来るのが楽しみだ~>^_^<

[PR]
by bphiro | 2007-12-21 20:23 | 道 具 | Trackback | Comments(0)

六甲全山縦走リベンジ!!!

今回は、先々週5日の六甲全山従走惨敗のリベンジを行った!
『塩屋』~途中下山した『摩耶山』までは前回のブログを見て頂くとする

今回は、友人のO君も一緒に行きたいという事で塩屋駅前に一番早く着く電車という事で待合せをした。
僕は、前回と同じように阪神『深江』駅から始発に乗った。
6時前に到着
c0147398_1913453.jpg

いつもなら、とにかく写真を撮るのだがリベンジが目的なので少しでも先を急ぐという事であまり写真は無いのでご了承を・・・
おらが茶屋に6:52通過
前回は7:04通過なので、ちょい早い位かな(^.^)
c0147398_19141199.jpg

栂尾山頂を越えた所から見る景色は綺麗なので、やっぱりパシャリ(^_^)v
c0147398_19143121.jpg

六甲アルプスの馬の背の痩せ尾根は、僕の大好きな場所なのでここでもパシャリ!!!
全然、撮影を控えて先を急いでいる感じでは無い(*_*;
O君
c0147398_1915267.jpg

で、僕!
この写真でも解ると思いますが明るいけど【ヘッデン】を付けたままである!
そろそろ電池が無くなってきていたので今日で完全に電池を消耗させようと付けっぱなしでいたのだ!
これが、後々後悔する事になるとは・・・・・(T_T)
c0147398_19152574.jpg

鍋蓋山を通過する時間帯も前回11:48今回11:38とそう変わらずちょい早い位。
c0147398_19154695.jpg

摩耶山に到着!
前回14:03今回13:47、これもちょい早い位だ!!!
c0147398_1916576.jpg

ここの従業員のバイクであろう!
僕の大好きな「ハーレー・ダヴィッドソン」が停まってあったのでパシャリ!!
c0147398_19162144.jpg

これから進む通過点の「六甲山ホテル」方面
c0147398_19163599.jpg

更に東方面
c0147398_19164813.jpg


前回は、体調が悪く足も重くこの『摩耶山』から下山したが、今回は足も軽く調子がよい!!!
ここで小休止しながら、O君と前回の惨敗の下山の話などをしながら、まあ悪くても19時迄には楽勝で宝塚に着くだろう!なんて話をしていた"^_^"

これが、これが、とんでもないことになろうとは二人共この時は知る由もなかったのだ(゜o゜)

まず反省点としては、日帰り縦走とはいえ二人とも軽装備過ぎた事。
これにはO君にも『頼むで~』と途中散々ぼやかれたのだ・・・
理由は、O君から事前の連絡で装備を聞かれた時に、僕がアドバイスしたのだが、これが原因だ
まあ、言い訳では無いのだがトラブル無く進めていればあまり問題は無かったのだが、これはどの山にどんな行程で行く時も万一の為に最低限の装備を!が基本だが、軽量化に偏った拘りをしてしまい、それが満たされてはいなかったのだ。
O君ごめんネ

簡単にその内容を一部紹介する!
O君「地図はいるやろ?」
僕「地元の六甲やし摩耶まではよー知ってるし、その先も一本やから解るしちゃんとしたのはいらんよ!
一応六甲全山縦走マップ(市民の会が作成した主な道だけ記した簡易地図)だけ持ってるから!」

O君「ストーブ・水・食料は?」
僕「重くなるし、そこらへんに自販機あるから熱いもん買えるからストーブはいらんし水はキャメルバック(O君が持っている一番大きな水筒)一杯(750cc)で十分やし、食料はおにぎり数個とチョコとかの行動食をちょっとでいいで!」

O君「暗くなったら寒いから防寒着とごついグローブいるやろ!?」
僕「休憩の時身体冷えたらあかんから、ちょこっとしたアウター位でいけるから重くなるし、レインウェアの上を兼用したらえーよ!グローブも動きやすい薄めのでいいで!」

O君「ほとんど装備っていう装備やないけどこれで大丈夫か?」
僕「大丈夫やって"^_^"!」

こんなやりとりがあったのだ!

では、先へ進みます!

摩耶山頂から縦走路への進入
c0147398_19193088.jpg

「ホテル・ド・摩耶」
c0147398_19194553.jpg

アゴニー坂への侵入路
c0147398_19195939.jpg

かわいい綺麗な案内看板がある。
c0147398_19201624.jpg

地図をよく見れば解るが、この辺から尾根道とドライブウェイが所々交差している。
なので、尾根道を行くと少し歩いてはドライブウェイと交差する。この繰り返しが続くようになるので尾根道歩行に拘らない人は素直にドライブウェイを進むのが良いかもしれない!

ドライブウェイを渡って、次の尾根道へ~
c0147398_19203999.jpg

ドライブウェイにはこんな看板が一定区画にある。
c0147398_1921055.jpg

ちょうど僕の自宅方面が綺麗に見えたのでパシャリ!
c0147398_19211815.jpg


六甲山ホテル、記念碑台、六甲ガーデンテラス・・・を越え六甲最高峰、一軒茶屋へ向かう!
この頃から少し足が痛くなり出してきている・・・格好がなんか変でしょ(+_+)
c0147398_19214525.jpg


さあ、ここらへんから最悪への入口です!
僕は、よく自宅から一軒茶屋を通過して有馬温泉へトレーニングでよく行くし、この地点より西側(塩屋)方面はよくわかっているが、東側(宝塚)方面は通しで縦走した事が無いのだ・・・
地図ではほぼ一本のトレールだし一軒茶屋からは、ゆるやかな降りがメインで起伏はあまり無いだろう!という位の感覚であった(*_*;
考えが甘い(ーー;)というか山をナメテいる(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

この辺りは山の北側を歩くので、16時をまわった頃から急に冷えだした・・・
寒いし、腹は減ってるし、足はじんじん痛いし、プチえれぇこった・・・
せめて、防寒着をもう一つ持ってきておくべきだった・・・
グローブも雪山用のごついのを持ってきておくべきだった!
ストーブがあれば、暖だけでも取れたのに(ーー;)
こんな事が頭をよぎる!

そうこうしてるうちに「一軒茶屋」に到着。17時をゆうに過ぎていた・・・
二人共、軽装備で更に行動食も切れ超寒い(`´)水分だけは自販機で暖かいものを飲めたのでクリアしたが・・・

ここから更に今回の最悪が始まるのだ~
最近、ブログタイトルでもある「えれぇこった、えれぇこった!」が出る事なく、まあまあ快調なトレッキングが続いていたが、もう今回は「えれぇこった、えれぇこった!」の連発だわさ~
写真を撮る事もしなくなってというか出来なかった(-_-)

一軒茶屋を越えて、少し歩くと縦走路への進入口があり、気を取り直し「あとちょっとや!」とトレッキング開始!
一気に暗くなってきてお互い「ヘッデン」を装着する!が・・・
(+_+)超暗い!!!
なんとか、少し先の足元を照らす位がやっとである。
そう、昼間まで電池を無くす為に付けっぱなしにしていたので電池がほぼ無くなっていたのだ(゜o゜)
予備電池は持っていたのだが、人間って不思議だね!?究極に疲れてたりするとほんの少しでも余分な動きはしたくなくなるのだ!
まあ、後ろからO君も照らしてくれるから大丈夫だろう!って感覚だ(*_*;

そんなこんなで、とにかく先へ急ごうと進む進む!!!
予想していた、ほぼ緩斜面とは違った(*_*;さすが自然の山である地図に記されている断面とは大違いだ!
「後鉢巻山」「水無山」を越える。
確かにそんなにきつい勾配は無いが、疲れた足には超こたえる。
止まると寒いので歩くしかないのだ~えれぇこった~えれぇこった~・・・

やっと縦走者への【太平山を経て宝塚へ】の案内板が見えた!
「船坂峠」である。地図を見ると宝塚まで、まだ約10Kmもあるではないか(T_T)

仕方ないので先へ進む!
ここで、やってしまったのだ(+_+)
後でちゃんと地図を見て解ったのだが、太平山の頂上辺りにNTTドコモの無線中継所がある。
その中継所へ関係者が侵入する為の舗装されている脇道があり、その脇道は大きく縦走路から外れているのだ!
そう、僕らは道を間違い宝塚とは逆の西宮北インター方面側の『大沢西宮線』に出てしまったのだ!

それも後で地図を見てわかった事で、その時は左右どちらに進むか解らない・・・
コンパスで方位を確認しても、真っ暗だし正式な地図も無い、多分こっちだろう!位のもんだ。
はるか道路の下の方に街が見えたのが右だったので、右へ進んだ!
30~40分は歩いただろう(*_*;しかし、車はその間一台も通らないわ、更に寒くなってきて身体が痛いくらい冷たいし指はちぎれそうだ。
足はアスファルトの歩行で超痛い・腹は減っても喰う物が無い・おまけに水も無い!当然自販機もない!
最悪や~ほんまに、えれぇこった、えれっこった!を言うてる状況ではない。

やっと対向車線から一台車が来た!
轢かれる覚悟で道の真ん中に立って車を停める!
運転手さん御免なさいさぞびっくりされただろうに・・・
で、運転手さんに「宝塚方面はこの方向で合ってますか?」と聞くと、反対だと言う!
運転手さんいわく、又来た道を戻っていくと突き当たるから、そこを右へ行くと宝塚!という事。

え~っ、又来た道を戻る・・・最悪や~!でも、間違いならしかたない。
その言葉を信じ、二人で回れ右でGO!!!
又来た道を必死で歩く!左右を悩んでいた場所も通り過ぎ更に突き当たりを目指してひたすら歩く。
その間も車はトラックを数台見ただけだ!
内心、「ほんまにこっちで合ってるのかな~」と思いながら二人無言で歩く!
道を聞いてから、一時間程歩いただろうか!『六甲みつばちハニー農園』という看板が見えた!

僕は即、やられた!と思った。
なぜかと言うと、この看板に見覚えがあったのだ!
暗いので今まで解らなかったが、今僕らがあるいている道を以前仕事で何回か通っていたからで、その先は『宝塚カラト線』という道で、西宮から有馬や三田方面へ抜ける裏道で、西宮北道路の250円を節約する時に使われる裏道だったのだ!
どんどん本来の縦走路から離れていっていたのだ(+_+)
それもこの地点は、ほぼ頂上から西宮北インター側に降った辺りで、ルート復帰するにはかなりの距離がある。

最初の右が合ってたんや~!とぼやいても時は既に遅し・・・

半分開き直って、時間はまだまだ大丈夫とか自分達を慰めながら少し呆然と道端に立ちすくんでいたら、一台のワンボックスが来た。
もう、停める気もなく通り過ぎるのを見送っていたらだいぶん通り過ぎてから急ブレーキをかけて止まりバックしてきて、こんな所で大丈夫か!?と声をかけてくれた!
神様のように見えたよ!ほんと(^_^)v

事情を言うと、六甲縦走路を知ってる人らしく仕事中だから宝塚までは乗せてやれないが、縦走路の復帰ポイントまで乗せてくれる!という(^_-)-☆

車ならほんの10分そこそこだったと思うが、道を間違わずにいたらこの『大沢西宮線』をまたいで進むべき縦走路進入口まで運んでもらった!
運転手さん仕事中にほんとうにありがとうございましたm(__)m

c0147398_19282659.jpg

でもしかし、距離的にはまだ7Km程ある・・・うっ~
後は、気合しかないのだ!!!

『譲葉山』、『岩倉山』等を通過したのであるが、実際そんなことを見る余裕は二人には全く無いのだ。
大のおっさん二人がフラフラになりながら、ヘッデンが暗い事も、足の痛みも、空腹も忘れもくもく歩く!
まるで、修行のようだった"^_^"

やっと『塩尾寺』に到着!
ここから、あと3Kmで『宝塚』あともうちょいや~
くそ長い舗装道路を痛い足にムチを打って降っていくとやっと紅葉ガ丘の住宅地が見えた!
一戸建の住宅地から、ビルやマンションが見え出した!
あともう少しや~~>^_^<
c0147398_19293533.jpg


やった~!!!!!
『宝塚駅』に着いた\(^o^)/
c0147398_19295472.jpg


とにかく、軽装だっので身体が冷えてるし腹が減ってるので暖かい汁ものを食したい!
駅前ビルのうどん屋さんへ飛込んだ!
超旨かった(^u^)
c0147398_19301783.jpg

写真で解り難いが味より暖かさを優先して、七味を思いっきり汁の色が変わるまで入れてやった(^_-)-☆
会計を済ます時に、レジの女の子がジッと僕を見ていたが、それもそうだ・・・
ヘッデンは付けたまま、鼻水が風で流れてほっぺたの辺りに乾いてへばり付いたまま
ビーニーには、枯葉があちこちに着いたまま・・・
変質者と思われても仕方なかっただろう(*_*;

予定では、駅前でゆっくりお風呂に浸かってビールをプシュッ!なんか考えていたが、現実は違った(-_-)
駅に近いお風呂は22:00まで(+_+)
3,000円もするところしかなかったので、あきらめて電車に乗る事にした!

朝6時過ぎに歩き出し、すったもんだ有りながら宝塚に着いたのが21時過ぎ。
これは、僕の都合だが今回は前回のリベンジという事でいつものように写真やら旨いコーヒー等は考えずにとにかく『宝塚』に着く事だったから、ほとんど休憩らしい休憩はしていないので、14時間位は歩いていると思う!
最近だと、北部大峰奥駆の三日目もかなり時間がかかったが休憩も十分入れてるのでそれ以上だと思う。

気ままにゆったり歩くのが好きなO君はいい迷惑だったろう"^_^"

僕は、長距離歩くのは好きな方だが今回はさすがに疲れた。
今ブログを仕事の合間に少しづつ書いていて、デスクから高取山が見えるけど今日は見る気もしなかった・・・

今回の反省!
日帰りでも完璧な装備をして行こう(^_^)v

腕時計で朝スタートから、ストップウォッチで計測していたのをうどん屋さんでOFFにしたのを今朝見たら、15時間37分46秒だった!
c0147398_19315755.jpg

しんどかっけど、やはり山は大好きで楽しい(^_-)-☆


疲れたおっさん二人に愛のポチッ(^_^)v

[PR]
by bphiro | 2007-12-20 20:25 | ハイキング | Trackback | Comments(0)

僕の大事な道具達(^_-)-☆

山の道具達
ULスタイルに向け最近少しづつ新しい道具達が参加してきたので僕の大事な道具達を紹介しよう!(^o^)丿

スリーシーズン 僕の装備一例
c0147398_18926100.jpg

上段左から
テント、ポール(ARAI TOREK RAIZ 0)
シュラフ(mont-bell ULSSダウンハガー♯5)
マット(mont-bell ULコンフォートシステムパッド120)
シューズ(montrail ハリケーンリッジXCR)
サンダル(crocsケイマン)

中央左から
カメラ三脚(Kingブリスター)
調理器具&器(スノピ極蓋/A&Fチタンカップ)
      (バックパッキングライトウィングストーブ)
      (スノピコーヒープレス【改】)製本自体はミルクフォーマーなのだ!
      (カトラリーセット)
雨具(mont-bellストームクルーザー上・下)
  (BAILESU GORE-TEXスパッツ)
  (レインカバー)
水分補給(Hydrapack2L飲料用・platypus2L炊事用)

下段左から
高度計・時計(SUNTOベクター)
小物入れ(細引き・携帯ラジオ・キジ用ミニスコップ・歯ブラシ・換え電池等)
救急セット
コンパス・1/25,000地図・ノート・ペン

ウィンターシーズン 僕の装備一例
上のスリーシーズンと基本は同じなので同ギアは銘柄等は省略する。
c0147398_18101553.jpg

上段左から
ショベル(LIFE-LINK)
スノーシュー(MSR)
テント、ポール
シュラフ(mont-bell ULSSダウンハガー♯3)
マット
シュラフカバー(ISUKA GORE-TEXワイドロング)
ダウンパンツ(PAINE)
ダウンジャケット(FEATHERD FRIENS ヘリオス)

中央左から
アイゼン(KAJITAX LXT8)
PRIMUS P-153
ソロクッカー(エバニュー)
コーヒープレス
レインウェア
スパッツ
レインカバー(Gregory)
Hydrapack2L
platypus2L

下段左から
シューズ(MERRELL SWITCHBACK GORE-TEX)
積雪時用自作ペグ
三脚
テントシューズ(ISUKA ウェザーテック)
防水グローブ(BONFIRE)
小物入れ
救急セット
コンパス・1/25,000地図・ノート・ペン


行く場所と時期、日数等でギアをセレクトする!(^_-)-☆
☆シューズ
c0147398_18104051.jpg

左から
MERRELL SWITCHBACK GORE-TEX
montrail ハリケーンリッジXCR
mont-bell GORE-TEXツオロミ

★鍋・器・カップ
c0147398_181111.jpg

上段左から
モリタチタンクッカー
エバニューソロクッカー
スノピコーヒープレス(上のソロにぴったりスタッキング出来ます(^.^))
スノピチタントレック(上のソロとプレスをぴったりスタッキング出来ます(^o^)丿)

下段左から
7ozスキットル
スノピWマグ
スノピ&A&F軽量セット
シェラカップ(アルミとチタン)

☆調理器具
c0147398_18112287.jpg

左から
PRIMUS バーナーP-151とP-153
trangiaアルコールバーナー(使い易い!)
VARGO チタントライアドストーブ(軽量だが燃料を入れにくい(*_*;))
Backpacking Light Titanium Wing Stove(13g超UL(^_^)v』
アルコール容器色々

★暖
c0147398_18114034.jpg

上段左から
mont-bell SS.Burrow Bag #4
mont-bell ULSSダウンハガー♯3(冬期は着るもので調節します!)
mont-bell ULSSダウンハガー♯5
ISUKAテントシューズ
PAINEダウンパンツ

下段左から
FEATHERD FRIENS フーデッドヘリオスダウンジャケット(最高っす(#^.^#)
mont-bellインナーダウン
PURIMUSランタン(僕はランタンの淡い明かりが大好き"^_^")
ISUKAシュラフカバー(夏場はこれだけでOK!非常に便利)

☆水分補給
c0147398_18115748.jpg

上段左から
SIGGボトル300cc(焼酎専用に・・・)
ナルゲン1L(FEATHERD FRIENS が渋いでしょ☆)
CAMELBAK750(よく皆さん持ってる)
Lowe alpine500ボトル(目茶古い・・・)
THERMOS(冬場良いが重い<(`^´)>)

下段左から
SUPER DELIOS携帯用浄水器(軽くて便利!)
Hydrapack2L
7ozスキットル(バーボン専用(^^)/)
platypus2L

★雨
c0147398_1812145.jpg

上段左から
mont-bellストームクルーザージャケット
同パンツ

中央左から
mont-bellレインカバー
Gregoryレインカバー
BAILESU GORE-TEXスパッツ

下段
mont-bell ULトレッキングアンブレラ(持ってるけど使った事ない・・・)

☆支え
c0147398_18123241.jpg

上段
LEKI MUエルゴメトリックアンチショック(これから活躍(^_-)-☆)
下段
SINANO TOTAL-3G(ほぼ隠居さんへ!)

☆>^_^<☆冬だけ出番がある道具達
c0147398_1812515.jpg

上段
MSRデナリスノーシュー(ヒールリフター欲しい!)

中央
LIFE-LINKショベル(雪中テント設営時に助かる!)

下段左から
KAJITAX LXT8アイゼン(これで無理な所は回れ右でGO(^.^))
積雪時用自作ペグ(市販のクロスペグより安くて良いよ!!)
BONFIRE防水グローブ(古いから防水効いてない(+_+))

◎これらのギア達を運んでくれるザック達◎(^_^)v
c0147398_18131850.jpg

左から
DA KINE Heli Pro(主にトレッキング日帰り、ゲレンデのお遊びボードで使用)
Lowe alpine off Limits40(主にバックカントリースノーボードで使用)
Gregory Iso(主に日帰りトレッキングに使用)
Gregory Triconi(主に4日以上の従走で使用)
GRANITE GEAR Vapor Trail(主に3日以内の従走で使用)

◎現地の状況で持って行ければ楽しいギア達◎(*^_^*)
c0147398_18133978.jpg

少し型は古いけどまだまだバリバリ!!
c0147398_181402.jpg


c0147398_18142589.jpg

上段左から
スノーシュー
Gentem Stick Max Forse164とSHIMANO Clicker(バックカントリーで使用)
Generics156(飛ぶ、回る等遊びで使用)
Scooter dr157(ゲレンデのお遊びで使用)

中央左から
Raichle DEELUXEブーツ
K2 Clickerブーツ
BURTON ヴァインディング
Fluxヴァインディング

下段左から
Free Rideヘルメット
Spy ゴーグル
LIFE-LINKショベル
TRACKERビーコン
ORTO BOXゾンデ棒

『立山』気持ち良さそうでしょ!
ボードは4シーズン行ってねぇ~行きてぇ~
c0147398_20273750.jpg


山に行く時に、どの道具にしようか迷い考えてる時も楽しいよね!!!
少し写真にない物もあるが、この道具達とアウトドアライフを楽しんで行きたい!!


いつも頑張ってくれている道具に乾杯!





      
[PR]
by bphiro | 2007-12-15 18:36 | 道 具 | Trackback | Comments(5)

ストック買換えた~(^_-)-☆

LEKI MUエルメゴトリックアンチ
これにしました!>^_^<
c0147398_16412248.jpg

現在使用しているストックは、古い『SINANOのTOTAL-3G』(上写真の右に少し写っている)というモデルをバックカントリースノーボード用と兼用で使用していたのだが、ロアーシャフトが曲がっているしそろそろ新しいストックが欲しいな~!と少し前から思っていたのだ(^_-)-☆
まだまだ使用は出来るし、たくさんの思い出があるので置いておこうと思っているけどそろそろ世代交代してご隠居さんになってもらおう!!と思っている。

まあ、そんな事はさておき・・・

Black Diamond の 『アルパインCF』、『スパイア』、『テラCF』、今回チョイスしたLEKIの『MUエルゴメトリックアンチ』、『MUコンパクトアンチコルク』を最終的に候補に上げた!

MUエルゴメトリックの『MU』は、MAKARU Ultra liteの頭文字らしい!
c0147398_16435772.jpg


トレッキングポールは、長期使用出来るギアなので使用頻度を優先する事にした。

まず Black Diamond の物は、全モデル共デザインも良くかなり惹かれたのだが、特徴であるフリックロックシステムは雪山でグローブをしたままでも操作が楽な事と、極寒地での使用の際だがジョイント部分が凍結して長さの調節が出来なくなる事を防いでくれる!というのが主なところだろう!!

LEKIの方は、特徴という物は僕からは目立っては見当たらないが、やはり信用と実績ではないかと思う。

年間を通して、Black Diamond の特徴を十分に感じる事が出来る雪山での使用を考えた時、僕の場合バックカントリースノーボードや積雪時のバックパッキングに行くとしてもせいぜい3~4回位だろうし、その数倍はスリーシーズンでのバックパッキング、トレッキングに使用する事になるだろうし、製品自体は共に一流のメーカーなので目に見える程の差はないように思う!

デザインで選ぶという方法もあり、加えて今後の楽しみを取るならBlack Diamondの中から選ぶ事になったのだが、僕はデザインではなくメンテナンスとアフターを選んだのだ!

気にするような事ではないかもしれないが、僕は以外と気にしてしまう所なのだ。
Black Diamondの製品は、ロストアローさんが代理店をされていてアフター・メンテナンスも万全なのだが・・・

例えば、ロアーシャフトが折れてしまったとする。
Black Diamondの製品であれば、ロストアローさんも常時パーツを在庫しているわけではないと聞いた事もあるし行き着けのショップに持って行き預けてから、ショップがロストアローさんに送り、交換箇所のパーツをオーダーするような感じであると聞く。
実際、ショップにも製品自体は何点か置いていても『石突き』すらストックしているところは少ない。
要は時間がかかるのだ(*_*;

対して、LEKIの場合だと同じ状況で週末に山に行く予定があるとか、どうしても急いでいたりする時ショップにもよるが、メーカーにオーダーしている時間も無い時は店頭商品のロアーシャフトをパーツ価格で売ってくれ、その後ショップがメーカーからパーツを取るのだが、これもメーカー自体が在庫を常にストックしているからこそ可能な訳だ!!
実際ほとんどのショップでLEKIのパーツは置いている。
このような事で、LEKIを選んだのだ!!!

MUエルゴメトリックを選んだのだが、実はグリップの材質はあまり気に入っていない(+_+)
個人差はあるだろうが、僕は『コルク』の方が次第に変色はあるが柔らかい感触なので好きだ!!
今回の候補のMUコンパクトアンチコルクが最長寸が130cmあれば、迷わずにそちらにしたと思う。
しかし、残念ながらこのタイプはコンパクトとネーミングに付いてるだけあり115cmなのだ(-_-;)

この寸法だと、僕は168cmと大きくはないが、それでも平地や登りは良いのだが降りの際に少し不足を感じると思ったので候補から外した。
ハイカー各々でストックの最重要ポイントは変わってくるので、僕が登りを中心にストックを多用し降りではほとんど使用しないハイカーなら良かったのだろう。
しかし、僕は以前ボードに行った時に怪我をしてその時出来た左膝の古傷があり長時間負担をかけると痛みが走る事があるので、降りの際に膝への衝撃を少しでも和らげる為に登りよりも降りに最重要ポイントを置いてストックを多用している。
反対に登りではほとんどストックは使用しない。
通常よりも長さを必要とする降りの使用時を考えた時に最長寸115cmは僕にとって不足を感じたのだ。

2~3年前に、確か『コルテックアンチ』というネーミングだったと記憶しているが『コルク』グリップのモデルで135cmというのがあったと思うが、その製品があれば良かったのだが今は日本には入れていないらしい(T_T)
その頃は、ストックを買い換える気など全くなかったので興味もなかった。

優先順位として、①長さ⇒②重量⇒③シャフト経(18より16)⇒④クッション有無⇒⑤デザインになった。
MUエルゴメトリックは①、③はクリア、②はまあまあ、④は80%クリア、⑤はコルクの方が良く50%クリア(*_*;

LEKIでいうアンチショックシステムだが、僕は使った事が無いので解らないがなんとなく違和感を感じるんではないか!?という気はあった。
快調にフラットトレールを歩いている時後方で突いた時に多少なりともバネがある分地面から反動する時に一拍戻りが遅れてリズムが崩れたり、足場の悪い降りの時に両方のストックで一瞬体重を預ける時等だ!
これについては、完全では無いがほとんどアンチショックをオフにする事でまず大丈夫だろうという事でクリアにした。

トータルで考えると良かったと思っている。
使っていくうちに慣れてくるだろうし、大切にいろんなところに連れていってやろうと思う(^_-)-☆


ギアは大切に!!

[PR]
by bphiro | 2007-12-14 17:22 | 道 具 | Trackback | Comments(0)

FEATHERD FRIENDS Hooded Helios Jacket フェザーフレンズ フーデッド ヘリオスジャケット

えれぇこった!ヘリオス買っちまった(^_-)-☆

FEATHERD FRIENDS Hooded Helios Jacket フェザーフレンズ フーデッド ヘリオスジャケット
評判通り最高のダウンだ!!!
c0147398_13151523.jpg

ひょんな事から知り合いになった Beyond さん、お世話になっているSky High Mountain Worksのタクさん達に凄く良いブリブリ!!!
と聞いていて、物欲に負けてしまい買ってしまったのだ(゜o゜)

かなり以前からアウトドアのダウンジャケットは『THE NORTHFACE』のヌプシジャケットを愛用していて割りと気に入っている!
秋以降の山行き用の軽量コンパクトのインナーダウンも複数所有していて特にダウンジャケットが必要だった訳ではないのだが・・・・・
でもしかし、このヘリオスは本当に買って良かった(^_^)v
多分一生物だろうな!

細かいスペック等はこちらこちらを見ていただくとして、素人なりの感想を記したいと思う!

僕はサイズ【M】をチョイス。
c0147398_1331194.jpg

第一印象はとにかく軽い!着てみるとショート丈でスタイルも抜群にイケてて、ほんわり身体を包み込んでくれ、シュラフにくるまっているような感じを受ける。
Beyondさんもブログで書かれてましたが、ジャケットを肩で着させてしまう事で肩部分のダウン本来のロフトを潰してしまい肩部分がペラペラになってしまい結果、寒さを感じさせる事の多い他のジャケットとは違い、ジャケット全体で着させる造りになっていて、どこがという事はなく全体のダウンロフトが100%活かされていてダウンフルパワーで着させてくれている感じがする!
ジッパーを閉めて、フードを被るとこれが又超ナイス!!!
少しドローコードを閉めると、ピタッ!と頭部にフィットする>^_^<
本体前のジッパーがちょうど顎を隠す位まで閉まるので外部からの風の進入をシャットアウトしてくれ凄く暖かい!
又、造りが非常にシンプルだ。
c0147398_13314623.jpg

ブランドタグはフードの下背中側の真ん中にさりげなく付いている!
c0147398_13194229.jpg

極限に軽量化する為にと思うのだが余計な物は全く付いていない。
フードを閉めるドローコードに小さいコードロックが付いているだけで、袖・ウエスト・ポケットの縁も伸縮性のある薄い布地になっている。
本体ジッパーもシンプルなシングルジッパーだ!!
袖でよく見かけるのが、フラップをベルクロで調整出来るようになっていたりスナップ式のボタン二つで周囲を調整するタイプだが実際使用していてフラップ自体が邪魔になったり二つのボタンの中間がちょうどフィットする事があると思うがその心配もない。
ポケットについては、ジッパー式の物が多いように思うが僕はあまり気にしていない箇所なので、ここも軽量化の為にジッパーを省いているのだと思った。

EPICファブリックを表面全体に使用しているので、軽くてしなやかで防水性・通気性に優れているから従来のダウンジャケットを着ていて急に雨が降った時など急いで駆け足!(+_+)という事もほぼ無くなるだろう!
頭が濡れるのが嫌なら、さっとフードを被り後でパッパッ!と叩けば、サラ~サラ~と水滴君は飛んで行くだろう!

写真では解りにくいが、流れるように水を弾いてくれる!!
c0147398_1321336.jpg


早速使用してみたいが、すぐに山中での使用は無理なので自宅のベランダで使用する事にした(^.^)
完全に無機質状態で寂しい感じがしたので、リビングでぬくぬく気持ち良さそうにしている『モンステラ』君に少し付き合ってもらい一緒に寒い思いをしてもらう事にした>^_^<

僕の自宅はマンションの10階で南西向きにベランダが設置されているので六甲山からの吹き下ろしの風がベランダを通過するのですこぶる風通しが良い!
しっかりと止めておかないと洗濯物が飛んで行ってしまうという難点もあるのだが・・・

山中とは違い街中のマンションなので体感気温を極力近づけたいので、インナーはTシャツのみ下は下着にダウンパンツ(PAINE製のダウン90g封入)でテントシューズ無しで一般のソックスに、ヘリオスを着るスタイルで、鉄筋コンクリートのベランダ床の上にマットは敷かずに2mmの銀マットのみ敷いて、シュラフカバーに入り眠る事にした!
c0147398_13215452.jpg

通り抜ける風が強くもろに舞込む風を受ける。これは実際雪山ではまず皆さんテント内に居るので寝る時に風をもろに受けるという事はほぼ無いと思うが、山と街の気温差を考えればテストとしては体感的に少し山に近づくかというところかと思う!
コンクリートの無機質の冷たさは雪山でインナーテント下からじわじわ伝わってくる刺すような感じに近いものがある。
体感的には多少足元が冷えたがいうまでもなく朝まで快適に眠れ、爽快な気分でコンロで湯を沸かしてモーニングコーヒーを飲んで気分良く仕事に出ました(^^♪


ベランダの変な奴に!!





   
[PR]
by bphiro | 2007-12-14 14:02 | 道 具 | Trackback | Comments(0)

本来のアドバイス!!

長年使用している「トレッキングポール」がかなりくたびれてきているので、買換えを考えている!(^_^)v

買換えをしたら、当分はお世話になるギアなのでやはり失敗はしたくないものである。
色々商品のスペック(重量・長さ・特徴)を吟味している。
しかし、いくらスペック上は差があっても実際手に持って振ってみてフィーリングが合う物が自分にとっては一番良いギアになると思う!

そんなことで、ネットで調べたりカタログで調べたりしている最中、OD BOX渋谷店の『土屋氏』にアドバイスを頂いた(^_-)-☆
僕が神戸なのでお店に出向いてとかは無いのだが、以前から数回その他ギアの事でもアドバイスを頂いている!
本当に滅茶苦茶親切な方である。
僕が店に行きその商品を購入するのではない事でも、本当にプロとして又同じ趣味を持つ者としてビジネス感覚無しでその人にとって一番合うアドバイスをして下さる。
本当にアウトドアを愛しているのだな~と感じる(^_^)

僕もお客様相手の仕事に就いていて、常に社員には「決して売ろうという気持ちを前に出さず、まず目の前に居るお客様が何を希望しているのかちゃんと聞いてあげて、その人の希望する物を的確にアドバイスしてあげなさい!その結果お客様が君から購入しなかったとしてもその人にとって、後々、あの時君に親身にアドバイスしてもらったから結果良かった!と思ってもらえる事が大切」だという気持ちを忘れずにお客様と相対しなさい!と指導しているし、僕自身もそう指導されてきた!

ふっと、土屋氏と話ているとそんな感じを受けた!
だからこそ、周りのアウトドアを愛するたくさんの方々から支持されているのだと思う!

Sky High Mountain Worksのタクさんも同じ匂いを感じる!

消費者としては、細かい所も色々と聞きたいものである。
その質問に本当に丁寧に回答してくれると凄く嬉しいものだ!
今回、趣味の世界の方に改めて自然な状態で相手を気持ち良くさせる事の大切さを教えてもらった気がする。
僕自身も常にこのような対応を忘れずにしよう!と思ったので、記してみた!



素晴らしいアドバイザーに!!

[PR]
by bphiro | 2007-12-12 12:28 | 雑 談 | Trackback | Comments(0)