春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

弥山双門ルートちょっとスピードハイキング

やっぱり弥山双門ルートは奥深く美しい!
c0147398_2305221.jpg


先日、SHMWさんのイベントで明神平に行ったところだったが水曜日が丸一日休みが取れる事になったのでどこか、お山に行きたいな~と思い付き・・・
どこへ行こうか考えてた(^^♪

手軽に六甲有馬のビール&温泉にしようかとも思ったが、僕と同じく水曜日が休みのN君と都合が合ったので、弥山に行く事に急遽決定!
仕事が終わって、すぐパッキングを済ませ1時頃に大阪のN君を拾って出発!

3時過ぎにいつも車を停める熊渡に到着。

少し雨が降っていたが予報では天気になると出ていたので気にせず仮眠(-_-)zzz

7時頃ハイキング開始!
いつ見ても、この看板はいい感じがする(^_^)
c0147398_2334864.jpg


水が底を流れてる白川八丁を通過する頃には、雨も完全に止んで陽が射してきた!
c0147398_2342095.jpg


今日は日帰りハイキングなのでパックも軽くめちゃ楽だ(^_^)v
c0147398_2343746.jpg


40分程歩いて、ガマ滝に到着!
c0147398_2345163.jpg


この辺りから一発目の長い右岸の高巻きが始まる。
結構ややこしく歩き難いトレイルの高巻だが、荷物が軽い事もあり難なく沢に辿りついた!

最初の高巻が終わったら、右岸、左岸を川に並歩する事も可能だが今日は荷物が軽いので沢登りやclimbingに近い感じも味わいたいので出来るだけ沢を詰めていく事にした!(^^)!
c0147398_2353926.jpg


ちょこちょこ綺麗な場所で小休憩を取りながら、8時半頃に一の滝に到着!
c0147398_2361553.jpg


一の滝をバックに吊橋で記念撮影
c0147398_2363150.jpg


吊橋を越えた辺りから弥山双門ルートの核心である100本程の梯子渡りが始まりぐんぐん高度を稼いでいく(゜o゜)
c0147398_2365671.jpg


カラッと快晴で太陽の光が緑に反射された山も綺麗だが、雲が山頂付近を覆っている幻想的な風景も又美しく見とれてしまう>^_^<
c0147398_2374291.jpg


最近は、ブログ繋がりのcreepさんのブログの画像がセピア色や白黒に編集してUPしてるのを見て、凄く雰囲気が出ているので少し真似させてもらったりしている(^.^)
c0147398_2384261.jpg


二の滝・三の滝の難路を通過して9時20分に双門のテラスに到着!
テラスから双門をバックにパシャリ!
c0147398_2394127.jpg


双門の滝をバックに記念撮影を済ませ、カロリー補給と小休憩(^_^)v
c0147398_2395862.jpg


まだまだ終わらない梯子・梯子の連発(+_+)
c0147398_23101496.jpg


ここらでホッと落着く癒しの画像をどうぞ!!!
c0147398_23104684.jpg


ぬかるんで足場の悪い降りを懸垂下降しているN君
c0147398_23124363.jpg


このポイントもメインルートは右岸を並歩だが、狭いぬかるんだトレイルを進むより数倍気持ち良いので沢をガンガン詰めて行く!
c0147398_23132324.jpg


10時50分河原小屋に到着!
c0147398_23135078.jpg

c0147398_2314077.jpg


予報通りこの頃からめちゃくちゃ天気が良くなってきたので水遊びをして足を冷やす!
c0147398_23141948.jpg


寒いんだってさ(^・^)
c0147398_23144597.jpg


吸い込まれそうな位綺麗なエメラルドグリーン!
c0147398_23154274.jpg


真夏なら飛び込んでるよ! 間違いなく(^_^)v
c0147398_2316989.jpg


又、又岩をへつってのプチ沢登り開始!
この画像気にして撮ったんじゃないんだけど家でPCに落として気が付いた(^.^)

N君のポーズと場所・・・・・
SkyHighMountainWorksさんのブログのトップの画像に似てると思わない!?
c0147398_23174413.jpg


河原小屋を越えてからは、弥山川左右の岸を高巻きしながら登る事も川を直登する事も出来る。
今までに僕がこのルートを歩いた時は、テン泊装備でまあまあ思いザックを背負っての事が多かったので仕方なく渡渉する時以外は高巻きルートを選んでいたが、今日は荷も軽いし2人だしバチャバチャと何にも気にせず川の中を歩き岩を攀じ登っての前進だった(^_-)-☆

今日の目的地の狼平の少し手前の空中回廊でも2人だと撮ってもらえるので、こんなふざけた写真を撮ったりも出来る!
c0147398_23185787.jpg


12時半頃、狼平に到着!
一杯休憩しもって5時間半程だから実質5時間弱なら、まあまあのタイムだろう(^_^)
荷物が軽いと兎に角楽だわ!!
c0147398_23193643.jpg


相棒のN君もこよなくプシュッを愛する奴なので、なにはさておき一番にやる事がこれ!
c0147398_23201572.jpg


今回もツー・タイムズ・ユーのコンプレッションタイツを使用したが、メチャ調子いいぞ~このタイツ(^_^)
流石にソックスはすぐには乾かないけど、タイツはすぐ乾くし本当に血流を良くさせる効果があるんだと思う!
僕はだいたい荷物の重量関係なく4時間以上歩くと足裏から指先にかけて多分血の巡りが悪くなるからだと思うがジンジン痺れてきて揉んでやると治る!というのが長年慢性化していたが、前回の明神平もそうだが、今回も全く足が痺れないから揉み解す必要もなく快調だった(^_-)-☆
多分、このタイツのおかげだと思う!
c0147398_23221916.jpg


大切なプシュッを冷やしてる間にランチの準備!
Beyondさんに分けてもらったタイベックシートを敷いて、持ってきた食料を放り出す(^_^)
やっぱり、日帰りハイキングといえども酒の肴系ばっかりのような気がしてならない・・・
c0147398_2323732.jpg


30分程待ちに待っていた適度に冷えたプシュッで乾杯!!!
c0147398_23232775.jpg


2人して意見が一致した今日の一番いけてる食物はこれだ(~o~) するめいかのマヨ&一味付き
c0147398_2324925.jpg


エスプレッソパスタをライス代わりに頂き、ランチ終了!
c0147398_23242235.jpg


食後のドリンクは、友人から頂いためちゃいい香りの紅茶(^_^)v
c0147398_23252170.jpg


ちゃんと、茶漉し袋ももってきておいしく2人でいただいた!
c0147398_23254163.jpg


2時頃に出発する予定だったが、ぽかぽかして気持ち良過ぎでなかなか用意する気になれず、まあ下山ルートは早いから大丈夫!という事で結局2時半過ぎにやっと重たい腰を上げたのだ(゜o゜)
毎回の事だが、弥山にも八経ガ岳にも行かず真っ直ぐ高崎横手経由~カナビキ尾根のルートで下山開始。

めちゃくちゃデッカイきのこを見付けた!
c0147398_2326201.jpg


頂仙岳の尾根沿いからカナビキ尾根取付きまでのトレイルは程よい斜度の
シングルトレイル
前々からここはトレランするにはいいだろうな!と思っていたと話をしてたら、
やはりN君が走り出した!
c0147398_23271222.jpg


今日は荷も軽いし負けじとアラフォーの僕も走ったよ~目一杯(~o~)
c0147398_232932.jpg


流石20台(^.^)気持ちよく軽快に飛ばすN君!
c0147398_23293988.jpg


負けん気満開のオヤジもガンガン飛ばす・・・・・・
c0147398_23323152.jpg







が・・・・・







予想通りこの直後、爪先が引っ掛かり思いっきりヘッドスライディングしてしまった(*_*;
サイドポケットに入れてたお気に入りのコンパクト三脚がぶっ飛んで地面に叩き付けられ
クラッシュするわ、両腕の肘は泥だらけ・・・(T_T)

くそっ!憎っくき木の根っ子め(`´)(`´)(`´)

走った事もあり1時間40分程で林道合流点に到着。
脇の沢で両肘の泥を落とし気持ちよくゴール!
c0147398_23331194.jpg


ここを歩いた帰りには何故か立ち止まってボーっとしてしまう場所でN君記念撮影。
c0147398_23332477.jpg


ミタライ渓谷の手前の河原で又小休憩。
c0147398_23344646.jpg


丹生の屋台のオヤジんとこで鮎の塩焼きを小腹に入れてから大阪・神戸に向かう!
c0147398_2335963.jpg


今回急遽相棒として付き合ってくれたN君もここ弥山双門ルートは初めてだったが、一般の登山道には無い奥深さ・歩いて良し、攀じ登って良し、沢歩きも良しとバリエーション豊富なトレイルに「こんなに近くにこんなにいい所があったんですね!」
と満足出来たみたいで良かった(^_^)v


PS,ブログを読んでくれてるみんなへ<(_ _)>

僕のブログのレポートで以前もですが、又これからもお気に入りの場所なのでこの弥山双門ルートは登場すると思います。
今回のレポートでは空中回廊でふざけている画像等がありますが絶対に真似しないようにして下さい。
又、この弥山双門ルートは安易な気持ちで臨むと怪我をしてしまう箇所はたくさんあります。
うっかり足を滑らせてしまうと、数十メートル滑落してしまうような危険な足場もあります。
ですが、ちゃんと安全確保を第一に考えて臨めば素晴らしく奥深い自然が出迎えてくれます(^_^)v

今回の弥山双門ルートだけではなく他のエリアも含め、一般的な登山道から外れ破線ルートでもないところを歩いたり、幕営したりというレポートを今後もUPしていく予定ですが、読んでくれているみんなに少しでも楽しく又面白く感じてもらえ、山ってしんどいだけじゃなくめちゃ楽しいもんなんだ!と感じてもらい、どんどんフィールドへ出て行きたい!
という気持ちを高めてもらい、忙しくてフィールドに行けない時は画像を見て気持ちを癒してもらえたりすればいいな!という気持ちで毎回更新していっています。

なので、文や画像等におちゃらけな箇所も含みはしますが、決して自然を安易に捉えての事ではありません。
僕もまだまだ解らない事はたくさんありますが、入山する時はどんな山であっても最高に楽しむ為に最大限の安全確保とその準備・対策を心がけているつもりです。

自然の中に踏み込んだ時点で全ては自己責任になるのは言うまでもないのですが、僕のレポートや又他の山メインのブロガーさんのレポート内容や画像を見て、安易に簡単に行けると思い現地で思った以上に困ったり、万一怪我や事故にでもあったら、ほとんどの方がせっかく日常から離れてリフレッシュする為に入山すると思いますから、それこそなんの為にたまの休日を利用して山に行ってるのかわからなくなってしまします。

安全で快適な楽しいお山行きをみんながしてもらえるように祈っています<(_ _)>


僕の山は癒しと無(^_^)v

[PR]
by bphiro | 2008-09-25 23:47 | ハイキング | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/9794877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yu-ka at 2008-09-26 00:38 x
うわーお
水がめちゃめちゃ綺麗。
エメラルドグリーンのコメントついている画像と、寝ころんでいるところの画像の水量が豊富でたっぷりあるところがめちゃめちゃ!すてき。

ほんとに関西は素敵なところがありますね。
うん、ほんとうに素敵。
Commented by rin_rin_8 at 2008-09-26 00:44
素敵&楽しそうな写真がいっぱいですね~♪
雲が山頂付近を覆っている幻想的な風景や滝を
見ているだけで、とっても癒されます(^^)

このところ、ずっと忙しい日々を送っているので、
お疲れモードですが、hiroさんのブログを見て…
hiroさんとご友人のNさんの楽しそうな写真を見て
元気が出てきました\(^o^)/

私は今まで地図や時計も持たずに出かけてしまう
ちょっと無謀な日帰り専門ハイカーでした。。。(^^ゞ
今後は心を入れ替えて山を楽しもうと思います-☆


Commented by bphiro at 2008-09-26 01:42
yu-kaさん>ども(^_^)v
でしょ!めちゃ綺麗!
なかなか写真に撮れないんだけど、ちょっとした岩陰には岩魚がたくさん居てるよ!
水が綺麗だから岩魚も元気に大きく育つんだろうね(^^♪

関西に来る機会があったらお知らせ下さい<(_ _)>
綺麗なとこ案内しますよ(^_^)v
Commented by bphiro at 2008-09-26 01:49
rin_rin_8さん>
山でなくてもどっか行きたいな~と思っても仕事が忙しい時とかに、さっとでも見てもらって、気持ち癒されたり僕らの仲間の満面の笑顔なんかを見て少しでも元気になってくれたらめちゃ嬉しいです(^_^)v

そうそう、日帰りハイキングであっても地図とコンパスは必ず持って行って下さいね!
使ってるうちに慣れたトレイルでも、地図をチェックしたりする事も楽しくなってくるから(^^♪

少し落着くまでお仕事頑張って下さいね!
Commented by kaji(ヒッキー) at 2008-09-26 08:32 x
やっぱ秋に差し掛かると山ですよね~!!狼平行ってみたいです。今度質問させていただきます!

しかし、北アの時もそうやったけど、ムーちゃん、写真写るときの顔は犯罪級におもろいっす・・・・しかもパソコンで開いてはじめてわかるぐらい微妙な線で。

だまってたら男前やのに。
Commented by nori at 2008-09-26 12:27 x
こんにちは。
綺麗な水だなぁ。イイなぁ。
私ならこの水辺で一日のんびりプシュッ×6で決まりです。
6じゃ足りないかな?(笑)
Commented by mt_panda at 2008-09-26 17:56
おっ、また弥山川ですね、永年禁漁区弥山川・・釣り師の桃源郷ですね、幻のイワナ(キリクチ)はいませんでしたか?
紅葉の時期に訪れてみたいです。
Commented by creep at 2008-09-26 20:40 x
bphiroさん>
beyondxさんのエントリーへ添えさせて頂いたコメントの続きが、
実はコチラにもあったとは。驚きですw

ローインパクトで自然本来の醍醐味をダイレクトに体現(体験・体感)したいと思った時、
その人は自らを他者がいかない場所へと導くほか、本当は手が無いのかも知れないと常々感じております。
その為の云々はbphiroさんのp.s.文に寄らせて頂きます。

この写真、この楽しみ方、素晴らしいですね。
なにはさておき、素敵なhikeでなにより!
これまた、沢山お話しがしたいものです!w
Commented by bphiro at 2008-09-26 23:16
kajiやん>
弥山川いいぞ~帰ってきたら調度いい気候だと思うからソロで行っておいでよ!
ムーちゃんは写真撮る時面白い表情するよな、そう言えば(゜o゜)
Commented by bphiro at 2008-09-26 23:17
noriさん>
屋久島からお帰りなさい<(_ _)>
又、レポは覗きに行きますんで宜しくです!

noriさんなら6本は楽勝でしょうね(^.^)
足りないかも・・・・・
Commented by bphiro at 2008-09-26 23:21
panちゃん>どうも<(_ _)>
僕の勘違いで釣りに同行できなくなったのも又弥山にした理由の一つかな(~o~)
キリクチ居たよ!
狼平の吊橋の下にも7~8寸位のが(^_^)v
テン泊でなくても日帰りで水曜日休み合う時行こうよ!



Commented by bphiro at 2008-09-26 23:35
creepさん>
仲間の行動やギア選びなんかも自然と連鎖されるもんですね^_^;
時間と資金の行ける範囲で、可能な限り人が足を踏み入れた事の無いゾーンへ行きたいですね(^^♪
当然、危険が背中合わせの事も解った上で!

UPの写真は、かなりcreepさんの影響が大です(^_-)-☆
ほんと近い内に必ずフィールドにて酒を交えてお話しましょう!