春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

氷ノ山三度目の正直なるか!?

という事で、又々18,19と氷ノ山に行った!
前日の天気予報では18日は天気後曇り、19日は曇りで共に降水確率は30%程だったのでまず今回は天候は大丈夫だろう!?という予想だった。

当日は予想通り快晴(^_^)

第三リフト終点から!
c0147398_15281173.jpg


先月20日に来た時よりだいぶん積雪も落ちているようだ。
樹木からは雪化粧が落とされ地面からも所々木々が見えている。
c0147398_15283272.jpg


リフト降り場でスノーシューを履き、9時過ぎに目的地の三の丸周辺の幕営予定地までの急登を進む!
雪質もかなり硬くなっていたので、アイゼンの方が急登には良さそうだったが残念ながら
今回はアイゼンを持って来なかった・・・
前に歩いたハイカーの踏み跡や山スキーヤーのシール跡がそのままの形で硬くなっているのでスノーシューではかなり登りにくく疲れる。
アイゼンを持ってくるべきだった(+_+)
c0147398_1529429.jpg

頑張って登る!!
c0147398_15292176.jpg

この痩せ尾根辺りは良く陽が当るので、カチカチに近い。
c0147398_15293647.jpg

痩せ尾根を過ぎ雪原に出る前の鞍部から鳥取方面を見渡す!
c0147398_15295420.jpg

急登部を過ぎ、このなだらかな稜線を過ぎると広大な雪原だ(^_^)
c0147398_1530635.jpg

雪原に出ると全体的に陽が辺り雪面が少し解けて柔らかくなっているので、この状況ではスノーシューは凄く歩き易い!
c0147398_15304035.jpg

三の丸非難小屋が小さく見えてきた。あと30分位かな
c0147398_15305577.jpg

今日は天気が良いので氷ノ山山頂非難小屋も良く見える!
c0147398_15311096.jpg

前回ここへ来てから約1カ月。この辺りは何処を見ても雪の絨毯だったが、今日はこんな小さな低い位置の赤テープもしっかり見える(^_^)v
c0147398_15312634.jpg

第一目的地の東屋に10時過ぎに着いた!
c0147398_15314049.jpg

前回幕営して夜通しえれぇこっただった非難小屋横は、僕が雪掻きして幕営場所を確保した形のまま固まっていたので、約1カ月間この場所で幕営した人はいなかったのだろう。
c0147398_153157100.jpg

今日は快晴で空も綺麗なので展望台の横に幕営した。
今夜の寝床は、エスパースマキシム!
明日は曇りの予報なので爽快な朝日は望めないにしても、ぼやけながらでも朝日は望めるだろうとあえて、風上の東側に出入り口がくるように配置したのだが・・・・・
c0147398_15321831.jpg

いつもなら、到着して一番最初にプシュッ!をするのだが、今日は久しぶりに天気が良いので景色を眺めながらのまったりコーヒーの気分だ。
幕営を終え展望台でコーヒーの準備、豆は先日入手した SkyHighBrend をプレスでいただく!
一応水は2L持ってきているが、少し雪面を掘って綺麗な雪質のを少量の水に混ぜて
アルコールストーブで沸かした。
今日はトランギアを持ってきたのだが、なかなか沸かないがこの待ってる時間もまた心地良いのだ>^_^<
c0147398_15332126.jpg

綺麗な雪景色を眺めながら湯が沸くのを待つ至福の一時・・・
c0147398_15333922.jpg

美味しいコーヒーの出来上がり!!!
マジでこの SkyHighBrend 超旨いよ(^_^)vコーヒー好きには絶対お勧め。
c0147398_15335427.jpg

まったりしていると、写真で来たというおじさんが声をかけてくれたので挨拶を返してコーヒーを一杯ご馳走した!
おじさんも、このコーヒー旨いな~と言って喜んでくれた(^_^)
c0147398_15341242.jpg

コーヒータイムを終え、続いてライディングタイム!
山頂から東南斜面のライディングも考えたが、ほんとに久しぶりの晴天に恵まれたので今日はテントで雪景色を肴にプシュッ&焼酎で読書でもしながらボーッとしたかったのでメインのライディングは明日朝一にする事にして幕営場所の近場の東斜面を3本程滑った!

後にして思えば当日に山頂周辺を滑っておくべきだったのだが・・・・・

単独だから撮ってもらう人が居ないので自分のライディングを撮影するのは三脚でセルフタイマーにしても距離感が非常に難しいが、なんとか一枚だけセルフポートレートに成功した!
画像下方でのツリーライディングも撮影したのだが、写っているのは木ばかりで全部失敗(*_*;
c0147398_15345032.jpg

もう昼位で雪も重くなっていたが少しだけでもライディングは出来たし一応満足してテントへ戻り恒例のプシュッ(^_^)v
c0147398_1535662.jpg

なかなか良い眺めだ~! この時点では(゜o゜)ね
c0147398_15352496.jpg

まずは、腹ごしらえにカップ麺
c0147398_15354072.jpg

夕方6時頃、陽が落ちる頃までホケーッとした。
暗くなる前に夕食準備だ。
今夜はいつもより少し贅沢にピリ唐ウィンナー入りのおでんに燻製卵、乾き物等など!
c0147398_15355577.jpg


おでんの準備中、最悪な事が発生した!

調理途中に燃料が無くなったので燃料を継ぎ足そうとストーブにかけていたゴトクをどけた。
なにを思ったのか、ビールを入れてきているプラティパスの保温カバーの上になんの気なしに置いてしまったのだ・・・
結果はこのあり様だ(T_T)
綺麗にゴトクの形に溶けてしまった。
c0147398_15362227.jpg

さらに今日発下ろしのエスパースマキシムのグランドシートまで溶けてしまっているでは
ないか(T_T)/~~~
c0147398_15363851.jpg


まあ、くよくよしていても仕方ないので帰ったらリペアしようと気を取り直して今日4本目のプシュッ!
ふっと気が着いたら陽も落ちて薄暗くなってきている。
なんとなく風が強くなってきているような・・・
悪い予感がする・・・・・

真っ暗になりテント内ではランタンの光が気持ちを和ませてくれる。
c0147398_1537199.jpg


が、風はどんどん強くなりマキシムを叩いてくるが、このテントの耐風性には信頼をおいているので気にせずにほろ酔い気分の内にシュラフに潜り込んで(-_-)zzz

目覚めたのは朝日が昇ってからではなく、なんと4時頃だ!
それも自然に目が覚めたのではないのだ。

バーン!という大きな音にびっくりして目が覚めたのだ。
なにが起ったかというと、今回使用したマキシムテントは積雪期用で出入り口が普通のテントのようにジッパーではなく、出入りの際に雪がテント内に入り難いように吹き流し式になっている
この写真のように二重のコードで縛るようになっている。
c0147398_15375133.jpg

内張りをセットしていたので、テント内は十分暖かかったしほろ酔いのまま(-_-)zzzしまったので内張りのジッパーを閉めずに横にまくったままで、朝日を見る為に風上に向けた出入り口部分を強風が内側に向けて吹き付けたのでテント内に砲弾のように吹流し部分が突き刺さってきたのだ(+_+)

それはそれはビックリした!
ピンピンに張ったナイロン生地を二枚合わせて一度縮めてから思いっきり引っ張ると、凄い大きな音でバーンと鳴ると思う。
そのようなバルーンが破裂したような音がテント内に響いたのだ・・・
吹流し部のコードを外側だけ縛りダラーンとさせていたのだが、内側も二重に縛っておけば多分こうはならなかったと思うが時は遅しである。

更に砲弾パンチだけではない。
も降っていたのだ!
このマキシムは積雪期用で本体には撥水加工はしてあるが防水では無い。
無積雪期の雨の日に使用する時はフライシートが必要なのだが、僕はマキシムは積雪期のみの使用の為に入手したのでフライは持っていない。

当然、じわじわだが雨は漏れてきていて内張りのフラップから手を入れて触ってみるとべっとり内側が濡れている(T_T)
内張りをしていなかったら、荷物はだいぶん濡れていたと思う・・・
幸い前回のように、吹雪ではないのでそうきつくはなかったが、暗い内に荷物をたたんで屋根のある東屋まで運び二階でシュラフカバーに包まり木の床に寝転がって雨宿りをしながら明るくなるのを待つ破目になってしまった。
c0147398_15403617.jpg


当然、今日に予定していたライディングどころではなくなってしまった(*_*;
小雨にはなってきたのだが、なんとなく気も乗らないので記念撮影だけしてそのまま下山した。
c0147398_1541424.jpg

リフト降り場まで降りてきて、山頂方面を撮ったがどんよりしている。
c0147398_15412632.jpg


今期、氷ノ山に3回来たが良い思いをあまりしていないように思う(*_*;
今期は、仕事のスケジュール的に難しいが来期こそは良い思いが出来るようにと
期待を持って神戸の自宅へ帰った。



来期は良い日がありますように<(_ _)>

[PR]
by bphiro | 2008-03-20 16:20 | スノーボード