春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

日本最奥地の秘湯 高天ヶ原温泉へ再び!(day1)

c0147398_16333417.jpg


下ノ廊下~上ノ廊下~奥ノ廊下と各セクションごとに名前が付けられてる黒部源流。

その奥ノ廊下から薬師沢、赤木沢、ウマ沢、五郎沢、祖母沢、祖父沢、小窓沢等多くの沢に分岐される中心部に位置する薬師沢小屋を中心に折立から入山し、雲ノ平~日本最奥地に位置する高天ヶ原温泉で自然を楽しみ、薬師岳と鷲羽岳のピークハントを目的に今回の我々の縦走はスタートした!





2014年夏の縦走は我々えれぇこった1号&2号と山友達のF君、3日目に薬師峠キャンプ場で合流予定のはっすん&まっちゃんの5名が集まった!

5年前に、この地を歩いた時はお盆の時期を少しずらした事もあり人もそれほど多くは無かったが・・・・・・・・・・・・
スタート地点、折立の車の多さにびっくり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(-“-)
奥の臨時駐車場まで車を持って行く。

臨時駐車場からザックを担いで登山口に向かう頃から、パラパラと頭上から雨が(~_~;)

事前の天気予報もあまり良い事は無かったので縦走三泊四日の内半分位は雨にやられても仕方ないなぁ~
って思ってはいたものの・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ!
今から歩くぞ!

って、時にのっけから早々と雨さんの洗礼を受けるのは如何なものか・・・・・・・・・・・・・・

しばらくは降りそうな感じなのでレインウェアの上だけ着込んで7:20登山開始になった(+_+)
カメラの設定が手動のマクロになったままで最初の数枚はピントがあってない・・・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_16352238.jpg


1870Pの三角点までところどころ平坦なところはあるが、ほとんどはハイステップの登りが続く。
スロースターターの2号は歩き出して30分程で早くも疲れ顔・・・・・・・・・・・・・
c0147398_16352861.jpg


中途半端なややこしい空。
c0147398_16353523.jpg


三角点手前で小休憩した時に声を掛けてくれたMさん!
以前、こちらのblogにコメントも入れてくれてたようで記念撮影させてもらった(~_~;)
Mさんは初日は薬師峠で黒部五郎~双六、西鎌尾根で槍の方へ抜ける行程なのでお互いの安全を祈ってお別れ。
c0147398_1636273.jpg


8:50  1870P三角点
c0147398_16363614.jpg

c0147398_16364428.jpg


休憩してると小雨だったのが本降りになってきたのでレインウェアの下を履いて先へ進む!
空は一気に暗くなってきた・・・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_16365178.jpg

c0147398_1637062.jpg


雨の木道は滑り易いので注意して進もう!
c0147398_16365226.jpg


チングルマの実
c0147398_16365925.jpg


名前?
c0147398_1637883.jpg


ダラダラとしんどい太郎坂を雨の中太郎小屋に向けてワシワシと登ってると・・・・・・・・・
ようやく太郎小屋の屋根が見えて来た(^_^)
c0147398_16372084.jpg


ザックのトップにリッジレストを括り付けてるのでザックカバーを被せると、後ろから見たらザック怪人(~_~;)
c0147398_16374832.jpg


ニッコウキスゲ
c0147398_16375286.jpg


10:50 太郎平小屋到着!
c0147398_1638075.jpg


Mさんも!
c0147398_16384538.jpg



今回、折立から太郎平小屋までの一区切りを我々は3時間半かかった。
雨で足元が良く無かった事はあるが、道中3回程休憩(一時間に一回位)して普通に歩いての時間。


折立(薬師岳登山口)から入山する場合のコース取りとしては、立山方面への縦走、槍方面への縦走、そして我々のように黒部川を中心に内部を日数に応じて周回して折立へ戻る
ピストン、日数に余裕があり健脚の人は読売新道か東銀座で後立山へ縦走。
大きくこの4コースになる。
あまり良い事では無いんだけど、我々のように予備日が無く期間を目一杯使って山行スケジュールを立てる場合事前に決めたルートを基本に大きく変更する事は出来なくて、変更と言うよりはアクシデントが起こった場合は戻る!
だけど、予備日も取れて余裕を持って山行スケジュールは立てれるものの、組んだ予定通りに歩けるかどうか解らない!?
っていうような方の場合、最初の区切りである折立~太郎平小屋まで3時間以内ならほぼ予定通り、3時間台ならどの方面へ進むにしても次の起点である薬師岳山荘、薬師沢小屋、黒部五郎小舎で再検討、4時間以上かかった場合は予定を短縮する!
という一つの目安にされると良いと思います。


ヒゴオミナエシ
c0147398_16384351.jpg


クロヅルの実?
c0147398_16385073.jpg


分岐手前
c0147398_1639154.jpg


ハクサンイチゲ
c0147398_16391066.jpg


分岐を左の雲ノ平方面へ進み歩き易い木道をひたすら歩く!
c0147398_1640172.jpg


2号は20Kg程のザックが重くバランスを上手く保てないのか何度も木道でスリップして転ぶ・・・・・・・・・・・・・(~_~;)
2号もそろそろ本格的に登山を始めて3年目。
各々のGearの使い方もある程度解ってきてるし、何が必要で何が不要、そろそろ軽量化も考えないといけないなぁ~
c0147398_16395036.jpg


ちょぅと色が濃くなってるけど衣笠草なのか!?
c0147398_1640048.jpg


太郎の分岐から薬師沢小屋までは両サイドお花畑の木道歩きと沢と平行して歩くかで雨は降ってるが気持ち良く歩ける!
天候は相変わらずだが、皆、元気に気持ち良く歩いてる(^_^)
c0147398_16401945.jpg

c0147398_16402975.jpg


ゴゼンタチバナ
c0147398_16404277.jpg


ギンリョウソウ
c0147398_1640542.jpg


ケベッケヶ原のベンチで休憩してると雨も止んで来た(^_^)
c0147398_1641476.jpg


13:30 薬師沢小屋
c0147398_16412688.jpg


雨も止んでレインウェアを脱いで大休憩する!
冷たく冷えてる『プシュッ』の誘惑に負けかけたが雲ノ平までぐっと堪えて我慢(-_-)
c0147398_16413780.jpg

c0147398_16414862.jpg

c0147398_16415824.jpg


雨上がりで、ほんと美しい!
c0147398_1642765.jpg


吊橋を渡って・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_16421858.jpg


不安定で滑る鉄板を渡り・・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_16424373.jpg


ここから500m程標高を上げる激登りの始まり(~_~;)
5年前はここを負傷した左足を引き摺りながら下りて来て、予定の薬師峠キャンプ場まで行けずに薬師沢小屋に急遽泊まったんだっけ・・・・・・・・・・・・・・・・・
このパートは毎年数人は滑って転倒して骨折する等の事故が多発する下山に使う時は要注意。

では激登りの初まり!
c0147398_16425239.jpg


朝一から雨が降り水量が増えたから、上からザーザーと水が流れ落ちてくる中をまるで沢登りのような感覚で手足4本を使い攀じ登って行く。
歩き出して6時間程経過してて、そろそろザックの重みが堪えてくる頃でもあり、このパートの通過中の1時間半程は写真は一枚も無し・・・・・・・・・・・・・・

15:40 沢ルート終了!
やっと気持ち良く歩ける木道に(^o^)
c0147398_16431272.jpg


僕のザックは今回も多分25Kg程。
アルコールは小屋で買おうと思ってたのでビール500cc2本、350cc2本、焼酎500cc、バーボン300ccと水1L程だが、生もの系の食材やらが結構重かったんだと思う!
c0147398_16432342.jpg


アラスカ庭園のベンチで休憩。
c0147398_1643311.jpg

c0147398_16433946.jpg


祖母岳が真ん前に見えて来た!
c0147398_1644823.jpg


黒部五郎方面
c0147398_16441660.jpg


正目には水晶岳
c0147398_1644507.jpg


陽も出て来て気持ちいいぞ!
c0147398_16443732.jpg

c0147398_16445449.jpg

c0147398_1645568.jpg


ミヤマカラマツかヨツバシオガマ
c0147398_16454868.jpg


朝から雨の中を歩いて来たので雲ノ平手前の僅かな区間だったが快晴の木道歩きは超気持ち良かった!
c0147398_1645574.jpg


奥日本庭園
c0147398_1646536.jpg


祖母&祖父を目の前に進む!
c0147398_16455646.jpg


雲ノ平山荘までの区間は木道の両サイドはお花畑。
調べるのも面倒なので知ってる花の名前だけ!あとは知らん・・・・・・・・・・・・・・・
ハクサンチドリ、コイワカガミ、ハクサンイチゲ、チングルマ、キバナシャクナゲ
c0147398_16464469.jpg

c0147398_16465450.jpg

c0147398_16465037.jpg

c0147398_16472624.jpg

c0147398_16474119.jpg

c0147398_16471585.jpg


17:10 雲ノ平山荘
c0147398_16472633.jpg


新しくなった山荘で追加のビールを買いテントの受付をしてから3人で記念撮影(^_-)
c0147398_16481194.jpg


けっこう疲れてるのに山荘からテン場までが近くて遠い・・・・・・・・・・・・・・・・(@_@;)
c0147398_1648169.jpg


デガタチドリ
c0147398_1649368.jpg


コバイケイソウ
c0147398_16484231.jpg


色とりどりのテントが見えて来た!
c0147398_16485290.jpg


沢山のテントが既に張られてて、なかなか良い場所が無い・・・・・・・・・・・・・・
トイレからは遠いが水場に近い奥の方で、床は凸凹で少々腋を水が流れてるがなんとか幕営場所を確保!
c0147398_16491722.jpg


テントを張る前にザックを放り投げて、まずは恒例の『プシュッ』
今回は口当たり甘目のレッドアイ(^_-)
c0147398_16492037.jpg

c0147398_16493024.jpg


ちょっと離れた場所にF君も幕営場所確保して、サクサクッとテント設営。
c0147398_16501144.jpg

c0147398_1650108.jpg


3人で改めて、お疲れさんの『乾杯』!
F君は酒が弱いので可愛く『ほろ酔いシリーズ』
我々は大好きなYEBISU白(^_^)v
c0147398_16501546.jpg


5年前は初日に黒部五郎小舎まで歩いたので今年は距離的には短かったものの、それでも10時間程歩いてるので、けっこうお疲れモード・・・・・・・・・・・・・・
2号も重いザックで頑張ったし、F君も頑張って歩いた!
明日は早めに歩き出したいし、ちゃちゃっとご飯を食べて寝る事に!

初日の晩御飯メニューは~
◎鶏肉とアスパラガスのピリ辛炒め
◎豚肉としめじの甘酢炒め
◎雑穀米

おかず2品は共にインスタントだけど簡単に調理出来て味もなかなか旨い!
炊飯は米に数種類の雑穀を混ぜて炊いてみた。

炊爨して~
c0147398_16511534.jpg


炒めて~
c0147398_16512540.jpg

c0147398_16513422.jpg


出来上がり(^_^)
c0147398_16514379.jpg

c0147398_16515162.jpg

c0147398_16515940.jpg


3人で我が家のテントでディナーを済ませ、山荘で買ったビール(KIRIN一番搾り)は水場で冷やしておいて持って上がったノーマルYEBISUを寝酒にして20時半過ぎシュラフに潜り込んだ(^_^)v
c0147398_16523067.jpg

c0147398_16524139.jpg



今日歩いたルート
c0147398_1653219.jpg


c0147398_16531869.jpg







二日目に続く~





雨のスタートだったが・・・・・・・・・・テン場で晴れてくれて良かった(^_^)/

[PR]
by bphiro | 2014-08-17 17:21 | バックパッキング | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/22486383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by katuo at 2014-08-17 20:25 x
いつもながら豪勢な夕食ですよね!
ご一緒されたF君、随分お若いようなww
私もこの界隈はいつかはと思い馳せながら未踏の地であります。
最近腰痛が出て万事休す、重量担いだ登山は控えめです。
何もよりも健康第一ですね。
続きも楽しみにしております^_^
Commented by マサキ at 2014-08-18 08:47 x
hiroさんお疲れ様でした。いつかお会い出来ると思ってましたけど、まさか本当にお会い出来るとは…。ちょっと興奮して、雨のせいもありますがまともにお話も出来ませんでしたが、またいつか!ぼくは天候が安定しないので予定を早めて3日目、黒部五郎から新穂高に降りました。2日目は好天でよかったですね。ブログ楽しみにしてます!
Commented by akko-kornblume at 2014-08-18 15:51
こんにちは!

この同じ日に我が家は蝶から常念だけだったのだけど暴風雨で死ぬ寸前でした(笑)
薬師沢から雲の平への岩岩の登りって辛いよね。
私達が歩いた時も凄い雨で・・・結局小屋に泊まったのでした。
懐かしいというか辛かった思い出ばかりなんだよね。

それにしても豪華な夕飯だなぁ。
御相伴にあずかりたいわ。

一日で雲の平までは長いよーよく頑張りましたねー。
次の日は山日和だったよね、高天原いいな~行きたいな~!
レポ楽しみにしてますね。
Commented by bphiro at 2014-08-19 15:37
katuoさん

どもです(^_^)

今回は少々減らして持ってきた方なんですよ・・・・・・・・・・(*_*)
まあ、いつもが多過ぎるんですがね!

このエリアは関西からも入り易くて一泊~長期まで山行スケジュール立てれるしお気に入りにエリアです(^_^)

腰痛・・・・・・・・・・・・・・・・

BCの滑り系にどっぷり浸かってるんで徐々に蓄積されてるんだろうね。
僕もぎっくり腰が癖になりつつあるんで注意してますよ(^_^)/~

そうそう!
健康が第一。
Commented by bphiro at 2014-08-19 15:41
マサキさん

コメントありがとうございます。

声掛けてくれてありがとう<(_ _)>
コメントくれてる方とフィールドでお会いすると嬉しいです!

でも、今回はほぼ雨でしたお互い無事下山出来て良かったですね。
また、お山でお会いしましょう!

今度は是非同じテン場で一献(^_-)
Commented by bphiro at 2014-08-19 15:47
akkoさん

どもです!
同じ日に蝶~常念の稜線歩いてたんだぁ~
多分、風はこっち側より、そっちの方が強かったと思うよ(~_~;)

僕も、あの稜線歩き大好き!

折立~雲ノ平までそこそこ距離あるし薬師沢小屋からの登りも割ときついので木道が見えた途端ホッとするよね(^_^.)

そうそう!
二日目の高天原までが唯一レインウェアの要らない歩きでした!

どっかのお山でご一緒しましょうね(^_^)/~

Commented by 目目連 at 2014-08-19 19:35 x
hiroさん

重荷でバランスが取りづらい2号さんへのアドバイスです。
『この山なみのこえ』の見開き写真6ページ下段の、行列で歩いている写真の2番目の方。
これは歩荷さんの歩き方で『免棒(地方により忍棒)』で腹を絞めて歩きます。
こうすると、重荷でも左右のブレが無くなるし、腹に力が入ってバランス良く歩けます。

ぜひお試しください。
Commented by 登山 好人 at 2014-08-19 20:45 x
お疲れさんです!
コメントしてくれる方との偶然な出会いとはステキですね♪
雨降りの木道はよけい神経を使ってしまいしんどそう~((+_+))
最近・・・ 花の写真が増えたね。
昨日まで盆休みでしたが今回は山をやめて海・プール・釣り三昧の
休日を過ごしました。 真っ黒です(^_^;)
2日目の記事も楽しみにしてます!
Commented by bphiro at 2014-08-21 15:36
目目連さん

免棒見て見たんですが、腹回りを締める事で背筋をしゃんと立たせて体軸のブレを抑える目的だと思うんですが、ザックのヒップベルトがそこそこごついので、その下に更にカチッと巻いた方が良いんですかね?
Commented by bphiro at 2014-08-21 15:39
好人さん

コメントしてくれてもお会いした事ない方はたくさん居てて、こちらも想像の世界なんで偶然でもお会い出来るとなんか嬉しくて以前からの知人のような感覚になるよね(^_^)

昔はトレイル脇の花達も『綺麗』だなぁ~って思う位で、立ち止まって観察する事も無かったんだけどね・・・・・・・・・・・・・・

でも、花の名前がいまいちよく解らないよ~

うんうん!
家族サービスしてたのね(^_^)

Commented by 目目連 at 2014-08-21 21:28 x
hiroさん

ヒップベルトの上から腕と免棒で押さえる感じになります。
腕と腹でヒップベルトをサンドイッチする感じですね。
ベルトだけより腹に圧がかかるのと、腕を組むことで左右のブレが少なくなります。
50kgくらいになると、これをやるのとやらないのとでは、歩きに大きな差が出ますね。そこまで行かなくても、十分効果ありですよ。
Commented by bphiro at 2014-08-22 14:37
目目連さん

はい!
これ歩荷さんが天樹で作った杖をこうやって使ってるのも見た事あります(^_-)

僕は杖持ってるのも疲れるから脇に挟んでるんだぁ!
って思ってましたが、逆に荷を軽く感じさせて且つバランスを保つ役割があったんですね!

でも、一般の登山中にはちょっとやりにくいかもですね(~_~;)
Commented by tomoko at 2014-12-10 00:33 x
はじめまして。突然のコメントで失礼します。
この夏、8/10に新穂高温泉から、この界隈をゆっくりまわろうと思ってましたが、家族のトラブル等で呼び戻され、鏡平小屋で1泊しただけで帰りました。来年こそはと思っているので、じっくり読ませてもらいました。折立から雲ノ平、1日目にここまで行けると、短い日程でも、コース取りが楽ですね。テン泊装備の重い荷物を持ってどこまで歩けるか、2号さんのようにしっかり歩けるといいなと思いました。
Commented by bphiro at 2015-01-06 09:44
tomokoさん

明けましておめでとうございます。
コメント頂いてたのに返信遅れてすみません。

新しいblogに移ってから、こちらの旧blogは滅多に見ないのでコメントしてくれてる事わかりませんでしたm(_ _)m

本題ですが、この夏は残念でしたね。
来夏は是非縦走されて下さいね(*^_^*)
このルートは歩行距離が長いので疲れますが、歩き甲斐とまた素晴らしい景色を堪能出来るので大好きなコースです。
今回、本当なら水晶を入れる予定でしたが、2号がロングハイクは初めてだったのでショートカットしました。

折立から入山であれば初日は多少遅くなっても頑張って雲ノ平まで行ければ後の行程にゆとりが出ます。
右回りの場合は、更に時間がかかりますが黒部五郎まで行くと同じく後が楽ですよ(^_^)v
Commented by tomoko at 2015-01-16 23:59 x
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございました。blogが新しくなっているので、開けることもあまりないですよね。すみません。
このコース、今年の夏、必ず歩きたいと思います。最優先で(^O^)
Commented by bphiro at 2015-01-19 20:09
tomokoさん

是非この夏は歩いてみて下さいね!
余裕があるなら水晶も回ってくださいね(*^_^*)

また、新しいblogにも遊びにいらして下さいm(_ _)m