春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

エム・シェルター  フィールドテスト!

c0147398_20374141.jpg

先日2号用の非常用シェルターで導入した『エム・シェルター』をフィールドでテストしてみた!

甲斐駒からの下山時ちょうど良い場所があったので、『突然強烈な雷雨に遭遇した』と仮定して2号のアタックザックに忍ばせておいた『エム・シェルター』がどの位簡単にフィールド使用出来るかを試してみた(^_^)




まず身を低くしてアタックザックの上部に入れてるシェルターを取り出す!
c0147398_2038143.jpg


ささっと広げて・・・・・・・・・・・・
c0147398_20381657.jpg


同行者役の3号と向い合った状態でシェルターを被る!
c0147398_20382919.jpg


シェルター底の両サイドにはお尻を置く分位の生地が袋状に付いているので、その部分に
お尻を合わして・・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_20384079.jpg


そのまま座る!
c0147398_2038526.jpg


2人が向い合ってシェルターの中で座った状態でも真ん中にはストーブを使ったり、簡単な着替えをしたり、防寒着を着用したりするスペースは十分に取れる!
c0147398_2039243.jpg


ザックから取出して2人がきっちりシェルター内部に納まるまでの時間は約30秒程(^_^)v
これは、めちゃくちゃ早くて且つ瞬時に雨風から身体を守る事が応急的に可能!

一般的なツェルトと比較しても、次の行動に即移れる状態までが早い!
この、【次の行動に移れる状態】ってのがポイント。

どういう事かと言うと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツェルトでもザックから取出して身体に被せるまでの時間だけなら、そう大差は無い。

が・・・・・・・・・・・・・・・

ツェルトの場合、最少の物でも狭いながら簡易テントとして使用する事も考え作られているので、大人が1~2人が縦に真っ直ぐ寝転べる位の長辺の長さ(約2m)があるが故に、急いでザックから(僕の場合、雨蓋か背面のポケット)引張り出した際に上手く被るだけでもエム・シェルターより時間がかかる。

更に、幕帯面積が広い為に風に大きく影響されて靡くので、押えながら自分が中に入るのに手こずる事がある。
実際、僕も吹雪いた時の使用でザックから出して被ろうとしてもバタバタッと左右上下にツェルト自体が大きく靡いてしまい縁を持つ事自体が難しかった経験は何度もある。

【次の行動に移れる状態】は自分が綺麗に雨風に当らないようにきっちり被った後、その幕帯の中で防寒着をい着たり、ストーブを付けたりが出来るまでの時間の事だ!

この点は状況が悪ければ悪い程大きく差が出るところだと感じた。

このエム・シェルターを緊急避難用として使ってみるまでは、ツェルトでかかってた時間もテントを設営するに比べれば格段に早く、取り敢えずの雨風から緊急に身体を守る事は問題は無いだろうし、ある程度の時間は仕方が無い!
と思ってたが・・・・・・・・・・・・・・・

兎に角、このエム・シェルターはペタッと座って温かくなるまでの時間が圧倒的に早いのには驚いた!

厳密に比較すると、収容人数や使用用途の広さ等、総合的に考えればやはり僕はツェルトの方が優れていると思う。

が・・・・・・・・・・・・・

目的を、急な雨や吹雪の際逸早く身体を濡れから身体を守ったり、冬山で吹雪いた時等近くに小屋や吹雪を遮る場所が無い時等のランチや、女性の場合、適切で然る場所が見当たらない場合の緊急のお花摘み等・・・・・・・・・・・・・・

こういった簡易的且つ最小限のスペース確保可能な状態が欲しい時は、間違いなくツェルトよりエム・シェルターの方が使い勝手は良いと思った!

ツェルトの場合使い方に多少の慣れと経験が必要だが、エム・シェルターは広げて被るだけ!

これが最大のポイント(^_^)

かなり、鈍臭い2号が意図も簡単に使えたのは、このシェルターが如何にシンプルであるかと言う事でもある!

多分、僕も含め経験がると思うけど簡単とはいえ面倒で有る事は否めないツェルト使用。

本来ならツェルトを出して被った方が、格段に温かく快適なのに・・・・・・・・・・・・・
でも・・・・・・・・・・・・・面倒だから!
って事で・・・・・・・・・・・・・・・
ツェルトを出すのを止めてしまい、結果、余分に濡れてしまい寒い思いをしたり(+_+)
とか・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、このエム・シェルターだと面倒と思える位のレベルでは無いので逆に、別にわざわざシェルターを出すまでも無い!
って時でも、出して被ってしまいそうな感じに思えた(^_^)v

って事で、このエム・シェルター
最初は、僕はずっとツェルト使ってるし2号用にだけあればいいや!
って思ってたけど・・・・・・・・・・・・・・・・

僕自身、自分用が欲しくなってしまいました(~_~;)

価格も1万円程でびっくりする位高い物でも無いし、何か良いシェルターが無いか検討中の人には絶対お奨めのシェルターですよ~

吹雪いてなくても厳冬期の山中でのランチタイムなんか、幕が一枚有るか無いかで快適さは雲泥の差だから・・・・・・・・・・・・・・

このシェルターの情報をくれた『それいいな!』の山道具の目目連さんに感謝<(_ _)>





僕がエム・シェルター買うならオレンジかな~(^_^)/~

[PR]
by bphiro | 2014-08-08 20:49 | 道 具 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/22448072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 登山 好人 at 2014-08-09 14:30 x
エムシェルターを被っている写真・・・ 獅子舞でも踊りだすんかと思いました(笑)
女性にはお花摘みや簡単な着替えなどする際に重宝しますよね。
僕がコレを導入しようとしたキッカケは冬の明神平で食事をしようとした際に
あの場所って風除けになるところが無くて食事もとれずそのまま下山・・・
風を凌げてゆっくり食事をとりたかったのが購入理由でした。
ツエルトに折り畳み傘でうまく食事をされている方もいましたがサクッと被るだけで
OKなこのエムシェルターにしました。
値段も1万円ですしね。それに非常にコンパクトで軽いので常時ザック内に入れておいいても邪魔にもならない。イザという時にはそれ以上にありがたいアイテムなので
ぜひグループ装備じゃなくて個人装備での携行いいですね。



Commented by bphiro at 2014-08-09 18:14
好人さん

どもです!
改めて見てみるとほんと獅子舞みたいやね(^_^)

好人さんの購入理由、僕も二人のテスト風景を写真に取ってて同じように思いましたよ!
僕も明神平含めて冬山で、本当はゆっくり暖かい物でも口に入れたいんだけど、ツェルト出して準備するのが面倒で食べたいのを我慢して下山する!
って事何回かあるよ(~_~;)

でも、このエム・シェルターは、ほんとに楽ちんで準備が完了するから面倒臭い!
って思わないだろうなぁ!
って(^_^)v

ツェルトなら2人に一つのグループ装備として考えても良いけど、このエム・シェルターは個人装備の部類だね!
Commented by 目目連 at 2014-08-10 09:24 x
hiroさん

またまたご紹介ありがとうございます。

そう言う私も、Em-Shelterを買ったきっかけは単なる好奇心でしたが、『ん?』となって、『ほほー』となって、色々シチュエーションをイメージするようになりました。
『かぶる』ことしかできないシェルターですが、『かぶる』ことを極めたおかげで、逆に色々な使い道がある気がしますね。
Commented by bphiro at 2014-08-10 11:38
目目連さん

こんにちわ<(_ _)>

確かに『かぶるだけ』の袋ですが、一般的なツェルトや昔の三角テントもですが風対策を考え頭上に向けて狭くなってるところを、逆の発想でマチを取って頭上空間を上手く確保出来るようにして最少のスペース確保のみで幕帯面積を小さくする事によって、従来の使い道多用途のツェルトには難しかったスピィーディーさをポイントに出来たシンプルな製品ですね(^_-)
Commented by microlight at 2014-08-15 09:39 x
私は高尾山に登るときも必ずシェルターを携行するほどのヘタレです。

使用しているのは同形状のLifesystemsのBothyシェルターですが、
エムシェルターより一回り大きく、耐水圧やシームテープなどで優れており、価格も半額ほどです。
海外で優れたギアが多いのは、やはりシェアや要求度の違いなんでしょうかね。
Commented by bphiro at 2014-08-16 15:28
miclolightさん

コメントありがとうございます<(_ _)>

何をおっしゃいます。
必ずシェルターを遂行する!

凄く良い事じゃないですか(^_^)

僕も近場の六甲山にハイキングに行く時でも必ず持ってますよ!

LifesystemのBothyシェルター

知らなかったんで調べてみたら大きさも色々とあるようで、形状&使用方法はエム・シェルターと同じですね(^_^)

でも価格が半額位ってのは良いですね!

エム・シェルターも僕用にもう一つ追加検討してるので、同時に考えてみます!
ありがとうございました(^_^)