春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

一つでも遭難を無くそう!

遭難について深く考えてみる!
c0147398_14201653.jpg


楽しい内容では無いので、ウザいなぁこいつ!的な目でしか見れない人はどうぞスルーして下さい。

ちょっと山に対する姿勢が・・・・・・・うんぬん・・・・・・・・・的な内容を書くと、ウザいなぁこいつ!
的な感覚の冷やかしの目で見るような人も居るので最初に書いておきます。
そういう風に取れるコメントを頂く事もあるけど気にせず抹消させてもらってます。
冷やかし程度に感じるものは誤魔化し残してるけどね………………

でも忘れないで欲しい!
そういう風に冷やかして他人事のように捉えてる人の行く末には高い確率で遭難し周囲の方々に迷惑を掛けてしまう要素が高い!
という事を。

山は目一杯楽しむ場所でもあるけど、その内側には『素直で謙虚であるべき』という自身の心構えと、実際に遭難しない為の対策を、知識を入れるだけでは無く自身が真剣に実践する事が必要な事を!






先日blog友達の「それいいな!」の山道具 の目目連さんが紹介してくれた遭難についての本を3冊早速購入して今、読んでいる!
c0147398_14202264.jpg


昭和30年代に初版された古い本で、内容も重みがあり現在では僕はよく解らないけど○○の権だとかがあって書けない、表現出来ないような事もズバッとストレートな内容の本。
固有名詞なんかも実名でバンバン載ってる!

僕自身も山は好きだけど怖いし、又、遭難はしたくないししてはいけないとも思ってる。
この本の内容はズバリ『遭難』についての事がほとんどで、その内容が克明に書かれている。
紹介してくれた目目連さんも書いてるが、自分への戒めも兼ね遭難について再認識する為にも是非目を通して欲しい本だ!

オロク(遭難遺体)の写真もたくさん出てくるし、待ち受けてる家族の悲しい場面もバンバン出て来ます。

遭難についてのキーワードは今も昔も変わらずで・・・・・・・・・・・・・・・・
『雪・岩・行程・装備を含めた安易な考え』

一部、本文からの抜粋と写真を紹介します。

昭和34年10月
北穂高滝谷でのT大スキー山岳部の遭難から・・・・・・・・・・・・・・・・

生き残ったリーダーが残した言葉。
『夏の登攀が容易だったからと、ついこの尾根を甘く見ていた。甘い考えは、登攀の第一歩で破られたが、経験豊富なリーダーなら、ここで引返したかもしれない。いや、涸沢を出発しなかったはずである。経験の浅い自分は、涸沢を出発し、自己の登攀欲に負け、当初の予定を忘れた。さらにリーダーであることさえ忘れ、理性を失い、雪の岩場で最初の困難にぶつかってもあえて進み、結果は6人の部員の命を失った・・・・・・・・・・・・・・』
c0147398_14213150.jpg



昭和37年1月 
後立山五竜岳でのK会の遭難から・・・・・・・・・・・・・・・・・
遠見尾根から五竜を目指した若者4人、中遠見山でBC数日吹雪の翌日は快晴の青空。
この日を逃したら、もう機会がない!と出発準備。
頂上まで往復6時間を見込むが・・・・・・・・・・・・・冬山の経験が浅く遠見尾根は初めての若者達は夏の所要時間より少し多めに見ただけであった。
その頃ラジオでは午後からの天候悪化をしきりに告げていたのだが・・・・・・・・・・・・・・
若い4人は軽装のアタックザックのみで厳冬期の五竜に向かった。
五竜小屋に正午前に着いた、頂上までは一時間半か二時間で往復できる!少しくらい時間がかかっても五竜小屋に泊まれば良い!
降り止んだばかりの雪はまだ締まらず、膝から腰まで潜り、この頃からガスが巻き雲が流れ始めているにも関わらず4人は頂上に向かった。
c0147398_14215129.jpg


後に全日本山岳連盟理事長はこう述べている。(非常に厳しい内容)
『典型的な気象遭難と言える。一時の晴れ間に騙された。
冬山に登ろうというからには、この程度の天候の悪化は、当然予想しなければならない。
それに耐えうる体力、精神力、経験のあるものでなければ冬山に行く資格はない。
その上で天気予報を聞き総合的な判断に従って行動すれば良いが、今回の遭難は経験も総合的判断も欠けていたようだ。
この時の天気図を見ると午前3時に突然低気圧が現れ、みるみる日本全土を覆っている。
このような気象変化は1月前後によくあることだ。
初心者が冬山に登る場合、良いリーダーが居なかったら登山を中止すべきで、また冬山では十分な体力と精神力、判断力が必要で登頂出来ない場合も次の機会に譲って慎重に行動すべきだ。』

昭和29年12月
西穂高でのT高校4人の遭難から・・・・・・・・・・・・・・・・・
厳冬期の穂高稜線にアイゼンも持っていこうとしなかった若者4人は・・・・・・・・・・・・・・
西穂山荘を出発したT高校生4人、当初はここの稜線の雪は風で飛ばされてしまうのでアイゼンの必要性は無いと言っていたが、メンバーのお兄さんが無理にアイゼンを持たせたとの事だ。
彼らが取った行程は西穂高頂上直下200mの斜面をキャンプ地に選んだ事。
風が強くなり天候が悪化する兆しが見えていたが若い4人は気にもしなかった。
張ったテントは【夏用】
4人は
「テントさえあればこっちのものだ!あとは天候の回復を待って頂上に登ればいい!」
しかし、この時既に北アルプス一帯には冬山ではもっとも恐ろしい季節風の吹き出しが始まっていた。
この時期の季節風は日本海の湿気を吸い上げ本土に叩きつけ北アルプスにぶつかると急激に上昇する為冷却し多量の雪を降らせる。
前日までの好天が信じられないほど吹雪に変わりテントは大きな音を立てて揺れる。
4人は支柱を握り風に倒されまいと支えるが風速40mの突風に夏用テントはあっという間に倒れ、大きな音を立てて裂けた。
4人で相談、2人が残り2人が西穂山荘に救助を求めに行くことになった。
救助に向かった2人は稜線で突風に飛ばされて岐阜県側に転落していた。
残された2人も・・・・・・・・・・・・・・・・

あとに日本山岳会副会長はこう述べている。
「この遭難は、冬山のほんとうの恐ろしさを知らない、いわば【無知】がもたらしたものだ。冬山でしかも3000m級の稜線に夏用テントを持って行くなどは、登山の常識からとうてい考えられないことだ。その上しっかりしたリーダーがついていたわけでもなく山の経験の浅い高校生だけのパーティーでは冬山に危なくて登らせる事は出来ない。
このパーティーだけに限らず、体力、常識ともまだ一人前ではないのに、かなり背伸びしたところが多いなか冬山に登ろうという計画自体が無理と言える。
若い人達に共通したことだが、何か自分の目と耳、身体で体験しなければ納得しない傾向がある。だが、山では「やってみたとき」「体験したとき」は、そのまま死につながる事を忘れないで欲しい。言い古されていることだが「山では常に謙虚であれ」という言葉を噛みしめて登山してもらいたい。


昭和35年6月
常念小屋から蝶ヶ岳へ小雨を交えた強風の中、出発を見合わすよう小屋の主人の言う事を聞かず強行で出発した4人パーティーは・・・・・・・・・・・・・・・
この前に3人パーティーは天候悪化の為蝶ヶ岳への縦走を断念し横尾谷への森林帯を降る為に出発したのを見て、自分たちも行けると判断したところ小屋の主人に「あの3人は装備も良いし森林帯を降るので危険は無い。あなたたちはもっとも風当りのきつい稜線を歩くことになるので、この天候で行動するのは無理だ。どうしても行くのなら稜線を避けて横尾谷を降りなさい」と忠告されたにも関わらず・・・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_1422781.jpg


あとに○○山岳会会長はこう述べている。
「悪天候のなか出掛ける事が一番いけない。しかも山小屋の主人が止めているのに・・・・・
【悪天候なのに行動するなど無理はぜったいしない】【山小屋の人の忠告は素直に聞く】
等は登山技術以前のものでかならず守るべきことでしょう。
また、この遭難は4人のうち3人が女性です。なんとか男性と同じように見られたいと背背伸びするタイプと、完全に男性に寄り掛かるタイプのどちらかにはいるものが多い。両方とも登山にとっては危険です。女性登山の限界ということになると難しいが、男性に頼らず自主的に、しかも、女性であることを自覚して行動する事は大切です。この遭難の場合でも女性3人がこの点を深く理解していれば避けられたのではないでしょうか。


等々・・・・・・・・・・・・・・・・・
非常に濃く重い内容のものばかりです。

古い本ではあるけど、内容は今と十分置き換えて読む事が出来る。
真摯に山と向い合いたい方には是非、自分への戒めとして真剣に一読して欲しいと思う!

絶対にこうなってはいけない!
c0147398_14222049.jpg

c0147398_14222678.jpg

c0147398_14223570.jpg


絶対にこうさせてはいけない!
c0147398_14224694.jpg

c0147398_14342813.jpg


※この本は一般販売されていて現在も古書として入手出来る書籍なのでそのままの画像を使わせてもらった。
この本の遭難者として記載されている多くの方々に敬意を払い、そしてご冥福を心から願っています。










山は楽しむために登るが真剣に慎重にそして常に謙虚であれ!

[PR]
by bphiro | 2014-04-22 14:35 | 日 記 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/22035835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 登山 好人 at 2014-04-22 21:14 x
こんばんは。
目目連さんのブログでご紹介して頂いてすぐに購入しました(^_^;)
まだ読んでおりませんが巻頭の写真をちらっと見ましたが
最後から2枚目のお袋さんの写真を見たときはつらかったですね。
いま読んでいる本を読み終えたらゆっくり読んでみたいと思います。
Commented by bphiro at 2014-04-22 22:37
好人さん

このレポに関しては、あんまりコメントは無いんだけど、兎に角、読む機会がある人は本当に自分ごととして捉えて欲しいと思うのみです。

時代はかなり昔で、この本が世に出た頃より山道具もウェアもどんどん進化はしていても、基本的部分は同じなんでね!

真面目に苦言を表現したりすると茶化す人も居るけど、我々はお互い常に謙虚さを忘れず入山しましょうね!
Commented by Zeus's Mom at 2014-04-24 01:53 x
はじめまして、グレゴリーのバックパックをチェックしている時にBphiroさんのブログへ辿り着きまして、、それ以来読み逃げさせて頂いていました。

本の紹介有難うございます。 ニューヨーク州在住ですがアメリカでは山岳遭難をケースバイケースで解説した本が出ていません。 やはり遭難を避けるためには遭難を知らなければならないと思いアマゾンKindleを使って日本で出版されている山岳遭難の本は出来る限り読んでいます。

ご紹介頂いた本はKindleでも恐らく手に入らないと思いますので核心部をBphiroさんに解説して頂き、有難うございました。 私はアメリカで登山を始めた初心者ですがいつまでも謙虚さを忘れずに入山したいと思いました。

今後もブログ、楽しみにしています♪
Commented by 目目連 at 2014-04-24 19:34 x
bp-hiroさん

こう言うレポを書くと『煙たがられ』ますし、誰もが目をそむけて『自分とは関係ない』と思いたいのですが、山に入るからにはベテランも初心者も分け隔てなく等しく振りかかって来ます。
重くとらえて、しっかりと装備も整えてくれる方が増えることを願って止みません。

この3冊を紹介していただけて、非常にうれしく思います。
お互い『うるさいオヤジ』と思われてもバシバシ発信していきましょう!
Commented by Ikajyu at 2014-04-24 22:35 x
そうですね。一番怖いのは無知というところでしょうか。
自分は関係がないと思っているところが危険といいますか
実は遭難と隣り合わせにいるくらいに思っておいた方が
良いかな~と感じますね。
山自体自然そのものですし、非日常を味わうのは良いのですが
自然の一面を知った上で判断するのが重要なようです。
自然は美しいのですが厳しいから美しいんですよね・・・
だから厳しくても行きたくなる・・・
Commented by bphiro at 2014-04-25 12:15
Zeus's Momさん

初めまして<(_ _)>
コメントありがとうございます。

ニューヨークにお住まいなんですね!
アメリカの方が日本よりも、もっと山岳遭難についてはシビアでそれに伴う書籍等も多いと思っていました。

この本は文中にもありますようにblog仲間からの紹介で読む事になりましたが、決して明るい内容では無いですが非常に大切な内容の書籍だと思います!

そちらではアマゾン経由でも入手が出来ないようですが、まだ日本では中古本として入手が可能ですので、もしご入り用でしたら僕の方で購入してそちらに送りましょうか!?

初心者でもベテランでも山に向かう時の姿勢は同じでないといけませんよね!

ご自身で初心者と言われてますが心構えとして、この手の遭難書籍にちゃんと目を通しておられる事は素晴らしい事だと思います!

必要なら遠慮なく言って下さいね!
メール頂ければ対応しますので(^_^)/~
Commented by bphiro at 2014-04-25 12:31
目目連さん

どもです!
こちらこそ凄く良い本の紹介ありがとうございました。

>こう言うレポを書くと『煙たがられ』ますし~

確かにそういう風潮はありますね。

>重くとらえて、しっかりと装備も整えてくれる方が増えることを願って止みません。

全く、同感です!

去年の立山の雪崩事故から今年の立山入山者のビーコン装備の義務付で、冬山に入るんだからビーコン買わないと!って思う人とビーコン要るんなら高いし別のところに行こう!
って思う人と分かれますね・・・・・・・・・・・・・(+_+)

こういう些細な事からでも、自分がチャレンジしたい山があってパーティー組むんなら、どっちの人と組みたいか!?
勿論、前者ですよね(^_^.)

後者の人には入山以前の心構えを再度改め見つめ直した方が良いように僕は思ってしまいます。

>お互い『うるさいオヤジ』と思われてもバシバシ発信していきましょう!

(^_^)v
煙たがられようがバンバン発信していきますよ!

煙たがる人とは一緒に行動しないだけなんで・・・・・・・・・・・(^_^)/~


Commented by bphiro at 2014-04-25 12:52
ikajyuさん

全く、書いておられる通りだと僕も思います!

山の中ではベテランも初心者も関係ないですよね。

ベテランでも登山を始めてからの期間がただ長いだけで『無知』な人はたくさん居てると思うし、登山を始めてからの期間が短いから初心者と言われてるだけで、でも、ちゃんと考えてて『無知』ではない人もたくさん居ますよね!

要は『安易』に考えない!
と言う事が大切なんじゃないでしょうか。

そうは言っても『ブーム』に押され良いところだけを見て登山を恥始める人が多いのも事実ですよね!

岩場だらけの上高地から前穂に向かう重太郎新道をサンダルで登ろうとする人や、御嶽山にヒールでも大丈夫!って思う人、Gパンにスニーカーで富士に登る人等・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕には全く『?』です(+_+)

お互い長く楽しい登山が出来るようにして行きましょうね!

Commented by Zeus's Mom at 2014-04-27 03:14 x
わ~~! お申し出本当に有難うございます!!
今年は秋か冬に一時帰国しようと思っているのでその直前にネットで探してみますね。 (アメリカへの送料は馬鹿になりません、、) もしも見つからなかった時はHiroさんにアドバイスお願いします!!

登山の先輩として以前の記事を遡って読ませて頂いています。 目からウロコ、、の記事が多い中で心に残ったのが、”昨日初めてリードで登ったのに明日からアルパインのマルチピッチをやろうとする” (例えで) 危険さをおしゃっていましたね。 

本当に、、いつまでも謙虚さを忘れずに準備万全で大好きな山を登ろうと新たに思いました。
Commented by bphiro at 2014-04-27 20:26
Zeus's Momさん

こんにちわ(^_-)


>~もしも見つからなかった時はHiroさんにアドバイスお願いします!!

(^_-)遠慮せず気軽に言って下さいね!

今年の秋以降日本に帰って来られた時は、色々と忙しいかと思いますがお知らせ下さいね!

独断と偏見のblog読んで頂いてありがとうございます。

どのレポの事か?なんですが、たまに煙たがられるような内容も書く事があるので・・・・・・・・・・・・・

ガイドしてる山友からも聞く事ですが、内容書くと長くなるので省略しますが、そりゃもう最近のツアー参加者はひどいもんらしいです(+_+)

ガイド料金払って参加されるお客様なので参加させない訳にはいかないから仕方なくガイドするらしいんですけど、内心は怖いらしいです。
ブームもあってか、めちゃくちゃ簡単に甘く考えて観光気分で参加する人が大半らしい・・・・・・・・・・・・・・
ツアー参加者だけでなく、一般の登山者でも、その多くは似たような感じなんだと思います。

少なくとも関わり合いのある山仲間には、大事な事を忘れずに山に入って欲しいと思ってます。

どうぞ、また気軽に覗きに来て下さいね(^_^)/~
Commented by 山登なでしこ at 2014-04-29 19:33 x
遭難だけに限らず、滑落や雪崩も登山をする以上はいつも危険と隣り合わせなので…
だからこそ装備は万全に!

色々な経験をすればする程怖さも感じるようになったので…
常に謙虚でありたいと思います(^^)

自分の身は自分で守れるように♪
女性でもいざという時に同行者をも助ける事ができる様に、常日頃からの心構えが大切ですね(*^^*)

でも、益々装備が増えそう~(≧▼≦)
Commented by bphiro at 2014-04-29 20:23
なでさん

この本めちゃお勧めだよぉ~!

古い年代の話だけど、ウェアや道具が進化してるだけで、根本的なところは変わりなくリンクさせて読む事が出来るから!

でも、ウェアも道具もこの年代よりはるかに良くなってるのに事故は変わらず起こるのは・・・・・・・・・・・・・・・・・・

登山人口が増えたからもあるけど、それだけじゃないとも思える・・・・・・・・・・・・・・(+_+)

Commented by 山登なでしこ at 2014-05-16 16:17 x
今年のGWは前半に立山・後半に涸沢に行っていたのですが…
後半は北穂や奥穂で滑落死亡事故や遭難が相次ぎ、早朝から救助ヘリが何機も救助に向かっていました(__)

幸いにも8名のパーティーの方々と3名のパーティーのうち1名の方は命に別状は無かったのですが…

私も思う事があり、自分のブログで山の危険やリスクについて紹介しようと思っているので、こちらのページをリンクさせて頂きたいのですが宜しいでしょうか?

私もこの本を探して購入したいと思いますo(^^)o
Commented by bphiro at 2014-05-16 18:52
なでさん

このGWは悲しいかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・
遭難事故が多かったみたいですね((+_+))

こういう事を記事にUPすると、煙たがられたりする節あるしひやかしに近いコメント寄せてくる方も中には居るよ(~_~;)

でも、大事な事なんで気付いたり何か発信出来るものがあればバンバン発信して行こうと僕は思ってる!

この本も題目の通り『遭難』の事ばかりなんだけど、時代は変わっても遭難してしまうには、ほぼ決まった理由が存在してる事がわかったよ!

今の時代では没になるような内容もあるし自分への戒めにも良いと思う。

中には救助する側からの声として厳しい事も書いてあるよ!

例えば、山行計画も装備も技術もあって致し方ない自然の猛威に負けてしまうのは事故なので遭難として受止めれるが、その計画?その装備?いきなりそのルート?・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな安易な考えは、なから無謀なだけであって遭難すべくして遭難してる!
みたいな内容もある!

なでさんも、気づいた事や思うところがあればバンバン発信すれば良いと思う(^_-)

この本、アマゾンで古書だけど購入出来ると思うよ!