春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

A.B.MaxSievert SVEA123 入手!

【SVEA123】
このストーブの販売が開始されたのは100年以上前1882年にMaxSievert社が創設された後の1895年かららしい!

当初はC.R.ニーベリ読書灯工場でトーチやその他の機械や器具関係と一緒に製造されていたが1922年に事業協力者であったMax,Sievertに買収され、後のSievert.A.B社となっていく。

この年代はストーブの販売が盛んだったようで1889年B.A.HJOTH社が創設され1892年から現在も人気の高いPRIMUSストーブの販売が開始。
1899年に後にSievert.A.B社が吸収されるOPUTIMUS社創設。
1913年にはPRIMUSの工場から従業員が独立してRADIUS社創設と変動が大きかったようだ!

1955年にSievert.A.B社から、携帯用トレッキング用ホワイトガソリンストーブとして世に出たのが、現在も尚生産され続け火器マニアに高い人気を得ている【SVEA123R】の原型モデルだそうだ!

その後Sievert.A.B社は1966年にポータブルストーブ製造会社のOPUTIMUSに買収されるが、その間に製造されていたのが最も美しい名器と言われているA.B.MaxSievert社製の【SVEA123】

OPUTIMUSに買収された以降もSVEA123は製造され続けたが、クリーニングニードルが内臓され改良された【SVEA123R】と【R】が名称に付記され現在も根強い人気の小型ガソリンストーブとして販売されている!

Sievert社製【SVEA123】は初期型と中期型と後期型と大きく分けると3種類あるようだ!

1955年から1965年までに製造された物が初期型と中期型に分けられ、1966年にOPUTIMUSに買収された後改良型の【SVEA123R】が出るまで約12年程製造されていたのが後期型らしい。

まあ、組織沿革はこの位にして・・・・・・・・・・・・・・・・・(~_~;)

今回、A.B.MaxSievert社製【SVEA123】の中期型後半から後期型前半モデルだと思われる物をかなり年期が入って汚れているけど格安で入手する事が出来たのだ(^_^)v

1960年半ば位に製造された物と思われるので、ほぼ、僕と同級生だ(^_^)
c0147398_1333274.jpg





現行の123Rよりも構造がシンプルなので見た目は年期が入って汚れが染み込んでるが40数年経った今でも問題無く点火はする!

僕は【123R】を持ってないので現物比較が出来ないがネットから解り易い比較写真を見付けたので貼らせてもらう事にする。

画像左が【SVEA123】で右が【SVEA123R】
123はクリーニングニードルが内臓されていないのでラインがシャープな印象を受ける。
バーナーヘッドの形状も123が若干シャープで123Rがソフトな感じ!
123Rはスピンドルが平行だが123は斜め下を向いてるのが一番大きな特徴。
細かく見ると、燃料キャップの形状も違うし、燃料タンクは123Rの方が少し大きくなっていて123ではMADE IN SWEDENの刻印だが123RではSWEDENのみになっていたりする!
c0147398_13363378.jpg


SVEAは周知の通り素材が真鍮の塊なのでメンテナンスと丁寧にクリーニングをすれば故障も無く使え新品の輝きも取り戻してくれるだろう!
メンテナンスとクリーニングでどれだけ生まれ変わるかは、又後日UPするとしてこの世に生まれて40年以上経過してるストーブの現在を残しておく事にする。

外観
【SVEA123R】
c0147398_13364575.jpg


【SVEA123】
c0147398_13333692.jpg


風防を外したところ
【SVEA123R】
c0147398_13365581.jpg


【SVEA123】
c0147398_13334566.jpg


123Rでは火力調整のスピンドルが平行だが、123では斜め下向きで根元にはMADE IN SWEDENの刻印が入りクリーニングニードルが内臓されていないので構造もシンプルでスリムに見える!
【SVEA123R】
c0147398_1337645.jpg

c0147398_13371429.jpg


【SVEA123】
c0147398_1334280.jpg

c0147398_1334947.jpg



燃料タンクには123RにはSWEDENの刻印のみだが123にはMADE IN SWEDENの刻印が入る。
【SVEA123R】
c0147398_13372275.jpg

c0147398_13375667.jpg


【SVEA123】
c0147398_13341745.jpg

c0147398_13342355.jpg


SVEA123の刻印は123Rも123も共通!
【SVEA123R】
c0147398_1338979.jpg


【SVEA123】
c0147398_13344183.jpg


メンテナンスキーの形状も初期型、中期&後期型、現行型と違うようだ!
画像左が初期型、中央が中・後期型、右が現行型
c0147398_13381749.jpg

c0147398_13433762.jpg


僕が入手したのは中・後期型
c0147398_13344911.jpg



まあ、なかなか入手が難しいモデルのようだが、兎に角『長年の汚れが染みついてる』
c0147398_1335616.jpg

c0147398_1335139.jpg

c0147398_13352162.jpg

c0147398_13352837.jpg

c0147398_133535100.jpg

c0147398_13354314.jpg

c0147398_13355070.jpg


丁寧にクリーニングして綺麗にしようと思う(^_^)v
ビフォー、アフターは又今度!







バイクツーリングで一時期使ってた8Rにバーナー部分がそっくり(~_~;)

[PR]
by bphiro | 2014-03-24 13:44 | 道 具 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/21881768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 登山 好人 at 2014-03-25 13:28 x
こんにちわ~
これまたえらいアンティーク品ですね。
どんな趣味でも極めるとアンティークなモノが欲しくなる。
カメラでも車でも・・・ 気持ちわかるなぁ~
それにしてもよく見つけましたね♪
ストーブの材質は真鍮なんですか?
Commented by bphiro at 2014-03-25 17:34
好人さん

けっこう古いよ!
同級生位(^_^)

>どんな趣味でも極めるとアンティークなモノが欲しくなる。

いやいや・・・・・・・・・・・・・
ストーブはあんまり詳しくないよ((+_+))
MSRは簡単だし分解清掃位のメンテが出来る程度!

ヘッド部分が8Rとほぼ同じでコンパクトなんでSVEAは昔も欲しいなぁって思った時期あったんだけど、買うには至らなかった・・・・・・・・・・・・・

興味はあったんでこの前ドラちゃん追加した時にストーブの事調べてたら、どっみち所有するんなら現行よりも古いモデルがいいなぁ!
って(^_^)

で、公表出来ないけどビックリの激安価格で譲ってもらう事が出来たんよ!

10年程使ってたらしいけど、30年以上倉庫に掘込んだままで兎に角汚れが酷かったから掃除してテスト点火してみた。

問題なく完全燃焼するし、構造がめちゃシンプルなんでまだまだ使えると思う!

パッキン関係とウイックは近々交換が必要になってくると思うけど(~_~;)

でも、もう製造してないから探さねば・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本体は真鍮なんで磨いたらめちゃ綺麗になるよ!

実物見たらわかるけど現行モデルより造りが凄く丁寧だわ(^_^)/~
Commented by 登山 好人 at 2014-03-26 00:40 x
本文に素材は真鍮と記載ありましたね(^_^;) すみません。
真鍮ならピカールで磨けばピカピカになりますよね。 
公表出来ないくらいの価格ですか! 大事に受け継いでください!!
確かに写真みてわかるように造りが丁寧で凝ってるよね。
なんか職人魂を感じるほど造りですよ。 材質が真鍮ってのがスゴイ。
使ってヨシ! 磨きこんで芸術品として家に飾ってヨシ!
ピカピカに磨きこんだストーブに完全燃焼の青い炎がうつりこむ姿は綺麗でしょうね。
これ眺めながら一杯やれるんちゃう(笑)
Commented by 目目連 at 2014-03-27 16:45 x
hiroさん

hiroさん入手のスベア、Optimusの前期型ですね。
Sievertは、風防にMade in SWEDEN、チューリップとディバイダーにも刻印があります。
3つ並んだ写真の左側がSievertですね。

・・・Max Sievert Svea・・・
幻の名品です。
世界中のバックパッカー垂涎で、程度の良い物はほとんど無いそうです。
たまにヤフオクに出てます。
海外より国内の方が相場は安いそうです。
Commented at 2014-03-27 20:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bphiro at 2014-03-28 13:09
好人さん

どもども(^_^)/~

そう!
ピカールで磨くとピカピカになるよ!
でも、かなり頑固な年期ものの汚れは流石に取れないわ・・・・・

綺麗に磨いても一回点火すると・・・・・・・・・・・・・・・

プレヒートにアルコール使うと少しはましみたいだけど、面倒だからWGのままで行く予定!

このストーブ使う時はソロの時かワンデーで前みたいに2~3時間まったり出来る時かな(^_-)
Commented by bphiro at 2014-03-28 13:17
目目連さん

僕も凝り性なんで調べてる最中なんですが、この3つの画像の左のは初期型の次の改良型のようですね!

書いてくれてます風防やチューリップやその他の部位から刻印が無くなった個体も何パターンかあるみたいでSievert社製みたいですね!

これは次回のUPで書こうと思ってます。

僕の入手した個体はSievert社製かOptimus社製か不明のちょうどRに改良されるまでの、ややこしい位置にあるみたいです(*_*)

まあ、僕は気持ちよく使えればいいんですけどね(^_^)/~