春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

MSR DRAGONFLY導入!

ガソリンストーブの入替え! 国際の大清掃とドラゴンフライ追加導入(^_-)
c0147398_1645265.jpg






国際を分解清掃して綺麗にしてから新規に追加導入したドラゴンフライの点火テストをしてみた!

まだ綺麗方だと思うが、国際君をリフレッシュしてあげた!
c0147398_1651439.jpg

c0147398_1652596.jpg


このストーブの構造は至ってシンプルで、プラスドライバー1本で出来る!

バーナーキャップのネジを緩めるとフレームリングが分解できる!
c0147398_1653293.jpg


フレームリフレクターを引き抜いたら本体上部の分解終了。
c0147398_165393.jpg

c0147398_1654638.jpg


プライミングキャップは工具無しで素手で緩めるだけ!
c0147398_1661158.jpg

c0147398_1661811.jpg


プライミングキャップを外すとフューエルラインとジェット部分が取外せる!
c0147398_1662463.jpg


ジェット部分は意外と汚れが強く煤がへばり付いてる・・・・・・・・・・・・
c0147398_1663789.jpg


ジェットを付属の工具で緩めるとジェットの中からシェーカーニードルが出てくる。
(今回シェーカーニードルは新品に交換した)
c0147398_1664589.jpg

c0147398_1665285.jpg


確か1990年代の半ば以前のモデルにはシェーカーニードルが無かったが、それ以降はシェーカーニードルが標準装備になった。
このシェーカーニードルはストーブ本体を振ってシェークする事でジェット内部のクリーニングをしてくれる便利なパーツ!
僕の国際はシェーカーニードル付なので比較的ジェットの詰まりは少ないタイプ(^_^)v
c0147398_1671240.jpg


上下の留が解除されたので簡単にワイヤーレッグを取外す事が可能!
c0147398_1672132.jpg

c0147398_1672912.jpg


フューエルラインからカットケーブルを引っこ抜く。
c0147398_1673847.jpg

c0147398_167461.jpg


これだけの作業で全てバラバラになる。
時間にして約5分位だろう!
バラバラになった各パーツを『パーツクリーナー』に漬け込んで2日放置し綺麗に水洗いすると・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各パーツが綺麗に(^_^)
c0147398_1681046.jpg


逆の手順で組み上げていくだけ!
滅茶苦茶簡単
c0147398_1681838.jpg

c0147398_1682528.jpg


プレヒートで煤が溜まる箇所も綺麗に!
c0147398_1683231.jpg

c0147398_1684191.jpg


ついでにウィックも新品に交換して国際君の清掃完了!
c0147398_169117.jpg


気に入って使ってる国際君の弱点としてはとろ火が大の苦手・・・・・・・・・・・(-_-)

ガソリンストーブはガスストーブと比べると燃料も安く付いてコスパも良いし、ガスストーブだと本来のパフォーマンスの半分程しか出ないような氷点下の厳冬期使用でも全く問題にせず火を提供してくれる!
少々嵩張るし上記のようにとろ火が苦手なので、その点を考慮するとガスストーブに軍配が上がる事が多いので、どちらが良い悪いは、その人の入山スタイルと使う用途で大きく変わると思うが僕の場合、再度ガソリンストーブを見直してから、ここ最近はガソリンストーブを気に入って使ってる。

まあ、臨機応変にその時の山行スケジュールも考えてガソリンもガスも上手く使っていこうと思う!

以前からガソリンストーブなのにガスストーブと変わらない位、火力調整が出来る!と知っていたがかなり嵩張るので敬遠してたんだが・・・・・・・・・・・・・・・・
そのMSRのドラゴンフライを今回導入する事にした(^_^)
c0147398_1693481.jpg


この画像では角度的に見比べし難いと思うが、国際の1.5倍位の嵩ではないかと思う!
c0147398_1694251.jpg

c0147398_1694862.jpg


国際のはかなりへたっている専用の袋も新しいのは一回り大きくてしっかりしてる!
(ケースに関しては『EPIgasのAPSAⅢ』の専用ケースがぴったりである事をいくつかのblogでも書いてあったので早速オーダーしたが、この段階ではまだ届いていない。)
c0147398_16372299.jpg


ポンプも一回りドラゴンフライ用の方が大きくて造りがしっかりしてるようだ!
c0147398_1610376.jpg


コントロールバルブの摘みも国際のは普通のダイヤル式だけドラゴンフライの方はフラップ式
c0147398_16101172.jpg


『EPIgasのAPSAⅢ』の専用ケースと同時に革製のポンプカップもオーダーしてあるので後日交換する予定だが、取り敢えずはデフォルトのポンプカップ装着のままで点火テスト。
c0147398_16101733.jpg


ドラゴンフライは燃料ボトル側のコントロールバルブと本体側のアジャスターバルブの二重バルブ構造なので、火力調節がシングルバルブの国際より効くんだろう!

ガソリンストーブ使用の一つの儀式、プレヒートの手順も国際とは少し勝手が違う。
ポンピングして燃料ボトルに圧を掛けるのは同じ。
国際のようなシングルバルブの場合は、全てをコントロールバルブで行うが、ドラゴンフライの場合は、コントロールバルブは全開にしてアジャスターバルブ開閉で火力の調整を行う。
プレヒートの時もこれは同じで、アジャスターバルブを1/2回転程開きガソリンをジェット内に流し込んで行う!
アジャスターバルブを完全に閉めてから、ウィックに染み込ませたガソリンに点火してプレヒートする!
国際に比べ、煤が少ないのが印象に残った(^_-)
c0147398_1610366.jpg


プレヒートの火が消える前にアジャスターバルブを少しづつ開いてやると点火する!
c0147398_16104661.jpg


火が少し安定するまで待ってから徐々にアジャスターバルブを開いていき火力を大きくする!
画像はフレームスプレンダー(お皿のような部位)が焼けて赤見を出してるが綺麗な青白い完全燃焼の炎が出てる!
c0147398_16105318.jpg


火力調整もいろいろとやってみたが、かなりとろ火が効く!
ガスストーブ以上に安定した炎のままで調整が効くのではないか!
と感じた。

噂の通り、燃焼音はかなり大きいがプリムスのP-153の全開の時とそう変わらないように感じた。
混み合ったテント場の早朝早立ちしたい時など、周囲が静まり返ってる時は控えめにした方が良さそうだが普通に使うには、僕はこの音は逆に好きだなぁ~

今回綺麗になった国際君には少し休憩時間を増やしてもらってドラちゃんには
今後の入山で大いに活躍してもらおう(^_^)v






もっと早くこいつを買っておけば良かった・・・・・・・・・・・・・(~_~;)

[PR]
by bphiro | 2014-03-20 16:23 | 道 具