春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

北八つ 黒百合~天狗 (day1)

今回の入山で使用したバックパックはARCTERYX

1号はバックパック熱が再浮上してきたので秘蔵っ子のデッドストック1996年Bora70L
2号は更なる快適性を求めてテストする為に山友のだい&KKに借りたAltra62L
c0147398_16535854.jpg







最初に計画してたのは・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渋の湯からスタートして、しらびそ小屋にテントを張ってから中山峠~東天狗~西天狗~根石岳~箕冠山~本沢温泉~テン場で、翌日の下山は天気が良ければ中山展望台~高見石辺りまで散歩してから適当に!

って計画だったんだけど・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月10日に、しらびそ小屋に現地状況を確認したら~

前週のドカ雪の影響で中山峠東面が雪崩た!
との情報。

やっぱり・・・・・・・・・・・・・・・・
って事で、とりあえず渋の湯から歩き出してからどこをテン場にするか決めよう!
って事で渋の湯からハイクスタート(^_^)v
c0147398_16544383.jpg


最近は過去の度重なるえれぇこったウェザーの呪縛が嘘だった!
かのように我々が入山する時は天候に恵まれてる!

この日も朝から快晴の中気持ち良いシングルトレイルをスピードハイキング(^_-)
c0147398_1655897.jpg


20分程歩いた辺りで2号が『このザック、めっちゃ背負い心地いいわ~』
詳細は後程、GearのレポでUPする予定。
c0147398_16552965.jpg


僕の方も、冬の入山でメインで使ってるGregory Palisadeも背負い易いザックだけどBoraもなかなか背中に張付いてくれてめっちゃ良い感じで約25Kgの荷物も全然重く感じない!
c0147398_1656810.jpg


久し振りにバックパックツーショットしてみた(^_^)
c0147398_16562036.jpg

c0147398_16562977.jpg


冬靴のザンバランを履いての入山では悉く靴擦れに悩まされていた2号も、今回は悪魔のような痛みから解放され絶好調らしい。
c0147398_1657598.jpg


中山峠東面の雪崩情報もあったので黒百合平手前のちょい登りの斜面で2号に簡易ピットチェック方法を教える事にした!

本格的なピットチェックはシャベルを使い雪柱を掘出して弱層の有無を確認するのが基本だけど、ちょっと慣れれば道中にストックやピッケルで簡単に弱層チェックが出来る!

我々はザックからピッケルを抜くのが面倒だったのでストックで実施した。

方法は至って簡単で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トレイル脇で、ある程度上に向かって斜面が続いてる場所でストックを真っ直ぐ止まるところまで突き刺す。
c0147398_16582479.jpg


そのままストックを真っ直ぐ抜いて、バスケット部分で上から少しづつ雪を手前に掻き出していく。
c0147398_16583656.jpg


更に下に向かって掻き出す!
c0147398_16584785.jpg


更に・・・・・・・・・・・・・
c0147398_165959.jpg


約1m程の縦穴が出来た!
雪を下に向かって手前に掻き出す最中に、大概は手に伝わる感触が違う箇所を発見出来るはずだ!

この日は、上から30cm程のこしまり雪で、少しざらめっぽくなった一段目の薄い破断層があり、その下にも20cm程のこしまり雪の層がサンドイッチされ二段目の薄い破断層があり、その下はほぼ根雪になりかけてるしまり雪の層があった。

チェックした辺りの平均斜度は10度そこそこだろう!
日本の山の平均斜度が20度位と言われていて、中には部分的に45度を超え60度位の、ほぼクライミング技術が必要で両手両足を駆使して登山では無く登攀になるような箇所もあるが、今回登る予定の天狗岳だと平均斜度20度弱で傾斜がきつい箇所でもあって25度位だと思う。

一般的に35~40度位の斜面地が雪崩る可能性が高い!

斜度10度位の場所で30cmと20cmの間にざらめっぽい薄い破断層はあるがスパットと引き落せるような弱層ではない。
という事は、上の例えば西天狗東斜面のきつい斜度でもせいぜい30度弱、27~28度位だろう。

斜度がきつくなれば積雪の結合状況は変わる。
予想としては雪崩れる可能性のある積雪層の幅を斜度から考えると、積雪はほぼ結合し3分の1位の15~20cm程の安定層ではないかと予想出来る!
と言う事は、普通に予測するとなれば層の深さからしてこの日は表層も全層雪崩も起こる可能性が少ない。

ただしこの後、気温が上がり10度を超える日が数日続き現在の雪が僅かづつ溶け出して絞まっていくと複層になってる雪の層が結束して一枚物になるのと同時に下層の絞しまり雪層が更に水分を吸って硬く氷のようになるので、その上の層の上下の引張り強度が限界を超えた時に間の薄い破断層を境に面発生の湿雪全層雪崩が発生する可能性が高まる!

吹雪でドカ雪が降って一気に積雪が増えた後の天候回復時から数日は斜面が見た目綺麗に見えても、ほんの小さなショックで表層は流れる。

多いのが、そういった何日か前からの状況を知らずに単に綺麗な雪面と積雪を見て・・・・・・・・・・・
ラッセルだ!
と喜んで、特に複数で登っていく事による人的要因誘発の点発生雪崩だ!

積雪は多いから、しんどいけどラッセルを頑張ればいける!

【しんどい事】だけを考えるんではなく、数日前からの天候・降雪量などの因果関係を考えたうえで
行く!
行かない!
の判断を多くの人にして欲しいと思う。
c0147398_1774392.jpg


中山の稜線が見えてくれば黒百合平はもうすぐだ!
c0147398_1775279.jpg


西天狗方面は快晴(^_^)
c0147398_17810100.jpg


ザックの調子も良いし靴擦れも無いし天気は良いし超ご機嫌の2号!
c0147398_1782042.jpg


黒百合ヒュッテにて!
c0147398_1783028.jpg


誰かが雪だるま作ったんだね・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_1785356.jpg


天気が凄く良いし、そのまま天狗に登ってからここでテント張ろう!
って事になった。
受付だけしてザックをテン場にデポしてアタックザックに最低限の物だけ詰め込んで天狗に向かう!
もちろん・・・・・・・・・・・・・・・・・・2号は空荷(^_^.)
c0147398_179248.jpg


一時間程で東天狗に到着。
c0147398_1793323.jpg

c0147398_1794073.jpg


さくさくっと西天狗へ向かう!
c0147398_1795175.jpg


はい到着(^_^;)
c0147398_1710920.jpg


少し雲がかかってるけど硫黄岳~赤岳~中岳~阿弥陀の眺望が綺麗!
c0147398_17101861.jpg


あとはテン場まで帰って恒例のプシュッだ!
c0147398_17102662.jpg


天狗の東面はスノーボードでトップからドロップしたいと思ってしまう面だわ・・・・・・・・・・
スキーのラインがけっこう残ってる!
この面の雪層チェックしてみたら予想通りで表面の15cm程が新雪でその下が安定したこしまり雪であきらかにずれそうな弱層も無かった!
c0147398_17113784.jpg


奥庭ルートでテン場までは一気に駆け降りる。
c0147398_17115198.jpg

c0147398_1712071.jpg


今日、初卸しのエスパースマキシムX
4~5人用はやはりデカい!
背も高くてめっちゃ良い感じ(^_^)/
c0147398_17121853.jpg


テント設営が終わったら・・・・・・・・・・・・・・これ!・・・・・・・・・・・・・・・『プシュッ』
c0147398_17123294.jpg


我々の少し奥で元気な明るい若者が幕営準備をしてる。
東京からだそうで明日は蓼科方面に縦走するようだ(^_^)
c0147398_17132854.jpg

c0147398_17134017.jpg


時間も、もうすぐ16時でお腹が減ったので辛ラーメンを食べてちょこっと摘まんでから、毎度の昼寝をする事にした!
c0147398_17135970.jpg

c0147398_17141390.jpg


テントは210×210cmの高さ145cmあるのでマット2つをほぼセンターに敷いても、端がかなり余るので適当に掘り投げておいても全く問題なく超楽ちん!
c0147398_17142868.jpg

c0147398_1714394.jpg


この前四国で買ってきた『かつお』
やっぱり旨い(*^。^*)
c0147398_1715134.jpg

c0147398_17152019.jpg


目が覚めたら20時・・・・・・・・・・・・・・・・・
一気に気温が下がり寒い~寒い~
上下ダウンを着込んで小屋のトイレを使わせてもらい晩御飯(^_^)v
c0147398_17152949.jpg

c0147398_17153811.jpg


今晩のディナーは簡単に鶏ツミレ鍋。
c0147398_1716637.jpg


気温はマイナス10度程だけどテントが広くなって今までの内張りも無くなったからか・・・・・・・・・・・
心持テント内も寒く感じるので眠る前に一気にテント内でストーブをガンガンに焚いて温めてからシュラフに潜り込んだ!
c0147398_17161656.jpg

c0147398_17163132.jpg

c0147398_17164415.jpg




二日目に続く~




厳冬期のテント泊は贅沢だけど広いのが快適だよ~(^_-)

[PR]
by bphiro | 2014-02-15 17:51 | バックパッキング | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/21674294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akko-kornblume at 2014-02-17 16:55
ひろさん、こんにちは!

雪の八ヶ岳、ホント羨ましいです。
中山峠の斜面が雪崩たのですね。あそこは確かに危ないかもね。

我が家は今年は年末に行った立山があまりに素晴らしかったのと疲れたので(笑)
結構満足してしまったのと、相棒の仕事が忙しいので(ほぼこっちのせいね)
ちっとも雪山に行けてなくて悲しいです。
それに加えて毎週末の大雪(*_*;
ひろさんの素晴らしい雪景色をつまみにお酒飲んじゃおうかしらん。

今週末は仲間とヤツに行く予定なのだけどね。
あとはお天気とか道路の状態とかによるかな。
ほんと山の歩き方忘れてしまいそうですよー(涙)
Commented by ちー at 2014-02-17 17:53 x
はじめまして。こんにちは。
何かを検索していたら、たどり着きました。
アークがかっこよすぎて、ほれぼれ♪
忘れてしまいました^^;

雪の層の解説にフムフム…。

天気予報より天気図を…と思いながら
ラジオを聴くのですが、眠り歌にならないように、
睡魔と闘う日々です。


Commented by bphiro at 2014-02-18 13:41
akkoさん

どもです(^_^)

まだまだ、山には雪があるんで仕事落ち着いたらテン泊で行けたら良いですね!
そりゃこのblogの雪景色より本物をつまみに飲んだ方が100万倍旨いですよ(^_^)v

今週末良い天気だと良いですね!
でも、日中暖かい日が続いてるので場所によっては雪崩に十分注意して下さいね。

又、レポ楽しみにしてますよ!
Commented by bphiro at 2014-02-18 13:47
ちーさん

こんにちわ<(_ _)>
ようこそいらっしゃいました。

コメントありがとうございます!

ちーさんもアーク好きですか!?
僕もアークは好きですが高くて躊躇するものばかりです!

でも、流石躊躇するくらいの値段は納得の物ですね(^_^.)
今回はザックでしたが、ハーネスシステムは最高でした!

長年Gregoryのザック担いでますが、負けず劣らずでアークは良いですね!
ある意味ではアークの方が動く人間の背中に背負う袋としては上かもしれません(^_^)/~

また立ち寄って下さいね!
ありがとうございました
Commented by Ikajyu at 2014-02-18 22:53 x
いや~白い稜線おみそれしました~
この稜線は確かにスキーしたいかも(滑れませんが)
遠近感が半端ないですよね。はるか遠くの山まで
遠望できるのがなんともいえません。
最近は気温の変化が激しいので怖いですよね・・・
雪が固くなったりやわらなくなったりで破断しやすいといいますか・・・

辛いラーメンは冬こそ合いそうですね(^^
Commented by 登山 好人 at 2014-02-19 00:39 x
ピットチェック・・・ これはすごく勉強になりました。
が・・・ 僕の頭では画と文字だけではあまり理解できず(汗)
また、雪山へご一緒して頂ける機会があれば教えてください(^_^)/

雪崩の危険性は意識しててもまだまだ雪みると「ひゃっほ~」と子供のように
喜んでいる自分がいます(;一_一)

それにしても、え~風景にえ~天気ですね。
あ~あっちもこっちも行きたいところがいっぱいだぁ~

Commented by bphiro at 2014-02-20 11:19
ikajyuさん

どもです!
西天狗の東面は綺麗な面でしたよ!
東天狗につながるルートもしかり(^_^)

西天狗からの眺望はこの辺りでは良い場所ですね!
天気も良かったのでかなり遠くまで見る事が出来ました。

楽しいけど雪山は十分気を付けないと・・・・・・・・・・・・・・・・・
たまたま何にもなく無事だった!
と思える位でないとね(^_^)

辛ラーメンの麺が旨いんですよ!
Commented by bphiro at 2014-02-20 11:31
好人さん

まいどです(^_^)/~
簡易雪層チェック機会があったら現場でジェスチャーするね!

ほんと簡単な事で誰でも出来るから必ず実践した方が良いよ。

でも、僕の場合は平日が主なんで入山者は少ないものの最近は、ピットチェックしてる人も見かけた事ないし、した跡を見る事も無いのは残念だし逆に怖く感じるなぁ~

雪山を甘く見てる!っていうか・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雪崩なんて自分達には無関係!って思ってるのか!?

だからblogの写真なんかでも、積雪期の斜面登ってるのに平気で谷側向いて座って笑顔のワンショット!
なんかをよく目にするんだと思う。
沢筋の雪面なんかで同じような事するなんて考えられないんだけど・・・・・・・・・・・・・・・・・
悲しいかな、よく目にするよ(*_*)

僕の感覚では雪山に入山した時点で随時自分が向かう面の雪層確かめるのは当たり前なんだけどな!

安全確認しても完全に安全じゃないから(^_^.)

お互い山には謙虚でいようね!


Commented by あるパパ at 2014-02-21 16:50 x
こんにちは!
西天狗の記念写真かっこいいですね。ふたりともさまになってます♪
雪崩の発生メカニズムは少しは本を読んで勉強してみたりはしていますが実際に自分で判断できるかどうかやはり微妙ですよね。ストックを使った雪の断層の確認方法勉強になります。
Commented by bphiro at 2014-02-21 21:17
あるパパさん

どもです(^_^)

写真褒めてもらって嬉しいです!
ありがとうございます。

雪崩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
巻き込まれる時はどうしたって巻き込まれると思うんですが、その箇所を登らずトラバースもしなければ雪崩には遭遇しませんよね!
そのた為には、単に天気が悪いからとか視界が悪いからとかの目に見える状況だけでなく、快晴でもいくら景色が良くても、ほんの少し手間かけて、自分が危ないかも!?
って少しでも感じたら進まないのが得策でしょうね(^_^.)

みんなが行くから大丈夫!
じゃなくて、逆で・・・・・・・・・・・・・・・・

みんなが行くから雪崩が発生する可能性が半分増えるんですよね!

お互い雪崩には遭遇しないよう山を楽しみましょうね(^_^)/~