春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

四国 厳冬期の石鎚山!(本編)

c0147398_1442990.jpg

今回の四国トリップは当初、河童さん達と1/28~29の一泊二日でカヤハゲに幕を張り三嶺を眺めながら一献出来ればいいなぁ!
ってところから始まった・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながら河童さんの仕事の関係で連休は難しくなり29日のワンデーのみ一緒に行動する事になった。
28日のワンデーはどこに行く?
から、今回の石鎚山に決まった!





僕は雪山が大好きだ!
しかし・・・・・・・・・・・・今シーズンは降雪量が凄く多い!
でも、単純に雪が多いからと言って喜んでいられない(*_*)

下りの部分は予告にも記したが、西日本でも危険察知する事が出来る事態は発生してる!
幸いな事に雪崩に巻き込まれた3人共大事に至らなかったが、去る1月18日の伯耆大山での雪崩事故。
バリエーションルートで攻める人も居るが、冬の伯耆大山は夏山登山道から弥山を目指すのが
メインルートで、このルートは樹林帯を抜けてからは尾根を歩くので雪崩の危険性をあまり感じる事なく歩けるルートだという認識が強いと思われる!

このルートは・・・・・・・・・・・・・・・・
まず雪崩の心配はないだろう!
って思っているルートの6合目付近で雪崩は発生してしまった。

この雪崩事故も教訓に、やはり【雪山は何が起こるかわからない】と言うのが大正解だろう。

勿論、この雪崩事故が発生していなくとも雪山入山する際は最善の予防策を張り挑むのが当り前と認識はしてるので常に雪層チェックは怠らず雪の状態を把握出来るよう努め万一装備も万全にしているが・・・・・・・・・・

雪山は大好きだけど、それでも雪山は凄く怖い。

これからも、雪山入山を続けて行くに伴い危険も背中合わせなので昔の事も思い出しながら、安全について再度考え直さないといけないと思ったので少しだけ『だろう』は当てにならない雪崩の怖さについて書いてみようと思う。

1990年代のBCスノーボーダーの間では、有名な事故なので御存知の方も多いと思うが北海道ニセコ『春の滝』での雪崩事故で残念ながら亡くなってしまった女性は、僕と師匠の共通のお友達でした。
もう16年になります。

春の滝は、伯耆大山の夏道ルートに対して一般的に持つような印象でが強く、雪崩があっても大規模なものは無く、且つ事故当時は時期的(1月後半)にも全層雪崩の可能性は極めて低いと予測出来るエリアであったにも関わらず、実際の雪崩は表層雪崩ではあったが、雪崩が走った距離は全層よりもはるかに長く過去にも前例がないような大規模な雪崩でした。
4人のうち3人が助かったのは多くの人の敏速な救助活動によるものと本雪崩が圧雪ブロックによる雪崩ではなく新雪雪崩だった事が起因するとの事だった。

この春の滝の雪崩にしても、外面的には『まず大丈夫だろう』の範疇。

でも・・・・・・・・・・・・・・・・・

雪崩は起こってしまった。

今、歩いてるところは樹林帯だから安心・・・・・・・・・・・・・!?

そんな事は全く無い。

自分が歩いてる、はるか上部でクラックが走り雪崩が発生したら・・・・・・・・・・・・・・
それも全層雪崩だとしたら・・・・・・・・・・・・・・

平均時速100km~150kmのスピードで頭の上から家庭用の冷蔵庫が踏み潰すぞ!と言わんばかりに無数に襲ってくるとイメージしたら!

周囲にある掴まれば安全だと思っている樹木なんて・・・・・・・・・・・・・・
一瞬にして薙ぎ倒されてしまう。

実際、僕自身はBCスノーボードで小さな表層雪崩に巻き込まれた経験しかないので真実味あるお伝えは出来ないけど、雪崩の怖さについてのメカニズムはある程度は理解してるつもりなので、安全で楽しい雪山入山が出来るように毎回心から祈って入山しています!

今回のレポ、何故いつものように書かず堅苦しく書き出したかと言うと・・・・・・・・・・・・

同行した2号は一昨年から僕と一緒に雪山にも入山するようになったとはいうものの、まだまだ初心者に毛が生えた程度。
悪場で変に怖がらせてしまい焦ってスリップでもさせたら大変なので現場では言葉には出さなかったが・・・・・・・・・・・・・・・

今回は『本気で怖かったからだ』

今直ぐにでも安全圏に降りたい!
って思ったのは久し振りだった。

大袈裟かもしれないが、無事下山出来た今思うのは自分にもっと自然を読める力があったら最初から登らなかっただろうな!
って事だ。
でも、まだまだ、そこまで自然を読める力の無い僕はギリギリまで突っ込んで現場の状況を感じて初めて、こりゃいかん!
って事を感じる事しか出来なかった。
これじゃ全然駄目。
もっと安全を重視して策を練れないと仲間と一緒に入山なんて出来ないよね。

って事もあり今回のレポは笑いは無しで簡単に登下山までの行動レポのみにする。


始発の石鎚ロープウェイに乗る為に麓の京屋さんの駐車場で待機。
8:40の始発に乗り込む!
c0147398_14113738.jpg


8:50 ハイクスタート。
c0147398_14114481.jpg


予想通り積雪は多い。
成就社辺りでも人が常に通るところは雪が削られてるが周囲を見ると1m位はあるだろうか!
でも、気温が高い日が続いたからか表面はカチカチで歩き難い。
c0147398_14115385.jpg


なだらかな降りを終え9:30八丁に到着!
いつになく天気は快晴で暖かい。
c0147398_14123472.jpg


僕らは、ちょっとでもブーツが滑るのが嫌いなのでここからアイゼンを装着して登る事に!
c0147398_14125089.jpg


10:30 一件茶屋
この辺りで1.5m位の積雪で少し雪面が柔らかくなってきてる。
c0147398_1413190.jpg


10:50 夜明峠
2号の靴擦れもまだ完治してなくて、少し擦れるようなのでブーツを締め直したりして大休憩を取る。
歩き出して2時間程で、お昼近くなると気温も15℃まで上がり暑い!暑い!
【後からの反省点としてこの時点で引返すべきだったと思う】
でも、あまりにも天気が良く歩いてて気持ちが良いので先に進んでしまった。
c0147398_14135813.jpg


アイゼン・ブーツの締め直し等の作業時、ISUKAのゲイターは下からもジッパーが開けれるから凄く楽で効率も良い!
c0147398_1414685.jpg


超快晴!
c0147398_1414169.jpg

c0147398_14142596.jpg


ここからが本当の登り!
c0147398_1414502.jpg


11:40 二ノ鎖の鳥居。
c0147398_1415082.jpg


この積雪量なんで当たり前だが二ノ鎖は完全に埋没してる。
ここから北側斜面を巻く。
鉄階段もほぼ埋没してて滑るとかなりの距離流されてしまうので気を抜ける場所では無い。
c0147398_14151441.jpg

c0147398_14152364.jpg


この北側斜面の巻き道に踏み込んで早々になんとなく足元に違和感を感じ始めた。
最初の回り込みは樹木を除けながらなんとかやり過ごすが・・・・・・・・・・・・・・
三ノ鎖手前の北側斜面で【ヤバい】と確信した。

この辺りは斜度もきつい。
積雪期ではよくある事かもしれないが、妙な感じにブーツが2回ずれる事を感じた。
急斜面なので何もなくても慎重になるところなので、ゆっくりと足を踏み出しながら雪の層を確認する。
表面は締り雪が更に固まりガチガチゴワゴワしてるが、踏み込んだその下は陽の当らない北斜面でもこの日は気温が高いので水分を多く含んだ雪にブーツは難なく沈む。

ギューッ、ズズッ~ギューッ、ズズズッ・・・・・・・・・・・・・


明らかに約10㎝程の厚さと20㎝程の厚さの緩い積雪の下に弱層(破断面)が二重に有りその下はカチカチの根雪層である事が完璧に分かった。
ここから上は更に斜度が増してる場所。
気温は15℃を越えてる。
僕らの先に2人先行者を確認してる。

トラバースでも少しづつ登っていて、登るに従って二重の弱層間の積雪幅は増えてるのも確認した途端、急激に恐怖が襲ってきた。

足元の状況が最悪の急斜面に居るので普段のような動きは出来ないので、僕のトレースにゆっくり付いて来てる2号に顔だけ振り返り【無理、降りよう】


ピークの弥山までは、目と鼻の先、ほんの少しの場所だが・・・・・・・・・・・・・・・・・
でも雪崩の巣のど真ん中に我々は居てる。

上も下も最善の注意を払いながら下山開始。

時間にすれば、ほんの10分か15分位だろう。
漸く鳥居まで辿り着いた。
僕の足は妙に力んだせいか攣ったようになってて、少しだけザックを下ろした後早急に夜明峠までスピードアップで戻った。

ほぼ安全圏まで来たので軽くランチにした。
c0147398_14202664.jpg

c0147398_14203683.jpg


この辺りだと、雪崩の危険もほぼ無いだろう!
2号には『登ろうと思えば行けたけど帰りが危ないから仕方ないね~』ってロープウェイまで戻った。
c0147398_14204842.jpg

c0147398_14205554.jpg


この日、石鎚山に雪崩が発生した訳では無い。
実際、2名の登山者とあとから3名の若者達も弥山まで登っている。

僕は、何も無くて良かったと本気で思っている!

2名の登山者とは道中で言葉を交わした。
2名とも地元の方で何回も積雪期の石鎚山に登ってるようで装備を見てもしっかりされてるのがわかったが・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3名の若者達は・・・・・・・・・・・・・
うちの一人だけがトレランで使用するような5L位の小さいザックに飲み物を入れてるだけで他の2名はピッケル以外何も持っていなかった。

僕が偉そうに言える事では無いが、2名の登山者は各々経験も豊富にありそうな感じで雪崩の怖さも十分わかった上で登った事は想像するのは難しくは無いので意見する事は無いが・・・・・・

3名の若者には、ピークまで登れた事は素晴らしい事だし、怖さを跳ね除けて突っ込むというアグレッシブスピリッツも大事だけど・・・・・・・・・・・・
『困難』と『危険』の境界線がどこなのか!?
という事をしっかり考えて欲しいと思う。
【結果としてたまたま登れて降りれただけ】という認識を持って欲しいと思うなぁ。

雪面には二重の破断面が有った事。

数日気温が高い日が続いた事。

根雪のブロック層に厚みがある事。

自分の上部に人が歩いてる事。

前日は全ての登山者が自己判断で二ノ鎖鳥居より上へは足を踏み込んで無く、今日数日振りに人が雪面を踏み込んで小さな亀裂のきっかけを造っている事実が有る事etc・・・・・・・・・・・・・・・・・

登れた2名は凄いと思う。

だらしなく危険を感じた途端足に震えが来た怖がりの僕達は登れなかった。
滅多に無い快晴の中石鎚のピークを踏みたかったけど・・・・・・・・・・・・・・・

山は逃げないから~
又、今度2号とチャレンジしようと思う。

今回はこれでおしまい。


二日目に続く~




快晴の中弥山の岩角に座って極上のランチをしたかったなぁ~

[PR]
by bphiro | 2014-02-01 14:37 | バックパッキング | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/21588323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ikajyu at 2014-02-01 23:21 x
晴れているのでせっかくだから。。。
冬山だと特に危険なんだな~と認識しました。
特にここ最近、暖かい日が続いていると雪崩がおきやすい
環境になるので晴れているから安全だと考えるのは安易だと
感じました。
難しいですね~私ならこんだけ晴れてたら行ってたかもしれません。
こういうときだからこそ冷静な判断が必要なんですけども
目標が近くだとすると・・・(@@
Commented by 登山 好人 at 2014-02-02 10:14 x
それにしても見事な快晴ですね。
止まっていれば日差しが暑いと感じるほどの陽気だったでしょうね。

大山の雪崩は幸いに死者が出なくて本当に良かったです。
冬の大山はまだ経験がありませんので冬の大山は良くわからないですが
6合目の避難小屋辺りで雪崩とか少しビックリしました。 

無理せず引き返す勇気も本当に大切ですよね!
また今度雪が安定している時にリベンジして下さい(^_^)/

Commented by 山登なでしこ at 2014-02-02 17:41 x
本編を読んでいて私まで震えが…(m'□'m)

確かに快晴の日は綺麗なのでついつい欲をかいてしまいますが、急激に気温が上昇した日はより神経を使いますね!
特に今年は雪が多いみたいですし…。

何かあってからでは全てが遅いので、やはり早目の判断・決断が重要だと私も思います!

何も考えず登る事は体力気力さえあればできますが、何も持たず・知らずでは…ね~
歩きながら雪の質を見極めるのも技術の内ですね☆彡

私も雪山の恐ろしさは師匠や先輩方から怖いくらい聞いているので、どんな時でも少しでも不安を感じたら初めから登らないか、すぐに引き返そうと思っています(^^;
Commented by bphiro at 2014-02-02 19:30
ikajyuさん

どもです(^_^)

ほんと、晴れてて気候が良かったら・・・・・・・・・・・・・・・
もうちょっと!
もうちょっと!
って進んでしまうもんね(^_^;)

>晴れているから安全だと考えるのは安易だと
感じました。

いやぁ~
まったくその通りですね。
無積雪期だと空の天候と風が環境上での判断基準になるけど、積雪期はその判断基準プラス雪面の状態と数日前までの気温・降雪・人が入ってるかどうか?等の条件で大きく変わりますから難しいですね(*_*)
Commented by bphiro at 2014-02-02 19:35
好人さん

どもども(^_^)

そうでしょ!
めちゃ快晴で、事前情報から予想してた気温よりはるかに高かったので、ウェアの選択失敗しました・・・・・・・・・・・・・・(+_+)
兎に角、暑かった。

大山の雪崩はねぇ~非難小屋辺りで起こるとは・・・・・・・ほんと?でした。
だから、やっぱり冬山は何が起こるかわからんのですね!

引き返す時もマジで怖かったですよ。
変に雪崩のイメージしてしまったもんやから余計にね(~_~;)
Commented by bphiro at 2014-02-02 19:40
なでさん

ほんと何かあってからでは遅いもんね!
けど、こういう時って頭で理解してても後から考えると、行けたんちゃうんかなぁ!?
って欲どうしい考えが頭をよぎるんよね・・・・・・・・・・・・・
引き返した事は正解だったと解っていても(^_^;)

でも、若者達にはびっくりしました(*_*)
何も無かったから良かったものの・・・・・・・・・・・・・

でも、僕らは怖がりで良いと思ってる!
又、次があるから(^_^)v
Commented by 目目連 at 2014-02-02 21:20 x
bphiroさん

石鎚は25~6年前の夏に一度登ったきりです。
ロープウェーを使わず、下から歩きました。
廃屋なども数ヶ所あって、静かな山歩きを満喫しました。
成就に着いて、人工物と人の多さにびっくりしました。
石鎚って、冬は結構積雪量が多いと聞いています。
一度行ってみたいです。

・・・。
hiroさんも角型クッカーですね。
使いやすくていいですよね。
Commented by 山登なでしこ at 2014-02-02 22:18 x
私もね~お天気が良いとついつい…
いつも頭の中で天使と悪魔が取っ組み合いしてます(笑)

でも山や自然に対しては過信せずに謙虚であるべきだと思います♪

人になんて思われようと、臆病者で良いではありませんか!
守る家族がいて、責任あるお仕事をしているのですから、無事に下山してこその楽しい登山です♪

また次があるっていう事は、ワクワクして何倍もの時間が楽しめますょ~(o^o^o)

以外とすんなり登れたお山程、記憶にあまり残らないですしね(^^;
Commented by bphiro at 2014-02-03 10:33
目目連さん

おはようございます。
コメントありがとうございます!

25~6年前ですか(^_^)
僕はまだ本格的に山に取り組んでなくて山遊びの頃です・・・・・・・・(^_^.)
四国は予想以上に雪が多いですね!
中国エリアの大山や氷ノ山よりも雪質もまだ良いようです!

都合が合えばご一緒出来れば良いですね(^_^.)

角型クッカーは使い易いですよね!
今はスノピですが、どこにいってしまったか不明なんですが(多分貸したまま忘れてる)モリタの角型の方が一回り大きくて更に使い勝手が良かったように記憶してます!
Commented by bphiro at 2014-02-03 10:37
なでさん

うん!
わかる(^_^.)
わかる(^_^.)
その気持ち!

そうそう!
過信してはダメだと思うなぁ~

これからも長く登山続けて行きたいから・・・・・・・・・・・・・
堂々と怖がりな臆病者でいいと思ってる(^_^)v
Commented by at 2014-02-05 09:40 x
同感です!という記事でした。
私は正直、雪山をビビッていますが、このビビりがなくならないほうが
幸せだとも考えています。
あと少しなのに!せっかくこんなところまできたのに!というところで引き返す判断と勇気も山岳技術の一つだと常日頃から心がけるようにしています。

石鎚山は私もいってみたいですが、記事みているとかなり綺麗ですね。冬に入ってみたいですが、斜面もかなりのもののようで・・
それに景色はかなりいいですね!

にしても今年は気温の変化が激しいですね。
あれこれ記事みているんですが、冬は単独ではいかないようにしてるのでなかなかといった感じですが^^;
Commented by bphiro at 2014-02-06 15:18
涼さん

同じ考えで良かったです!
自分が、または知人が怖い目をした事を目の当たりにした経験が過去にあるからこそ、怖いんですよね。

怖さを知らない事も、またある意味幸せなのかもしれないけど・・・・・・・・・

雪の石鎚はほんと綺麗でした!
特に天候が良かったのでなおさらでした(^_^)

冬山はソロよりもパーティーの方が少しでも不安は和らぎますよね!
でも、反対に判断も難しくなります。