春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

鳳凰三山 2014.1.15~16(本編)

2014.1.15~16 鳳凰三山

薬師から眺める美しい白峰三山。
c0147398_11555189.jpg


予告でも書いたが今回のコース選定は『2号の安定したアイゼン歩行』がテーマ!
完全に雪道だけでなくミックスルートになっていて且つ適度な勾配と距離がある事で考えた結果夜叉神から鳳凰ピストンが我々の一泊二日の予定で行ける範囲では良さげに思い実行に移した(^_^)v




1月15日(水曜日)曇り後晴れ

8:30 夜叉神登山口より出発
9:20 夜叉神峠
11:25 杖立峠
13:40 苺平(辻山分岐)
14:20 南御室小屋(幕営)

1月16日(木曜日)丸一日快晴

7:45 南御室小屋より出発
9:15 薬師岳山頂
9:55 観音岳山頂
11:25 地蔵岳賽の河原
14:15 南御室小屋(テント撤収&昼ご飯)
15:30 南御室小を出発
16:10 苺平(辻山分岐)
17:15 杖立峠
18:20 夜叉神峠
18:55 夜叉神登山口


今回は1号も2号各々がいまいち体調が良くない・・・・・・・・・・・・・・・
中、夜叉神登山口からスタートした。
c0147398_11564124.jpg


今回の幕営地予定地の南御室小屋で水は確保出来るので行動中の御飲料水と700ccの温かい飲み物とプシュツは350ccを4本だけと毎回余らせてしまう食料をぐっと減らしたので、僕が約23Kg、2号が約15Kgといつもと比べると軽いのに・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕は歩き出しから足が思うように上がらない(*_*)

安定したアイゼン歩行の練習の為に夜叉神峠からアイゼンを付けたからかは解らないが、2号は右足踵内側に大きな靴擦れが出来てしまい登りの苺平以降下山する迄終始『えれぇこった』だった。

ただ、概二日とも天気が良くて白峰三山、甲斐駒、八ヶ岳、富士山、遠くに北アルプスまで綺麗に見ながらの歩きだったので予定以上に時間はかかったものの気持ち良い入山だった(^_^;)

以前のレポでも触れたが、今回は気になっていたISUKAのGore-Tex Long Gaitersのフィールドテストもしたので、このインプレは又後日別レポでUPしようと思う!
c0147398_11565678.jpg


8:30
登山スタート
c0147398_11582361.jpg


登山口から夜叉神峠間はアイゼン無しで登ったんだけど、雪が出てきた時点でアイゼンを付けた方が我々は疲れないタイプのようだ!

アイゼン装着に関しては、足に重みが増して負担になるので出来るだけギリギリまで付けない方が良い!
と言う人と、我々のように安全な個所であっても足に荷重がかかった時に少しでもフワッ!
とかズリッ!
とか、ブーツのソールがずれた時に必要以上の力で踏ん張らないと次のステップを出せない位なら、多少重みが増してもアイゼンを履いてしっかりグリップさせながら着実に歩く方が逆に足の負担は軽くなるから良い!
と言う人が居る。
さて、皆さんはどちらのタイプでしょうね・・・・・・・・・・・・・・・・・!?
c0147398_115984.jpg

c0147398_11595416.jpg


9:20
夜叉神峠到着。
残念ながらガスが薄ら空を覆ってる為に白峰三山は綺麗に見えなかった。
ここからアイゼン装着する!
c0147398_121579.jpg


スマートウールのソプリスグローブライナー
これ使ってる人取扱いには十分注意した方がいいよ!
薄くて濡れても冷たさが軽減されるのがウールの良い点でインナーには最適!
だと2号の分と合わせて6,300円もかけて買ったのに・・・・・・・・・・・・・・・
2人とも2回使用位で指先に穴が空いてしまった(*_*)
我々の使い方が悪いのかもしれないが、ベルクロなんかに少し当っただけで小さい穴が空いてしまう・・・・・・・・・・・・・
僕の場合はザックのピッケルホルダーのベルクロ部分に少し触っただけで小さい穴が2個空いた。
素材は良い物だろうけど丁寧に使う必要有り!
c0147398_1215367.jpg


杖立峠を越えた位からガスが抜け天気がグングン良くなっていった(^_^)
c0147398_12273.jpg


杖立峠を越した辺りで我々より少し遅れて出発してきた京都の若者3人が追い付いてきた。
凄く感じの良い3人連れだったが写真を撮り忘れた・・・・・・・・・
まあ、あとの道中で必ず会うからその時でも!

三脚を毎回忘れてしまうので最近撮ってくれる人が居ないと自分撮りになってしまう。
c0147398_1232291.jpg


苺平に着く手前から2号の右足に異変が・・・・・・・・・・・・・・・・


まだ、よく馴染んでいない冬靴なので靴擦れを起こしてしまいめちゃ痛いらしい!
左足は以前に靴擦れを起こしてるので事前にテーピングをしてたので大丈夫だったが、今度は反対の右足踵内側が擦れたようだ。
面倒だけど、ソックスを脱いで診てみると100円玉位の大きさで丸く皮が捲れてる((+_+))
早急にテーピングで保護して南御室小屋まで頑張る事にした!
c0147398_1241334.jpg


14:20
幕営予定地の南御室小屋に到着!
c0147398_1243268.jpg


本物のアルプスの天然水もしっかり出てる(^_^)v
c0147398_125929.jpg


若者3人は頑張って薬師小屋まで行って幕営するらしい!
c0147398_1251984.jpg


この11~13の連休は小屋も営業してたようで数十名は幕営してた形跡が有り我々は今回整地する必要も無く選び放題で一番フラットな場所に【やどかり】させてもらった(*^。^*)
これだけの要塞を作るのに床部分をほんの10分程シャベルで削って均しただけ!
c0147398_1254268.jpg


昼ご飯に前々から食べようと思っては持ち帰りになってた【ソルレオーネ】のペンネとレジネッレを2人で一瞬でたいらげる(^_^)v
c0147398_1255793.jpg

c0147398_126636.jpg


昼ご飯の後は我々の恒例・・・・・・・・・・・・・・昼寝タイム!
気が付いたら20時半(*_*)
今晩の晩御飯の準備に・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は簡単に【塩豚鍋】!
c0147398_1263916.jpg


食事後に2号の靴擦れの処置。
こんなになってしまってる・・・・・・・・・・・・・・・(-_-)
c0147398_1264644.jpg


年末の八つも気温が高く-5度程だったが今晩の方が冷えてるみたい。
温度計では火が消えると温度が一気に下がり-10~12度。
一瞬でエスパースの内張りも引掛けておいたサングラスもバリバリ・・・・・・・・・(+o+)
c0147398_1273557.jpg

c0147398_1274563.jpg


22時過ぎで本日はお休みなさい<(_ _)>

16日は朝7時から歩き出そうと5時半に起きるものの・・・・・・・・・・・・・・・・
小キジを内に一旦テントの外に出たが・・・・・・・・・・・・(-_-)
c0147398_128411.jpg


シュラフが暖かくてなかなか動けずダラダラしてると、どんどん時間が経過していく。

こりゃいかんと思い切ってシュラフから這い出してダウンを脱いで気合いを入れて準備開始!

7:45に三山巡りに出発!
今日は朝一から超快晴だ~(^_^)/
c0147398_12102489.jpg


薬師岳手前のビューポイントから白峰三山
c0147398_12103386.jpg


振り返ると富士山!
c0147398_12104455.jpg

c0147398_12105323.jpg


9:00 薬師小屋。
若者3人の大型テント!
c0147398_12111389.jpg


この辺りから2号の靴擦れがひどくなってきてはいるが・・・・・・・・・・・・・・・・・
滅多にない快晴の天気なので、行けるとこまで行く!
と頑張る2号!
c0147398_12112269.jpg

c0147398_12113192.jpg


9:15 薬師岳山頂から見る富士山!
c0147398_12121247.jpg


薬師岳から観音岳に向かう途中、地蔵岳まで行ってピストンしてきた若者に再度合流!
3人とも礼儀正しく爽やかな好感の持てるナイスガイ達だった(^_^)v
やはり陽の短い冬場に三山回るピストンなら初日に頑張って薬師小屋まで行ってる方が翌日の三山周りはかなり時間的に余裕が出ると再確認した。
c0147398_12133690.jpg


9:55 観音岳。
c0147398_12134569.jpg

c0147398_12135327.jpg


観音岳からの眺望は抜群!

早川尾根の先には甲斐駒ヶ岳
c0147398_12141890.jpg


八ヶ岳は赤岳が一際目立つのがよく見える!
c0147398_12142734.jpg


振り返れば富士山も!
c0147398_12143514.jpg


観音岳ピークで大休憩して食料補給する2号(^_^)v
c0147398_12145782.jpg


雪と花崗岩と白砂混じりの良い感じの山。
c0147398_1215517.jpg


11:15 赤抜沢ノ頭分岐
2号の足の状態がかなりきつくなってきてたが、よく頑張った(^_^)v
この写真はかなりボロボロの表情なので・・・・・・・・・・・・ボカシてもらう事にした。
c0147398_12151327.jpg


11:25 地蔵岳
c0147398_12154029.jpg


オベリスクと八ヶ岳
c0147398_12154946.jpg


北岳と2つの小屋と山荘
c0147398_12155858.jpg


オベリスク
c0147398_1216649.jpg


靴擦れがひどい状態で約4時間、2号はほんと良く頑張った(^_^)
一昨年に初めてアルプス山系(蝶ヶ岳)に連れて行ったときからすれば逞しく変身したもんだ!
出発する時「あまり靴擦れがきついようなら下山の事もあるし途中で引返すから言いや!」

と言ったが・・・・・・・・・・・・・・・
「せっかくの良い天気やし、降りは踵が擦れないから、登りはゆっくり爪先で蹴ってアイゼン効かせながら行けば大丈夫!」
と2号。
年末の強風と薄いガスの中、仲間達と赤岳ピークハントできた事も更に山が好きになる大きな影響になったのかもしれない(^_-)
山が好きじゃないと調子悪いと進むより帰ろう!って思ってしまうもんね・・・・・・・・・・・(^_^;)
c0147398_1218751.jpg


14:15 南御室小屋に到着。
テント撤収を済ませてから小屋の自炊室を使わせてもらい簡単にランチを済ませ15:30下山開始!
c0147398_12182059.jpg


夜叉神登山口までの下山ルートは辻山までと夜叉神峠の手前だけが登りで、あとはダラダラとした降りなので2号の靴擦れもかなりましなようだ・・・・・・・・・・・・・・・(^_^.)
c0147398_12184216.jpg


僕も嵩はあるけど下山時は20Kg切ってるので楽ちん(^_^)
c0147398_12185177.jpg


下山の出発時間が遅かったので途中ヘッドライトは必須と予想してたものの、17:00過ぎかなぁ!?
と思ってたが予想より早く16:40には陽が西に落ち込んで行った。
c0147398_1219157.jpg

c0147398_1219991.jpg


17:15 杖立峠に着いた頃には辺りは真っ暗でナイトハイクのスタート!
夜叉神峠から方向を東に振って降ると、僕のコンデジの性能では写真には反映が悪いが月明かりと夜景が凄く綺麗だった(^_^)
c0147398_12552734.jpg


18:55 夜叉神登山口に無事到着!

2~3時間下山が早かったら飯田市の山友、亨さんの店【割烹いまだ】に酒は飲めないけど晩御飯だけでも寄ろうと思ってたが、残念ながら次の日は2人とも仕事なので即効で大阪に向いて車を走らせた!


【まとめ】
冒頭にも書いたが今回入山のテーマである『2号の安定したアイゼン歩行』
靴擦れを起こしてしまったものの、坪足の方が断然楽なところも多々あったがスタート時の夜叉神峠までの約2Kmを省く登下山の約21Kmを通してアイゼンの刃を引掛ける事もなく完了!

鳳凰三山への夜叉神からの入山コースはルートもしっかりしていて積雪が多くトレースが消えた場合でも夏道から大きく反れて冬道が出来るような箇所はほぼなくて終始夏道に順じて安全に歩く事が出来る。
(予告文にもあるように観音~地蔵までの北斜面の一部分に積雪が多い箇所があり完全に夏道が消えてる部分があり注意が必要だが、それ以外は問題無し)


距離的には、そこそこなのである程度の体力は必要にはなってくるが、ルート自体が一貫して安全なので冬山の入門コースと言われている。
簡単なコースでも天候によっては身動きが取れないような事態もあるので、特に厳冬期は安易に考えてはいけないが、万一の装備は最低限所持する事を前提とすれば初心者の方からベテランさんまで万人が楽しめる素敵なコースだと僕は思っている!

って事で今回のレポはおしまい・・・・・・・・・・・・・・・(^_^.)

さあ!
次はどこの山域に遊びに行こうかなぁ~


おまけ・・・・・・・・・・・・・・・・途中2号のiPhoneで撮影した風景
c0147398_12222573.jpg

c0147398_12223257.jpg

c0147398_12223992.jpg

c0147398_12224595.jpg

c0147398_12225870.jpg

c0147398_12234100.jpg

c0147398_1223945.jpg

c0147398_12231535.jpg

c0147398_12232291.jpg

c0147398_12232710.jpg




両日天候にも恵まれて最高の雪景色を堪能出来た入山だった!

[PR]
by bphiro | 2014-01-18 12:57 | バックパッキング | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/21501025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 登山 好人 at 2014-01-18 15:11 x
先ず名前がカッコいい♪ 名前だけで登りたくなる(笑)

えれぇこった的には反則的な快晴の山行が続いてますなぁ~ 羨ましい(^_^)/

テン場から富士山は拝めるのでしょうか? 拝めたら最高だろうな~

2号さんの靴擦れ痛そう・・・ 八ヶ岳の時は靴擦れ大丈夫だったのかな?

鳳凰三山・・・ やはり名前もいいしあの尖がったピークも見てみたいな。

今年は無理そうなので来年行く山リストに加えたいと思います(^_^)v

Commented by 平 恒信 at 2014-01-18 16:15 x
こんにちは!京都の爽やか3人衆の1人です。ブログ拝見させて頂きました。
結局、地蔵岳まで行かれたんですね!
また、山で会えたら幸いです。
Commented by bphiro at 2014-01-18 20:18
好人さん

鳳凰三山!
うん、確かに名前カッコいいね(^_^)v
そうそう!
昨年半ば位からめっきりえれぇこったウェザーが減ったよ!

南御室のテン場は樹林帯に囲まれた平地にあるから景色はほぼ無くてあまり陽当りも良くない・・・・・・・・・・・・・(*_*)

2号の靴擦れは年末の八ヶ岳の前から・・・・・・・・・・・・・
硬い冬靴でまだ足が慣れてないのと少し大き目なのか踵が浮いてるように思うのでインソールで調整する予定。
山リストに加えて腰が治ったら是非行ってみて!
都合が合えば一緒に行こう(^_^)/~
Commented by bphiro at 2014-01-18 20:30
平くん!

いらっしゃい(^_^)/~
コメントありがとうねぇ~

でも、どの彼だろう!?
嫁さんの足の調子によっては途中で折り返す予定にしてたんだけど、けっきょくは地蔵まで行って来たよ!
オベリスクは止めたけど・・・・・・・・・・・・・・(^_^)

3人共京都!って言ってたし僕らも大阪であちこちの山域に出没するから事前に山行情報やりとりして都合良かったらジョインしようね!

本blogのツリー欄の【メールはこちら】から連絡してね<(_ _)>

気が向いたら、このblogにも遊びに来てよ!
Commented by あるパパ at 2014-01-21 16:41 x
すごく良い天気で最高ですね。憧れの鳳凰三山。夏に行けなかったのですが冬はもっと行けないので経験と装備をなんとかしないとですね。お疲れさまでしたー
Commented by at 2014-01-21 22:46 x
めっちゃ天気がよかったんですね!
うらやましいのは、雪山で天気がいつもよさげなのが・・・
hiroさん、いつも雨なのに、冬は強いのでは!?w
富士山の見え方も南アルプス特有で、東京いるときが懐かしくなりました。
北岳に登ってるときに、ずっと鳳凰山が正面に見えていて3つ登りたかったんですが、チャンレジしたときは雪が深くて敗退しました^^;
hiroさんの記事をみて、またチャレンジしたくなりました!
Commented by bphiro at 2014-01-22 01:27
あるパパさん

コメントありがとうございます(^^ゞ
初日の登り始め以外は両日良い天気に恵まれました!

まあ去年は入山すれば、ことごとく雨か吹雪だったので今年は逆にことごとく晴れを期待します!

機会があれば是非ご一緒しましょうね(^^)/~~~
Commented by bphiro at 2014-01-22 01:35
涼さん

いやいや・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここ最近がまあまあ天気に恵まれてるだけで昔から僕が入山する時はほぼ悪天候!
えれぇこったウェザーでしたから(^^ゞ

去年も雪山入山の大半は吹雪で景色を見る事なんて出来ない事ばかりでしたよ!

今年は良い天気が続くように期待してます(^^)v

北岳から見る富士は独特で名前忘れましたが、手前の山が重なって見えて格別ですよね!

まだ当分は雪の状態も良いと思うので是非又チャレンジして写真見せて下さい<(_ _)>
Commented by 山登なでしこ at 2014-02-02 16:56 x
鳳凰三山お疲れさま~♪

めちゃ良いお天気で、写真も綺麗~☆彡
私は鳳凰三山はまだなので、食い入る様に見てしまった(^m^)

でもhiroさんが体調イマイチだったとは珍しい…(驚)

それ以上に2号さんの足が痛々しい~(´m`)

でも、ほんまに頑張りましたね~(o^o^o)スゴイ

逞しく成長している姿を見ると、今年が益々楽しみですね!!
Commented by bphiro at 2014-02-02 19:20
なでさん!
毎度です(^_^)

僕の下手くそな腕前とコンデジでも、ここまで天気が良いと写真も綺麗になるのよね・・・・・・・・・・・・・・・(^_^)/~

この日は登り出しから、なんか足が重くて思ったように足が前に出んかったんよ(*_*)
夜叉神峠から杖立までの細いトレイルで樹根にアイゼン引っ掛けて思いっ切り前のめりに転んだしね(^_^;)

2号の靴擦れもこの日は酷くて早々から皮がめくれてしまったんだけど、テーピングしてよく頑張ったと思うわ!

あまりの痛さで二日目の途中は前半の記憶が無かったらしい。

もう少しインソールとか試してみないといけないんだけど、ザンバランはヒールカップの形が独特なんで、もしかしたら2号にはカップの形状自体が合ってないのかも・・・・・・・・・・・・・・