春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

明神平でテスト山行&ISUKA工場見学!

予定ではこの4~5の連休は、雪と氷の混じった稜線で2号のアイゼン歩行トレーニングを兼ねて西穂に行こう!
と思ってたんだけど・・・・・・・・・・・・・・
出発当日の昼過ぎに穂高ロープウェイのライブカメラで現地の様子を見てみたら((+_+))

なんと・・・・・・・・・・・2~6日まで点検の為ロープウェイが運休・・・・・・・・・・・・・・・・(+_+)

下から西穂山荘まで歩いてもいいんだけど、ここに行くのは文明の力を大いに利用したアプローチの良さに大いに魅力があるので・・・・・・・・・・・・・・・考えたけど
西穂は次回にして、お膝元のお散歩コースの明神平でちょこっとGearのテストをしようと急遽行先変更で車は名神高速ではなく309号線を走る事になった。

以前から電話では何度かやりとりさせてもらってる『ISUKA』さんの工場が行き帰りの道中にあるので、帰りに見学を兼ねて寄らせてもらおうとNさんに連絡を取ってアポイントをとっておいた!

毎度の明神平なので山行レポはささっと、写真の簡単な説明だけでスルーする事にします<(_ _)>
c0147398_17595310.jpg


PS
後半は毎度のGearインプレのだらだら長い僕の薀蓄なので興味無い方はスルーして下さいね!




登りの途中で以前は崩壊しかけてた木橋が綺麗に修復されて歩き易くなってた!
c0147398_1801788.jpg


あしび山荘周辺には期待してた雪は全く無い・・・・・・・・・・・・・・(-_-)
c0147398_1802367.jpg


僕は毎回ここへ来たら天理小屋の裏にテントを張るんだけど今回は風も無さそうだし明神谷の上部縁の平坦地に幕営した。
c0147398_1803021.jpg


今宵の寝床はヒルバーグアラック!
アラックにしたのは理由があって、以前に触れたがこのテント、フライシートが地面一杯まであって非常に気密性が高くどちらかというと雪山対応である為に、氷点下前後の気温の時に完全に内部で密閉すると任意的に大量の結露を発生させる事が簡単に出来てしまうからだ。

車から2時間程しか歩いてない、ほぼお散歩みたいな感じなのに・・・・・・・・・・・・・・・・
相変わらず、テントが設営終わるや否や・・・・・・・・・・・・・2号はお決まりの定位置へ(^_^.)
そして・・・・・・・・・・・・・・これ!
c0147398_1803887.jpg


僕は・・・・・・・・・・・・・
いつものごとくテントの外でリッジレストを座布団変わりにして『プシュッ』!
c0147398_1805879.jpg


アラックは前室が広いので整理し易くて使い勝手が良い!
c0147398_181722.jpg


まだ時間は11時だというのに我々は、もう動く気はさらさらないのだ(^_^.)
国際をプレヒートしてやって・・・・・・・・・・・・・・・・着火させてから!
c0147398_1811586.jpg

c0147398_1812350.jpg


醤油に漬け込んできた烏賊くんを下足を元部から炙る!
c0147398_182191.jpg


で、傘の部分を炙って~焼酎で一献(^_-)
c0147398_1823435.jpg


ままかりも炙って!
c0147398_1824388.jpg


そうそう!
この前燕に行った時に買ってきた、これ!
『ナッツフル』
安曇野市穂高で生産してるみたいだけどネットでも買えるようだが、これ、なかなか美味い!
トレイルミックスの材料にめちゃ合ってるしお奨め(^_-)
c0147398_1831349.jpg

c0147398_1832062.jpg


けっこう肴だけでお腹も一杯になったので贅沢な昼寝タイムに突入!

なんと5時間程爆睡して目が覚めたら18時半。
寝て起きたら、動いてないのに自然の摂理で腹は減っている・・・・・・・・・・・・・・・・
から晩飯の準備だ!
今晩の夕食は水餃子鍋。
c0147398_183465.jpg


僕はよくわからないが、2号曰くこの『クイックくずきり』100均でしか売ってないらしいんだけど小さいのが小分けで入ってて、山では凄く使い勝手が良いらしい!
c0147398_1835724.jpg


晩御飯もしっかり食べて完全なカロリーオーバー状態だが・・・・・・・・・・・・気にせず寝る事にした(^_-)


☆さて、今回のテストだが・・・・・・・・・・・・・

前回から引続き、『快適に眠る』をテーマにシュラフカバーの効果をテストした!

僕が前から何度か書いてる、微妙な気温帯が氷点下前後でテント内外の温度差が大きくなった時のテント内壁面に湧き出た結露が風が強い時は夜中にシュラフに降り注ぎ、風が無ければ壁面を伝い横から一昼夜にしてシュラフを底と横から湿らせてしまう。

この日は、事前情報の-8~10度の西穂に行く予定のパッキングのままで来たので寝具関係は、明神平ではかなりオーバースペックだ。

シュラフはISUKAのAir810xとAir630xなので今回の床はリッジレストのみで、ダウンウェア等の保温着は一切着用せず行動着のままでシュラフに入る事にした。

それでも、この日の陽が落ちてからの気温はテント外でちょうど氷点下1度でテント内はアラックを完全密閉してガンガン火を焚いて温度を上げたりもしたので暖気が抜けた時点で3度程!

この状態で、シュラフカバーを着用して眠りに付いた(^_-)
シュラフカバーはヘリテイジとイスカで双方共Gore3レイヤーの物!
c0147398_187264.jpg

c0147398_187347.jpg

c0147398_1874426.jpg


よく寝ているせいか夜中の4時頃に一度目が覚めた!
予想通りでアラックの内壁は物凄い結露で、ボタボタと水滴が落ちてくるような感じが暗い中でもよくわかった!
テストは、あえてシュラフを湿らせるためのものなので気にせず、もう少し眠る事にした!
2号も同じく目が覚めてiPhoneを弄って、山友達のなでしこさんへ送るメールの下書きなんかをしてたようだ(^_^)

改めて目が覚めたのが7時過ぎ!


まず、その時の状況だが・・・・・・・・・・・・・・・・・

先に書いたように、テント内壁面の結露は半端ない位でベチャベチャ。
シュラフカバーの表面は予想通りで急な雨振りに遭遇した後のレインウェアの表面のように全体が湿ってる。
そして画像からは解り難いかもしれないが、シュラフとカバーの真ん中も上側が薄らと全体的に内部結露で湿ってる感じだ。

ヘリテイジのシュラフカバーの内側。
c0147398_1891227.jpg


イスカのシュラフカバーの内側。
c0147398_1892120.jpg


流石に両メーカー共一流の物を製造しているのでカバーでの内部結露の差は無く、ほぼ同じ状態だった!

それと、これは個人の寝方によるが大きなポイントだと僕は思うのでお伝えしておこう!!!

2号は寒がりなのもあるが、シュラフに完全に潜り込んで呼吸口から自分の口鼻をずらせて眠るタイプ。
対して僕は、必ず呼吸口から口と鼻だけ出して眠るタイプ。

この2者で一泊した後のシュラフに大きな差が出るのだ!
2号のシュラフはバッフルの上側の呼吸口の周囲が自分で吐く息によってベチャベチャに湿っているが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
吐く息は常にシュラフの外に出てる僕の方は、ほぼドライな状態のままだ!

結果的に、寝方の癖もあると思うが連泊も想定するならば、出来るだけシュラフは湿らさない方が良いのでマミー型のシュラフの場合出来るだけ呼吸口から口と鼻は出して呼吸した方がシュラフへの湿気によるダメージは低いと思う!


今回のテストのように任意にテント内結露を高めてシュラフが湿る可能性が高い状況下において、前回はシュラフカバーが無かったのでシュラフ本体の表面がベッチャリと湿っていたが、今回はシュラフカバーが当然の事ながらカバーしてくれてた!
カバーを掛ける事で内部結露は起こったが、やはりカバー無しの状態でのシュラフ表面の湿り方よりも、かなり湿り方が少なかった事はテスト結果で分かった!

あくまで想像だが、仮にこれがテント内温度が-10度や15度であれば同じように結露が起こっても、それは即座に凍りつくと思われるので、同じ凍りつくとしてもカバーをしてる時の方がかなり結露で覆われる面積は少ないと思われるので、僕はやはり厳冬期はカバーをすべきではないかと思う!
結露対策もあるし、保温対策としても使えるのでね(^_^)
c0147398_18113583.jpg


って事で、今回のシュラフカバーの効果のテストは一旦終わり!
次回のテストは実際の-10度、15度の時にフィールドでテストしてみますね(^_^)


さて、朝早くは周囲はガスで太陽が出てくるのはかなり後のように思うので僕らはささっと朝ご飯を済ませ下山してお風呂に行く事にした!
c0147398_18122331.jpg


全く雪は無い・・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_18123063.jpg


八幡温泉に入ってから、ふるさと村食堂でランチ!
c0147398_18124732.jpg


囲炉裏が良い感じ!
c0147398_1812544.jpg


僕が、ふるさと定食(^_^)
c0147398_1813116.jpg

c0147398_1813109.jpg


2号はとんかつ定食(^_-)
c0147398_1814747.jpg


美味しく頂いた後は、富田林にあるISUKAさんの工場へ向かう!

取締役営業部長のNさんと2時間程お話させて頂き製品についてたくさんの質疑応答してもらい、少し前にもレポも書いたISUKAの製品が良いよ!
って事が更に深くわかった

お話して頂いたNさん(顔出しは本人の了解を得ています)
学生の頃から山岳部で何十年経過しても入山してる現役の山屋さんだ!
凄く謙虚な方で、自分達のような者からも製品についての意見を聞きたいと申し出て下さり、又、それをちゃんと真っ直ぐ聞き入れて下さる研究熱心な方でもあった。
休みが合えば山へもご一緒して下さいね!
なんて話でお邪魔しました。
c0147398_18152031.jpg


今回は時間の関係でシュラフに関しては内容が多過ぎて、文末にだけでは書けないので割愛してダウンブーティーについて書こうと思う!

写真はISUKA工場内のシュラフ試作品の一部
c0147398_18154583.jpg


実は先日2号用に購入したMEのパウダーブーツ。

このメーカー自体、雪山製品を多数手掛けていて歴史もある!
このダウンブーツも見た目もお洒落で、一見、暖かそうだったので即購入したんだけど・・・・・・・・・・・・
保温性能が今一つなんだよね(+_+)

ちょっと手持ちのダウンブーツと比べてみよう!
写真左が今回2号用に新たに導入したISUKAの今季モデルのダウンブーティー。
真ん中がMEのパウダーブーツ。
右が僕の使用してるショップを通して昔ナンガに依頼したオリジナル。

これは、感覚の問題で人それぞれなのかもしれないけど少なくとも我々の中ではダウンブーティーは足元の保温が目的!

足『元』なのだ!

写真に赤色で囲った範囲に3つとも700~800FPの記載のダウン量が封入されている!
普通にダウンの特徴を考えれば明らかに、MEのパウダーブーツの保温性が他の2つよりも劣る事がダウン量から想像出来るだろう!
c0147398_18163287.jpg


MEのブーツはダウン量40gをブーツ全体に万遍無く散らした感じで封入している。
ここがポイントで、普通はダウンブーツを履くならその前にダウンパンツを履いたりダウンで無くても化繊等の入った保温用のパンツを履くと思う!

ダウンブーツを履いてるのに半ズボンなんて人はあまり居ないだろう・・・・・・・・・・・・・・(^_^)

上でも書いたように保温したいのは ⇒ 足『元』。
であって極端に言えば、足首より上は雪が入らないようにカバーだけあれば良くダウン封入は必要無いと僕は思う!
冷え症の女性の場合で膝下全体が冷たく感じる人は勿論多数存在するし多分に漏れず2号もその口だ!
が、しかし問題点は膝下に貴重なダウンを封入する事で足元のダウンが少なくなるのが問題である。
重くなるのでメーカーはしないのだろうが、足元にも十分のダウンを封入してもせいぜい60~70gで十分だろう!
その上で更なる保温の為に例え20gでも膝下部分に封入するならまだ解る!
全体で40gのダウン封入量は少ないように思えるという事だ!
2号の場合だが実際、-3度位のフィールドで足元が冷たくて駄目で僕のダウンブーツと途中で交換した位だから・・・・・・・・・・・・・
世の女性は2号に近い感覚の人も多いのでは無いかと思う!

そんな事で昔、ショップを通して提案してナンガにこのブーティー(写真右)を作ってもらったのだ!

それと次は内部からの熱を損失しないようにする工夫だ!
画像左側のISUKAのブーティーはこの画像の通り上下2か所にシャーリングが入っていて保温性が逃げないように、踝辺りと少し上の2か所でキュッと止まってる
(ブーツを裏返した写真で表側からは下のシャーリングは見えないようになっている)
画像右側のMEのブーツも一応シャーリングは入っているが・・・・・・・・・・・・・・・・
正直、まったく役に立たない位の伸縮しかしない(+_+)
簡単に言うと全く止まらず緩々なので意味が無いという事だ。
c0147398_1817454.jpg


ISUKAが70gのダウンを足首上辺りから足元中心に封入さえていてナンガのブーツは足首から下に60gのダウンが封入されているので、ほぼ保温性は同等では無いかと思われる!
が・・・・・・・・・・・・・・
MEの場合は、明らかに足元部分のダウン封入量が少ないので保温性は落ちると断言出来る!

細かい箇所だけど、裏側の生地縫製の丁寧さも明確に目で見て解る!
どちらが丁寧に縫い合わせれてるのか言うまでもないだろう・・・・・・・・・・・・・(+_+)
c0147398_18171945.jpg

c0147398_18172995.jpg


ソールの生地について。
画像左からISUKA、ME、ナンガの順!
積雪期の幕営地は平坦な場所ばかりでは無い。
斜面をカットしてフラットゾーンを作ってギリギリのスペースに幕営しないといけない場合もあるだろう!
そんな場合、滑らないような工夫は大事だと思う!
前回のレポでMEのブーツの裏のゴム部分に雪が付着してテント内部に入ってしまうので面倒だと書いたが、安全重視で考えると一番滑り難い素材を使用してるのがMEかもしれない!
続いてISUKAで僕のナンガは雪は全く付着しないが滑り止めは全く無いので、斜面地で幕営するような場合は危険で使えない。
c0147398_18174569.jpg


これらの類の製品は縫い目にシーリングを施しては無いので完全防水では無くウィンドストッパーではあるが、ブーツを履いたまま雪面を歩く事は十分ある。
その際にサイドからの浸水も考え対策してるのはISUKAが一番安心出来そうだ!
c0147398_18175361.jpg


因みに画像左は今回、2号用に導入したISUKAの今季モデルで右がもう7~8年前に購入した僕の昔のISUKAのショートモデルのダウンブーティー。
サイドの補強から内側のシャーリング加工から進化してる!
c0147398_18181218.jpg

c0147398_18181924.jpg


今季モデルの二重シャーリングになったブーツとシャーリングが上側だけのモデルのショートとロングと僕の昔のショートモデルを履き比べしてみたら・・・・・・・・・・・・・・・

大袈裟では無くて、履いた瞬間から内部がスースーする僕の古いタイプのショートブーツからキュッとしまって熱が閉じ込められたのが即体感出来る今季モデル!
ほんとビックリする位の違いだ!
これには僕も2号も驚いた(^_^)
c0147398_18183475.jpg

c0147398_18184186.jpg

c0147398_18184937.jpg


この内側下段のシャーリングがポイントだね!
c0147398_1819586.jpg


結局2号はNさんと色々質疑応答してもらい山用の今季モデルのダウンブーティーロングと、仕事中に膝下が冷えるのでダウンスパッツをお買い上げさせて頂きました。

まあ今回ISUKAの工場に寄せて頂き忙しいところNさんに貴重な時間をい割いてもらいシュラフの事に関しては僕も好きで興味があるGearなので色んな話が聞けて良かった!
このblogには流石に書けないような裏話もいくつか聞けたし・・・・・・・・・・・・・・(^_^)

メーカー名は書けないが僕は以前に、ISUKA以外でも某シュラフメーカーの製造責任者の方とお会いしてお話する機会があったが、ISUKAさんの製品造りに対する考えは少し違いました!
勿論、良い方にね(^_^)

まあその内容を全て書いてしまうと、本当に営業妨害にもなったりするので書かないけど、僕が国内シュラフメーカーの中では頭一つ出てるなぁ~と思った事に間違いはなかったと自負出来た事は大きな収穫で、最近ISUKAのAirシリーズの主要全番手を揃えた事に間違いは無かった!
と思えた事が良かったです(^_^)/~

最後に・・・・・・・・・・・・
Nさんはほんとに凄く謙虚な方で、たかが趣味で長く山をやってる僕なんかの意見にも耳を傾けてくれた事もだが、やはり海外のシュラフメーカーと日本メーカーの国内製造とでは技術的な問題やその他の諸条件で叶わないと・・・・・・・・・・・・・・
もっとエンドユーザーさんの意見を取入れて更に良いシュラフ等を造って世に送り出したい!
とさり気無く話されてるのが凄く印象的でした!



物造りを一生懸命してる人と話すのは勉強になるね(^_^)

[PR]
by bphiro | 2013-12-06 18:30 | 道 具 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/21053244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 登山 好人 at 2013-12-07 20:26 x
こんばんは~♪

じぇじぇじぇ。当初は西穂行く予定だったんだ~ 
僕も3月、4月の天気のいい日に行く予定にしてます。
どうしても天候が悪ければ独標までの予定で。
明神平は雪まだまだですね。
また予定合わせて1月、2月頃にどこか行きたいですね。

イスカの工場見学は貴重な体験出来ましたね~ イイですね。
確かにテントブーツは足首から上にダウンはあまり必要性を感じません。

あとストーブだけど色々悩んだけど結局はMUKAにしようかな?
燃料ですがhiroさんはなにを使用していますでしょうか?
Commented by bphiro at 2013-12-07 21:04
(^_-)
そうなんですよ・・・・・・・・・・・・・・・・・
当日、ロープウェイのライブカメラ見ようとしてなかったら、なんにも考えずに穂高に向かってました!

そうやね~
年明けも積雪期にどっかジョインしましょう!

イスカの工場見学は凄く良かったですよ(^_-)

ストーブMUKAぬするんだ!
中古で良ければ僕の意MUKA譲ろうか!?
ボトルの2つともあるし!
ジェネレーターは新品になってるし、中古でも良かったら遠慮なく言って下さいね!

僕が普通の赤ガス(レギュラーガソリン)使ってるよ!
白の方が煤が出なくていいんだけど、だいぶん高いし白使うとガスとコスパが変わらなくなるから・・・・・・・・・・・
Commented by 登山 好人 at 2013-12-07 21:11 x
液燃はじめてでプレヒートがややこしそうで(^_^;) 慣れれば問題ないんでしょうが。

もちろん中古大歓迎です! hiroさんが使わなければ譲っていただいてもいいでしょうか。

いい値で結構です。でも元より高くなるのはご勘弁を(笑)

レギュラーガソリンならカブのガソリン抜きやすいので助かりますね。

スタンド行っても携行缶なければガソリン入れてくれないし。

最近では携行缶あっても入れてくれないスタンドも多いですしね。

またお時間ある時で結構ですので連絡お待ちしてます!
Commented by bphiro at 2013-12-08 21:01
好人さん

確かにプレヒートは面倒だけど、慣れれば大した事はないよ!
でもMUKAの特徴はプレヒート無しだからね(^_-)

良かったら使ってね!
又、その件は連絡するね。

そういえば最近はガソリンを燃料ボトルに入れてくれるところ少なくなったね・・・・・・・・・・・・・・(*_*)