春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

MSR 国際(^_-)

やっぱり、こいつの方が僕は安心して使えるし見てられるよ(^_^)v

c0147398_13132548.jpg

15年以上昔、僕がまだHARLEY-DAVIDSONにサイドバックをぶら下げてキャンプツーリングにも出かけてる20代後半に導入したMSR WHISPERLITE INTERNATIONAL。

通称『国際』

所謂、アウトドア用のガソリンストーブ。

ツーリングでも登山でもバックパッキングでも、よく使ってたストーブだ!

ガソリンストーブを使う理由としては大きく3つ位かな!

◎まずはコストが安くつく!バイクツーリングの時なんかは燃料が無くなってもガソリンタンクからシュポシュポ で抜けばいいし国際は赤ガス(レギュラーガソリン)でもOKなのが良い!

◎寒くても安定して火が使える!

◎ガスより面倒なんだけど、なんとなくの拘り!

まあ、決して便利でもないガソリンストーブを使う理由はこんなもんだろう(^_^)
でも、火力調整も上手く出来ないし嵩張るので段々とガスストーブがメインになっていき
いつしかガソリンストーブは道具箱の中で眠ったままに・・・・・・・・・・・・・・・・






そんな中、久し振りにガソリンストーブでなかなかいけてるのが出た事を聞いて気になってたので、知人に頼んで仕入れてもらったのが、新富士バーナーの【SOTO MUKA ストーブ】だった。

ガソリンストーブのお決まりのプレヒートも無しでガスストーブのように使えて火力調整も出来て且つ火力も強い!
ときてる(^_^)

気に入って数回使ってたんだが・・・・・・・・・・・・・・・・・・
事件が起こった。  内容はこちら    

この事件が起こったのは夏なんだけど、MUKA ストーブは前年の冬山から使用してて、やっぱり寒い雪山シーズンには、ガスストーブには無いガソリンストーブの良いところも再度見直してた矢先の事だった!

事件の内容はこちらを見てもらうとして・・・・・・・・・・・・・・・
なんとなくだが、それ以降SOTO MUKAをガンガン使う気にはなれず・・・・・・・・・・・・・・((+_+))

しかし、特に冬場はガソリンストーブの方が有利に使える場面も多々あることから、国際を実家のガラクタ物置から引張り出す事にした。
もう10年程は使ってないので少し心配だったが・・・・・・・・・・・・特に問題は無さそうだ!



c0147398_13152773.jpg

登山用の一番コンパクトな11OZ(325ml)の燃料ボトルがどこかへいって無くなってしまってる以外は全て残ってたので、綺麗に拭き掃除して小さい燃料ボトルは新たに購入してSOTO MUKA ストーブと並べてみた!



c0147398_13154393.jpg

リフレクターの裏側やフライミングカップの煤汚れは拭けばある程度取れたが中心部分は分解しないと綺麗に掃除するのは難しい・・・・・・・・・・・・


c0147398_1316487.jpg

【燃料ボトルのラインナップ】
MSRは、11OZ(325ml)写真左から2つ目、20OZ(590ml)写真一番左、と33OZ(887ml)があるが、このサイズは持ってない。
SOTOは、1Lタイプ写真一番右と700ml写真右から2つ目の2種類。


一泊位ならMSRの一番小さいサイズのでも十分なのでSOTOの小さい方ではガンガン鍋をしても半分位余る。
2泊~長期になれば大ボトルが必要になってくるけど、我々の今の入山スタイルであればMSRだと590ml、SOTOだと700MLで十分事足りる!



c0147398_13163213.jpg

c0147398_13163924.jpg

両機種を並べてみると・・・・・・・・・・・・・・・・
やはりSOTOのコンパクトさは目立つ!



c0147398_13164721.jpg

MSRのポンプはほんとにシンプルな構造!


c0147398_1317467.jpg

c0147398_13175611.jpg

c0147398_1318487.jpg

燃料ボトルに装着したところも構造的にはよく似てるが、素人目に見てもSOTOのポンプは重厚感があり機械的な感じがする!
現場で調子が悪くなってもMSRのように簡単に分解してのメンテナンスはやりにくそうだ((+_+))


c0147398_13182264.jpg

ストーブ本体との接続もSOTOはカチッと音がするロック機構付に対して・・・・・・


c0147398_13183167.jpg

c0147398_13183982.jpg

単純に差し込んで手動でアームをスリットにはめて固定するだけ・・・・・・・・・・・・・・


と、まあSOTOに比べるとかなりシンプルでお粗末な感じさえ受けるが(+_+)
僕は、又MSRのストーブが使いたくなったのでメンテナンスをする事にした!


c0147398_13185943.jpg

購入した『Expendition Servicekit』と『11oz325ml燃料ボトル』
新しいボトルはキャップもチャイルドロック付になっていて少々では漏れそうにない!


c0147398_1319918.jpg

c0147398_13191866.jpg

一番劣化が怖いポンプの各ゴム系パーツを全て新品に交換!
といっても、この国際のポンプ、非常にシンプルな構造なので意図も簡単に分解修理が可能!
それでいて世界中の登山家や冒険家から絶大な信頼を得てるのはシンプルだからこそ、壊れても現場で簡単に誰でもが修理ができてしまう!
ところではないかと思う。


今回僕が交換したパーツはたったの5つ。
コントロールバルブのOリング・フューエルチューブOリング・フューエルボトルOリング・ポンプカップとポンプチェックバルブAssy(バルブ、スプリング、ボール)


本体はジェットもシェイカーニードルも軽く拭き掃除すれば問題無かったのでそのまま組み上げた!
本体の分解写真の記載は無いが、めちゃくちゃ簡単で天辺の丸くなったところのネジを緩めて底のフライミングカップは手で緩めれるので、その2つを外すとバラバラになる!
フューエルラインも中のケーブルが抜けるようになっていて、そのケーブルを出し入れして擦る事で掃除になる!

めちゃくちゃ簡単にメンテナンス出来るのだ(*^。^*)


c0147398_13194786.jpg

毎度の事で、せっかくメンテナンスも終わったので両機種のデモをベランダでする事にした!


c0147398_13195640.jpg

SOTO MUKAはプレヒートの必要無いが圧を加える為のポンピングが結構疲れる作業だ。
写真の部分、赤い線が出てくる位が目安だが、ガソリンが満タンの時でも2~30回ポンピングしないといけない。
※ポンピングはし過ぎてもいけない。赤い線が出たらポンピングを止める過圧になってしまう為。


c0147398_13201288.jpg

国際もポンピングして圧を掛けないといけないんだけど、20回も30回もポンピングする必要はなく、5~10回で十分!
使い慣れてる人は多分皆が解ってると思うんだけど、国際のように火力調整の難しいストーブでは最初から目一杯圧を掛けると火力が大きいままで絞り難く余計に使い難いから最初は小さめの火力で十分なのだ!
火が着いてから、火力が足りない場合はボチボチとポンピングして圧を掛けてやればOK!


c0147398_13202491.jpg

5回のポンピングの後、フライミングカップに少し溜まる位のガソリンを出してプレヒート!
十分だと思う!


c0147398_13203688.jpg

プレヒートの火が消えかけると同時に一気にバルブを開いてやると簡単に着火する!


c0147398_13204490.jpg

SOTOはSTARTで着火して10秒位で安定してくるのでつまみをRunの方へ回すだけ。


c0147398_13205446.jpg

すぐに安定するが、風にはかなり影響を受けるみたいでベランダでもけっこう風がきつく風が当たると炎が暴れる事が多い。


c0147398_13211151.jpg

両機種とも安定した青白い完全燃焼の炎!


c0147398_13212348.jpg

同じ条件でも風が当たった時はSOTOの方が炎の乱れが大きい!
ヘッドの形状が基本的に違うからかもしれないが・・・・・・・・・・・・・・・・


c0147398_13214790.jpg

最後に僕が気になる箇所!
以前にここからガソリンが噴出してヤバかったので・・・・・・・・・・・・・・
写真でも解るように凄い高熱になる箇所の中にゴム製のパッキンが3つ縦に続けて入ってる。
普通に考えれば、使用頻度に伴いゴムの劣化はとんでもなく早いだろうという事は想像するも簡単な事だ!


c0147398_1322243.jpg

対して国際の場合も、フレームリフレクターが真っ赤に変色する位の高温になってるがこの周りには劣化するとガソリンが噴出してしまうような物は一切存在しない。


c0147398_13221220.jpg

確かに評価も良いし写真でも表現できる位安定した炎を提供してくれるSOTOだが・・・・・・・・・
この位置にフューエルラインのジョイントがあり、更にその中にガソリンが漏れないようにする為のゴムパッキンがあると思うと、正直毎回使用する前にパッキンは大丈夫か!?
気にしてチェックする位でもちょうど良いように感じる程で・・・・・・・・・・・・・・
要は、僕にとっては面倒くさい(~_~;)
また、前みたいにガソリンが漏れて引火しかけたら・・・・・・・・・・・・って心配しながらなら、はなから使わない方がいい!
って僕は判断した。


c0147398_13222677.jpg

SOTOに比べると、多少野暮ったい感じもするし火力調整なんて「それなんのこと?」って感じで、少々嵩張るけど・・・・・・・・・・・・・・
やっぱり、こいつの方が山に連れて行くとしたら安心で信頼もおけるんだよね(^_^)v
だって造り自体がシンプルだから故障なんてまず皆無だし、炎が安定しない時は本体を上下に振ってやるとジェットの中に居るシェイカーニードルが働いてくれて目詰まりを解消してくれる!
フューエルラインの掃除も簡単!
手持ちのアーミーナイフ1本で分解から組立まで簡単に現地で出来てしまう。
これが長年信頼に値するストーブとして君臨してる理由ではないかなぁ!
って思う。


c0147398_13223991.jpg

ポンプは入山の際はボトルにセットしたままが多いのでSOTOのポンプがけっこう大きいけど影響はないかもね!
両機種並べてみると総容量としては、大差ないように思うなぁ~

重量についてもSOTO MUKAが327gで、国際が330gなんで、ほぼ同じ位!
足の部分が小さく畳めない国際がちょっと嵩張ってしまう程度・・・・・・・・・・・・・・・・
僕にとっては、この位全く問題なし(^_^)v

メンテナンスも完了したし、スペアパーツもあるし今季の冬山はまた国際君に活躍してもらうとするか(^_^)/






ドラゴンフライが発売された時に買っておけば良かったかもね(*^_^*)

[PR]
by bphiro | 2013-11-22 13:33 | 道 具 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/20993006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 登山 好人 at 2013-11-24 00:10 x
15年以上前の道具を大事に今も現役で使えるようにメンテしているのがスゴイです♪
SOTOガソリン漏れ事故は一歩間違えたら・・・ガクブル
やはりシンプル構造の方がメンテも楽だしシンプルゆえに故障も少ないんでしょうね。
僕も1台ガソリンストーブが欲しかったけどSOTOのその辺が確実に改善されない限り
難しいな・・・ 次のモデルに期待♪
Commented by bphiro at 2013-11-24 16:12
好人さん

バイクツーリングやってる時は、MSRの他にも有名所のコールマンやEPIもプリムスもその他メーカーのストーブを趣味のように持ってたよ(^_^)
今もだけど、昔からGear好きで・・・・・・・・・・・・・・
飽きたらあげたり売ったりの繰り返しなんだけど(*_*)

この国際は登山でも十分使えるから残してたように思う!

ほんと、シンプルな構造がメンテも楽でいいよ(^_^)/~

SOTOは良いストーブなんだろうけど、僕には今一つやねぇ~
火力調節できるって言っても弱火に出来る位で総体的にソロやパーティー登山では4000kcalは火力が強すぎる・・・・・・・・・・・・・
厳冬期の-25度でも、2700kcalの国際で十分。

複数のファミリーキャンプなんかで、でかい鍋でもするんならSOTOはいいかもしれないけどね!

ガソリンならやっぱりMSRかSAVE辺りが故障知らずで信頼出来るかなぁ!

好人さんもガソリンストーブ買うなら、やつぱりMSRが良いと思うよ(^_^)v
この国際も新しいのが出てて、五徳が使い易くなってるからお勧め!
Commented by ikakan at 2013-11-24 21:12
ものすごい火力ですね。冬場でもしっかり鍋とか温めてくれそうです。
反面取扱いが難しそうですね。フレームが明々と・・(^^;
なんか事故があったんですね・・・引火とか怖そう~
しかしこの噴出する箇所が一番大切なのですよね?
ここが悪いと逆流したり・・・
ボンベがあると思うとホント怖いです。
Commented by bphiro at 2013-11-25 19:00
ikajyuさん

どもです!
ガソリンストーブ自体は、今はガスストーブが凄く良くなってるのでよほど余程でないと出番は無いんですけど、なんとなくのGearへの拘りで使う位ですね。

面倒なとこ多いですが、手間がかかるけど可愛いみたいな感じで又ちょこちょこ使おうと思ってます。

Commented by Kozy at 2013-11-25 22:11 x
はじめてコメントします。
とても参考になるレポです。自分もストーブは色々試しましたが
冬期使用を考えるとガソリンストーブは頼もしいですね~
SOTOのガソリンストーブの弱点を技術で克服する姿勢は大いに評価できますが、ギミッグが多いほど信頼、安心が揺らいでしまう、、、
山で使う道具に関しては信頼が持てるかどうかが大事ですね~
最近は少々重くてもタフで安心して使えるギアに回帰してます。
bphiroさんのレポには共感するものが多いです。今後も参考になるレポ期待してます!
Commented by 登山 好人 at 2013-11-26 13:08 x
やはり厳冬期の八ヶ岳で使うことを考えるとガソリンストーブの方が安心かもしれませんね。
「WHISPERLITE INTERNATIONL」←(国際の意味がわかりました(^_^;))と
ドラゴンフライの2種類のガソリンストーブがあるんですね。
確かに国際の方は五徳がいうなれば今風なゴトクに変わっていますね。
どちらか購入しようかな。
ちなみに325mlの燃料ボトルで2泊3日の山行(雪から水を作ったり、お湯を沸かしたり程度)
で間に合いますでしょうか? 燃料消費がまったくわからないのでその辺教えていただけると助かります(^_^;)
Commented by bphiro at 2013-11-26 13:30
Kozyさん

コメントありがとうございます。
そうですね、冬季の使用を前提にすればガスストーブが進化したと言ってもやはりガソリンストーブは頼もしいですよね!

仰るとおりで、SOTO MUKAは評価に値する製品だと思うんですが、今回記事にした国際なんかのように30年以上も第一線で活躍する製品かどうか?
ってなると・・・・・・・・・・・・・・・・?????ですよね。
理由は新しい発見は見受けらるが、それは信頼と安心には直接つながらないからだと思います!
僕もKozyさんと同じですよ!
一時期ULに凝った時期があり、それまでの大事なGearの多くを処分してしまい・・・・・・・・・・・・
後で後悔する羽目になりました。
賛否両論ありますが、これからも独断と偏見も交えてUPしていく予定です!
Commented by bphiro at 2013-11-26 13:42
好人さん

八ヶ岳に関わらずですが、『安心』が低温時の使用に対するものなら多少ガソリンの方が有利です。
トラブルについての『安心』であれば、これは事故発生率からすればガスの方が有利です。
ちゃんと正確な使い方をすれば、特にMSRのストーブは事故はほとんど聞いた事ないですから大丈夫と思いますが・・・・・・・・・・・・・(^_^)
よくあるのは再点火する時のタイミングを間違えると、大きな炎が上がってしまうのでテントが燃えてしまった!
とかですね。
この辺りは今度直接お伝えしますね!

ボトルに関しては、その量にもよるけど325mlで主に水&お湯を作るのであればソロで二泊三日はちょうど位じゃないかな!

僕の場合は、ガソリンメインでも予備燃料(ガスやアルコール等)は持って行くので常に燃料は余分目にしてます!
Commented by 登山 好人 at 2013-11-26 14:02 x
ご返答ありがとございました。

少しでも不安があれば備えてしまう性格なので98%お買い上げ~になると思います。
再点火のタイミングですか・・・ この辺はまた直接教えてください♪
僕の山行スタイルはほとんど1泊2日なので325mlで十分かもしれませんね。
とりあえず325mlにしてあとは経験で買い増ししたいと思います。

>僕の場合は、ガソリンメインでも予備燃料(ガスやアルコール等)は持って行くので常に燃料は余分目にしてます!
自分用の燃料も余分目のような気もしますが・・・(笑)

ありがとうございました<(_ _)>




Commented by bphiro at 2013-11-26 16:48
好人さん

火加減必要な料理なんかもするんだったら国際より嵩張るけどドラゴンフライがいいかな!
鍋する位だったら国際がお勧め!
軽量のシマーライトも良いと思う(^_^)

再点火のタイミングってのはね、ガスだったら途中で消して、又、すぐに付けても普通に火が付くでしょ!
ガソリンの場合、一度消して再度天点火する時に気を付けないと物凄い火柱が上がる事があるんよ。
基本は一度ストーブ自体を冷ませてから再度、プレヒートから点火なんだけど、消してからそう時間経たないうちなら、そのまま再点火出来る事もあるけど、燃料タンク内の圧やジェネレーターの冷め具合によって左右されるからガスに比べるとかなり面倒なところもある。

ガソリンストーブは低温でも安定した火力を保持するので基本は雪を溶かしての水作りで調理ではないから!
だから調理はガスで!って考えかな(^_^)v
多少の火力調整は出来るけど一番簡単なのはバーナーパッドを挟む!
SOTOみたいに輻射熱でOリングが駄目になる事は構造的にMSRのストーブでは無いし(^_^)v
Commented at 2013-12-02 12:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bphiro at 2013-12-02 15:24
こばやしさん

ご無沙汰です。
そう言えば、その後MUKAストーブの修理後のレポをメインでUPしていませんでした。
前に書いてくれてましたポンピングのし過ぎは十分考えられると思います。
冷静に考えれば加圧分が途中で出る個所とすればOリング部分しか考えられない訳で(^_-)

新富士バーナーから返ってきてからの点火テストでは問題はありません。
原因については、メーカーのNさんも『だろう!?』としか回答出来ない状態です。

凄くメーカー対応も良く考えられるだろう原因も、ほぼ解ってはいますが、それにしても一度でもヤバイ事になってしまうと考えてしまいますね!
理由は、国際の場合かなりめちゃくちゃな扱い方やポンピングにしても適当にしても、なんの問題も無く点火して青い炎を上げてくれるので、どうしても比較すると安心感の強い方へ向かってしまう感じです。

このレポに書いてる通りで、もしかして又!?って半分不安と心配の中半ばびくびくしながら使わないといけない位なら安心して使える国際!
って感じです。

でも、僕のように引火しかける事の方が稀だと思います。
Commented by こばやし at 2013-12-02 18:09 x
不躾なお願いであったにもかかわらず、詳細なレポートをいただき恐縮いたします。
国際の場合はそれ自体に歴史に耐え抜いてきた力あるし、またbphiroさんとの付き合いの長さも、やはり信頼を置く理由となるわけなのですね。
とても参考になりました。どうもありがとうございました。
これからも貴ブログを応援しております。
Commented by bphiro at 2013-12-03 17:58
こばやしさん

こちらこそ丁寧にコメント入れてくれてありがとうございます。
Gearを使ってのインプレは好きなもんで、例え自分が所有してる物でも万一使い勝手等悪い個所を発見したら平気で書いてしまうので、そのGearを所有されてる方からしたら、あまり良い気はしませんよね!
でも、僕の場合100%は無いと思ってるので、どんな物でも悪いところがあるから、そこを解った上で愛用する物はして、潔く自分に合わない物は排除するタイプなんで誤解もあるかもしれませんね!
でも、今回のSOTO MUKAストーブは性能が良いので難しいところですね!
ちゃんとグリスアップと定期的な点検(特に網を挟んで使用した後等)してれば大丈夫だと思います!

これからも、宜しくお願いします<(_ _)>
Commented by microlight at 2014-02-21 06:50 x
SOTOの評判を探しているうちにこのサイトを拝見しました。
確かにゴムパッキンの位置は疑問ですね。
インターナショナルは20年ほど前に軽油で愛用していました。
プレヒートで煤だらけになっても、熱いうちにそのまま水に放り込めば簡単にきれいになるので、常用にはもってこいでしたね。
その後使っていたSIGGはコンパクトさでは最高でしたが、底部パッキンからのお決まりの燃料漏れ。
SOTOでも同じでしょうね。

コールマンマルチなどいろいろ使ってきましたが、乱暴な使い方ができるのはMSRだけのようです。
Commented by bphiro at 2014-02-21 21:09
microlightさん

コメントありがとうございます。
国際使ってたんですね!

20年前だと僕のとほぼ同じような時期かもしれませんね!
僕がHARLEYでツーリングキャンプしてる頃、ストーブはガソリンならMSRかコールマンの2者に分かれてました!
コールマンのピークワンも使ってましたが、なんとなく国際の方が好きでした!
SIGGは知らないんですが、燃料漏れしたんですね。
僕のSOTOはたまたまかもしれませんが、かなりヤバイ目をしたので使う気になれませんでした!
自分の不注意でテント燃やしかけるとかなら、まだ納得出来るんですけどね・・・・・・・・・・・・・・・・・

どう考えても構造的に弱くて当たり前で理由がコンパクトにするが為の個所だったので・・・・・・・・・・・・・

今は場合によってガスと国際を使い分けるように昔に戻った感じです(^_-)

又、気軽に遊びに来て下さいね<(_ _)>