春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

穂高稜線ソロ縦走!day2

c0147398_0163434.jpg

今日は早駆け予定!
早駆け、これも又久し振りなので前日のアルコールも我慢して控えて早目に寝たおかげでバッチリ3時に起床!
そういやぁ、数年前まではちゃんと計画を立てた縦走で師匠とのパーティーか、ほぼ単独行動だった時は普通に3時、4時に起きてささっと撤収して辺りが暗いうちに歩き出し、その日歩く予定ルートは午前中メインで遅くても15時までにはテン場に着けるようにきっちり計画立てて歩いていた事を思い出したりしてた!





3時に起きてヘッデンを付けて期待半分、不安半分でテントの外を見てみた!

よし!
まだ夜明け前なので湿度が高くガスは出てるけど雨は降っていない(^_^)

この時期の日の出が5時半位だから4時40分に歩き出せば奥穂ピークからご来光を眺める事が出来る!
それに合わせて、朝の行動開始する事に……………
朝からしっかり米とカレーを食べてモーニング珈琲も飲んで!
早起きするとバタバタ焦る事もなく、ゆっくり且丁寧に作業が進む(^^)
食後の煙草を一服して歯磨きしてトイレを済ませて、テントの撤収が終わったら4時20分!

霜で地面が濡れてるので山荘にテン場の札を返しにいったついでに、山荘入口で入念にストレッチして予定通り4時40分縦走開始!
c0147398_017588.jpg


予想以上に岩が濡れていて梯子もビチャビチャになってるので出足から怪我しないように慎重に登って行く!

山頂手前まで登ると辺りが薄明るくなってきてる。
c0147398_0172856.jpg


ガスは一向に消えず逆に濃くなってるようで嫌な予感・・・・・・・・・・・・・・・
僕のあと少し遅れてソロの人が登ってくるのがヘッデンの灯りで見えた!
c0147398_0173595.jpg


奥穂ピーク手前の動画


5時20分奥穂ピークに到着!
c0147398_018430.jpg


西穂への稜線はガスで真っ白・・・・・・・・・・・・・・・(+o+)
c0147398_0181252.jpg


方位盤を風除けに僕より少し年配の3人のハイカーがガスが抜けるのを待っていた、どっちに行くか聞いたら出来れば西穂まで行きたい!
らしい。

ちょうど、僕の後ろを登って来てたソロの人も来たので挨拶して、行く先を聞くとバスの時間があるのでジャンだけは通過して岳沢へ降りるらしい。
6時頃まで様子を見る事にしてたら予想以上に早い時間帯で小雨がパラツキ出した(+o+)
待ってる間に3~4人奥穂ピークに登ってきたけど、皆、穂高岳山荘へ戻って行った!

6時を過ぎても霧雨とガスは変わらず・・・・・・・・・・・・・・
ピークに残った4人に、どうします?って聞いたら3人組のうち1人はソロの人で降りる事になり2人は天狗のコルまで行って考える!
って事だったので、じゃあ取り敢えず天狗のコルまで一緒に行きましょか!
って事で即席の4人パーティーが出来上がった!

6時10分西穂への稜線を進む!
視界はあまりよく無いが10m程先は十分見えるので今のところ大丈夫(^_^)v

しょっぱなの馬の背へ取付いて行く(^_^)v
c0147398_0185818.jpg


岩が濡れて滑り易いけど、フットステップもホールドもしっかりあるのでしっかり切っていけば問題なし(^_-)
おじさん2人は、きっちり安全ルートで付いて来てくれたんだけど一番若いソロの人が、もうすぐ馬の背が終わるところで、『やばそうなんで戻ります!』って言うから
『岩が濡れてて気色悪い箇所はここ過ぎたら天狗のコルまでそんなに無いし、そこから戻る方が逆に危ないからゆっくり丁寧に降りといで!』
って言って、おじさん達もステップとホールドを叫んでくれたので、彼は慎重にクライムダウン成功!
c0147398_0194246.jpg


ロバの耳ちゃんの横っ腹をトラバースで入って行く!
気を抜いて足を滑らせたらGoodBye箇所がいくつかあるが、落ち着いて丁寧にやり過ごせば補助の鎖もあるし問題なし!
c0147398_0205718.jpg

c0147398_021687.jpg


ロバの耳の核心部を越えて長い鎖の壁を降ってきたらジャンの信州側の取付きはもうすぐだ!
c0147398_0211670.jpg


見えてきた!
c0147398_0212620.jpg


まあ、天気が悪いのはいつもの事なんで仕方ないけど出来れば昨日歩きたかったなぁ(+o+)

特に降りの奥穂~西穂ルートは快晴と雨とでは、かなり歩き易さが変わるからね・・・・・・・・
でも、僕にはこのどんよりしたガスの中の写真が似合ってるように自分でも思える(^_^)
c0147398_0215846.jpg


今朝、奥穂で出来上がった即席パーティーの皆さん(^_^)v
c0147398_022910.jpg


眺望、展望は望めないけどせっかく来たんだから登るべ!
c0147398_0221855.jpg


7時ジャンダルム到着!
c0147398_0225415.jpg


なんにも見えないけど・・・・・・・・・・・・・・・・
撮ってもらいました(^_-)
c0147398_023564.jpg


天気が良ければ、ほんとストーブ出して珈琲でも作って休憩したい位ここからの眺望はいいんだけど残念だぁ~

長居しても仕方ないのでサクサクっと降りる事にして天狗のコルへ向かう!
c0147398_0231648.jpg


長い長いガレ場を降って、濡れてるといやらしい箇所を越えて8時に天狗のコル到着!
c0147398_023421.jpg


ここで若い人は、
『ジャンを越えれたから予定通り岳沢へ降ります!』
って事で、
『又、山で逢いましょうね!ここからもガレザレなんで岳沢まで気を付けてね!』
ってさよならした(^_-)

2人のハイカーさん達は、奥穂から天狗のコルまで歩くのも初めてだそうだが、僕が行くなら一緒に行くって言われたんだけど、僕自身天狗のコルでちょっと様子見てから行くか降りるか天候も悪いから考えようと思ってたので、その旨話してから一緒に小休憩した。
飛騨側からの風も生温さが減ってるし西風もほぼ無くなってるから、ガスが完全には抜けなくても大崩は無いだろうと判断して進む事に決めた。

じゃあ行きましょか!
って事で天狗のオーバーハングした岩の横から取付いた(^_-)

8時40分天狗岩到着!
c0147398_0251835.jpg


逆層スラブに取り掛かるところでアクシデント発生!
西穂から奥穂に向かってくるハイカーさんを2人待った後の事だ・・・・・・・・・・・・・
c0147398_0252957.jpg


登りを優先したので、さあ!行こか(^_-)って思って、乗り込もうとしたら下の方から

『すみません、だれも降りて来ないですか?』
って声が聞こえる。

僕が
『今から降りようと思ったところ!』って返すと・・・・・・・・・・・・・・・
『すみません3人引き揚げますからすこし待ってもらえますか!』・・・・・・・・・・・・・・・(+o+)

まあ、登り優先だし、『了解』って返事したら、少ししてヘルメットを被った男性が一人で上がってきた!
しっかりハーネスも付けてガチャをぶら下げて11mmの太いロープを垂らしている!
若いガイドさんだ!

ガイドさんが僕の顔を見て
『すみません、どうしてもって言うもんでおばちゃん2人連れてます<(_ _)>』・・・・・・・・・・・・・(+_+)

ガスで視界が悪いから、なんとなくぼやぁ~っとしか見えないけど、何やら賑やかな声だけは下から響いてくる。
ガイドさんも困ってるのかして、下を覗きこんだりしてるが声は近付いて来ない。

『登って来て下さい!』・・・・・・・・・・・・・・・・・・

待つこと数十分(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


何やら下の方で言い合ってる声は聞こえてくる!
ガイドさんが、強引にロープを引いて

『大丈夫ですから登って来て下さい!』
って数回声を掛けて漸くロープが弛み出した。

そこから更に数分経過・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おばちゃんの声がはっきり聞こえてきた。
なんて聞こえてきたかと言うと・・・・・・・・・・・・・・・・

『こんなん、つるつるやん!滑るしめっちゃ怖いやん!手はどこを掴めばいいん?足はどこに置いたらええのん?はよ引っ張ってぇ!』
って下から叫んでる(*_*)

30分以上雨に濡れながら風にやられながら待たされ、流石に僕もガイドさんに
『なんぼ商売や言うても、あんな状態の人達をこのルートに連れてきたらあかんで!』
ってプチ切れ!

ガイドさんも謝るしかないし、連れて来た以上はゲストに怪我をさせれない事はわかる。

ガスの中から一人目のおばちゃんのヘルメットが見えて来たが、ガイドさんは上の足場の安定してる場所でロープを引いて
『ゆっくりでいいんで登って来て下さいね』って(*_*)

おばちゃんは
『登って来て!言うたってどこ登っていいかわからんやん』・・・・・・・・・・・・・

ガイドは、聞き流してロープを少しづつ引き上げるだけ!
なんとしても落とすわけにはいかないので、それだけに集中してるようだ。

失礼かもしれないけど正直、僕ならこんなガイドには絶対付いてもらいたくない!
って思ったね。

おばちゃんを見てると段々腹が立ってきた!
ロープでちゃんと確保されてるから多少摺り落ちても滑落はしないのがわかってるので

『おばちゃん、ちゃんとロープつないでるし下まで落ちやんから、そこの割れ目とそこの割れ目に指引っ掛けて、そこの角にブーツの先置いてから、そこの出っ張りに腕ごと掛けて自分の身体持ち上げやんと!』

ブツブツ言いながら、やっとおばちゃんの肩が見えたからザックのショルダーベルト掴んで引っ張り上げる事2人・・・・・・・・・・・・・・・・
なんと最後は、だらしない・・・・・・・・・・・・・おっさんだった。


おばはん達は、ブツブツ言うだけで礼の一つも言わんから、ちょっと頭に来て・・・・・・・・

『おばちゃんら、なんぼ金払おうてるから言うてもハイキング感覚で来るルートちゃうで!来るんやったら、ちゃんと岩場の練習位して経験してからおいでや!ほんま迷惑や』
って言ってしまった。

ガイドさんと最後の、おっさんが『すみません』の連呼。

まあ事故が無かったから良かったけど、こんなおばはん達は天狗のコルで強制的にでも下さなあかんと思うわ。
その後、ガイドがどうしたんかは知らんけど・・・・・・・・・・・・・

それでも、まだおばはん2人は寒いやら、冷たいやら爪が痛いやらブツブツ言ってる。
恐ろしきおばはんパワーを見せつけられた・・・・・・・・・・・・・・・・((+_+))

こういう人達の事を、危険と困難の境が解ってない、【なんちゃって登山者】って言うんだよね!

興味だけで状況解らず突き進む事を無謀って言う。
状況的に困難な事はわかっていて多少背伸びしてでも不安はあるけど突っ込む!
のとは全く違う。


この5~6年で一気に加速した山ブームで、危険な事もわからず平気で無謀を犯す登山者が悲しいかな増えた!
と思うのは僕だけだろうか!?


穂高稜線縦走は、日本アルプスの中でも一、二を争う危険ルートと言われている。

当然、岩場の登り降りも多く岩登りの技術も少なからず必要とされる。
めちゃくちゃ上手くなる必要はないかもしれないが、最低限クライミングの基礎的な技術は会得して外岩講習でも受けてから来て欲しいもんだ。
c0147398_0311218.jpg


まあ、かなり噴火した僕のぼやきはこの位にして(*^。^*)

イライラしてたから、その後はあんまり写真も撮れてない・・・・・・・・・・・・・
取り敢えずは、間ノ岳!
c0147398_0312946.jpg


タイミング悪く間ノ岳手前から雨もきつくなってきてレインウェアもザックカバーも付けないといけなくなってるし・・・・・・・・・・・・・・・
c0147398_0314087.jpg


P1通過
c0147398_0314938.jpg


11時西穂到着!
c0147398_032657.jpg


黙々と歩いてると、さっきのおばはんの事はいつの間にか頭から消えてた(*^。^*)
なんにも見えないけど穂高の稜線を縦走してる楽しさは同じだ!
c0147398_0321755.jpg


ピラミッドピーク手前で、いきなり大粒の雨が・・・・・・・・・・・・・・最悪やぁ~
c0147398_0323090.jpg


ピラミッドピーク
c0147398_0325139.jpg


独標手前のちょい登り!
c0147398_033067.jpg

c0147398_0331166.jpg


12時過ぎ独標到着!
ほぼ稜線縦走は終わり(^_^)v
c0147398_0332970.jpg


丸山を越えて~
c0147398_033476.jpg


12時40分西穂山荘到着!
取り敢えずお疲れ様(^_^)v
c0147398_0335652.jpg

c0147398_034572.jpg


山荘で大休憩してたら・・・・・・・・・・・・・・・・
あぁ~やっぱりやぁ~ん((+_+))
メインルートの縦走が終わったら・・・・・・・・・・・・・・・・
ガス抜けてちょっと晴れて来たやぁ~ん!
c0147398_0343049.jpg


山荘で、何度『プシュッ』の誘惑に負け名物のラーメンをオーダーしようと思った事か。
しかし、まだ下山しないといけないので、ぐっと我慢して13時20分玄文沢林道から下山にかかった!
c0147398_0344081.jpg

c0147398_0345180.jpg


15時過ぎ西穂登山口に到着!
c0147398_035963.jpg


田代橋から見た稜線は少しガスがかかってるけど、明日は晴れそうだ!
c0147398_0351884.jpg


帝国ホテルまえからバスに乗って、あかんだな駐車場に車を回収しに行ってから神の湯で疲れた身体を洗いに行った(^_^)
c0147398_0352866.jpg

c0147398_0353875.jpg


無償に肉系が食べたくなり、あんき屋で【あんき屋特性飛騨牛鉄板焼き】をペロッと平らげて大阪に戻りました!
c0147398_0361631.jpg




今回の縦走は、メインの稜線歩きでは小降りの雨と風に終始やられたものの、一泊の行程としては自分としては凄く充実した入山になった!

次は、なんとか2泊取れるように仕事の調整して西穂側から北上でこのルートを歩きたい!
相方の2号もクライミングの講習を受けるようになってるので、基礎を会得していつかはこのルートを程好い緊張感を持って一緒に歩きたいもんだ!

今回はおしまい(^_^)v








天気予報は晴れやったのに・・・・・・やっぱり雨やぁーん(*_*)
[PR]
by bphiro | 2013-09-17 00:40 | バックパッキング | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/20741547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2013-09-17 10:52 x
奥穂~ジャンお疲れ様でした。
それほどガスられるとルート見失いそう&岩と梯子が
ビチャビチャ状態で、ジャンってさすがはhiroさんですね。
展望は残念でしたが、2号さんがクライミング技術習得中とか!?
今度は天気の良い日に稜線歩けるといいですね。
次の日、こんなに天気が悪かったんですね。
私が北ア入ろうとしたのはhiroさんが帰った次の日だと思います。
平湯温泉の段階ですでに雨がパラついていました。
Commented by bphiro at 2013-09-17 14:28
涼さん

コメントありがとう<(_ _)>
少々のガスは慣れてるから大丈夫だったんだけど、岩が濡れてるのは確認しながらでないと滑るから神経使うよね・・・・・・・・・・・・・・
ジャンは変わった容してて目立つし、いやらしい個所に挟まれてるからクローズアップされてるだけで、ジャンそのものはなんて事は無いピークだよ!

ロバの耳側からの直登ルートはそれなりに難しいらしいけど、あえてそこ登らんでも信州側から回ればいいだけ!

奥穂側のロバ耳や馬の背なんかの方が気色悪いし天狗から西穂間でも何か所もやらしい個所あるよ!

まあ、僕の場合はやっぱりガスが合ってるみたい(^_^)
2号は、僕がソロで行ったから雨になったんや!
って言ってる。

涼さんが居たのは台風間近だったのね(^_^)
バスの時点で雨ってのも、最初から萎えますよね・・・・・・・・・・・・・
Commented by かつお at 2013-09-18 22:26 x
ジャン通過お疲れ様でした!
ザック12kg、テン泊装備であの場所を行かれるとは流石です!
しかし、雨のあの状況で30分以上も待たされるとはそりゃブチギレますね。。。平日でこれなら天気の良い週末は大変な事でしょうね。私の時はすれ違いは西穂-奥穂で2人しか会わなかったような気がします。楽しませて頂きました!!
Commented by きょこ at 2013-09-19 00:44 x
hiroさん、穂高稜線縦走お疲れ様でした!!
かっけ~~~☆(あまちゃん風に)
初日の好天と打って変わっての、そして事前予報とも打って変わってのガス&雨の中
ここの縦走って、私には想像もできないほどのスゴ技なんでしょうね。
私は槍穂エリアはまったく未踏なので、手始めに西穂あたりには
年内に登りたいとおもってるんですが、なかなか行けません。。
いつかはこの縦走もしたいと思うので、そのときはまた参考にさせてくださいね^_^
Commented by bphiro at 2013-09-19 19:17
かつおさん

どもです(^_^)
いつもザックの重量はあんまり気にしないタイプなので今回の12Kgはかなり軽く楽に感じましたよ(^_^)v
濡れた岩稜帯の特に降りは荷物が重くなれがなるほど滑り易くもなるのでその点も助かりました!
この日は逆層スラブだけでも6人、前後合わせると10人位は西穂から奥穂に向かう人がいましたよ!
事前の予報が昼から悪かったので、4時頃に早立ちした人がほとんどでした。

西穂から北上で歩いた事無いんで、こんど、かつおさん達が通ったルートで!
って考えてるんですが、田代橋から西穂周りで穂高岳山荘に17時の計画なら、一泊でも行けそうな気がします!

それにしても、お友達の平野さんタフですね(*^_^*)





Commented by bphiro at 2013-09-19 19:30
きょこちゃん

ども、こんばんわ(*^_^*)
コメントありがとう<(_ _)>

初日が予報通り快晴だったから実はかなり期待してたんです!
でも、山荘のテレビの予報で大きく変わってるのを聞いて午前中はもってくれると思ってたんだけど・・・・・・・・・・・・・・・

無責任な事は言えないけど、文中に書いたような【なんちゃって登山者】は別として、真っ直ぐ山に取り組んでる人なら、ゆっくり丁寧にやり過ごせば大丈夫ですよ!

ゆーちゃん&きょうこちゃんも是非トライしてみて(^_^)

クライミングの基礎を会得してる方がより安全に且つ効率良く歩けるとは思うけど、無いとしてもなめてかからなければ滅茶苦茶難しい!
って程のルートではないよ。(真面目に山に向かってる事は条件だけど)
僕もクライミングの基礎を本格的に習う前にも普通に歩いてるし!

アルプス以外の低山でも、個所を限定すればもっと危険なルート区間はいくらでもあるから(^_-)


Commented by 登山 好人 at 2013-09-19 22:54 x
悪天候の中お疲れさんです♪ すごい風の音でビックリ。
濡れた岩場のトラバースもイヤ~な場面ですね。
大阪のおばはん?モノの言い方が大阪弁だったので(^_^;)
まぁ、予想通りの展開となってなんかホッとしたというか・・・(笑)
ジャンとかよくわかりませんがこんなシブイ岩場は好きですね。
何より無事に縦走出来て良かったです。
ご当地牛は必ず頂くようにしてますが飛騨牛はまだ食べたことないので食べてみたいですね。


Commented by bphiro at 2013-09-20 22:28
好人さん

風は朝方薄暗い時がきつくて稜線に出てからは、そう大した事無かったんですが、岩が濡れてるのはブーツのフリクションを最大限使えずに、負けて滑ってしまうのでいつも以上に腕の力が必要でした(°_°)

あの、おばはん達多分関西からだと思うんだけど、どのエリアの人だろうとちょっと場違いの感じでしたね…………

やっぱり、えれぇこったウェザーで期待は裏切らないでしょ(^_^)

飛騨牛なかなか美味かったですよ!
Commented by ikakan at 2013-09-29 10:57
山へ来るということの責任というのを感じさせた内容でした。
いくらガイドが付くとはいえ、あくまでも自分で出来ることは
自分で行って責任を持たないと大変なことになりますね。
ガイドがいるからとすべてを任せると危険だと認識しました。
よくガイドのミスなどで事故があったりしますし、あくまで
補助をしてくれるという了解の元で動かないといけないと思いました。
観光の延長ではなくあくまで自然を相手にしているという
覚悟が必要なのかもしれません。
Commented by bphiro at 2013-09-29 15:43
ikajyuさん

こんにちわ(^_^)
書いてくれてる通りだと思います。

ガイドは全てを保障してくれる存在ではなくあくまでサポーター的な存在です。
山中での多種多様な出来事に対する状況判断はガイドとして非常に重要なポイントだけど、そもそも入山した時点で登山者自身の自己責任ですからね!

ベテランも初心者も関係無く、各々の入山に対する心構えだと思います。
単に登山を始めてから年月だけ経過してるだけのベテランよりも、登山を始めて間もない初心者ではあるけど、心構えがしっかりしていて一つ一つの山行を丁寧にすれば山の中では後者が間違いなく優位です。

でも、初心者の部類なのに心構えも無く興味だけで突っ込むような人は経験では無く期間だけのベテランよりも劣ります。

この5~6年の山ブームで流行りと恰好で入ったりして、ウェアや道具は一流なのに『足るを知る』を自分に置き換えて考えてない人が多数居る事を感じます。

今回の逆層スラブで遭遇した人達のような技量を超えた危険な行為から、日帰りだからと万一装備を持たないような初歩的な事まで含めて危なかっしい人が多くなりましたね。
Commented by 山登なでしこ at 2013-10-04 14:52 x
奥穂→西穂お疲れ様でした☆ヽ(▽⌒*)

あの日は天候が急変しましたね~(^^;
でも写真のhiroさん嬉しそう(笑)

それにしても、あのアクシデント!は最悪でしたね…(--;)
私もぶちギレそう~

しかも1人で訳もわからん初心者3人も連れて…w(°O°)w
事故が無かったから良かったものの、俄ガイドも増えたもんですね(`´)

私もいつか行きたいと思っていますが、未だ天候に恵まれず~(ToT)
山では撤退する勇気や諦めも肝心♪
なので、私はジャンに敬意を表して!!修行あるのみです(o^o^o)

それにしても、最後の温泉の写真には笑いました(爆)

天候不良や最悪なアクシデントはありましたが、充実された山行でしたね☆彡
Commented by bphiro at 2013-10-04 15:57
なでしこさん

悪天候やガスは正直嫌なんだけど、でも・・・・・・・・・実は好きなのかもしれない(^_-)
なにせ、超ドMですから!

あの小雨と風の中のアクシデント、間違いなくなでしこさんなら上から仁王立ちで多分こう言うと思うな(^_-)
『おい!おばはん達場所わきまえて出直してこんかい!』
って・・・・・・・・・・・・・・(^_^)

天候に恵まれないのが続いてるけど、アグレッシブななでしこさんだから問題なく楽しみながら縦走出来ますよ!

一泊の縦走としては充実した入山になりました(^_^)v