春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

『SOTO MUKA』ストーブで、えれぇこった!

『SOTO MUKA』ストーブで引火しかけた~(+o+)

先日、HILLBERG ALLAKテントの試し張りの時の夕食の支度にSOTO MUKAを使おうと思い、いつものように準備して火を付けようとしてスイッチをSTARTにしてライターで火を付けた直後、ストーブ本体のバルブ部分からガソリンが噴きだした・・・・・・・・・・・(@_@;)

SOTOを使う時は輻射熱がかなり強いので必ずアルミテーブルの上で調理するようにしてて、更にその上に付属のアルミのシートを敷いている。
そのアルミシートにもガソリンが漏れ出たので、そこへも火が燃え移った。

たまたま雨水を拭いてベチャベチャに湿ったタオルがすぐ近くにあったので、すぐに被せてスイッチをストップにしたので消火出来たのだが・・・・・・・・・・・・・

SOTOはプレヒートがいらないが、着火の際かなり高い位置まで火が上がるので僕は付属の風防を使って火が上に行くのを止めている。
上への火には注意がいってるが、下への火には注意が散漫だった・・・・・・・・・・・

って言うか、普通に使用する上では多少の輻射熱を想定して、床部分が熱で溶けたり焦げたりしてしまわないように注意はしても、火が床側に出る!
想定なんて毎回しないと思う。
もし、しなければいけないようなら、それは基本的な使用上の不具合に該当するはずだ囧rz

フィールドでのタイムリーな写真は無いので自宅に帰ってから、いつも通りの模擬形式での写真説明になるのはご了承を!

フィールド使用の際はアルミテーブルがあると思って見てもらいたい!
いつもこんな感じでセット(ガソリンボトルは、テーブルの下に置く場合もある)
c0147398_1504739.jpg





ポンピングをしてからガソリンボトルに付いているスイッチをスタートにしてライターで着火。
約10秒位燃やした後ツマミをスタートからランに回すと炎が安定する。

と、まあ、プレヒートも無しで非常に簡単に使えるので、気に入ってたんだけど今回はびっくりした(@_@;)
もう少しで試し張りに使用した卸したてのALLAKとサヨナラになるところだった。
テントの外で使用したので、大丈夫だったが・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

ガソリンが噴き出した箇所はここ!
(この写真はフィールドのもの)
c0147398_151585.jpg


この部分は『SOTO MUKA』ストーブの特徴でもある箇所。
この部分が可動する事で本体収納サイズをよりコンパクトにする事が出来る!
c0147398_151127.jpg


自宅に帰ってから早速メーカーである新富士バーナーに連絡して状況を説明すると早急に送って欲しい!
との事で、その際に技術担当さんから聞いた話をまとめると開発段階でも相当議論した箇所のようだ!

可動式にして収納サイズをよりコンパクトにするか!?
従来の固定式のままにするか!?


『SOTO MUKA』ストーブの対岸に位置する、以前に使用していたMSRウィスパーインターナショナルでも説明しよう!

この箇所はガソリンボトルから本体へガソリンを送るパイプである事はお解り頂けてるとして話を進め事にする!

『SOTO MUKA』ストーブの場合、バルブ部分が可動式なのでガソリンの漏れを防ぐ為に内部の構造は写真のようになっている。
底に止めてるビスを緩めるとパイプが外れる。
c0147398_151262.jpg


パイプと本体のジョイント部分には写真のようなパーツが組まれていてガソリンが漏れないようにする為に3重にOリングが組まれていいる!
c0147398_1513378.jpg


太さ・径の違う3種類のOリングである事が写真からお解り頂けると思う!
c0147398_1513991.jpg


新富士バーナーの技術担当さんとの電話の段階で考え得る原因としては大きく2つ。

この3種類のOリングが硬化した事によって隙間が出来てしまった。
理由は後で記するとする!

もう一つは何か異物が混入して隙間が空いてしまった。

でも・・・・・・・・・・・・・これは・・・・・・・・・・・・・どちらであってもフィールドで使用するには、ちょっと怖いなぁ~と思った。

何故かは!?

構造的に可動式になってるんだからミクロン単位の隙間は開いていてグリスを塗ってその隙間を塞いでる事は否めない。
いくら丁寧に使用して毎回清掃もきっちりしても屋内の綺麗な調理場で使用するんではなく、僕達山家の場合ほとんどがテント場の芝生や砂利や土の上にテーブルなんかを敷いての使用になると思うので、砂埃が風で飛んでくる事もある訳だし、ほぼ無防備な状態が多い。

今まで『SOTO MUKA』ストーブを使っていて、気にした事は無いが構造をよく考えれば有り得る事だという事がわかった。

同じ箇所でも、MSRウィスパーインターナショナルの場合は写真のように固定式なので、当然この部分にはOリング等は入って無くて単に金属の塊のパイプだ!
と言う事は、この部分からガソリンが漏れ出す事はまず無いという事だ!
c0147398_1515647.jpg


固定式なので、『SOTO MUKA』に比べるとコンパクトさでは敵わないが、過去使用した中でガソリンのパイプから漏れて引火した!なんて事は一度も無い!


新富士バーナーの技術さんが言われた大きく2つの原因の、『何かが隙間に混入』は、言葉のままなので説明は不要だと思う。

もう一つの原因のOリングの硬化だが・・・・・・・・・・・・・・・
僕と同じような使い方をしてる人は多いと思うので、是非とも注意してもらいたい!

僕はこのストーブを使う時は、だいたい写真のプリムスのフライパンを使う。
c0147398_152784.jpg


ただ、残念ながら『SOTO MUKA』も火力調整は得意では無いので、鍋でも作ったりしても火力が強すぎるので・・・・・・・・・・・・・・
こういう物を間に挟んで火力を殺すようにしてる人は多いと思う。
c0147398_1521485.jpg


こんな感じね!
c0147398_1522290.jpg


実は、これがOリングの硬化の一番の原因らしい!
製品の説明書にも、こういう使い方はしないで下さい!と書いてあるようだが、これは僕自身の責任だが、そんな小さい注意書き等見ていない・・・・・・・・・・・(+_+)

要は、これらの類似品も含めて目の細かい網を挟むと上への火力が弱まる分、下方いわゆるストーブ本体への輻射熱が物凄く強くなりOリングが硬化してしまう事がる!
との事だ・・・・・・・・・・・・・(+_+)

ここでは営業妨害になるので露骨には書けないが………………

P社製品でも四角いタイプが古くから出てる。
僕も、P社製は長年使ってるが『SOTO MUKA』を使うようになってから写真のU社製を使うようにしてるんだけど、実は輻射熱がより強いのはU社製の方との事だ!

逆に言えば、網全体に熱を拡散させる性能がU社製の方が優れている!という事にもなるが…………

でも、この網を挟まないと大量の湯を沸かすか作った鍋物等を皆で一気に食べてしまうかしないと、このストーブは使えない・・・・・・・・・・・・
ゆっくり山の話でもして焼酎なんかを飲みながらチビチビつまむ!
なんて、やってたらそのうちOリングが硬化していき知らぬ間に隙間が出来て、いつも通りに点火しようとしたらボーッ!
なんて事にもなり兼ねない・・・・・・・・・・・・

まだ、メーカーさんからの回答はまだ無いがガソリンストーブを使うのは当分止めておく事にした。
MSRウィスパーインターナショナルは売らずに、多分実家の倉庫か兄貴に貸したままなので、ガソリンストーブが必要と予想される場所に行く時はMSRを持って行こうと思う。

一度、こういう事が起こると問題無くパーツ交換で治ったとしても『SOTO MUKA』の場合、物理的に同じような事が起こる事が十分有り得る構造なので正直、使いたくなくなる。
間近で見てた2号も怖がってるしね………………
使うとしたら、僕がソロの時だろうな!

一歩間違えれば、事故にもなり兼ねない事なので皆さんも参考にして下さいね!


冬場もガスストーブの分離型で液だしすれば問題ないし、やっぱりメインはガスにしよう!っと(^^ゞ
[PR]
by bphiro | 2013-08-09 02:03 | 道 具 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/20601439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dai at 2013-08-09 17:04 x
ひろくん、まいどです。

予告にあったMUKAレポ、首を長くして待っておりました。
想像では着火時の火柱で引火しかけたのかと思ってたけど
「そこかいッ!」って想定外の場所からの燃料漏れとのことでチトびびっております。

ボクもU社のアミをかまして使用することが多いので
同様の事態が起こる可能性はありますね(とはいえ、MUKA自体の使用頻度は少ない(^_^;)
取説には確かに「焼き網を使ったら本体が壊れるよ〜」ってなことが書いてますね。
ボクも見落としてますた。

メーカーさんの回答が出てない状況なので早計なのは重々承知の上で、
たとえU社のアミを噛まさなくても、
経年劣化でOリングが硬化→同様の燃料漏れが発生する可能性はないのかしらん?
発売開始が2011年6月なので、当初から使っている人は2年以上。
取説にはジェネレータージョイントのメンテナンスに関する記述はありませんが…。
メーカーさんからの回答が気になりますね。

もちろん、不良品だリコールだと騒ぐつもりはないけど、
(新富士バーナーさん好きですし)
なんらかの対応策がメーカーさんから示されるとうれしいな〜☆
また動きがあったら教えてください。
Commented by bphiro at 2013-08-10 01:19
だいちゃん
毎度だす(^^ゞ

いやぁ~、ほんまにびっくりしたよ!

今回のメーカー対応はジェネレーターからジョイント部分までのパーツ交換になると思うんだけど、僕の方が急いでない!って言ったら、もう少し調べさせて欲しい!
って事で、預けたまんまなのね!
でも、その時の話の内容からすると、だいちゃんが言う経年劣化はあるとの事。
もちろん我々と違い網をかまさず使ってる人は劣化も遅い訳だけど、あれだけの火力で地面からの距離が近いので少なからず輻射熱はあるし、まともにその熱を浴びるジョイント部分が可動する構造になってるが故、Oリングなんぞが、あのバルブ内部に必要な訳だよね!

経年劣化・異物混入etc………
色々な原因は考え得るけど、メーカーは付属品にはこの部分のOリングを同梱していない。
理由は、バルブの写真を見れば解ると思うけど3つあるOリングは手前から奥へ段々太く内径も大きくなってて、手前のOリングの縁から端まではネジ山が切ってある。
Commented by bphiro at 2013-08-10 01:20
続き

単純そうだけど、普通のOリング交換の時のようにグリスを全体に塗って滑らせながら押し込む作業が非常に難しく、且つ、ネジ山が切ってあるので表面に傷が付く可能性が高いので、この部分のOリングはユーザーの方では作業出来ないように同梱していないとの事らしい!

メーカーが準備してるのは、ジェネレーター一体式のパーツが3,900円であるので、そのパーツに付属してるジョイント部分のバルブ部分だけをそのまま入れ変えるのが良いらしい。

要はユーザーがOリングの交換をした際に傷が入ったり、装着の際に異物が挟まったりした状態でストーブを使うと、今回のような事が起こる得る事は薄々解ってると思うので、簡単にユーザーが交換したり出来ないように同梱もしていなければメンテンス方法も記載していないんだと思うよ!
Commented by bphiro at 2013-08-10 01:22
続き

MSRはけっこう酷使したけど、プレヒートの時に思ったより炎が上がってヤバかった事は何度かあるけど、今回のようなガソリン漏れから引火するって事は無かったので、僕はSOTO MUKAは便利なとこもあって気に入ってるんだけど多分使わないと思う。
使いたいけど、また、同じ事が起こる可能性は50%あるんで怖い!ってのが本心かな。

元々、ガソリンストーブは雪山で湯を沸かすのがメインの使い方で、鍋物をしたり調理が本来の目的じゃないから、本来の湯沸かしという使い方だけなら大丈夫かなぁ!?
っとも思うけどね(^^)v
Commented by bphiro at 2013-08-10 08:39
追記!
まあ、僕の場合仕事の関係で長期に渡って縦走する事は今は出来ないから、大きな問題じゃないかもしれないけど、引火した当日は登山メインじゃ無くアラックの試し張りがメインだったから、重量なんて全く考慮無しだったから予備としてOD缶を持ってたので晩飯食べれたけど、普通に登山の時ならメインをガソリンにしたら炊飯予定が無い時はOD缶は持たない。
万一装備に固形燃料があるだけ!
てな事で、今時、皆が良く行く人気の山域なら、平日でも登山者が居てたり営業小屋があったりで致命的にはならんかもしれないが、山に滞在中にメインの火器が使えなくなる可能性が半分ある!
となると、山では使えないよね(^_^)
冬山なんて特にだよね!
八ヶ岳みたいに小屋があれだけ近いとこは逆に珍しいんだから(^_^)

せいぜい、すぐ撤退もでき、鼻からそんな事を考慮しなくていい、オートキャンプ場での使用なら重量気にする必要無いし予備のストーブを車に積んでおけば、同じ事が起こったとしても安心感が違うだろうね!

Commented by dai at 2013-08-10 18:16 x
ひろくん、まいど☆

スンマセン、いらん仕事増やしてしまって(^_^;
仰るとおり、根本的な対処法が提示されない限り
MUKAひとつで山で入るのはチト恐いかな。
少なくともメーカーさんから対応策が示されるまでは。
まあ、ボクの場合は、小屋に逃げられる山行が多いので
最悪の場合でも何とかなるかも知れないけど
エスケープの可能性とギアの信頼性はまったく別の話。
ギアの信頼性があって、そのうえでイマージェンシーのことを
想定しておくべきだと思うので…。

さて、話は変わりますが、盆はかっちゃんとジョインする予定です。
盆明けのブログアップする(かな?)ので
また見てやって下さい。
※リコメはご無用ですので☆

Commented by 通りすがりのmukaユーザー yossy at 2014-09-06 14:53 x
はじめまして
同じ症状の記事を見つけたので参考になればと思い投稿です
使用は1年程ですがハードユーズしていましたが、記事とまったく同じ部位から燃料漏れで炎上しました(笑)
最初はパッキンの経年劣化を疑いましたが、赤ガス使用ためジェネレーター詰まりと判断し、全部品を分解し、キャブクリーナーで洗浄を行って症状は無くなりましたよ
Commented by bphiro at 2014-09-06 17:45
通りすがりのyossyさん

こんにちわ<(_ _)>
コメントありがとうございます。

僕の方は現在MUKAは友達に譲ってしまいフィールドでの使用はしてないんですが、yossyさん以外の方からも同じ症状で炎上した事聞きましたが、回避方法と処置方法を聞いたのをまとめると、やはり構造的に圧が掛る個所でジョイントしてる事が原因のようですね!

yossyさんは症状無くなって良かったですね(^_^)
でも、使用頻度によって違いはあると思いますが、同じ症状が出る可能性は構造上仕方ないとも思えますので、フィールドでの使用時は十分注意なさって下さいね!