春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

大峰奥駈単独縦走 20130627 day4

大峰奥駈道単独縦走 Day4(20130627)

【エスケープを選択!がしかし前鬼バス停までの降りがきつかった!編】

昨日深夜に深仙ノ宿に到着したトレランマンのN君と朝、何時に起きる?
って会話で、前鬼まで降りるだけだから5時でいいんじゃない!
って事で眠りに付いたが・・・・・・・・・・・・・
二人とも全くアラームに気付く事なく爆睡(+_+)

目が覚めたのが・・・・・・・・・・・・6時回ってる(-.-)
前鬼から上市行きのバスは14:58。

深仙ノ宿から宿坊(小仲坊)まで約2時間、宿坊からバス停まで林道歩きが約2時間。
約4時間の道のりなので時間は余裕・・・・・・・・・・・・・・・・なはずだ!
外を見ると雨は上がってる(^^ゞ
N君と取り敢えず記念撮影。
c0147398_22145888.jpg





N君は昨日夜駆して深仙ノ宿まで来たので釈迦ヶ岳通過は真夜中で写真も取れてないから、ウォーミングアップを兼ねて空荷でカメラだけ持って釈迦までピストンしてくると小屋を出て行った!

後から追いかけます!
って事だったので、僕も足が昨日よりも調子悪くなってるのが解るので、予想以上に降りに時間がかかる事は解ってたから、ぼちぼち準備して先に降る事にした!

僕の大好きな深仙ノ宿から四天石のアングル!
昨日は100mそこそこの四天石麓にある香精水を確認しに行く元気も無かった・・・・・・・・・・・・・・(-.-)
c0147398_22152437.jpg


朝ご飯はチキンカレーにお湯を多めに入れたカレースープ!
だらり、だらりとパッキングを済ませ脚のテーピングをして準備完了が7時45分。
空は又ガスって来てる・・・・・・・・・・・・・・・(+_+)
c0147398_22153278.jpg


大日岳のピークまで行く元気も無いのでスルーして先へ進む!
c0147398_22154089.jpg


登りは、そんなに脚に負担もかからないので20分少々、8時10分に大峰奥駆道の所謂決断の場所!
太古の辻に到着。
本来なら、ここを真直ぐ進んで一発目の天狗山の登りで一汗掻いてるはずだったのに・・・・・・・・・・・・(>_<)
今回、泣く泣く左へ進まないといけないのだ(+_+)
c0147398_2216212.jpg


ここで、煙草を吸いながら大方10分位休憩しながら考えた事は・・・・・・・・・・・・・
脚も痛いし身体もきついんだけど不思議と、近いうちに必ず仕事の調整が出来て4泊以上入山出来る時はリベンジに来るからね!
だった(^^♪
やはり、僕にとっても大峰を知ってる多くの山屋にとって大峰奥駆道は特別なものなんだと言う事を凄く感じた一時だった!
c0147398_22161025.jpg


さあ!
リベンジを誓った後は、まず宿坊までの約600m程の激降りの始りだ・・・・・・・・・・・・・(+o+)

もう既に左脚の腸脛靱帯と鵞脚靭帯共に初期状況のフワァ~っする鈍痛から着地ごとに電気が走る状態になってる(>_<)
この状態の時の降り方は慣れてるつもりだけど普通よりも格段に踏ん張りが弱いので、不用意な転倒だけは注意をしながら宿坊に向かう!
c0147398_22162542.jpg


太古の辻からの降りの最初の方に木階段がある・・・・・・・・・・・・・
この階段、調子のいい時は便利なんだけど脚の調子が悪い時は逆にめちゃ厳しい(>_<)
両童子岩(二つ岩)まで1時間半もかかってしまった(+_+)
c0147398_22163277.jpg


二つ岩を通過した辺りでN君が追い付いて来た!
僕のペースに合わせてもらうのも迷惑なんで先に宿坊まで降りてもらう事にした。
c0147398_22163810.jpg


脚に電気が走らないように上手下山してたんだけど、やっぱり油汗が流れてくる。
ちょうど水場に来たのでザックを下してブーツを脱いで、テーピングのチェックと痛み止めのロキソニンを飲んだ!
c0147398_22164456.jpg


水場から少し降ると宿坊まではほぼ平坦になるのでロキソニンが効いてる事もあり、そう脚も痛くなく10時過ぎに宿坊に到着!
c0147398_221705.jpg


標準CTの1時間半に対して2時間半かかってしまった(+_+)
N君は既に到着して笑顔で迎えてくれた!
c0147398_2217787.jpg


バスの時間まではまだまだ余裕はあるが・・・・・・・・・・・・・・・
アスファルトの林道の降りを約10Km歩かないといけない(――〆)
天気は回復して陽が射して気持ちいいんだけど気は重い。
c0147398_22171370.jpg


でも、ゆっくりでも進んでればバス停には辿り着けるのでブーツの紐を少し緩めてボチボチ歩き出す!
N君もかなり左脚親指を痛めてるので、一緒に併歩して行く事にして先へ進む!

不動七重の滝で、なにやら偉い先生なのか・・・・・・・・・・・・・・!?
4人のギャラリーに囲まれて筆を走らせていた。
c0147398_22172862.jpg

c0147398_22173492.jpg

c0147398_22174413.jpg


前鬼橋が近付いてきた川幅の広くなった辺りで、N君には先にバス停まで行ってもらった。
僕は、もう脚が痛くて限界に近いので超スローでしか歩けないけど時間はまだ13時過ぎだからバスには十分間に合うので歩いては止まりの繰返しで14時10分やっと前鬼バス停に到着!
c0147398_22175127.jpg


169号線沿いの自販機でサイダーを2本一気飲みした(^^♪
めちゃ旨い!
c0147398_2218945.jpg


バスを待ってると釣りに来てた人が声を掛けてくれた!
『どこまで帰るねん!』
どう見ても大阪のオヤジだ(^^ゞ

『上市から電車で大阪に帰ります!』

『わしも大阪やから乗せていったろか!?』

『ありがとうございますm(__)m』

って事で大阪の我孫子まで乗せてもらえたのでラッキーだった!

N君と我孫子で贅沢なトンカツを食べて生ビールで乾杯!
錦温泉にゆっくり浸かって、僕は自宅へN君は難波から夜行バスで東京に帰りました(^_-)-☆

これで今回の大峰奥駆道縦走は終わり・・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

脚の故障もあり前鬼でエスケープした訳だけど、それなりに充実した中身のある3泊の縦走だった。
山は逃げないから近い内に又必ず行ってやるぞ!

今回の縦走での教訓は・・・・・・・・・・・・・・・・
大峰奥駆道縦走には
『気力』
『体力』
『脚力』
『天候』
『運』
等、全てがクリア―されないと全縦走は難しい!
僕の場合、11年前とほぼ同じような行程と準備でスタートしたが、まずこの辺りから見直さないといけないね・・・・・・・・・・・・・(>_<)
やっぱり歳重ねてる訳だから、山に対する知恵や応用力は増しても身体は全体的に衰えてるのは否めない事実なんだから・・・・・・・・・・・・・・・

次回、いつになるか定かではないけど必ずその時は訪れる。
その時は、パッキングを見直すのが第一の課題!
長い距離の縦走だからULスタイルにするのは、僕は嫌なので削れるところを見直してザック自体を軽くする事。

今回のように3泊とも小屋を利用させてもらった訳だし、このルートを歩くとすれば基本的には厳冬期は無いのでテントを省いてツェルトにすればベースウェイトがかなり減るだろう!

スタート時点で食料も水も全て含めて20kg以内にすれば60歳位までは4泊の行程でも天候さえ崩れなければ十分行けると思う。
大峰は雨が多いエリアだけど、小雨と豪雨は全く違うし、これに風が有る無いでも大きく変わる。
事前の前線の状況や予報をもっと詳しく調べる事も大事だ。

大峰山系、決して高い山では無いが本当に奥が深い素晴らしい山だ!

又、来るよ!
その時はお手柔らかにお願いしますね(^_-)-☆

大峰奥駆道ソロ全縦走は終わり!




《本日の歩行データ》
深仙ノ宿~前鬼バス停
歩行距離 : 13.28Km
所要時間 : 5時間18分
標高差  : -1107m
平均歩行速度 : 2.18km

※宿坊からの林道歩きのトンネルの前後4か所がGPSのログが取れてないので実際は上記のデータより時間はかかってます。


日本でも素晴らしい縦走コースは沢山ある!しかし、大峰奥駈道は又格別のものだ!
[PR]
by bphiro | 2013-07-03 22:22 | バックパッキング | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/20454791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 登山 好人 at 2013-07-04 16:31 x
最後は何もないだろうと思いましたが大阪のオッサンに我孫子まで乗せて帰ってもらえるとは・・・ コレもhiroサンの人柄なんでしょうね。 お疲れ様でした。 またリベンジして下さい!
Commented by 山登なでしこ at 2013-07-04 17:51 x
大峯奥駈道縦走お疲れ様でした☆ヽ(▽⌒*)

その後、膝の具合は如何ですか?

色々な方との出逢いあり、ハプニングあり…
思わず自分が歩いた時の事を思い出しながら読んでいました(^m^)

南奥駈道のあの道標は、歩かれた方 各々の思いが残る場所ですね☆彡

大峯奥駈道は、日常を離れて無になれる場所であり、自問自答しながら自分と向き合える場所…

その時々の出逢いと自分だけのシナリオとドラマが生まれる場所ですね(^^)

一度でも奥駈道を歩いた者は、必ずまた歩きたくなる…というジンクスがあるそうですょ~

いつか、えれぇこった2号さんとのんびり歩いて下さいね(o^o^o)
Commented by katsu♨ at 2013-07-04 21:06 x
いやほんまに今回も!お疲れ様でした(笑
3割30本30盗塁はクラッチヒッターですが
7割えれぇこった!は登山ブログ界の宝です(爆

これからも精進して、えれぇこった!登山道を邁進してください☆
これからも抱腹絶倒ネタ満載ブログに期待しています(笑

次回こそは大斎原まで辿り着ける事を願って止みません♪
Commented by bphiro at 2013-07-05 01:46
好人さん

ほんと良いおやっさんでしたよ!
釣りもベテランでアマゴを50匹もあげてました(+o+)

はい!
奥駆は又行きますよ(^_-)-☆
Commented by bphiro at 2013-07-05 01:57
なでしこさん

膝の方は30日以降も問題無いです!
心配ありがとうございますm(__)m

重いバックパックで一定の時間(自分のキャパなんでしょうね)を越えるとじわじわ襲ってくるようです。
対処方の歩き方はDrに教わったので、休めてやると落ち着くようです。
コメントの通り、奥駆は色んなものが沸き起こるルートですよね!
今回の僕の場合も、まだまだ昔のまんまで大丈夫!っていう過信を見直させてくれたように思います!

一説では9割の人はもう歩きたくなくて1割の人が又歩きたい!と思うらしいです(^^ゞ
僕は1割派なんだと思います!
超ドMですから・・・・・・・・・・・(^_-)-☆

2号がもう少し山慣れしてくれたら一緒に歩こうと思ってます。
2号の事も宜しくお願いしますねm(__)m
Commented by bphiro at 2013-07-05 02:05
かっちゃん

いや、ほんまに笑いごとやなくてほんまに釈迦手前の稜線と岩場通過の時はきつかったんやで・・・・・・・・・・(+o+)
せっかく膝に電気走らんように上手く歩いてるのに、吹上の突風が来るごとにバランス崩れるから、その度に電気走るし、アキレス腱は靴擦で痛いし・・・・・・・・・・(+_+)

一ついい方法見付けたよ(^_-)-☆
見降ろした時に大斎原が見えた時の感動は必ず欲しいから!
今度は順峯で行く計画立てるわ(^^ゞ
そしたら歩き出して間無しで振り返ったら大斎原見えるやろ!