春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

大峰奥駈単独縦走 20130626 day3

大峰奥駈道単独縦走 Day3(20130626)

【えれぇこった!の強風&豪雨の中、お釈迦様に逢いに行く!編】

昨日、疲れ切ってかなり早く寝てしまったのでセットしてたアラームの4時よりも早く3時前に目が覚めた!
登山する方なら一度や二度は経験があると思うんだけど、目が覚めてるのに起きようとしても・・・・・・・・・あれ?
身体が持ち上がらんやん・・・・・・・・・・何これ!?
みたいな一種、金縛りにあったような状態で目が覚めたのだ。
で、少しづつ身体を横に向けて丸めてからゆっくりと起きあがると筋肉がえらい硬直してる(+_+)
脚は腸脛靱帯側も鵞足靭帯側もパンパンになってる・・・・・・・・・・・
元々腸脛靱帯は昔に痛めてから古傷として付き合ってたが、最近ではほぼ出る事は無くなってた!
鵞足靭帯はまだ、大きく痛めた事は無いのにコリコリパンパンなのは自然に外側をかばってたのかもしれない(>_<)
こりゃいかん!と早速ストレッチ&ハンドマッサージを入念に行った!
c0147398_1545284.jpg





昨日、弥山小屋の大将が言ってた通り昨晩から雨が降り続いてるようで小屋の中に居てても強風と雨の音が・・・・・・・・・・・
小屋の窓から外を見ると周囲の樹木が大きく揺れている(+_+)
時間は漸く4時半を回ったところ!
少しでも雨足が弱まるのを待ちながら、これからの行動を再確認してみた!
昨日、予定地の舟ノ垰から足を延ばして楊枝ノ宿小屋まで来たのにはテントをドライのままで保ちたい!という事もあるが、ちゃんとした理由もある。
元々の予定では今日の目的地は平治の宿。

でも、早くも靴擦れが来てるし、なんとなく足の古傷が出てきそうな雰囲気を醸し出してるので少しでも先へ行っておきたい!
そして今日は可能な限り玉置神社の近くまで進んでおきたい!
というものだった。

一応シュラフやクッカーなんかを片付けてパッキングの準備をしながら、雨が弱まるのを期待するが・・・・・・・・・・・・
時間は既に6時を回っている。
ダラダラしてるうちに6時半を回ってしまった(+_+)
短気な性格なので、完全に雨が上がる事は無いし少々打たれても深仙ノ宿まで行って考えよう!と決めて縦走を開始する事にした・・・・・・・・・・・・
のが、後に・・・・・・・・・・・・・間違いだったと反省する事に(-.-)
c0147398_15454828.jpg


表に出ると予想以上に雨足はきつい!
レインウェアのフードをしっかり被り突撃開始(^^ゞ
30分程で仏生ヶ岳のトラバースに差し掛かった辺りから・・・・・・・・・・・・
おいでなすった(+_+)
腸脛靱帯君(――〆)
登りに掛った頃、左脚で踏ん張ると、フワッとした感覚・・・・・・・・・・・・・
まさしく高天原の再来や~ん(-.-)
トレイルは洪水のように上から水が流れてくる。
c0147398_1546079.jpg


孔雀岳の手前の鳥の水を見たらそこそこ出てる!
ここが出てれば深仙ノ宿の香精水も出てるだろうと思ったが、あそこは良く涸れるので念の為1Lと行動中の水を一杯にする事にした!
c0147398_1546793.jpg


8時40分 孔雀ノ覗を通過する頃一瞬雨が弱くなったので、このまま上がってくれないかなぁ!?
って思ったが・・・・・・・・・・・・・・残念、一瞬止んだだけだったようだ(-.-)
c0147398_15461844.jpg


またまた強風&豪雨が・・・・・・・・・・・
西側の腹に入った時はましなんだけど、東側に回ると、えれぇこった!だった(-.-)

現場の模様は動画でどうぞ!

孔雀岳から両部分までの熊笹トレイルの横断中(1)



孔雀岳から両部分までの熊笹トレイルの横断中(2)


9時20分 両部分通過!
c0147398_15464225.jpg


9時半過ぎ 椽ノ鼻通過!蔵王権現像様に一礼。
c0147398_15464938.jpg


崩落が酷かった場所。
c0147398_15465517.jpg


杖捨~馬ノ背を通過して行くが、まだ岩場をクリアする方が足には優しい!
c0147398_1547166.jpg

c0147398_1547817.jpg

c0147398_15471576.jpg


岩綾帯の間でも洪水状態は変わらず・・・・・・・・・・・・(+_+)
c0147398_1547356.jpg


10時40分 4時間かかって漸くお釈迦様に対面出来た(^_-)-☆
c0147398_15474241.jpg


この時点でだいぶん足をやられてるのが実感できたので、ひとまず深仙ノ宿まで行って再度考える事に。
c0147398_1547491.jpg


釈迦ヶ岳のピークから深仙ノ宿までは通常40分もあればいいんだけど・・・・・・・・・・・・
なんと約2時間もかかってしまった(――〆)
12時50分
深仙ノ宿に到着!
c0147398_1548256.jpg


手が雨でふやけて、えらい事になってるやん(-.-)
c0147398_154893.jpg


とりあえず雨風からは逃れられたし、全身ビチャビチャで身体が冷え切ってるのでまず暖を取り行動計画を練り直す事にした!

今日は26日、下山予定は28日。
南部に突入するなら最低でも今晩は持経ノ宿までは行ってないといけない。
ここから持経ノ宿までは、比較的楽なトレイルだが、それでも時間にして約5時間かかる。
予定地の平治ノ宿までで約6時間。
行仙宿山小屋まで行けば、翌日がかなり楽になるが更にプラス3時間強かかる。


うぅーん、なやむなぁ~(+_+)
時計を見たら14時前・・・・・・・・・・・・・格好は・・・・・・・・・・・・ブーツを脱いで着替えて上はダウン着てる・・・・・・・・・・・・(+_+)
最短の持経ノ宿まででも順調に行って19時過ぎ。

多分、この足の状況だと1.3~1.5倍はかかる!
まして雨は止まず振り続けてる・・・・・・・・・・・・・・

せっかく11年振りにやってきた大峰奥駆ソロ全縦走!
一日予定を延ばして29日に帰るように変更すれば行けなくも無いが・・・・・・・・・・・
30日に予定が入ってるので、帰ってすぐにトンボ返りで出なければいけない(>_<)
これは、やはり状態は厳しい・・・・・・・・・・・

よく考えたよ!
ほんの5分程(^_-)-☆

結論は前鬼にエスケープして一日ゆっくりして30日も楽しむ事!
決まったら動きは軽く早い!
早速シュラフを出してエアマットを敷いて、濡れたウェア等をロープに吊るして・・・・・・・・
お昼ねタイムだ~(^_-)-☆

疲れてたのか、爆睡した。
目が覚めたのが19時!

水が足らないといけないのでクッカーに溜めておいた雨水を一応浄水器を通して沸騰させて予備水を作る。
c0147398_15482789.jpg


あんまり食欲は無いけど刺激的な物が欲しくなったのでグリーンカレーを作る。
c0147398_15483374.jpg

c0147398_15483933.jpg


残ってる焼酎500cc程もあっと言う間になくなり後はバーボンでサンマの煮着けや乾き物でランタンの柔らかい灯りの下で一杯やりながら知らないうちに眠り込んでたようだ。
c0147398_15485189.jpg

c0147398_15485793.jpg


夢の中で・・・・・・・・・・・誰かが、戸をドンドン叩いてるんだよね・・・・・・・・・・・・
うるさいなぁ~・・・・・・・僕は寝てるんだ!
ガチャガチャ音もしてるよ~

ドーン!
いきなり小屋の扉が空いたからびっくりして飛び起きた(@_@;)
一瞬、良い匂いさせてたからツキノワグマか!って思った・・・・・・・・・・・
ら、一点の灯りが動いて『起こしてしまってすみません』って・・・・・・・・・・・・
人間の声がしたので、一瞬びっくりしたけど安心した!
c0147398_15491445.jpg


目が暗さになれて、ぼんやり見えてきたら若い男性だった!
時計を見たら夜中の1時半・・・・・・・・・・・(@_@;)
事情を聞いたら、東京から大峰奥駆をトレランで2泊3日で走破する予定でやってきた!
という24歳のナイスガイのN君だ(^。^)

吉野からスタートしたんだけど初日大雨で小笹ノ宿で停滞してしまい、二日目の15時まで待っても雨が上がらないので夜駆覚悟で小笹ノ宿を出たらしい!

僕が深仙ノ宿に到着した少し後位だ!
強風&豪雨の中、悪路を強引に走ってきた為と夜駆になった事で地面がよく見えず岩場で何度も爪先をぶつけてしまい左足の親指の爪が死んでしまってて本来のペースでは走れないようだ(+_+)
しかし、今晩、新宮から東京行きの夜行バスを予約してるので今日中に本宮まで行かないと帰れない!
と言う・・・・・・・・・・・・・

天候にもトレイルにも問題が無ければトレランの人なら深仙ノ宿から本宮まで今日中に行けるかもしれないが・・・・・・・・・・・・・状況が悪すぎる(――〆)

一緒にどうするか考えて、やはり無理して南部に突っ込むより前鬼に降りて上市までバスで行って電車で大阪に向かい夜行バスで東京に帰るのがベストな方法じゃないか!って。
新宮から予約してる夜行バスは携帯の電波が繋がった時点で電話でキャンセルすればいいよ!って事で、真夜中の来訪者のN君と朝を待つ事にしたのだ!




《本日の歩行データ》
楊枝ノ宿小屋~深仙ノ宿
歩行距離 : 5.74Km
所要時間 : 6時間03分
標高差  : -67m
平均歩行速度 : 0.9km


次回、4日目に続く・・・・・・・・・・・・・






残念、南部に突入は厳しい・・・・・・北部でエスケープか!?
[PR]
by bphiro | 2013-07-02 16:03 | バックパッキング | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/20448303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by katsu♨ at 2013-07-02 20:46 x
シワシワの手のひら・・・めっちゃビビったわ〜(笑

しかし「えれぇこった!」にも程がるで〜!!ほんまに!!
最終日メールリターンあるまでめっちゃ心配しとったわ!!

また来年リベンジのチャンス作りなはれ☆

最近、僕も右脚の腸脛靱帯側を痛めてしもたわ・・・
それに左足の種子骨障害やろ、脚はまあまあボロボロやわ(笑
Commented by slow-trek at 2013-07-03 00:45
hiroさんお疲れ様でした
いやーっ、しかし面白いっ!他人の記事は他人事なだけに面白いw
いや失礼しました、だって~深夜1時半に?ランナー現れる?ふつう
無いよねそんなこと?ほんと、ネタ満載ですよね!
いや実はマジなハナシ出発前の天気予報ね、遥か北関東から
チェックしてて、こりゃ中止だろうなって思い込んでてね
まさか突っ込むとは(笑)相変わらずhiroさんイケイケですね
動画の関西弁、めっちゃ懐かしくて3回リプレイしました
さて、家に帰るまでが下山です、まだまだ、えれぇこったるの?
でしょうか、続編期待しています
Commented by bphiro at 2013-07-03 02:01
かっちゃん

ほんまに深仙ノ宿に着いて軍手外した時猿の手かと思ったわ(^^♪
来年、なんとか4泊以上の調整が出来たらリベンジ必ず行くよ!

かっちゃんも腸脛靱帯きてしもたん!?
慢性化する前に面倒でも針金入りのサポーターと50mmのテーピングで腸脛靱帯側と鵞足靭帯側をふくらはぎから太ももに掛けて縦にびっちりテーピングしてから入山するようにした方がいいよ!

鍛えて良くなる箇所じゃないから!
正常な動きになってなくてずれてるだけやから(^^♪
Commented by bphiro at 2013-07-03 02:09
スロトレさん

どもです(^^)v

いやほんまに半分夢の中やったんで、マジで熊かと思いましたよ(^^ゞ
でも後から考えると楊枝ノ宿小屋で昼過ぎまで待機してから夜駆けるでもいいから深仙ノ宿に向かった方が、足の故障はましだったように思いました。
南部に入ったら、水問題意外のトレイル問題は笠捨山への登りがきつい位で細かいアップダウンはあるけど、北部に比べればまだましなんで腸脛靱帯もフワッの段階だったら騙し歩きは出来るので!
楊枝ノ宿小屋から朝一、雨の中無理に飛び込んだのがジャッジミスですわ・・・・・・・・・(>_<)

動画3回もリプレイしてもらってありがとうございますm(__)m
Commented by nikkor14d at 2013-07-03 07:35 x
足の痛みがなければ、雨風は楽しそうに見えましたよw。
手袋は使い捨てのようでしたけど、雨を吸ってなおさら大変だったでしょう。
他の高級アイテムのように、チョイスしないんですか?
前鬼への下りも足痛そうですが、次回楽しみにしてます:-)
Commented by bphiro at 2013-07-03 23:08
トレラン日記さん

はい!
足の痛みがなかったら・・・・・・・・・・・・
雨は好きでは無いけど、慣れてるので特に問題じゃないんですけどね(^_-)-☆

手袋なんですけど、冬季以外で岩や木の根を掴む事が最初からわかってる時は軍手が一番だと思ってます!
ゴアウィンドストッパーや指先に滑り止めが付いたグローブは各メーカーから出てるけど、ほぼ皆同じで少し湿ってくると滑るし何より耐久性が無いので、すぐ駄目になる(>_<)
一時期使ってたけど最近は軍手ですね!


Commented by 登山 好人 at 2013-07-04 16:25 x
手のシワシワ画像にもビックリしたけど夜中の突然な来訪者には
ビックリしたでしょうね! 場所が場所だけにクマだと一瞬思いますよね。
こういうオモシロいネタ最高ですね。 N君のさわやかな笑顔が癒されます。
Commented by bphiro at 2013-07-05 01:43
好人さん

手のシワシワは僕もびっくりしました!
軍手は水をよく吸うから余計なんだけど、手をよく使うルートの時は冬季以外は、ブランド物のグローブより滑らないからお勧めですよ!

寝ぼけてたけど、ほんまに熊かと思ったわ・・・・・・・・・・

N君はナイスガイでしたよ(^^♪