春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

EXPED DOWN MAT UL7

EXPED DOWN MAT UL7S
c0147398_1101640.jpg


パートナーも使えるので積雪期用のマットを追加導入!





EXPEはDOWN MAT9の初期バージョンを持っていたが、今は手元に無い・・・・・・(@_@;)

積雪期のテント泊ではウェアやシュラフも大切な要素だが、床からの冷気をいかに遮断出来るかで快適に眠れるかが決まる!と言っても過言ではない!

要はいくらハイスペックのフカフカのシュラフに包まっても、人間が包まって寝転べば背中や側面の自重でロフトは潰されてほとんど無しに等しい状況になるので直接雪や氷の上に寝転べばダイレクトに雪面からの冷気が伝わってくるというのが解り易い例えだ。

数々のメーカーからテント泊用のマットが販売されていてどれも一長一短があり、どれも良い製品でもあるのでどれを選んだら良いのかは最終的には個人の好みが大きく左右されるだろう!

僕の場合、積雪期以外はあまりマットには拘らないタイプ。
理由は3シーズン入山時のマットはロールタイプのTHERMARESTのRidgeRestだけか予備としてmount-bellのULシステムコンフォートパッド120を重ねるのが基本で、この組合せで不自由した事が無い。

しかし積雪期に関しては非常にシビアに感じる。

人それぞれ自分のオリジナルみたいな組合せを持っていると思うので良い組合せが有れば教えて欲しいし今回のレポも参考程度に見て頂きたい!

僕の積雪期の床の組合せは次の通り(^’^)

一番下に2mmか3mmの普通の銀マットを50㎝×180㎝にカットした物
(入山する山の幕営地によって2mmか3mmは決める。銀マットを床材に使用している方の画像等を拝見すると、そのほとんどの人が銀面を上にしているが、より冷気の遮断効率を上げるポイントは銀面を地面側に敷きフォーム側を上にする事)

その上にRidgeRestかULシステムコンフォートパッド。

その上にDOWN MATかEethr Thermo6の組合せ!

これでも雪面からの冷気を感じる時はRidgeRestを二重に折り返して脚元の足らず分はザックを敷いたりする。

冒頭に書いたように現在はDOWN MAT9が手元に無いので積雪期にパートナーとテント泊に行った時の一番上のマットを導入した訳だ!

今回の導入に際して比較したマットは2つ。

王道のTHERMAREST NeoAir Xthermミディアムとコストパフォーマンス重視でmount-bellのULシステムエアパッド120と今回導入したEXPED DOWN MAT UL7S。


各マットのスペック的には次の通り

【THERMAREST NeoAir Xthermミディアム】
サイズ:51㎝×168㎝×6.3㎝
重量:410g
収納サイズ:23㎝×10㎝
R値:5.7
価格:22,050円

【mount-bellのULシステムエアパッド】
サイズ:50㎝×120㎝×8㎝
重量:350g
収納サイズ:21㎝×9㎝
R値:不明
価格:7,500円

【EXPED DOWN MAT UL7S】
サイズ:52㎝×163㎝×7㎝
重量:500g
収納サイズ23㎝×9㎝
R値:5.9
価格:19,950円

THERMARESTはR値がそう変わらないのに軽量なので悩んだが、装備されているポンプサックのエアー注入方式とバルブ形状がEXPEDでいう僕の持ってたDOWN MAT9と同じだった事で一昔前のシステムのように感じたのと、保温は熱反射板を内部に4枚使用しているのみで保温材が封入されてる訳ではない。
それなのにR値が5.7というのは凄いと思うが、やはりDOWN封入では無い事で却下。
EXPED DOWN MAT UL7Sの場合は700FPのグースダウンが150g封入されている!

mount-bellに関しては価格の割に物はそこそこで厚みも8㎝と一番分厚いが、マットの内部構造はただのセパレートされた空気層のみで保温材が入っていないから保温性能を考えるとあくまで推奨シーズンとしては3シーズン、こと積雪期用として考えると性能に欠ける感じがしたので却下。

てな事で、EXPED DOWN MAT UL7Sを導入する事にした!
c0147398_1162123.jpg


収納サイズはナルゲン1Lと並べるとこんな感じ!
かなりコンパクトになる(^_-)
c0147398_1162990.jpg


サックを開けた一番上にリペアセットを入れる小さいポケットがある。
c0147398_1163613.jpg


内容物一式。
c0147398_1164566.jpg


本体のバルブはエア注入と排出に分かれている。
c0147398_1165364.jpg


グリーンの方が注入バルブでオレンジ排出バルブ。
共に逆流しない仕組みになっているのでエアを入れるのも抜くのも非常に楽(^^)v
c0147398_117036.jpg


付属のポンプサック(防水のスタッフサックにもなるが、これが破れたりするとエアを入れれなくなるので実際はポンプにしか使えないだろう!
c0147398_117984.jpg


この部分を・・・・・・・
c0147398_117168.jpg


広げて・・・・・・・・
c0147398_1172491.jpg


本体のグリーンの注入バルブへ・・・・・・・
c0147398_1173112.jpg


嵌め込む!
c0147398_1173920.jpg


サックに空気を入れて・・・・・・・・
c0147398_1174532.jpg


体重を掛けて押しこむだけ!
初期のポンプサックの時は、マット本体の収納サック自体がポンプサックになるのでエアの入る容量が少ないので確かマットをパンパンにするのに10回前後ポンピングしないといけなかったけど、このポンプは画像を見てもらえば解るようにかなり大きいので2回のポンピングでマットはパンパンになるので凄く楽だ!
マットとポンプが直角になると上手くエアが入らないので画像のようにポンプを少し倒して上からポンプの長辺を押しこむ感じで少しコツがいるが慣れればあっと言う間にマットはパンパンになるだろう(^^)v
c0147398_1175849.jpg


ポンプサックはペラペラなので強度的には普通に使っていれば問題は無いと思うが、何かに引っ掛けてしまったりしないように注意は必要だと思う。
最近の軽量化テントのフライシートのような手触りの素材だ!
c0147398_118714.jpg


エア注入終了!
長さ163㎝は157㎝のパートナーには丁度いいが、168㎝の僕には微妙な長さかと思ったが寝転んでみたら何の問題も無かった(*^_^*)
c0147398_1181575.jpg


マットの厚さはスペック上7㎝だけど実際メジャーを当てて測ったら8㎝近くあった。
c0147398_1182359.jpg


撤収の際、エアを抜く時はオレンジのバルブキャップを開けてマットの上に寝転べば大方エアが抜けるのであとは収納する時の3つ折りにして巻きあげていけばきれいにエアは抜けてくれるのできっちり押さえ込みながら端からきれいに捲き上げないとエアが逆流してしまうEethr Thermo6より楽に感じた!
c0147398_1183280.jpg


EXPED DOWN MAT UL7を導入する際に気になったのが、やはり軽量化に伴う素材の厚み。
EXPEDの日本総代理店であるアクシーズクインさんにも聞いてみたが、やはり軽量化されてるので普通のDAWN MATに比べれば生地は薄いので取り扱いは注意した方が良い!との事だったがスタッフもULの方を使ってる率が高くエア漏れ等のトラブルはいまのところ無いみたいと聞いたのでエア漏れしたらリペアすればいいや!って事で導入決定した。

ネットでもインプレみたいな記事が無いか見てたら、こちらでも丁寧なレポがあったので紹介しておこう(^^)/~~~

積雪期に快適に眠る為にはシュラフも勿論大事なGearだけど、床(マット)は同等かそれ以上に大事なので、雪山用のマットを探してる人にはお勧めかな!!
[PR]
by bphiro | 2013-01-13 01:26 | 道 具 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/19127354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。