春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

大峰山系 弥山双門アドベンチャールート 2010.09.018(後半)

沢遡上を開始して更に奥へ進む!
どんどん美しい景色が待ち受けている(^^)/~~~
c0147398_1020563.jpg





沢遡上を始めジャブジャブと進んでいくと、最初の難関に直面する・・・・・・
河原小屋手前の滝の乗っ越し!
両サイドにへつれる壁はないか確認するが、かなり厳しい感じ・・・・・・
全員沢靴ではないので滝を登るのは少し危険も伴うと思ったので残念ながら巻く事にした・・・・・・が
沢登りルートによくある滝のすぐ横を巻くような『巻きルート』が無かったので、仕方なく少し戻り涸れた支沢筋から通常ルートに復帰する事にしてガラガラの岩場を登って行く!
c0147398_10201613.jpg


一般ルートに復帰して、又すぐに沢に出れたのでさくさくと入渓して先へ進む!
c0147398_10202410.jpg

c0147398_10203232.jpg


スタンス、ホールドがしっかり取れる箇所はガンガン登る!
c0147398_10204056.jpg


河原小屋周辺は平坦な地形でほんとに気持ちよく歩ける(^^)v
c0147398_10205111.jpg


以前から上から見てて、気になってた滝壺。
今日は天気もいいし、いい機会なので懸垂下降して下部の様子を見る事にした!
上から見ると見えないので、よくわからなったが、水面から1m位はほぼツルツルで滝壺から壁を登る事は難しいが、泳いで戻ればルートに復帰出来る事がわかった!
時間も余裕あるので、ちょっと遊んでみる事にした(^^ゞ
okuちゃんも続いて懸垂下降で降りてみる!
c0147398_10211217.jpg

c0147398_10212082.jpg


あとは狼平まで沢筋を遡上していくだけだ!
画像で見ると、たいした事が無いように見えるが、これが実際なかなか登れないのだ・・・・・・・(+o+)
皆、試行錯誤しながらなんとか乗っ越す事が出来た(*^_^*)
c0147398_10212987.jpg

c0147398_10213664.jpg

c0147398_10214315.jpg


更に進んでいくと5~6mの滝が現れる!
左岸をへつる事が出来そうだったので、ほんの少しのスタンスを探して滝をこえようとして進み、水面を見降ろせる場所から水面を見ると・・・・・・・・・(^^)/~~~

これは間違いなく【ダイブ】しかないでしょ!
って感じだ。
c0147398_10215315.jpg


皆に、「ちょっと飛び込むんで待って下さいね!」と待ってもらい・・・・・・・
よっしゃ~ダイブや~
ジャバーン!
超気持ちいい~
c0147398_10222571.jpg


泳いでルートに復帰
c0147398_1022362.jpg


僕は先へ進むと思って、「お待たせ!」と戻ると・・・・・・・なんとリアル山ガールokuちゃんがダイブの準備をしている!
c0147398_102245100.jpg


やはり上から水面を見降ろすとかなり高度感があるので、少し躊躇しているようだ・・・・・・・
そうなると皆勝手なもんで、僕、tekapoさん、かつおさんから

「oku行けえぇ~」 「大丈夫や~飛べぇ~」 「うまく真ん中に飛べよ~」などなど・・・・・・声援が飛び交う(*^_^*)
声援を掛けながらも心配そうにokuちゃんを見守る、かつおさん。
c0147398_10231991.jpg


最初戸惑っていたokuちゃんも、これだけ皆に急き立てられると、気合が入ったのか!

「よっしゃあ~」と気合を入れ、okuが飛んだ!!

見よ!
この素晴らしいダイビングポーズを(^^)/~~~
c0147398_1027307.jpg


無事に水面真ん中に着水(*^_^*)
c0147398_1024034.jpg


約5m程の高さなので、普通の女子なら恐怖でまず飛び込むのは無理だろう。
流石、山女oku
素晴らしいファイティングスピリッツだ(^_-)-☆

ダイブ地点からのへつりがかなり厳しく危険そうだったので、ここも巻く事にしたが、これも又巻きルートが無い(@_@;)
仕方なく、なんとか這い上がれるところから攀じ登る!
c0147398_10241273.jpg


どんどん楽しめる箇所が出てくる!
皆、慣れてきたのかなんの躊躇も無くなっている。
久しぶりの沢登りのtekapoさんもランニングシューズでも気にせずガンガン登る!
c0147398_1024219.jpg

c0147398_1024295.jpg


ここは上部のちょっとチムニーっぽいところが以外とホールドも無く足をフックする箇所も無く身体でプッシュするのも難しく、少し手間取ったが、皆で協力してなんとかクリア(^。^)
c0147398_10244074.jpg

c0147398_10245536.jpg

c0147398_1025692.jpg

c0147398_10252166.jpg


この先は、もう厳しい箇所は無いよ~
と緩やかな地形を遡上して行ってたら、前で何かを見付けたようだ!
僕は何を見付けたのかな~と見に行くと・・・・・・・・・・・・

おぉ~凄い!
これだ!
c0147398_10253159.jpg


カエルくんが山かがしに仕留められていた。
可哀そうだな~と思ったが、これが自然の摂理なんだろう!
滅多に見る事が出来ないので皆で足が止まり見入ってしまった。
c0147398_10254050.jpg

c0147398_10254980.jpg


あまりゆったりもしていられないので、狼平へ向かう!
オーバーハング梯子を越え
c0147398_10255770.jpg

c0147398_1026530.jpg

c0147398_10261269.jpg


空中回廊を越え、又、入渓してほんの数分で狼平に到着!時間は14時半
あまりにも楽しくて途中遊び過ぎたので8時間半もかかってしまった・・・・・・・(@_@;)
早速、恒例のプシュッを済ませて、各々ランチの準備に取り掛かる!
僕は御決まりの、素麺を作る!
沢の水で煮て、沢の水で冷やした素麺は下界で食べるより格別な味だ(^_-)-☆
c0147398_10262136.jpg

c0147398_10262933.jpg


16時まで、ゆっくり休憩して下山開始。
c0147398_10263875.jpg


もうだいぶん太陽は西に落ちかけていて西陽が樹林と山の斜面に反射して眩しくて美しい!
c0147398_1026469.jpg


足場の悪い、カナビキ尾根を下り
c0147398_10265849.jpg


無事林道分岐に18時到着!
c0147398_102784.jpg


今回の弥山双門ルート。
僕はもう数えられない位歩いているが、いつもソロであったりテント泊装備を背負っていたり、沢用のGearも持って来ていなかったりで、ハイク途中にちょこっと渡渉の際に沢に入る位しかしなかったので今日はほぼ半分の行程を入渓して狼平まで行ったので超楽しかったし、思い切り時間を有意義に使えたので一番印象に残る入山だった(^。^)

今日付き合ってくれた山仲間、tekapoさんかつおさん、okuちゃんに感謝
ほんと楽しい山行をありがとう!

又、こんど楽しみに行きましょうね(^_-)-☆




次回は沢装備を充実させて、越えれなかった滝を越えてやるぞ!

[PR]
by bphiro | 2010-09-15 10:38 | ハイキング