春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

大峰山系 宇無ノ川へ沢登り!(本編)

朝6時半に『道の駅 吉野路大塔』で待合わせ、スロトレさんの車で釈迦ケ岳登山口方面へ向かう!
土曜日の豪雨程では無いが、パラパラと雨は降ったまんま・・・・・・(@_@;)
沢だからどうせ濡れるし、いいか~となんともお気楽なスタートとなったが・・・・・・・・

林道旭線のエレハウスを越えて分岐を左折したダートから中ノ川出合までは雨の影響か・・・・・!?路面状況が悪く車では進めないので途中の空いてるスペースに車をデポして入渓ポイントの赤滝までブラブラ歩く。

けっこう増水していて流れも速そうだ・・・・・・
c0147398_1673562.jpg





この頃には小雨になってきたので涼しい中スロトレさんとワイワイ話ながら先へ進む!
c0147398_1675214.jpg


入渓ポイントまでもう少しだ!
c0147398_168334.jpg


普段流れてないだろう!っていうような岩壁からも、ザーザー泉が溢れてる!
こりゃかなり水嵩増えてるだろうな~
c0147398_1681681.jpg


入渓ポイントまでは林道から痩せ尾根を降るのだが、このワイヤーが目印。
c0147398_1682540.jpg


ここを降ると・・・・・・こんな感じの尾根
c0147398_1683360.jpg


途中に平坦地があるのでここで沢靴に履き替えて少し降ると入渓ポイントだ!
宇無ノ川は初めてなので普段の状況を知らないが数回来ているスロトレさん曰く、なんだ!これ・・・・・って感じらしい(^’^)
c0147398_1684353.jpg

c0147398_1685124.jpg


川の流れの強さはとてつもない・・・・・・・
上辺から見ると、大した事無さそうに見えても一歩足を踏み入れると・・・・・・・しっかり踏ん張らないと簡単に流されてしまう。

画像からは想像し難いけど、入渓早々普通に歩けない程の強い流れだ!
c0147398_169161.jpg


岸よりの流れの弱いルートを取り遡上して行く!
c0147398_1691180.jpg


スロトレさん撮影画像
c0147398_16361944.jpg


ほんの20㎝位の深さの場所を対岸に移動するだけでも、ガンガン流されそうになり容易ではなかった。
c0147398_169318.jpg


雨も上がり天候も良くなってきそうだ!
残念なのは、増水によって水が濁っている事だろうか・・・・・・((+_+))
c0147398_1693830.jpg

c0147398_1694550.jpg


この後の遡上は結構深い箇所で厳しかった・・・・・・(スロトレさん撮影画像)
c0147398_16163238.jpg


グングン、秘境奥地へ進んでいく。
c0147398_1610675.jpg


climbing出来そうな岩。
c0147398_16101732.jpg


少し流れが穏やかな場所で大峰の奥深さを堪能する。
c0147398_16103130.jpg

c0147398_16104071.jpg


マイナスイオン満開だ(^_-)-☆
c0147398_1610546.jpg


入渓後1時間程で二段滝が現れる!
スロトレさん達が去年来た時の画像の記憶とかなり違う・・・・・・
豪雨の影響でエメラルドグリーンのかずがバスクリーンになっている(T_T)
上部からの流れも凄くきつい!
c0147398_1611297.jpg

c0147398_1611112.jpg

c0147398_16111878.jpg


記念撮影。
c0147398_16112896.jpg


この滝は登れないので右岸を高巻きする・・・・・・・が、けっこうヤバい個所の通過もあるので慎重に進む。
c0147398_16113643.jpg

c0147398_16114971.jpg


後で気付いたんだけど、流れが強く前に進むのに精一杯で二段滝の手前にある、胎内くぐりを見落としていたので帰りに撮影した。

出来るだけホールド出来る個所を探しながら遡上していく。
c0147398_16115875.jpg


時間もお昼前になり小腹も空いたのでランチタイムにする事にした。
小雨が降ったり止んだりで止まると寒いが、まずは恒例のプシュッでしょ(^^)/~~~
c0147398_1612767.jpg


なんと、スロトレさんが僕の分まで『牛めし弁当』を作って来てくれた(^^)v
めちゃ旨かったです!!
ほんとありがとうございました<(_ _)>
c0147398_16121696.jpg

c0147398_16122681.jpg


ランチ&コーヒー休憩のあと先へ進むが、多分『雨滝』の手前位の場所で水深がそこそこあり、左岸・右岸共に巻けず、縁の岩をへつる事も出来ず、流れの真ん中を進んで先の岩を乗り越えないといけない所にぶち当たる。
気合を入れて飛込み泳いでトライしてみるが・・・・・・あっと言う間に急流に流されてしまい、残念ながらこの時点で撤退決定(T_T)
2人で、無理に進んでも帰りが厳しいだろうからこれで良かった!と決まったら即Uターンだ(^。^)

登山でも下山の方が難しいと同じように沢でも降りの方が神経を使う。
滑って怪我しないように慎重に降って行く。
c0147398_16123977.jpg

c0147398_16124852.jpg


かわいいおたまじゃくしが居たり・・・・・
c0147398_1613084.jpg


山かがしくんが居たり・・・・・・
c0147398_1613976.jpg


ここ登ってくる時、どっちから来ましたっけ?
真ん中は登ってないですよね!?・・・・・・って感じが何か所かあった。
c0147398_16131938.jpg


降りで胎内くぐりを見付けるぞ!と右岸に注意しながら降る。
c0147398_16132942.jpg


と・・・・・見付けたぞ!
胎内くぐりを(^_-)
c0147398_1613396.jpg


ここや!ここや!とスロトレさん。
流れが強くて遡上に必死で見落としていたようだ・・・・・・
c0147398_16135288.jpg

c0147398_161415.jpg


今回、宇無ノ川遡上で僕が一番興味がありくぐってみたかった場所なので一応入ろうとしたが・・・・・
c0147398_16141180.jpg

c0147398_1614209.jpg


無理・・・・・・・(@_@;)

スロトレさんも行ってみるが・・・・・・・・
c0147398_16143159.jpg


同じく・・・・・・無理・・・・・・・・・(@_@;)

こんだけ流れがきついと無理だわ。
c0147398_16144483.jpg

c0147398_16145581.jpg


『胎内くぐり』
次回は、ここをゆっくりとくぐってやるぞ(^^♪
c0147398_1615613.jpg


行きは良い良い帰りは辛い!では無いが、降りはいやらしい箇所が多く、ルート取りに困りながらもようやく15時頃に入渓ポイントに到着(^_-)-☆

大塔温泉夢ノ湯にゆっくり浸かり家路につきました!

今回同行していただいたスロトレさん、ほんとガイド&食料ありがとうございました

天気は今イチだったけどアドレナリン出まくりの楽しい沢登りでした!





今回は撤退したので次回は最後まで遡上するぞ!

[PR]
by bphiro | 2010-06-30 16:37 | クライミング | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/14686927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かつお at 2010-06-30 19:09 x
これはアドレナリン出まくりでしょうね~。
カヌーでの川下りはたまにするのですが、増水時は見た目以上に強力な流れなので写真のような時は特に注意が必要ですね~。
プシューの美味しい季節ですが、呑みすぎで健康診断の判定が再検査となったかつおです。
Commented by nikkor14d at 2010-06-30 19:46 x
こんにちわ!

初歩的な質問していいですか?^_^;
・流れに流された場合の安全確保はどうするんでしょうか?
 拝見するとヘルメットはされてますが、グローブも指がみえてますし、
 一度こけたらひじ・ひざ打撲で終了な気がします。特に滝を登るところ。
・シューズは十分グリップ確保できて、いちいちスリッピーな心配をしなくていいんでしょうか?

もし、安全確保できるのらラン出来なくても単独で行ってみたいですが、
はじめの一歩であの世行きな世界に見えてとても不思議です(@_@)

Commented by bphiro at 2010-06-30 22:44
かつおさん>毎度です(^'^)
ほんと見た目ではほとんど流れが無いように見えるラインでも、実際はかなり強く流れているので注意が必要ですね!
僕も来月健康診断なので気を付けてほどほどにプシュッします(^_-)-☆
Commented by bphiro at 2010-06-30 23:22
nikkor14dさん>こんばんわm(__)m
コメントありがとうございます。

僕自身、沢登りは1年・climbingは2年の攀じ登り系は初心者なので正解かは解りませんが僕なりの回答で良ければさせてもらいます。
でも、このジャンルのベテランさんにちゃんと聞いて下さいね。

流れに流された場合の安全確保
本来、ハーネスを装着しロープを使いパートナーが先行者の安全確保するのが正解だと思います。
ただ、今の自分のレベルでロープ無しでも行ける!と思った所しかトライしませんし、事前に下流を確認した上で流されたとしても、あそこで必ず止まると確信した所でないと行きません。
画像ではよく見ないと解りませんが、お助けロープはいつでも出せるように先端にビナをセットしたものを簡易チェストハーネスに引っ掛けていますし、万一装備として8㎜×20mロープもザック内に入っていますが使う程では無かったというのが結果でした。
Commented by bphiro at 2010-06-30 23:22
↑の続き
グローブについては、指全部を覆ってしまうとホールドし難いので沢用のグローブは指先の無い物が普通のようです。
ひじ・ひざの保護パッドは市販されていますが、僕は付けてませんし今後も付けないと思います。
これはclimbingも、勿論山・BCでも言える事ですが絶対落ちない!という事が基本だから、沢も同じで滝を見た時自分のレベルでは無理と感じたら行きませんし、反対に行けると感じたらトライします。
行ける自信があるから行くのですが、当然何が何でも落ちないように細心の注意を払います。
沢は初心者ですが、山もBCもclimbingもカヌーでもnikkor14dさんがやられているランでもアウトドア系のスポーツの基本は、危険と困難の境界をジャッジ出来るかどうかが一番の安全確保ではないかと僕は思っています。
Commented by bphiro at 2010-06-30 23:28
↑の続き
困難ではあるが危険では無いと自分がジャッジ出来れば行けば良いし、危険と感じたら迷わず撤退すべき。
この先は本当は危険なのに、何がどう危険なのか解らず困難だと勘違いして正確なジャッジが出来ずに無謀に進んでしまった時に多くの事故は起こるのではないかと思うので、装備で確保したから絶対安全ではないと思いますが、万一の時を想定して装備で出来る安全確保は全てしておくに越した事は無いと思います。
シューズにしても、裏がフェルトなので滑り難くはなってますが、十分グリップがあるとは言えないでしょうね。
滑らない岩もあれば、滑る岩も勿論あります。

文末の、安全確保できるのらラン出来なくても単独で行ってみたいですが・・・・・・
ですが、↑でも書きましたが絶対の安全確保は無いと思いますし、まず単独での入渓は止めた方が良いでしょうね。
経験者と同行する事をお勧めします。
Commented by nikkor14d at 2010-07-01 05:56 x
詳しい解説ありがとうございますm(_ _)m
私には写真の激流を見て、とても'行ける'とは感じれないです^_^;
トライするなら経験者同行で自信つけないといけないですねm(_ _)m
Commented by bphiro at 2010-07-01 07:56
nikkor14dさん>おはようございます<(_ _)>
ちょっとでも参考になれば幸いです。

沢は写真で見る以上に流れは強いです・・・・・・
でも、同じ川でも強い筋と弱い筋が必ずあります。
最初は弱い筋を選んで、又、出来るだけ縁を遡上していくようにするのがいいかもしれませんね(^。^)
少しづつ流れに入って行って身体を沢の流れに馴染ませるのが良いと思います。
どちらにしても、どなかとペアで行って下さいね!
Commented by 通りすがり at 2010-07-01 15:24 x
その条件でペア入渓ならスクラム渡渉の練習をも是非とも!
Commented by tekapo at 2010-07-01 22:48 x
なかなか激しい水量ですね。
これだけの水量があると胸まで流れに浸かるといくらウェアで
装備をしていても体が冷たくなりそう~です。
カヌーでも上下ネオプレンを着ていても冷たいですもん。

そうそう、カヤックのプロフェッショナルはこのような水量の流れや滝を
落ちるように下っていくそうです。
モンベル会長も黒部下廊下をカヤックで下っていますしね。

これからの季節は沢が楽しいですね。
大峰の沢は神童子谷しかいったことがありませんが、
山深い谷にたっぷりの水量のあるのが印象的でした。
また行きたいなぁ~
Commented by misawa_re7 at 2010-07-01 23:33
こんばんわ!

いやはや凄まじい流れじゃないですか(;´Д`)
普段山歩きしかしない僕にとっては沢は未知数なので余計に恐ろしいですww
しかし山よりもより大自然を相手にしている感じがして凄く楽しそうですね(-´▽`-)
さすがにここまでのはハードルが高いので僕には無理ですねww
Commented by bphiro at 2010-07-02 07:45
通りすがりさん>おはようございます。
コメントありがとうございます<(_ _)>

スクラム渡渉ですね。
これも、一見簡単なようで流れや水深に合わせたお互いの身体の掴む場所が変わるみたいですね!
今度、実行してみます。
ありがとうございました<m(__)m>
Commented by bphiro at 2010-07-02 07:50
takepoさん>おはようございます。
はい、おっしゃる通りで腰位まではそう寒く感じないですが、胸まで浸かると一気に冷たさが襲ってきて寒くて冷たいですね・・・・・(@_@;)

僕は出来ませんが、落ちるように降る感覚はなんとなくですが気持ち解ります!
怖いんだけど超気持ちいい~って感じでしょうか!?
辰野会長の黒部下廊下カヌー降りは有名な話ですね(^^♪

次回は綺麗なエメラルドグリーンを見に行ってきます。
Commented by bphiro at 2010-07-02 07:52
misawaさんどもです!
これからの蒸し暑い季節の沢は気持ちいいので是非トライしてみて下さい(^。^)
足元だけじゃぶじゃぶしながら歩くのも気持ちいいですよ(^^)/~~~
Commented by yabukogi at 2010-07-03 11:49
こんにちは、いまるぷです。
これは! 爽快というよりも、豪快。
季節とはいえ大峰の原始の森が育む水の量に
圧倒されましたですよ、ただただ。

暑くてたまらない日には、この記事を読み返すことといたします。
どうもありがとうございました。
Commented by スロトレ at 2010-07-03 18:08 x
いやいや、お疲れさまでした
ホント、アドレナリン吹き出しまくりでしたね
結局私のガイドなんて取り付きまでで、入渓後はhiroさんの
リードに頼りっぱなしで、超ヘタレなのがバレバレσ(^∇^;)
雨の滝拝めず撤退となりましたが、このコンディションだと
ナイスファイトだったでしょ(^^♪
秋の紅葉のリベンジ、ぜひ成功させましょうね
エメグリな宇無ノ川を参考まで・・・
http://slow-trek.my.coocan.jp/2009/090829umunogawa/
Commented by bphiro at 2010-07-04 07:58
いまるぷさん>おはようございます<(_ _)>
コメントありがとうございます。

そうですね!爽快ではなく豪快でしたね・・・・・(^。^)
けっこうな水量でした!

スケールは黒部等よりは小さいですが、大峰の沢は奥深神秘的です!
次回はエメラルドグリーンを拝みたいものです(*^_^*)
Commented by bphiro at 2010-07-04 08:04
スロトレさん>どもでした<(_ _)>
こちらこそ、お疲れ様でした。
次回は是非雨の滝を越えて最終まで行きましょうね!

大峰の美しい秋の紅葉の時期に、是非一緒にリベンジ行きたいですね(^。^)
Commented by seapachi at 2010-07-07 23:23 x
すげー。大人のレジャーですね。
沢登り、これからの季節、涼しそうでいいですね!
Commented by bphiro at 2010-07-09 07:23
seapachiさん>
暑い時に冷たい沢でバチャバチャしながら遡上して行くのも楽しいし、ほんと涼しくて気もち良いですよ(^^)/~~~