春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

お山道具の買い物2点!

久し振りに登山靴を購入した!
SCARPA トリオレGTX
c0147398_23493245.jpg





愛用していたZAMBERLANヌーボフジヤマ、SIRIO4、6シリーズはトレランシューズで入山するようになってから、もう今後必要無いだろう!
と思い去年売却などで処分してしまったが、やはりそこそこソールのしっかりしたブーツは入山する山域により必要だと思い直し再度購入した。
僕はZAMBERLANが好だったので最初は第一候補がローツェGT、二番候補にSIRIOの712GTXにしようと思っていたのだが・・・・・・・・・

せっかく久し振りにブーツを買うんだから、ちゃんとフィッティングする事にして複数のメーカーのブーツを履いてみたら履いた感じが一番良かったのが今回のトリオレだった!

僕の足は日本人特有のべたっと広く甲が高いのでワイズが広めでないとすぐ疲れてしまう。
なので、元々少し広めのZAMBERLANが好きだったし、SIRIOも3E+や4E+等のラインナップがあるので好んで履いていた。

トリレオはやや広めの木型で、アンクル部分がソフトな感じではあるが決してルーズでは無くかちっとホールドしてくれる感じが抜群に良く、ソールも硬めなので岩綾帯の通過も大丈夫だろうしアイゼン使用の際の蹴り込みもし易そうだ!

詳しいスペックをメーカーカタログから抜粋すると・・・・・・・・・・

抜群の軽さとソフトなアンクルデザインにより、軽快な歩行性能を実現したテクニカルマウンテンブーツ。
残雪期から夏にかけての岩場の多い縦走や、冬山の低山に最適です。

・前後左右にソフトに動くアンクルデザイン
・防水性に優れたゴアテックス®を使用
・岩場も軽快に登れるターンインラストを採用
・軽さ、クッション性、グリップ性能を追求した
ビブラム・ムラツソールを採用
・クリップクランポン対応
 
■材 質: アッパー=HS12クロスタプロ/ナイロン
ライニング=ゴアテックス®
ソール=ビブラム・ムラツ
■カラー: メンズ=オレンジ(OR)
レディ=グリーン(GN)
■重 量: メンズ=850g(#42、1/2ペア)
レディ=640g(#38、1/2ペア)
■サイズ: メンズ=#36~#46(23.1~29.1cm)
レディ=#36~#40(23.1~25.5cm)
税込価格: [SC90031] トリオレGTX=¥44,100
[SC90034] トリオレGTX・レディ=¥44,100

入山時の相棒になってくれるよう大事に使ってやろう(^。^)
ハイキング程度の入山ならトレランシューズ等のローカットを履いてバックパッキング等縦走する時は足元も固めるスタイルに戻そうと思う。


今回は登山靴の入手の他に、超お勧めのアイテムがあるのでそれもご紹介しよう!
お山では、頻繁に活躍するサングラス(ゴーグル)だ!
僕の超お勧めはこれ(^_-)-☆

Assist Glass
c0147398_23501979.jpg


サングラス・ゴーグルで有名なSWANWSを製造している東大阪に本社のある山本光学さんが作っている製品だ。
価格はなんと3,150円(^^)/
僕は20%OFFで2,520円で買えました!

スペアレンズまで付いている!
c0147398_23511976.jpg


確かに価格が価格だけにフレームは高級には見えないが・・・・・・機能が良い!
鼻パッドの位置、つるの角度と長さが調整出来るので顔にピッタリフィットする。
c0147398_23512895.jpg

c0147398_23513611.jpg


つるの部分が~
c0147398_2351465.jpg


曲がる
c0147398_23521782.jpg


伸びる
c0147398_23522421.jpg


デザインもなかなか良い!
c0147398_23523361.jpg


僕がお気に入りでスノーボードから縦走までほぼ一年中使用してるSPYのサングラス
c0147398_2352413.jpg


各メーカーから2~3万円程で選ぶのに困る位のたくさんの種類のサングラスが販売されてるが、僕はサングラスは紫外線から眼を守る事と
合わせて眩しさ防止と風で飛んでくるゴミから眼を守る、雪山での面を見やすくする為等が目的だからその目的が達成出来ればよほどイケテない
デザインのサングラス以外なら全然OKのタイプだから、このAssist Glassはかなり気に行ってる!
クリアレンズのスペアが付いてるのも良い(^_-)-☆

ほんと、お勧めですよ(^_-)


久しぶりの買い物のような気がする!

[PR]
by bphiro | 2009-08-05 23:55 | 道 具 | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/12079170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by katsu13 at 2009-08-06 19:08 x
おっと〜! 僕とおそろやんって思いましたが、少し違いました(笑)
僕はスカルパ サミットライトで登ってました。
フィットも良く足の痛みも出にくく完成度の高い重登山靴だと思います。
サミットライトも派手な色ですがトリオレGTXは、さらに派手!
お洒落は足下からと言いますが、目立ちますよ〜このデザインは(笑)

一時のULスタイルから、じんわりと山屋へカムバックしてますね〜。
こだわり過ぎることなく、ケースバイケースで山を楽しめればと
僕も考えます。
Commented by 8848 at 2009-08-07 00:34 x
こんばんわ!
おっ、スカルパ!
これからは、アルパイン路線ですか!?
僕の同様のガルモントは、ソールが激硬なのでインソールでも試してみようと思ってます。
北アルプス、ブログアップしました! ひどい山行でした(笑)
Commented by bphiro at 2009-08-07 01:07
katsu13さん>どもです(^。^)
サミットライトは今回僕が購入したトリオレのアッパーグレードのブーツですね(^。^)
非常に良いブーツだと思います。

ULスタイルも、従来の僕のスタイルも共に好きなポイントが違いますが、やはり基本は従来のスタイルに戻っています!
おっしゃる通り、ケースバイケースで楽しめるように!と思っています(^_-)-☆
Commented by bphiro at 2009-08-07 01:10
8848さん>お疲れ様m(__)m
いやいや、アルパイン路線という訳ではないですよ!
必要に応じてやはりしっかりしたブーツは要るな!と思い改めて購入しました!
北アの話は又ゆっくり聞かせてもらいますね(^^)/
Commented by サクラスミレ at 2009-08-08 20:04 x
ご無沙汰しています。
アシストグラス、これ、いいな~ しかもリーズナブル!
私も、同じものを、早速、アマゾンで注文しました。 
着払いで ¥2751  来週から活躍しそうです。
Commented by bphiro at 2009-08-09 10:08
サクラスミレさん>おはようございますm(__)m
ご無沙汰してます!
アシストグラス注文したんですね^_^;
なかなかデザインも良いし、値段も手頃なので気にせず思いっきり使えそうです!
叉、立ち寄って下さいね。
Commented by スロートレック at 2009-08-09 18:01 x
このスカルパ、私の山友とお揃です
超カタめでしっかり、し過ぎ!と高評価してましたよ
私もそろそろヘタってきたので・・・でもシューズ選びは
ザックより大変ですよね~
あ、沢シューズ買っちゃいました(^-^)
Commented by bphiro at 2009-08-10 00:47
スロトレさん>こんばんわm(__)m
そうですか!高評価なのは安心しました。
なにせ、まだフィールドでは履いてないので・・・・(+o+)
確かに、シューズ選びは難しいですね。
自分の足型に合うのがぱっと見つかれば良いのですが、そう上手くいかないのが現実ですもんね(@_@;)
沢シューズ初使用レポも先ほど拝見させてもらいました!
Commented by Take-C at 2009-08-12 08:33 x
こんにちわ。
最近山歩きのスタイルを変えつつあるようですね。
ブログを読ませてもらっている感じでは、今年は
アルプスなどの高山をガンガン狙っているような(^^)
どうでしょう??

僕は今週末に初めてのアルプス(北穂高)登山挑戦です。
また1歩、2000、3000m級の高山という新しい山の世界へ
飛び込むことに、今はすごく楽しみです。

いつか、hiroさんの山歩きにも是非お供させてくださいね!!
Commented by bphiro at 2009-08-12 10:10
Take-Cさん>どもです(^_-)-☆
スタイルを変えたのではなく、正確に言うと元のスタイルに戻していってる感じです。
このブログを開設した一昨年位にULスタイルに凄く興味を持ったのですが・・・・
フィールドにて、いろんな状況に直面した時にやはり元のスタイルの方が適応範囲が広いように身体で感じたので!

ULスタイルは歩く山の状況で使い分けるようにと(^。^)

そうですね、去年の槍が15年振りのアルプスでデカイ山はやはり気持ち良いので時間が許す時は行こう!と思っています(^_-)

週末からの北穂、安全第一で思い切り楽しんでくださいね。

また、是非、是非、一緒に歩きましょうね!
Commented by MH at 2009-08-12 12:51 x
「トレランシューズでのアルプス縦走」1

初めまして、bp-hiroさん!
初めて投稿させていただきます、今年49歳、西宮在住MHと申します。
登山靴についての記載を読ませていただき、私も稚拙ながら標記の件で是非所感を述べたいと思いました。

先週、8月6日木曜日から9日の日曜日まで、山中3泊4日テント泊予定で、なんと28年ぶりとなる、北アルプス縦走(単独行)に出かけてきました。

30年前には大学体育会WV部、さらに単独行で4年間「山」を堪能していたものの、サラリーマンでは地方で寮暮らし、その後独立して会社を興した事などでの忙しさで、30年間低山ハイクも含め全く「山」から遠ざかっておりました。

何を思ったのか(笑)、50歳を目前にし、後半の人生にはやはり「昔取った杵柄」で・・山!との思いで、この春からゆっくり山に戻っています。

夏にはアルプスや八ヶ岳に、再び行けるようになりたい!と思い、30年の間に衰え切った「山体力」を、この春から六甲で幾度となく、テン泊を含む「リハビリ山行」をしてきました。
(2に続く)

Commented by MH at 2009-08-12 12:53 x
「トレランシューズでのアルプス縦走」2

装備も全て新調。

当時、縦走合宿はキスリングに、ニッカー、雨を含むと絶望的に重い団装の帆布製8テン、山上で野菜を切って米を研いで炊くカレー用の大鍋・・・で縦走が当たり前・・。

「アルプス テン泊縦走復帰用」にと真っ先に買ったLOWA(ローバー)(昔、憧れだったが当時高くて買えなかったので・・)の「チベット」(冬季用チベッタではない)さえも、最近の「ライト&ファースト」の潮流を知り、すぐさま下駄箱に封印、ひたすらトレランシューズでの山行を励行してきました。
(モントレール コンチネンタルデバイスを2足購入・・ショップイベントで「on a cloud」ブロガーさんと共に山中をトレランする体験も!・・直近ではさらに薄くて軽いMt.マゾヒヒストまで購入・・)

ローカットシューズの山歩きで、足首を「グキる」ことを重ねるうちに、段々と足首の周りの筋肉も鍛えられたのか、いつしか、捻挫まで「イッテ」しまうことも無くなり、28年ぶりのテン泊装備での「槍穂縦走」も、ミッドカット&ゴアテックスの同じくモントレール「ハードロック09GTX」で出かけることにしたのです。
(3に続く)

Commented by MH at 2009-08-12 12:54 x
「トレランシューズでのアルプス縦走」3

天候が始終悪く、結果、行程は「上高地~槍沢~槍~北穂~涸沢~上高地」を「中高年の山歩き」らしく無理無くゆっくりと4日間かけて・・となりましたが、北アルプスは4日間とも停滞前線の影響で、初日夕方以降、合羽上下を脱ぐ事はほとんどなく、基本的に雨模様で、小屋に休息を求めながらの4日間でした。

今回のトレランシューズ(ハードロック09ミドGTXは正確には「ブーツ」だが・・)での「ガレ場、ガラ場、キレット通過を含むアルプス縦走の所感は・・

私見「トレランシューズでのアルプス使用要件」
登攀経験エキスパートなら当然全てクリアーでしょうが・・

1、鍛えられ、捻挫しにくい特に「強い足首」である事。

2、ソールの裏全体に神経が行き届く繊細な足裏感覚が養われていて、
踏面のグリップのポテンシャルを100パーセント使い切れる事。

3、行程コース上が比較的安定している事。

(4に続く)

Commented by MH at 2009-08-12 12:56 x
「トレランシューズでのアルプス縦走」4

テン泊4日間装備の60Lバックパック(推定15kg~)を担いで、連日の雨や霧で濡れた岩、ハシゴや鎖、鉄のピンを踏む時、「ハードロックミッド」ではビブラムソールに比べ滑りやすく、神経をすり減らしました。

特に、馬の背ほども無い、切り立ったナイフリッジ上を、飛騨側と信濃側とを断続的に乗っ越す、大キレット「長谷川ピーク」通過時は、柔らかいソールの引っかかりに少々不安を覚えたのは事実です。

北穂高岳ピーク到着後、天候は再び悪化しつつあり、雨風の中、柔らかいアッパーと柔らかいソールのこの靴で、さらに涸沢岳まで鎖場やハシゴ場を通過するには躊躇を覚え、計画では「穂高岳山荘行き」だった行程を取りやめ、豪雨になった事もあり、その日は北穂高小屋に投宿しました。(最終4日目の夜明け後、一時的に雲や霧が晴れ、北穂山頂から360度の絶景が見渡せたのはあまりにも幸運な事でした!)

ちなみに、北穂高小屋入口の「靴箱」にずらり並ぶ登山靴の中で「トレランシューズ」は私だけで・・異彩を放っておりましたが(笑)。
(5に続く)
Commented by MH at 2009-08-12 12:56 x
「トレランシューズでのアルプス縦走」5

翌日の北穂南稜~涸沢~横尾~上高地までのCT約7時間の下りはガレ場と一部残雪帯もあり、ソール裏の柔らかさが裏目に出、足の裏の疲れとして残りましたが・・・。

以上、「アルプス縦走でも使える(使えた)」が、足(足首や脚力)の鍛え方、あとは考え方や好みによって、「トレランシューズとビブラム登山靴とは行程やコース道の状態に応じ使い分けるのが好い」との「まっとうな結論」を得、もし今回と同じコースをもう一度行くのであれば(本来は北穂から下山せず奥穂~前穂~岳沢から上高地に下山予定だった・・)ビブラム登山靴にするだろうと思います。

改めてbp-hiroさんの「常念~蝶」のご経験から続く考察は興味深く読ませていただきました。

今回のコースは、28年前の大学3年の夏、後輩たちと6人のパーティーを組み(PLは私だった)、「富山折立~太郎平~雲ノ平~鷲羽岳~三俣蓮華~双六~槍~北穂~奥穂~前穂~上高地」と当時の重い装備で夏合宿したコースの一部分にしか過ぎず、改めて30年の月日の経過(と体力の経過)を感じながら、感慨深く山行を楽しめました。

(長くてすみませんでした・・・・!終)
Commented by bphiro at 2009-08-12 16:00
MHさん>丁寧な熱いコメントありがとうございますm(__)m
しっかり読ませてもらいました。
まずは、久し振りのアルプス縦走お疲れ様でした。

MHさんもトレランシューズでは厳しい箇所がある事を改めて体感されましたか!

僕も最近までは足元も軽量化というULスタイルで北アなんかも行ってましたが・・・・
トータル的に考えると、少し足元が軽くなるので歩き出し等は軽快で楽に感じるのですが
しっかりした登山靴と比較するとソールの硬さや足首のホールド感等は違って当り前。
ワンデーハイキングないし一泊位のプチ縦走ならば
あまり体感はしないかもしれませんが、二泊以上で3000m級の岩場も多い山になってくると、背負う荷物が少々軽くなろうがソールが軟らかいので安定性が無い為に必要以上に歩行中に気を使う等シューズ自体の特性から正直反対にしんどい思いをする事になりました。
結果、入山する山のサイズ、日数等に合わせてシューズのサイズも変えるべきだと思いました。

(2に続く)

Commented by bphiro at 2009-08-12 16:03

トレランシューズ=トレイルランニング用に作られたシューズ
登山靴=登山する為に作られたシューズ

非常にシンプルですね。

トレイルランニングをする人が、例えば僕が今回導入したスカルパのトリオレを履いて走る事はないでしょう^_^;
ソールは硬いは重たいは足首のホールドが良すぎて、こんな物履いて走れるか!ってなる事でしょう。

3000m級のゴツゴツした岩場もあるトレイルを宿泊道具や食料を担いでいても出来るだけ楽に且、足の故障が無いように通過出来るように開発されているのですから当然ですよね!

(3に続く)
Commented by bphiro at 2009-08-12 16:03

一般の路面を走るランニングとは違い険しい山道を走り抜ける為に開発されたシューズなので普通のランニングシューズに比べればソールも硬めで踵や足首のホールド感もしっかりしてると思います。
だから、宿泊道具も背負わない、食料も行動食だけ、朝歩き出して夕方には下山するようなデイハイキングの場合は、硬い重たい登山靴を履かなくてもトレランシューズの方が楽だと思います。

しかし、二泊も三泊もそれ以上の長期に渡り山の中を歩き続ける場合、正直トレランシューズ等使い物にならないでしょう!
無理して使い物になるようにすれば、身体のどこかに必要以上の負担がかかってる事になり反対にしんどい事でしょうね。

単純に山がでかくなれば、それに合わせてシューズも硬くしっかりした物にして、小さくなれば少しづつシューズも軟らかくソフトな物にすれば良いと思います!

丁寧にコメント頂いたのに全てに対してお応え出来てないかもしれませんが、僕は上記のようにシンプルに考えています!

機会がありましたら何処かのお山でご一緒しましょう(^_-)-☆

Commented by MH at 2009-08-12 23:14 x
さっそく私のコメントに
的確な分析、考察を含めて丁寧にお返事くださりありがとうございました!感激です。

そうですね・・・。

趣味の山行においては、競争とは違い、じっくりと山と向き合う事ができて、着実にそして安全に、行程を楽しむのが本道。

とすれば・・・信頼が置ける、少々オーバークオリティー気味くらいの足元の方がいいと思いますね・・・。

今回、天候不順の大キレット底部で、柔らかい靴底の「足元」に不安を覚え、「今ここで捻挫できないな・・・」と思うことが正直ありましたから・・・。

・・・お近くのようなのでこれからもよろしくお願いいたします!
Commented by MH at 2009-08-13 00:56 x
訂正追記
上記記事中、モントレール・トレランシューズ名
誤)コンチネンタル・デバイス
正)コンチネンタル・デバイド

誤)Mt.マゾヒヒスト
正)Mt.マゾヒスト

以上、誤記を訂正いたします。
Commented by bphiro at 2009-08-13 23:08
MHさん。こんばんわm(__)m
ご丁寧にありがとうございます。

今回のコメント内容も踏まえてゆっくり一緒「に歩きたいですね!
お友達のon a cloudさんもご一緒に(^_-)

僕が一番後輩になりますのでその節はよろしくです!
この盆に休みの調整が上手く行けばon a cloudさんと縦走するつもりでしたが・・・・・・なかなか仕事の調整は上手く行きません(@_@;)

デイハイクでも一泊でも調整しましょうね!