春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

常念~蝶 プチ縦走 Day1

最近、仕事でも色々とややこしい事もあり・・・・・モヤモヤした気分が続いていたのもあるし、よく考えてみるとここ最近は休みに遊びに行くのも仲間同士連れ立ってが多かった。
仲間でワイワイしながらも叉楽しいもんだが、僕は元々ソロハイクがメインで自然の中で独り『無』になるのが大好きだ!

そこで久し振りにソロでプチ縦走する事にした。

行先は・・・・・ギリギリまで考えたがやはり平日の連休が精一杯なのでアクセスを考えると行ける山域は限られてくる。
HGの大峰・台高の南部の奥深いエリアにバリエーションで入ろうかとも思ったが、最終的には一泊で楽しめて交通アクセス・ルートアクセス共に良い、去年Beyonderokachouが一泊で行った三又~常念~蝶~三又のルートに決定した。

蝶のテン場より雨上がりの一瞬
The sun set behind the mt.Yari/Hodaka
c0147398_23555815.jpg






2009616
仕事終ってすぐに準備いておいた荷物を車に積み込み長野道豊科に向かう。
道中に気になった事は、携帯から見た天気予報だ。
夕方までの天気予報では長野県は16日・17日共に20%だったのが・・・・・・・

なんと16日が昼からが70%に急変している。
しかし、もう気にしても仕方ないや!っと車を走らせる!

神戸の自宅からは約4時間半で、三又駐車場に到着。
早速仮眠に入る!

5:40
コンビニの調理パンと野菜ジュースで朝食を済ませ登山口まで歩きだす。
この時点では非常に天気は良い!  のだが・・・・・・(゜o゜)
c0147398_23595568.jpg

c0147398_00442.jpg


登山道分岐までの砂利の林道がこれ叉長い・・・・・・

6:30
登山届けをBOXにちゃんと入れてプチ縦走本スタートだ!
c0147398_001731.jpg


分岐から常念までは7.1Km、地図の等高線を見ると前常念手前の2207Pまでは、かなり激登りなので距離的には然程長くは無いが時間はかかるトレイルだ!
c0147398_003077.jpg


鬱蒼とした樹林帯の急坂をひたすら登る!登る!
視界も悪く決して楽しいものでは無いが時折樹林の合間から木漏れ日が見えると、ホッとする^_^;
c0147398_00398.jpg


8:20
急坂が終り2207Pに到着。
標準コースタイムは3時間30分という事になっているので1時間40分ならまあまあのタイムだろう!
今回は荷物も軽いのが助かっている。
c0147398_005424.jpg


ほんの5分も歩くと視界は開け、前常念が顔を出した!
視界の悪い樹林帯から目的の山稜が見える嬉しい瞬間だ(^_-)-☆
c0147398_01749.jpg

c0147398_011869.jpg


8:50
さあこの先の樹林帯を越えるとゴツゴツした岩稜帯の登りだ。
c0147398_01284.jpg


蝶の方面は下界から気温の上昇による湿度差の関係だろう凄いガスが吹き上がって来ている。
多分、雨にやられるだろう事を覚悟して進む!
つんっと小さく尖ってるのが蝶槍だ。
c0147398_014141.jpg

c0147398_015262.jpg


このゴツゴツした岩稜帯は個人的に大好き!
単に歩くというよりも両手両足を全て使い攀じ登って行く感覚が好きなのだ!
c0147398_02257.jpg


9:40
前常念下部の石室に到着
c0147398_021198.jpg

c0147398_021887.jpg


薄っすらと雪化粧が残っている見栄えもなかなか良い。
c0147398_022524.jpg

c0147398_023277.jpg


これから通過する常念岳も雪が結構残っている。
c0147398_023987.jpg

c0147398_024818.jpg


常念小屋からの稜線、昔燕から蝶に縦走した時に幕営した懐かしい場所だ!
c0147398_025795.jpg


多少残雪があるだろうと軽アイゼンと念の為にピッケルは持ってきているが、手前から見た感じは大丈夫そうだが・・・・・
c0147398_03741.jpg


常念小屋~燕方面の分岐点を越えた辺りで手前からは見えなかったトレイル上を覆い尽くす残雪が目に飛び込んで来た。
c0147398_031670.jpg

c0147398_032539.jpg


常念手前


11:00
常念岳ピーク到着!
c0147398_033369.jpg

c0147398_034289.jpg


20分程休憩。
カーボショッツ等を詰め込みスタミナ温存!

これから向かう蝶へ続く稜線
ガスが少し邪魔だが・・・またこの絵も美しい!
c0147398_035292.jpg

c0147398_04147.jpg


槍へ続く大天井岳~西岳~への稜線
c0147398_041154.jpg

c0147398_041831.jpg


今日、初めてのハイカーに会ったので記念写真を撮らせてもらった。
蝶から登って来て常念小屋に泊まるそうだ(^_^)
雨が降りそうですね!と会話し、お2人から蝶からここまでは結構残雪がありましたよ!
と教えてもらった。
c0147398_04269.jpg


相変わらず槍は頭を隠している。
少し低いキレット部分は綺麗に見える!
c0147398_043543.jpg

c0147398_045252.jpg


12:20
2592P手前


樹林帯にも斜面にも結構な雪が・・・・・
c0147398_05395.jpg

c0147398_051324.jpg


13:10
雷雨




ガラガラゴローンと雷君が雄叫びを上げ、2~3分雨がバーッと降っては止みの繰り返しが断続的に続くのでレインウェアを着用して進む!

蝶槍が綺麗に見えた
c0147398_052156.jpg


蝶槍手前


14:00
2592Pで雨も上がりガスも抜けた!?かと、槍・穂高側を見るが相変わらず稜線辺りはガスだ。

僕のブログにも遊びに来てくれているsakusaku_fukafukaさんが、先日スノーボードで滑ったラインはあそこ!
だな~等思いながら見ていたが、まだまだ十分滑れそうな気がして自分の早すぎた滑り収めを少し後悔する。
ここのライン滑りたかった~(T_T)
c0147398_053037.jpg

c0147398_053795.jpg

c0147398_06065.jpg


14:20
蝶槍に到着。
この時点では完全に雨も止みレインウェアは暑いのでフーディニに着替える。
バックが良かったのでセルフポートレイト。
c0147398_06961.jpg


14:50
横尾への分岐点。
もうすぐで蝶に着くぞ!
c0147398_061977.jpg


さあ、もう一頑張りで待望のプシュッだ\(^o^)/
c0147398_063036.jpg


アラフォーの僕でも可愛いものは可愛いのだ!
僕は鳥の種類は詳しくないが、岩ヒバリかホオジロかと思う。
鳴き声で知ってる方、教えて下さいm(__)m
鳥の鳴き声




15:20
ガスの向こうに、蝶が岳ヒュッテが見えた!
c0147398_064164.jpg


幕営代を支払に中に入ると小屋泊まりの方が数名まったりされてた。
僕は幕営代500円を払い、早速テント設営に取り掛かる。
僕の他には先客のテントが一張り。

15:45
明日、天候が回復してくれる事を期待しながら風は当るがあえて東側に入口を向けBDのファ-ストライトの設営完了。
c0147398_07059.jpg

c0147398_07938.jpg


今回は一応僕にとっての軽量化の為に、プシュッは3本しか持って来てないしキンキンに冷えたのをプシュッとしたかったので小屋で350cc500円もする高価なビールを頂いた(^_-)-☆
その間に雪の中に持参ビールを埋めて冷やしておいた。

小雨が降っているので、テント内でまずは腹ごしらえ。
チキンラーメンのリフィルとおにぎりに酒のつまみには恒例のイカの塩辛とチャーシュー^_^;
c0147398_0718100.jpg

c0147398_072860.jpg


雨は一向に止む気配はなく小雨だが降り続いている・・・・・・(*_*;
冷やしておいたビールを取りに出たが、もう一つのテントの人も中に篭っているようだ
c0147398_073610.jpg


景色も見えないし、仕方ない・・・・・叉キンキンに冷えたビールでプシュッとするとしよう!
c0147398_075579.jpg


17:30
うっとうしい雨


テントの中で!


ちょっと雨の音が止んだので外を見てみたが・・・・・真っ白のまま(*_*;
c0147398_08575.jpg


雨は止んでいるので、先客のハイカーさんに挨拶しに行った!

釣りが趣味でテントを担いでの縦走は初めてというTさん。
仕事を一生懸命した時にもらえるという二週間の休みに普段出来ない事をやろうと思い来たらしい!
燕まで行くらしい。
ガスが抜けた常念をバックに!
c0147398_081642.jpg


18:30~19:15までの時間は、雨の合間の一瞬の晴れ間が覗き、美しい景色が気持ちを癒してくれた!

◎綺麗な画像集◎
c0147398_082542.jpg

c0147398_083386.jpg

c0147398_084441.jpg

c0147398_085348.jpg


c0147398_09297.jpg

c0147398_091061.jpg

c0147398_092072.jpg


c0147398_093186.jpg

c0147398_094139.jpg

c0147398_095195.jpg


小屋泊まりの人も撮影に出て来てたので一緒に記念撮影。
徳沢のスタッフさんも居ます!
c0147398_095927.jpg


最高の景色
c0147398_0101289.jpg


19:30
叉、雨が降ってきたのでテントに戻りプシュッタイムだ!
既に持参の3本も焼酎も飲み干してしまったので、高価のビールを追加で2本購入。
やはり、僕のレギュラープシュッは6本のようだ(^_^)
c0147398_010228.jpg


20:30
蝋燭ランタンのみにして、お気に入りのSkyHighBagに包まりほろ酔い気分で夢の世界へ旅立ったのでした。
c0147398_0103156.jpg

c0147398_0104064.jpg

明日・・・・・厳しい一日が始まる事も知らず・・・・・・

続きもお楽しみに(^_-)-☆


山は楽しい!が・・・・しかし・・・・ほんの少し間違えば超怖く危険である。

[PR]
by bphiro | 2009-06-19 00:15 | バックパッキング