春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

宮の谷~池小屋山~江股ノ頭縦走 20090422

4月21日~22日にかけて立山へBCスノーボードに行く予定だったが、生憎全国的に21日の火曜が超天気が悪いという予報だったのでギリギリまで検討はしたのだが中止にする事にした。

一緒に行くメンバーは各々仕事を調整して休みを取っていたのでどこにも行けないのも・・・・・という事で、エキサイティングでちょっとハードなルートは無いか!?と模索した結果、台高山脈の池小屋山から江股ノ頭をスルーして地図上では実線でも破線でもない廃道を通り宮の谷の駐車場に戻ってくるというバリエーションルートに行く事にした!

今回メンバーはお馴染みGiムー、ヒガ&ノリ夫婦、アベちゃん、拓&ノリ夫婦、トミー、H氏と僕の総勢9人だ(^^)/~~~
c0147398_21321740.jpg





今回歩いたルート(GPS GARMIN OREGON 300のトラックデータより)
高滝の前後がかなり深い谷間になっていたのでロストしてたくさんの髭が出ているがその他はまあまあ綺麗にトラックログが取れている。
P1332でほんの少し北東方面の狭い痩せ尾根に進まないといけないのに南東方面の幅広の大きめのP1243へ向かう尾根を降ってしまった時もOREGON君に間違ってる事を教えてもらった!
最初使用した時よりも操作方法も解ってきたのでだいぶん信頼出来る相棒になってきた(^_-)-☆
c0147398_21323981.jpg


前日夜10時に我々仲間が集うSHMWの店がある芦屋で待ち合わせして通称『アベバス』で今回のハイキングのスタート地点の宮の谷林道終点駐車場に向かう!
c0147398_21325156.jpg


神戸からは台高山系は交通アクセスが良く3時間程、1時に到着。
宮の谷林道終点の駐車場付近でテントを張って仮眠する予定で、SHMWも拓さんにシャングリラ8を持って来てもらっていたのだが生憎路面状態が合わずテントを設営する事が出来なかったがちょうど登山口に小屋があったので使用させてもらう事にした。
芋荒い状態のアルプス辺りの夏場の山小屋よりはましだがかなりの密度だったが楽しく小宴会をすませ3時前に仮眠する事に!
c0147398_21341781.jpg

c0147398_21342545.jpg

c0147398_2134334.jpg


6時に起きて各々準備して7時より宮の谷渓谷入口よりハイキングスタート!
c0147398_21344984.jpg


高滝まではよく踏まれたトレイルで整備もされていて観光ルートと言っても良い位のお気楽コースで天気も良いし気持ち良くワイワイ皆で進んで行く!
こんなに大勢で歩いたのは多分小学校の林間学校講習位だ・・・・・(゜o゜)
c0147398_21352625.jpg

c0147398_21353530.jpg


歩き始めて間もないし陽気も良い!
皆、気持ち良さそうに各々のペースで沢歩きを楽しむ。
c0147398_21354746.jpg

c0147398_21355532.jpg

c0147398_2136365.jpg

c0147398_21361110.jpg



歩き出して一時間程で高滝に到着!
綺麗に虹が出ていたので、皆数分間ぼーっと眺めていた。
c0147398_21362547.jpg

c0147398_21363294.jpg

c0147398_21364118.jpg


綺麗な虹を眺めて癒された後、このデカイ滝を巻くルートがかなりハードだった。去年の大雨の影響もあってか足元も緩んでいるガレ場なので岩を落とし易いので後ろの人に注意しながらの緊張の登り・・・・・
c0147398_2137142.jpg

c0147398_2137933.jpg

c0147398_2137174.jpg

c0147398_21372436.jpg


高滝の少し上部にある猫滝。下には立派な滝壺がある!
c0147398_21373649.jpg

c0147398_21375095.jpg


きつい巻き道が終わると、奥の出合。キャンプが出来る位のスペースがあり小休憩。
c0147398_21375972.jpg


さあ、ここから池小屋山ピークまでが激登りが待っていた((+_+))
何てことはない普通の尾根だが登れど登れどなかなかピークに着かない・・・・・見えているのに・・・・・・まだ(――〆)みたいな感じ・・・・・・
c0147398_21381880.jpg

c0147398_21382779.jpg




10時40分、池小屋山に到着、少し時間は早いが朝御飯も早かったから昼御飯も早目に取る事にしてランチタイム!
c0147398_2138583.jpg

c0147398_213965.jpg


H氏が差入れしてくれた有難い一品。日清カップヌードルのリフィル版
コンパクトになりカップのゴミも出ないので超便利!スノピの450マグにぴったり入る大きさで少し炊き込むと普通のカップ麺より美味しいような気がする(^_^)v
c0147398_214389.jpg

c0147398_21432148.jpg

c0147398_21433157.jpg

c0147398_21433940.jpg


やはりこの人は上半身裸族だ!
c0147398_21435046.jpg


寒くなったのか裸の上にダウンベスト・・・・・
c0147398_2144580.jpg


僕より少しお兄さんのH氏はイカシタ兄貴だ!
c0147398_21441322.jpg


ゆったりランチタイムを取り、パワーを充電してから折り返しにかかる!
池小屋山ピークからは地図上でも破線のマニアックな東尾根を進む。北東の痩せ尾根に進まないといけないのに南東尾根を降ってしまい20分程ロスしたが、気にせずに進んでいく。
c0147398_21444852.jpg

c0147398_21445632.jpg

c0147398_214556.jpg


江股ノ頭手前で大きく北に方向転換するのだが、注意しないと真っ直ぐ行ってしまいそうな位解り辛い。
c0147398_21451559.jpg


この分岐点から一気に降ってから激が付く登り返しが待っていたのだ・・・・・・
この辺りも非常に解り辛くルートフィンティング力が必要だ!

特にピークに拘りのないメンバーなので江股ノ頭はスルーして先に進む!
この辺りも足場が緩んでいてボロボロ落石が起る。
c0147398_2145244.jpg

c0147398_21453222.jpg


江股ノ頭手前の分岐点、迷岳経由の縦走トレイルなのでしっかりマーカーはあるけど間違ったマーカーもありややこしい痩せ尾根を降って登るの繰り返しだ!
まずは滝見台と名付けられたP1083へ向かう!
c0147398_21454484.jpg

c0147398_21455355.jpg

c0147398_2146059.jpg

c0147398_2202598.jpg


P1024から北東のP962への尾根続きへは進まず、北西の沢に向かい降っていくだけなのだが・・・・・・
超激降り・足場最悪・道も無く踏み跡も無い・・・・・・林業用の白テープを頼りに感に頼り降りていくが、なかなか沢まで着かず長い長い(゜o゜)この降りが今回のトレイル中で一番疲れた。
c0147398_21462171.jpg

c0147398_2146307.jpg

c0147398_2224162.jpg


18時頃やっと沢の縁まで辿り着いたが、又ここでえれっこっただ!
土手から急激に3m程切り込んでいて岩壁は滑るしスタンスがとれないしロープも保持する物が無いので不安定、縁に寄りかかっている倒木にしがみ付きながらなんとか沢まで降りる事が出来たがかなりヤバイ面もあった(*_*;
c0147398_2243997.jpg

c0147398_2252847.jpg

c0147398_21471986.jpg


なんとか明るいうちに帰れそうだ!
c0147398_21473322.jpg


沢からの最後の登り返し、ここを越えれば車を停めた林道終点だ!
c0147398_21474290.jpg


やった~到着!皆さんお疲れ様でしたm(__)m
c0147398_21475331.jpg


帰りにスメールで温泉に入り食事も済ませ神戸に向かった。
c0147398_2148324.jpg

c0147398_21481270.jpg



今回の総勢9人のハイキングはここ数年では大人数の部類だ。
SHMWの拓&ノリ夫婦を核として、ショップに集まりいつの間にかプライベートな時間にも集まり自然と気兼ねなく仲間になっていったメンバー達だ。
去年の9月に芦屋という場所にこのショップがOPENしなければ仲間にはなっていないだろう面々だ!
今回、参加したくても仕事の都合で来れなかった仲間も数人いる。
これからも色んな意味で自由な感覚で仲良くしていければと思う。

尚、今回のルートの情報はショウタンの山歩録のショウタンさんから頂きました。ありがとうございました。




かなりハードなコースだったけど少し日が経つと又行きたくなるんだろうな・・・(^’^)

[PR]
by bphiro | 2009-04-25 22:04 | ハイキング