春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

kumaさん コメ..
by bphiro at 23:25
昔の記事にコメントをする..
by kuma at 09:06
えのさん ごめんね..
by bphiro at 16:03
ちょいと調べてましたらヒ..
by えのえの at 17:59
tomokoさん ..
by bphiro at 20:09
初めまして、Taotro..
by 大山 裕也 at 17:59
あけましておめでとうござ..
by tomoko at 23:59
Yakさん コメン..
by bphiro at 08:58
hiroさん、はじめまし..
by Yak at 23:28
続き~ さて、後ろ..
by bphiro at 11:20

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

ブログジャンル

登山

画像一覧

弥山双門ルート20090401

ここ最近は、山には入ってはいるがBCスノーボードがメインだったが、久し振りに純粋にハイキングに出掛けた!
行先は、近郊エリアで一番大好きな弥山双門ルートだ。
メンバーはお正月の八つでも一緒だった、輝くん、神ちゃんとこのブログにもちょこちょこコメントしてくれてるhimalayan8848さんと僕の4人!
c0147398_23543538.jpg






いつも通り前日から現地入りして熊渡で車中泊して朝6時前に起きて6時半スタート。
c0147398_23545097.jpg


双門ルートの取付きまでの林道で落石があったようで道が完全に塞がれていた。
歩いてる時にこんなのが上から来たら!?と想像するとゾッとする・・・・・
c0147398_235503.jpg


地面の下を川が流れている白川八丁を越え、ガマ滝に到着。
c0147398_2355881.jpg


この辺からお馴染みの鉄梯子がどんどん出てくるのだ!
しょっぱなはこんな感じから~(^。^)
c0147398_23551747.jpg

c0147398_23552519.jpg


夏場の暖かい時期なら沢を遡上した方が楽な箇所もあるが、この時期はまだまだ沢の水はめちゃ冷たいので巻ける箇所は素直に巻いて、渡渉箇所は出来るだけ岩の上を渡り進んで行く!
c0147398_23553510.jpg


この日は、沢の水位も低かったので全然大丈夫だったが、水位が高い時はこの箇所は水に沈んでいるから手前からへつって行かないといけない。
c0147398_23554380.jpg

c0147398_23555113.jpg


順調にトレイルを進んで行き、8時頃に一の滝に到着!
c0147398_2356190.jpg

c0147398_2356926.jpg


吊橋通過。
c0147398_23561938.jpg


輝君が登り出した・・・・・(^^)/
c0147398_23562810.jpg

c0147398_23563522.jpg


又々激登り&鉄梯子のオンパレードの開始だ~
c0147398_23564620.jpg

c0147398_2356549.jpg

c0147398_2357547.jpg


二の滝は上部が少しだけ氷爆になっていた!
c0147398_2357134.jpg


ごっつい滝を巻く為の激登りの後は降りが待ってる。
これが又ぬかるんでて足場が悪い((+_+))
c0147398_23572335.jpg


双門の滝に到着。この辺りから残雪が多くなってきた。
c0147398_23573125.jpg


陽が当たらない箇所は凍っていて滑るので慎重に進んでいく。
c0147398_23573970.jpg


登って下っての繰り返し
c0147398_23574740.jpg

c0147398_23575572.jpg

c0147398_2358289.jpg

c0147398_2358941.jpg


でかい岩の落石で梯子が破損していた。
c0147398_23581761.jpg


めちゃ綺麗(^^)/~~~
c0147398_2358242.jpg


11時半前に河原小屋に到着。
狼平まで約2時間弱程だが、予想以上に残雪もあり足元が悪いので時間もかかるだろうと、ここで大休憩のランチタイムにした。
c0147398_2358452.jpg

c0147398_23585341.jpg

c0147398_2359281.jpg


今回山で初めて使った、GARMIN OREGON300。GPSのインプレは又別にアップする予定だが少しだけ報告しておくと、今回はたまたまだったのかもしれないが河原小屋に着いた時点ではとんでもない事になっていた。
この山域を解らない人にはピンとこないかもしrないが、知ってる人はすぐに、えぇ~なにこれ!?となるはずだ!
現在地は河原小屋なのにこれから向かおうとしている狼平をはるか越えてヒウラ谷の上流に居てる事になっている(--〆)
それにとんでもないところを歩いたようにトラックが刻まれていた・・・・・
この青△マークは正確な現在地とは程遠い。
c0147398_23592050.jpg


ランチ中にGPSをほっておいたら衛星から正確に電波を受信したのか正確な位置に補正されていた。
しかも、ヒウラ谷周辺からUターンしてきたような軌跡になっている。
まあ、まだ使い始めて間もないけど元々厳冬期の入山時のホワイトアウト時の対策として導入したので正直この結果だけ見ると反対に怖くて使えないと思った。地形図とコンパスを使った従来の僕の読図の方がもっと正確だ!と思ってしまった。
この青△マークが正確な現在地。
c0147398_23593276.jpg


ランチタイムも十分に取り狼平に向かう!
僕やこの人はこの位の岩を跨いで徒渉するのも割と神経使う・・・・・
c0147398_23594286.jpg


が、この人は足が長いので楽勝(^。^)
c0147398_23595351.jpg


オーバーハングの鉄梯子で!もうすぐ狼平だ!!
c0147398_00379.jpg

c0147398_001274.jpg

c0147398_002050.jpg


空中回廊にて!



狼平手前トレイル、天気の良い時でもややこしいのに雪で足元悪いと最悪


続き



14時狼平到着。
c0147398_035139.jpg

c0147398_035935.jpg


デーン
c0147398_04812.jpg


予想以上の雪。避難小屋で小休憩して下山にかかる!
c0147398_041741.jpg

c0147398_042452.jpg


ナベの耳を越えた辺りからまた雪が吹き付けてきた
c0147398_0432100.jpg


降りトレイル



もうすぐカナビキ尾根取付きポイント
c0147398_052463.jpg




カナビキ尾根を降るが雪の下に落ち葉があったり、浮石があったりで足元が非常に悪く苦労した・・・・・
又、雪がこれだけあると予想しおていなかったので、レギュラーのコンチネンタルディバイドを履いて来たのが失敗。
べちゃ雪が染みて足先がめちゃ冷たく痺れる。
c0147398_05552.jpg


1000m切ってくるとミゾレからアラレに変わってきた。
c0147398_06339.jpg


16時20分、無事カナビキ橋に到着。皆さんお疲れ様でしたm(__)m
変化に富んだ楽しいハイキングでした!
c0147398_061998.jpg




このルートはいつの時期に来ても楽しませてくれる(^^)/

[PR]
by bphiro | 2009-04-04 00:09 | ハイキング | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://bphiro.exblog.jp/tb/11247681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 8848 at 2009-04-04 02:06 x
先日はありがとうございます、最高でした!
引率してくださったbphiroさんはとても頼もしかったです。
またよろしくお願いします。 


Commented by 村上 at 2009-04-04 08:24 x
なるほど、まだ雪がありますね。この間、ちょっと山上ヶ岳に行くと、吹雪だったので、引き返しました。その後も荒れましたね。いずれ、また奥駆けでも。
Commented by kaji(出張) at 2009-04-04 09:09 x
お疲れ様でした。

まだ雪降るんですね。日帰りやとかなりのスピードが必要となると、ウチはやっぱりテン泊ですね。
Commented by くりーぷ at 2009-04-04 09:29 x
ご無沙汰です!
お正月の八つでお会いした時も感じていたのですが、
輝くん、神ちゃんカップル(?)は本当助け合いが美しい。
かくありたいw
Commented by rusifa(^る^) at 2009-04-04 14:16 x
hiroさん!はじめまして!いつも楽しく拝見しております。
私はまだ山行き一年生でよちよち歩きです!
一ヶ月前と同じような状態ですね!この次期は歩きにくいですね!でも双門コース良く行かれますね!洞川在中の方に聞いたら、「非常に危険です。梯子が何時落ちるか判らないし、去年の雨で落石も続いているらしいです。」とのことです、気をつけてくだ
さいね!双門の滝、すばらしいですね!
台高の風折滝・高滝の宮ノ谷コースも良いですよ!高滝を過ぎて池小屋山を目指しさらに明神平にその日のうちに縦走できます。
近く、氷が溶けたら行こうと思っています。
台高、大峰に月に一度のペースで行っておりますので、お山で逢えたらよろしくです。(^^)

Commented by estuary at 2009-04-04 16:51 x
まだ雪残ってるんですね。
近々、吉野から熊野まで縦走しようと思ってるんですが、もうしばらく待った方がよさすですね。

GPS推進派なので一言。
谷間のルートでは上空が開けてないのでGPSを使うにはあまりいい環境とはいえません。上空に広く衛星が散らばっていればかなり精度は高くなります。稜線沿いだときれいにログが残りますよ。
雪や夜間の周りの状況がわかりづらいときにGPSなら自分の絶対位置がわかるので便利ですよね。
Commented by katsu13 at 2009-04-04 22:23 x
残雪の弥山双門ルートきれいですね。
落石や壊れかけの鉄梯子は怖いですが・・・。

また詳しいガーミンレポ楽しみにしていま〜す。
GPSも場所により通信状態がビミョ〜になるのでしょうねぇ。
僕もColorado 300よりOregon 300の方が使いやすいかな?と考え中です。

残雪の伯耆大山に行ってきましたよ〜。
Commented by bphiro at 2009-04-04 23:54
8848さん>ども(^。^)
先日はお疲れ様でした!
又、是非別のルートなんかも一緒に歩きましょうね!
Commented by bphiro at 2009-04-04 23:58
村上さん>こんばんわm(__)m
先日、吉野にいらしてたんですね(^^)/
山上ケ岳から洞川に抜けられたのは正解だったと思います。
僕らも弥山まで上がってないので正確には解りませんが、弥山より南側は更に厳しかったと思います。
又、是非奥駆で!富山にBCスノーボードなんかで行った時は連絡させてもらいます。
Commented by bphiro at 2009-04-05 00:00
クリープさん>ご無沙汰(^。^)
画像ではUPしてないけど、輝くんは皆に対してこんな感じだよ!
8848さんにも手を貸したり引っ張ったりしてたよ(^'^)
まあ、一緒に入山したら助け合わないとね!
Commented by bphiro at 2009-04-05 00:10
rusifa(^る^)さん>はじめましてm(__)mこんばんわ。
コメントありがとうございます。
又、ご心配ありがとうございます(__)去年の大雨で地盤がかなり緩んでますからね!

台高明神平もよく行くんですが、専ら大又からのショートルートばかりです。
書いてくれてる宮ノ谷~池小屋山~明神平も自然奥深くて良いのですが、車をデポしておかないと厳しいので北側のマナコ谷も同じくですが、僕のスケジューリングだと難しいんですよ((+_+))
タクシー使えばいいんですけどね・・・・
Commented by bphiro at 2009-04-05 00:12
estuaryさん>どもです!
大峰奥駆は5月位がいいんじゃないですかね(^^)/
GPSのアドバイスありがとう!
まだ使い慣れてないので、もっと勉強して使いこなせるようにします。
Commented by bphiro at 2009-04-05 00:15
katsu13さん>どもです(^。^)
弥山双門ルートは僕のお気に入りなのでお勧めです。
↑でもコメントしてくれてますが、今は地盤が緩んで少し神経使いますが、注意して歩けば楽しいルートです。
又一緒に歩きましょう!
GPSはただ今勉強中です((+_+))
Commented by bphiro at 2009-04-07 08:22
kajiやん>おはよう(^'^)
ごめんm(__)m見直してたら、kajiやんへのコメントバック抜けてたわ・・・親しい仲やから許してね!
思ったより雪が多かったわ((+_+))
相方と行くなら天泊の方がいいやろうな!
足元緩んでるから注意必要やわ。
Commented by Take-C at 2009-04-07 12:36 x
残雪の双門、これもまた凄いスケールですね。
しかし、この時期にこの難コースを行こうってのがスゴイ・・・!
それでまたhiroさん達が行くと普通に見えてしまうのがまたスゴイ。

僕は6or7月にこのコースに初挑戦しようと、頑張ってスキルアップ中
ですが、地盤が緩んでいるってのが心配ですね。

数年前の大杉谷崩壊のようにならなければいいのですが。考えすぎかな(^^”


Commented by minomaki2号 at 2009-04-07 16:43 x
いろいろ変化にとんでいて、おもしろい山なんですね。
輝君とやら、優しい!神ちゃんに必ず手を差し出している!なんかええな~うちなんか、自分の身は自分で守れですから(笑)
なんか、GPS・・・信じたらアカンみたいですね~
Commented by bphiro at 2009-04-07 21:39
Take-Cさん>久し振りです!
結構、予想以上に残雪がありました・・・・
6or7月位だったら雪はもう無いと思うけど、今度は白川八丁を通過する辺りにブヨが涌く事があるので気を付けて!
地盤は少し緩んでるけど、このコースは梯子を利用せず巻こうとするとかなり困難なルートだから、余程グラグラしてる梯子以外は信用しないと仕方ないですよね(^'^)
梯子を利用しながらでも、すぐ横にある木の根もサブで保持するとかすれば万一の時に回避できるし!天然物は強いですよ(^^)/
今度、こちらのブログの方にリンク貼らせてもらいますので都合悪ければ言って下さいね!
Commented by bphiro at 2009-04-07 21:43
2号さん>ご無沙汰ですm(__)m
そうなんです!
このルートはかなり面白いルートです(^。^)僕のお勧めルートです。
輝君は皆に優しいですよ!
1号さん、2号さんも僕は羨ましいカップルだと見てますよ(^'^)

GPSの件は、まだ使い始めなんで、正直よく解りません。
信じたらアカンって事では無いけど、あくまで機械なので全面的には信じない方が良いでしょうね。
飽く迄サブとしてのGearという認識の方が無難かな!?と僕は思います。
Commented by Take-C at 2009-04-08 12:36 x
雪の次はブヨですか(^^”)・・・

僕はまだ六甲の登山しかあまり経験がないので、虫で泣かされた事は
ないんですが、相当イライラするらしいですね。でも、彼らの森に
僕達が入っていくわけだからしょうがないか。

僕のブログにもリンク貼らせてもらいますね。
Commented by bphiro at 2009-04-10 01:30
Take-Cさん>
僕が去年ブヨの大軍に襲われたのはたまたまだったかもしれないけどね。
ブヨに噛まれたらその日より次の日が痒い痒い((+_+))

リンクありがとうございますm(__)m