春夏秋冬、山遊び中心のレポート&備忘録


by bphiro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
バックパッキング
ハイキング
スノーボード
クライミング
フィッシング
道 具
仕 事
雑 談
日 記
イベント
その他

最新の記事

blog乗換えます<(_ _)>
at 2014-10-04 15:12
ENを含めたシュラフの薀蓄(..
at 2014-10-02 17:37
ひつじ丸製猪谷靴下 インプレ!
at 2014-10-01 09:03
白峰南陵 地味だけど超キツイ..
at 2014-09-27 20:14
山専靴下のご紹介!
at 2014-09-22 14:47

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
more...

コメント大歓迎

メールはこちら↓

bphiro@excite.co.jp

リンク
えれぇこった、えれぇこった!!(FBページ)
えれぇこった2号kakaの珍道中!
Sky High Mountain Works
moderate
heimatberg
SITTING BULL
YASUHIROのマウンテンワールド
beyond
Sky High Mountain Works Productions
山より道具
夜明けのランブラー
猿板
ひつじ丸な日々
岩と雪
NO WORK TODAY!!
帰ってきた♪テレマーク娘
入山届け
mo-chanママ
Beautiful Miracle Life
42歳~川の流れのように
歩き屋・DEGA-MONブログ
Beautiful Miracle
できるだけ山
SUGISIの足跡-2
上城山岳隊
自転車とアウトドアライフ
トレラン野郎のパンチの効いてない話
Mystery Life
マウンテンパン
裏のお山で雪とたわむる
CLOUD NINE
ulgear weekend Store¨
私を登山に連れてって
荒野にて
やまやなぶろぐ
大好きMt.Onne
テカポの湖畔でコーヒーをⅡ
s.fukudaのフォトグラフ
山へ行こうよ クマと一緒に!
OKONOMIブロメグ
その男、藪漕ぎ中。
COMPAS
トレラン日記
山と煩悩。
hansusya
chin-toy's photostream
chin-toy
山で会いましょう
キャンプスター
快適なスピードで
yasupiso
ユルケイ登山(old)
ユルケイ登山
大阪・リサイクル買取
関西登山 旅行記のブログ「へたれな休日」
山登なでしこの修験道
Nighthiking & Nightview
ゆかいな田舎の小家族
Tommyのブログ
藤内小屋
吉中家
涼のハイキングコースや山行記録
山道具道楽
山と野と
「それいいな!」の山道具
フォトハウス in 福島
Rome便り
女登山ノート
夫婦で楽しい山登り♪
割烹いまだ
天然酵母パンkomame
ゆら~りキャンプと日々のこと











↓登山情報サイト
名山navi
ありがと(^_-)-☆


クリック↓↓

ありがと(^_^)v

最新のトラックバック

その他のジャンル

ブログジャンル

登山

画像一覧

野伏ケ岳BCスノーボーディング20090204

ドぴーかん!
9:30雪原に到着(^_^)v
c0147398_1284735.jpg


天気は最高!だが・・・・・我々は果たしてピークを踏み流れ落ちるようなメインの沢筋を気持ちよくドロップイン出来るのだろうか(^_-)

さあ画像の雪原から上が大変なハイクだから頑張るぞ!!




急遽メンバーが一人増え僕・ひがちゃん・GIむー・あべちゃんの4人で行く事になった!
前日深夜1時半に神戸に集合して京橋より高速に乗込み岐阜県の野伏ケ岳に向かう。
6時前に、白山中居神社に到着。
神社から林道に少し進入したスペースに車を停めてほんの少しだけ仮眠。
7時に準備を初めて7時半にハイクスタート。

最初地面が剥き出しになっていたが石徹白川を越える位から積雪が現れる!
カチカチのしまり雪で歩き難いが、まずは途中目的地の和田山牧場跡に向かう。
c0147398_28881.jpg


九十九折れの林道は面倒なので多少急登でもショートカットしながら先へ進む!
c0147398_282156.jpg


天気は快晴、ドぴーかん!
c0147398_230243.jpg


約2時間程で牧場跡に到着。目の前に野伏ケ岳が顔を見せる!
c0147398_285443.jpg


林道歩もかなり疲れるが、本当にしんどいのはこれから雪原を超えダイレクト尾根に取り付いてからだ(゜o゜)
水分補給のみの小休憩をしてハイクスタート!
c0147398_291958.jpg

c0147398_2325390.jpg

c0147398_233238.jpg

c0147398_2331180.jpg

c0147398_295066.jpg


雪原で約1100m、野伏ケ岳山頂が1674mなので約550mのハイクだ!
そして画像の少し窪んで見える沢の部分をライディングだ!
c0147398_212311.jpg


20分程で迂回して取り付きに行く方と尾根途中の稜線にショートカット出来る地点に到着。
皆にどちらから行くか聞いたらしんどくてもショートカットで行く!と決まったのでかなりキツイ
急斜面を登攀開始。
南面で太陽が当る部分等は2月なのに春のようなザラメ雪になっていて一定の斜度を超えるとスノーシューがよく滑る。

ショートカット開始早々アクシデントが・・・・・
アベちゃんのスノーシュープレートの取付ナットが外れてしまい、雪に埋もれて見付からない(*_*;
とりあえずスノーシューを脱いで壺足で登攀再会。

短い距離だが、かなりきつい斜面を登り終えやっと稜線に出た!
かなり大汗を掻いて暑かったのだろうが、しかしこの男は本当に裸が好きなようだ(^_^)v
c0147398_2132728.jpg


ナットが無いのでタイラップで応急的にプレートを留めてからピークを目指すが、タイラップでは
すぐ切れてしまうのでアベちゃんはアイゼンに履き替えてのハイク。

画像左上のピークを目指して頑張って歩く!歩く!
c0147398_2134362.jpg


気温も7~8℃とまるで春の気候で雲一つない真っ青な空で超気持ちいい~(^_-)-☆
c0147398_2345062.jpg


11時半過ぎ1400m地点のブナの木を通過!
c0147398_2141533.jpg


雪原からだいぶん登ってきたもんだ。
c0147398_2142867.jpg

c0147398_2143690.jpg


それにしても今日はこんなに天気がいいのに我々以外誰もいない。
貸切状態だ!

南面の沢筋には大量のデブリが・・・・・
c0147398_2162179.jpg


もうすぐピークだ!
歩き出して4時間を超えそろそろ足にくる頃だけど、えれっこった!えれぇこった!と
わっせわっせと登る!
c0147398_2163194.jpg

c0147398_2355137.jpg


ちょっと一息して綺麗な景色でもどうぞm(__)m
c0147398_2164842.jpg


北東尾根との合流地点手前で今回も大きなクラックが口を開けてたが、手前側が受けになってる
斜面なので崩れる心配はないので避けて通り稜線に攀じ登る。
よし!ピークはすぐそこだ(^_^)v
c0147398_2165680.jpg

c0147398_217568.jpg


途中トラブルがあった事もあるが5時間半でピークに到着^_^;
c0147398_217134.jpg


薙刀山から別山、白山方面
c0147398_2172497.jpg


小白山方面
c0147398_2173612.jpg


ハンガーノックになりかけ寸前のアベちゃんも頑張って来たぞ!
c0147398_2174640.jpg


僕もここ野伏ケ岳のピークは久し振り。
皆さんお疲れ様でした
c0147398_2175672.jpg


ピークでも全く無風で快晴なのでめちゃ気持ちいい!
早速各自ランチ&プシュッだ(^o^)丿
c0147398_218538.jpg

c0147398_2181566.jpg

c0147398_2182351.jpg

c0147398_2183114.jpg


大盛りのどん兵衛を食べて元気回復のアベちゃん
c0147398_2183953.jpg


ぽかぽか温かいのでピークで寝てしまうGIむー
c0147398_2184744.jpg


最高の景色で食べるおにぎりも最高に旨い!
c0147398_2185857.jpg


気持ちいいのでまったりしてしまうが、あまりゆっくりもしてられないので下山する準備にかかる。
c0147398_2191373.jpg


北東尾根との合流部の平坦な稜線まで滑ってみたが、ガリガリのクラスト部分とこしまり雪とが明確に分かれている・・・・・
メインの沢筋を滑るか、状態があまり悪いようなら北東尾根側を滑るか雪面をチェックして見る事にした。

出来ればメインの沢筋をフルライディングしたい!

かなり斜度のある面を滑るので新雪や叉は完全なザラメ雪でもドロップする前に滑る面に
弱層がないかを少し降りた斜面ででチェックするのが好ましいのだが、ハイクして来た雪の状態等からかなり締まっているので雪崩の心配はほぼ無くそれよりも沢筋なのでクラストして
アイスバーンになっていないかの方が心配だったので、まず僕がテストを兼ねて少しだけ滑り降りる事にした。

ボードをセットして準備OK!
c0147398_2195522.jpg


さあドロップインだ(^_^)v
c0147398_220555.jpg


沢センターから入って左岸から右岸に2ターンしてチェックしたんだが、やはり陽が直接当ってる
からか左岸は表面がガチガチで所々若干最中状態になりかけていて斜面が急なのでノーズが
引っ掛かりそうになるが、反対に右岸は陽が直接当らないからか、まだタッチが良い!
無線で左岸を避けて右岸よりに滑ってくれば大丈夫!と報告。
続いて元気回復したアベちゃんがドロップイン!
c0147398_2201832.jpg


僕以外はこの沢を滑るのは初めてなので、僕がトップを滑り無線でルートを誘導しながら
皆で右岸より一気に樹林帯まで滑り降りる。
ライディング途中表面の雪が10cm位のかたまりで小雪崩を起こして自分の後ろを追っかけてくるのがターンの後半に見えるのも、ちょい気持ち悪い面もあるがもっとスピードを出せ!と
雪に言われてるようで気持ち良いもんだ!

僕がドロップインする時にGIむーにデジカメを渡したので、皆のライディング中の皆の画像が撮れなかったのが残念だが、皆このたった5分程の滑りを味わいたい為に5時間もかけてハイクアップしてきたので滑るのに夢中で写真どころではなかった。

フラットバーンまで、ほんの5分少々だったが超気持ち良かった!
c0147398_221529.jpg

c0147398_222172.jpg


滑ってきた沢を振り返る!
結構な距離に見えるが滑ってくると一瞬だ^_^;
c0147398_2221022.jpg


林道までの長い雪原エリアを疲れた足にムチを打って歩く・・・・・
c0147398_2221861.jpg

c0147398_2222565.jpg


結構疲れた(゜o゜)
足がパンパンになってきたが車を停めた位地までの林道をどこまで滑って降りれるかだ!
小休憩をして最後のライディングだ!
c0147398_2223920.jpg

c0147398_2224631.jpg

c0147398_2225331.jpg

c0147398_223150.jpg


石徹白川の手前ギリギリまで滑って降りる事が出来たが、路面がカチカチのところが多かったのでボードの押さえにかなり力が要ったのでめちゃ疲れた。

でも気持ちよい一日だった。

皆、お疲れ様m(__)m
c0147398_2231695.jpg


今日頑張ってくれた愛用のボードgentem SLASHERとFreeRideのヘルメット
ヘルメットに貼った、芦屋のSHMWのオリジナルステッカーもいい感じだ!
c0147398_237542.jpg


帰りに満天の湯にゆっくり浸かって疲れを癒してから神戸へ帰った!


今回一緒にハイクしたメンバー全員が普段お世話になっている芦屋のSkyHighMountainWorksさんにて
今月22日(日)に兵庫県のハイパーボール東鉢スキー場上部の高坪山にて
Sky High Mountain Works BC Snow Board Meeting というスキー場を利用した楽しくバックカントリー体験が出来るイベントがあるので興味のある方は問い合わせしてみて下さい!


たった数分のライディングの為に何時間もの苦しいハイクをしなくてはいけなくてもやめられないBCスノーボード

[PR]
by bphiro | 2009-02-05 01:29 | スノーボード